現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[HOWTO] Windows 2000 および Windows XP で TCP/IP ポートを制限する方法

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP300083
概要
分散コンポーネント オブジェクト モデル (DCOM) は、リモート プロシージャ コール (RPC) の動的ポート割り当てを使用します。デフォルトでは、RPC 動的ポート割り当ては 1024 より大きいポート番号をランダムに選択しますが、受信通信に対して RPC がどのポートを動的に割り当てるかを制御し、外部からの受信通信に割り当てるのはそれらのポートとポート 135 (RPC Endpoint Mapper ポート) のみに制限するようにファイアウォールを構成することもできます。
詳細
RPC 動的ポート割り当てを制御するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] メニューの [プログラム]、[管理ツール] の順にポイントし、[コンポーネント サービス] をクリックして、コンポーネント サービス スナップインを開きます。
  2. [コンポーネント サービス] ノードをクリックして展開し、[コンピュータ] ノードをクリックして展開します。[マイ コンピュータ] を右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [既定のプロトコル] タブで、[DCOM プロトコル] ボックスの一覧の [接続指向 TCP/IP] をクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  4. [COM インターネット サービスのプロパティ] ダイアログ ボックスで、[追加] をクリックします。
  5. [ポート範囲] ボックスにポートの範囲 ( 5000-5020 など) を入力し、[OK] をクリックします。
  6. [ポート範囲の割り当て] および [既定の動的ポート割り当て] のオプションは、[インターネットの範囲] が選択されている状態のままにします。
  7. [OK] を 3 度続けてクリックし、コンピュータを再起動します。
関連情報
ポート範囲割り当ての関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
217351 PRB: DCOM Port Range Configuration Problems
Microsoft 分散トランザクション コーディネータをファイアウォールと共に使用する方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
250367 INFO: Configuring Microsoft Distributed Transaction Coordinator (DTC) to Work Through a Firewall
250367 [INFO] MS DTC をファイアウォール経由で動作可能にする
DCOM をファイアウォールと共に使用する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 300083 (最終更新日 2002-02-24) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:300083 - 最終更新日: 12/05/2007 09:41:00 - リビジョン: 2.4

Microsoft COM+ 1.0, Microsoft COM+ 1.5

  • kbhowto kbsysadmin kbcomplus KB300083
フィードバック
rotocol) + "//c.microsoft.com/ms.js'><\/script>");