エラー 930 です。認証サーバーが認証要求に時間内に応答しませんでした。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:299684
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
設定すると、インターネット認証サービス (IAS) 上でルーティングとリモート アクセス サービスを仮想プライベート ネットワーク [VPN] またはダイヤルアップ トラフィック)、クライアント コンピューターは、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー 930: 認証サーバーが認証要求に時間内に応答しませんでした。
ルーティングとリモート アクセス サーバーでは、次のエラー メッセージがレポートされます。
イベントの種類: エラー
イベント ソース: リモート アクセス
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 20073
作成日: 2001 年 5 月 22日
時間: 午前 11時 59分: 48
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター名

説明:
ポイント ツー ポイント プロトコル モジュールで次のエラーポート: ポート、ユーザー名: ユーザー名。認証サーバーはされていません認証要求に時間内に応答します。
IAS サーバーでは、ip アドレスがルーティングとリモート アクセス サーバーのインターネット プロトコル (IP) アドレスが、次のエラー メッセージを報告ことがあります。
イベントの種類: エラー
イベント ソース: IAS
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 13
作成日: 2001 年 5 月 22日
時間: 午前 11時 59分: 48
ユーザー: 該当なし
コンピューター: コンピューター名

説明:
無効なクライアント IP アドレスの ip アドレスから要求を受信しました。
原因
この現象は、次の条件のいずれかによって原因考えられます。
  • リモート アクセスのログ ファイルの既定のパスが変更されたか、無効です。
  • ルーティングとリモート アクセス サーバー、IAS Microsoft 管理コンソール (MMC) のリモート認証ダイヤルイン ユーザー サービス (RADIUS) クライアントとして設定されているされません。
解決方法
この問題を解決するには、適切なメソッドを使用します。

変更するか、ルーティングとリモート アクセスのログ フォルダーのパスを確認してください。

ローカル システム アカウントを新しいフォルダーに書き込みアクセス許可が必要です。既定のパスは、%systemroot%\system32\logfiles です。
  1. ルーティングとリモート アクセス コンソールを起動します。
  2. 右クリックします。 ルート アクセスのログ、し プロパティ.
  3. クリックして、 ローカル ファイル タブします。
  4. 変更またはルーティングとリモート アクセスのログ フォルダーのパスを確認してください。

RADIUS クライアントを追加します。

  1. クリックしてください。 開始をクリックして コントロール パネルをダブルクリックして 管理ツール、し [インターネット認証サービス.
  2. 右クリックします。 クライアント、し 新しいクライアント.
  3. で、 フレンドリ名 わかりやすい名前を入力します。
  4. プロトコルをクリックして 半径、し 次へ.
  5. で、 クライアントのアドレス (IP またはドメイン ネーム システム (DNS)) フィールドに、クライアントは、DNS または IP アドレスを入力します。DNS 名を使用する場合をクリックします。 確認してください。.で、 DNS 名を解決します。 ダイアログ ボックス、クリックして 解決、し、「検索結果」します。 この名前に関連付ける IP アドレスを選択
  6. 場合は、クライアントとネットワーク アクセス サーバー (NAS) を計画する NAS 固有のリモート アクセス ポリシーの構成用 (ベンダー固有の属性を含むリモート アクセス ポリシーなど) を使用して、クリックして クライアント ベンダー、し、製造元の名前をクリックします。製造元の名前がわからない場合や名前が一覧にない場合をクリックします。 RADIUS 標準.RADIUS クライアントを Microsoft Windows NT Server または Windows 2000 Server ルーティングとリモート アクセス サービスを実行する場合をクリックします。 マイクロソフト.
  7. で、 共有シークレット フィールドで、クライアントの共有シークレットを入力し、もう一度を入力、 共有シークレットの確認入力します。 フィールドです。
  8. 署名属性の検証 (パスワード認証プロトコル [PAP]、チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル (CHAP)、または Microsoft チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル (MS CHAP)) を使用して、NAS のサポートをオンにしても、 クライアントは、常に、要求に署名属性を送信する必要があります。 チェック ボックスします。

    メモ NAS 署名属性が PAP や CHAP、MS-CHAP をサポートしていない場合は、前のオプションをクリックしてしないでください。
IAS RADIUS の ISA の 930 IASLOG。ログ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:299684 - 最終更新日: 12/06/2015 02:51:41 - リビジョン: 4.0

  • kbnosurvey kbarchive kbprb kbmt KB299684 KbMtja
フィードバック