現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

「5.1.1 の競合回避モジュールです。ADR です。RecipNotFound"に対して、アドレスが正しくない戻るパスで Office 365 専用/ITAR EOP を経由してメールを送信すると NDR

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:2996249
現象
Microsoft Office 365 専用/ITAR Exchange オンライン保護 (EOP) からのメールを送信するときに、以下の現象のいずれかが発生することがあります。
  • リターン ・ パスのアドレスが正しくないです。
  • 特定の外部ドメインに送信される電子メール メッセージは配信されません。
  • アドレスを確認する外部のドメインから配信不能レポート (NDR) が表示されます。場合、[差出人] フィールドと値で指定されている、 メールします。コマンドまたはリターン ・ パスのアドレスが一致しない、次のいずれかのようなエラー コードと NDR を受信することがあります。
    • #< #5.0.0="" smtp;554="" failed="" mail="" from="" verification="" with="" the="" from="" field="" in="" message="" header.=""> </> [SMTP]
    • 「553 5.1.8 センダーのアドレスのドメインが存在しません」
    • #< #5.1.0="" smtp;553="" 5.1.0="" mgd.contoso.com="" does="" not="" exist="">
    • <#5.7.1 spf="" unauthorized="" mail="" is="" prohibited)=""></#5.7.1>
    • 「5.1.1 の競合回避モジュールです。ADR です。RecipNotFound」
原因
送信側のオブジェクトは、Microsoft Azure Active ディレクトリ同期 (ディレクトリ同期) を使用して、Windows Azure Active Directory (WAAD) を同期します。場合にこの問題が発生または複数の次の条件に該当します。
  • プライマリ SMTP アドレスは、元の Active Directory サイトで正しく構成されていない可能性があります。
  • いくつかの外部ドメインは、メールを配信できない場合がありますか、リターン ・ パスのアドレスを [差出人] フィールド内のアドレスが一致しない場合、メールを拒否することがあります。
解決方法
WAAD のメール ユーザー オブジェクトのWindowsEmailAddressパラメーターが有効であることを確認します。有効なアドレスでは、サフィックスで、外部的にルーティング可能なドメインを含める必要があり、対象のプライマリ SMTP アドレスに一致する必要があります。パラメーターの値は、ユーザーが外部の受信者を表示して、返信するときに使用する必要があるアドレスでなければなりません。

表示し、Office 365 専用/ITAR お客様の WAAD を管理する方法の詳細については、次のマイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
2990300 Office 365 専用/ITAR 内のユーザーの環境設定を管理するツール


プライマリ SMTP アドレスは、WAAD と次のロジックを使用してディレクトリ同期によって同期します。
  • ProxyAddresses属性には、プライマリ SMTP アドレスの値の場合、Office 365 を WAAD で適切なプライマリ SMTP アドレスを決定する使用します。Office 365 は、電子メール アドレスのドメイン部分を認識できない場合は、エイリアスの一部が使用され、既定のドメイン (たとえば、"@domain.onmicrosoft.com") が追加されます。
  • ProxyAddresses属性内のユーザーの電子メール アドレスが表示されない場合、Office 365 は、ユーザーのメール属性の値を使用します。Office 365 は、電子メール アドレスのドメイン部分を認識できない場合は、エイリアスの一部が使用され、既定のドメイン (たとえば、"@domain.onmicrosoft.com") が追加されます。
  • ProxyAddresses属性内のユーザーの電子メール アドレスが表示されない場合、またはメールの値がない場合] 属性に、ユーザー プリンシパル名のエイリアスの一部が使用され、ドメインの値が既定のドメイン (たとえば、"@domain.onmicrosoft.com") として割り当てられます。
  • ProxyAddresses属性には、セカンダリの smtp:user@domain.com アドレスのみ] の値がある場合、Office 365 は、プライマリ SMTP アドレスを計算するのにはその値を使用します。エイリアスの一部が使用され、デフォルトのドメイン (たとえば、"@domain.onmicrosoft.com") が追加されます。WAAD で表示される値は、次の形式を使用します。

    SMTP:user@domain.onmicrosoft.com
  • ProxyAddresses属性に smtp アドレスと SMTP アドレスの両方がある場合は、メール属性で定義されている任意の値がセカンダリ smtp アドレスとしても追加されます。

プロパティ

文書番号:2996249 - 最終更新日: 07/15/2016 02:27:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Business Productivity Online Dedicated, Microsoft Business Productivity Online Suite Federal

  • vkbportal226 kbgraphic kbgraphxlink kbmt KB2996249 KbMtja
フィードバック
text/javascript" src="https://c.microsoft.com/ms.js">