Active Directory レプリケーション エラー 8464: 同期に失敗しました.

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3001248
現象
この資料には、現象、原因、および Active Directory のレプリケーションが失敗エラー 8464 を解決するための解像度について説明します。

同期に失敗しました現在、宛先 DC がソースからの新しい部分属性の同期を待っています。この条件は、最新のスキーマ変更は、部分的な属性セットを変更する場合は、通常です。宛先の部分属性セットはソースの部分属性セットのサブセットではありません。

さらに、次のようなイベント ID 1704 が記録されます。

ディレクトリ サービスのログ名:
イベント ID: 1704
イベント ソース: ActiveDirectory_DomainService/NTDS 複製
タスクのカテゴリ: グローバル ・ カタログ
イベント テキスト:
グローバル カタログ ドメイン コント ローラーから次のディレクトリ パーティションの設定、一部の属性のメンバーのレプリケーションが開始されます。
ディレクトリ パーティション:
DC パーサー、DC = fabrikam、DC = com を =
ドメイン コント ローラー:
0b457f73-96a4-429b-ba81-1a3e0f51c848._msdcs.root.contoso.com

これは特別なレプリケーション サイクルが 1 つまたは複数の属性の部分的な属性セットにします。


注: <b>通常は完全に、スキーマを拡張した後、または部分的な属性セット (PAS) に新しい属性を追加した後、Active Directory レプリケーションの状態 8464 を参照してください。これは、レプリケーションが一時的に遅れるというメッセージです。Active Directory レプリケーションの状態 8464 が PAS 更新プロセスが完了後します。
原因
PAS に属性が追加されると、PAS 同期がトリガーされるため、この問題が発生します。
詳細についてを参照してください、"詳細のセクションに進みます。
解決方法
これは、PAS 同期の通常の部分、解決手順は通常必要ありません。参照してください、 詳細1 週間以上の環境でこのレプリケーションの状態が解決されない場合は、トラブルシューティング手順の「」。

詳細

8464 の状態の原因の詳細

属性のスキーマ定義は、attributeSchema オブジェクトとして、スキーマ パーティションに格納されます。グローバル カタログにこの属性をレプリケートする] チェック ボックスをオン、 attributeSchemaオブジェクトを TRUE に、 isMemberOfPartialAttributeSet属性を設定します。AttributeSchemaオブジェクトのこの属性を TRUE に設定している、部分的な属性セットに含まれる、対応する属性となります。

(PAS の拡張からの結果) が PAS 同期が発生したときに、特殊なタスク、レプリケーション ・ タスク ・ キューにします。DRS_SYNC_PASフラグは、この特殊なタスクを識別します。

PAS の更新プロセスに大幅な遅延が最適化されていない、Active Directory トポロジまたは Active Directory レプリケーション エラー可能性があります。通常は Active Directory レプリケーションの状態 8464 PAS で更新プロセスを参照してください。

8464 Active Directory レプリケーションの状態を確認する方法

Repadmin コマンドおよびその他のツール Active Directory 8464 を複製しようとするレプリケーション ステータス レポートの状態が状態で遅延を提供します。
以下は、Repadmin コマンドと通常、8464 状態を引用する他のツールを含むがこれらに限定されません。次はへの受信複製 DC2 から DC1 の遅延を示す「Repadmin/showrepl」からのサンプル出力。
Boulder\DC2 DSA Options: IS_GC  Site Options: (none) DSA object GUID: 3fe45b7f-e6b1-42b1-bcf4-2561c38cc3a6 DSA invocationID: 7d383a22-f954-4931-9f2d-06626eb7cf40…DC=child,DC=root,DC=contoso,DC=com    Boulder\DC1 via RPC DSA object GUID: 70ff33ce-2f41-4bf4-b7ca-7fa71d4ca13e Last attempt @ 2014-08-28 04:50:44 was delayed for a normal reason, result 8464 (0x2110)
Repadmin/showrepl コマンドの詳細出力を次に示します。
Boulder\TRDC1 via RPC         DSA object GUID: 0b457f73-96a4-429b-ba81-1a3e0f51c848         Address: 0b457f73-96a4-429b-ba81-1a3e0f51c848._msdcs.root.contoso.com         DSA invocationID: 816d1b56-e30a-433c-a41e-8d381e1d10e1         SYNC_ON_STARTUP DO_SCHEDULED_SYNCS PARTIAL_ATTRIBUTE_SET         USNs: 0/OU, 234943/PU         Last attempt @ 2014-09-15 09:54:35 was delayed for a normal reason, result 8464 (0x2110):     Synchronization attempt failed because the destination DC is currently waiting to synchronize new partial attributes from source. This condition is normal if a recent schema change modified the partial attribute set. The destination partial attribute set is not a subset of source partial attribute set.         Last success @ 2014-09-02 04:54:22.

宛先ドメイン コント ローラーを確認する方法

注: <b>これらの手順のレプリケーションの状態のデータの相関関係と、Active Directory のレプリケーションの間隔または接続を一時的に変更の環境の Active Directory レプリケーション トポロジの知識を必要とします。
  1. Active Directory レプリケーション ステータス 8464 のログインしている 1 つのパーティションを 1 つの宛先ドメイン コント ローラーを特定します。このドメイン コント ローラーとパーティションを (はないジャンプの周りパーティションおよびドメイン コント ローラーの間で)、次の手順を使用します。

    注: <b>これにより、最初のブリッジヘッド サーバーとハブ サイトのドメイン コント ローラーを更新することに集中できます。
  2. 次のデータを収集します。宛先ドメイン コント ローラーとソース ドメイン コント ローラーのレプリケーションの状態の結果を確認します。結果をエクスポートするには、次のコマンドを実行します。
    1. すべてのグローバル カタログ サーバーの間で現在の PAS 同期の状態を比較します。Pas_domain.txt ファイルに結果をエクスポートするには、次のコマンドを実行します。
      repadmin /showattr gc: <Partition_DN> /gc /atts:partialattributeset >pas_domain.txt
    2. ターゲットおよびソース ドメイン コント ローラーのレプリケーションの状態の結果を確認します。結果をエクスポートするには、次のコマンドを実行します。
      Repadmin /showrepl <DestinationDC> /verbose >repl_destDC.txt
      Repadmin /showrepl <SourceDC> /verbose >repl_sourceDC.txt
      Repadmin /showrepl * /csv >showrepl.csv

    3. PAS の属性すべての一覧です。これは、現在の数を決定するために役立ちます。Pas.txt ファイルに結果をエクスポートするには、次のコマンドを実行します。
      repadmin /showattr fsmo_schema: ncobj:schema: /filter:"(ismemberofpartialattributeset=TRUE)" /subtree /atts:dn >pas.txt
    4. PAS 同期がディレクトリ サービス イベント ログに完了を示す、イベント ID 1704 と 1702年確認します。
  3. 先のドメイン コント ローラーで古い PAS と古い PAS で元のドメイン コント ローラーにデータを分析します。
    • 宛先ドメイン コント ローラーが更新された PAS を持たない場合は、次の手順に行います。
      1. すべての元パートナー、更新された値があるかどうかを確認します。
      2. 宛先と 8464 状態をクリアする最新では、ソース ドメイン コント ローラーを更新します。
      3. ソース ドメイン コント ローラーが最新の状態とレプリケーションを手動で開始します。または、作成し、接続が存在しない場合は、ソース ドメイン コント ローラーをレプリケートします。
      4. 宛先ドメイン コント ローラーが更新された場合は更新されません、ソース ドメイン コント ローラーのステータス 8464 が記録されます。
    • 宛先ドメイン コント ローラーに更新後の PAS では、ソース ドメイン コント ローラーがない場合は、ソースが更新されるまでも 8464 ステータスはクリアされません。または、次のソース ドメイン コント ローラーを更新するには、手動で最新の状態にあるドメイン コント ローラーとのレプリケーションの開始をします。

Pas_domain.txt の説明

後に目的の出力の値が表示されている、 v1.cAttrs =のテキスト。この数値は、どのように多くの属性が、PAS に含まれるが表示されます。これらの各パーティションごとのグローバル カタログ (GC) の間で値を比較します。すべての Gc は同期ですべての Gc が同じ値を表示する場合 (それらがあるすべての更新された PAS、またはすべての相関関係がない)。すべての値が同じ場合は、他のパーティションにダンプのスキーマ、出力からの値と比較してと PAS に属性の一覧です。

DC1 が、一部の属性は、子パーティションの設定が更新されません、サンプル ログを次に示します。また DC2 は、PAS の更新処理が完了しました。Partialattributeset 属性は、子のドメイン パーティションの完全なコピーを含む ChildDC1 のためのデータがあるないための ChildDC1 は、データは記録されません。
Repadmin: running command /showattr against full DC DC1.root.contoso.comDN: DC=child,DC=root,DC=contoso,DC=com    1> partialAttributeSet: { dwVersion = 1; dwFlag = 0; V1.cAttrs = 196, V1.rgPartialAttr =  0, 3, 4, 6, 7, 8, 9…Repadmin: running command /showattr against full DC ChildDC1.child.root.contoso.comDN: DC=child,DC=root,DC=contoso,DC=comRepadmin: running command /showattr against full DC DC2.root.contoso.comDN: DC=child,DC=root,DC=contoso,DC=com    1> partialAttributeSet: { dwVersion = 1; dwFlag = 0; V1.cAttrs = 203, V1.rgPartialAttr =  0, 3, 4, 6, 7, 8, 9…

Pas.txt の説明

PAS の属性のリストを確認します。

PAS では、属性の一覧を表示するには、を使用して repadmin または別のツールのすべての属性は、スキーマ パーティションのクエリismemberofpartialattributesetの値が設定されています。
repadmin /showattr fsmo_schema: ncobj:schema: /filter:"(ismemberofpartialattributeset=TRUE)" /subtree /atts:dn >pas.txt
ある単語がすべて大文字のテキストでかどうかを確認します。

LDIFDE はこのデータは、カウントとを達成するためにも使用できます。
Ldifde -f pas.txt -d "cn=schema,cn=configuration,dc=forestRootDN…" -r "(ismemberofpartialattributeset=TRUE)"…196 entries exported

PAS の属性の数を識別します。

Repadmin の出力属性の数を達成するために以下の手順を実行します。
  1. メモ帳でテキスト ファイルを開きます。
  2. 先頭とファイルの末尾に空白行を削除します。
  3. 始まるファイルの上部にある行を削除"Repadmin: 実行コマンドの/showatt..."
  4. G のキーボード ショート カットを行へのジャンプ] ダイアログ ボックスを開くには、Ctrl キーを押して、ファイルにテキストの最後の行にポインターを置き。このウィンドウ内の行番号は、部分的な属性セットの属性の数を表します。

ディレクトリ サービス イベント ログ

更新プログラムのサイクルを一部の属性についての詳細を表示するのには、グローバル カタログのイベントの診断ログを有効にするに設定します。レプリケーション イベントの詳細出力を有効にすると、ディレクトリ サービスのイベント ログを表示します。

イベントのグローバル カタログの診断ログを有効にするには以下の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを開きます。
  2. 次のレジストリ キーを探してクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\NTDS\Diagnostics
  3. グローバル カタログのイベント ログを構成します。
    1. レジストリ エディターの右ペインで、 18 のグローバル カタログのエントリをダブルクリックします。
    2. タイプ 3 [値のデータ ボックスし、クリック [ OK] をクリックします。
  4. レジストリ エディターを閉じます。
ディレクトリ サービス イベント ログに、次のイベントを表示します。

ディレクトリ サービスのログ名:
イベント ID: 1704
イベント ソース: ActiveDirectory_DomainService/NTDS 複製
タスクのカテゴリ: グローバル ・ カタログ
イベント テキスト: グローバル カタログ ドメイン コント ローラーから次のディレクトリ パーティションの設定、一部の属性のメンバーのレプリケーションが開始されます。

ディレクトリ パーティション:
DC パーサー、DC = fabrikam、DC = com を =
ドメイン コント ローラー:
0b457f73-96a4-429b-ba81-1a3e0f51c848._msdcs.root.contoso.com

これは特別なレプリケーション サイクルが 1 つまたは複数の属性の部分的な属性セットにします。


イベント ID: 1702年
イベント ソース: ActiveDirectory_DomainService/NTDS 複製
タスクのカテゴリ: グローバル ・ カタログ
イベント テキスト: グローバル カタログの同期完了、一部の属性は、次のドメイン コント ローラーから次のディレクトリ パーティションを設定します。

ディレクトリ パーティション:
DC パーサー、DC = fabrikam、DC = com を =
ドメイン コント ローラー:
0b457f73-96a4-429b-ba81-1a3e0f51c848 (TRDC1.treeroot.fabrikam.com)

これは特別なレプリケーション サイクルが 1 つまたは複数の属性の部分的な属性セットにします。

属性の部分的な同期レプリケーション ステータス サイクル

PAS のソース ドメイン コント ローラーから更新を同期するレプリケーション先のドメイン コント ローラーが待機しているときに、Active Directory のレプリケーション ステータス 8464 メッセージが記録されます。

注: <b>PAS_Sync タスクの選択されているドメイン コント ローラーは (複製物パートナーの既存のセット) をさまざまなソース ドメイン コント ローラーに次のレプリケーション間隔で移動できます。

新しい PAS の同期試行は、レプリケーションのスケジュールに基づいています。PAS_Sync タスクの別のソースを選択したときにレプリケーション前のソース ドメイン コント ローラーが通常続行されます。PAS は正常に更新されて、更新された PAS せず、ドメイン コント ローラーから更新されたドメイン コント ローラーには、同じパーティションのレプリケーションは失敗します。このシナリオでは、同じレプリケーション ・ ステータスが記録されます。

宛先ドメイン コント ローラーが PAS を更新していない、次の手順のいずれかが発生します。
  • PAS を更新する 1 つのレプリカのソースを選択します。その後、同期が開始されるイベント 1704年が記録されます。
  • ソースが更新された PAS 自体、8464 Active Directory レプリケーションの状態がログに記録および診断ログが有効になっている場合は、イベント ID 1705 が記録されます。
  • PAS の更新タスクが失敗した場合、新しいソースを選択し、診断ログが有効な場合にイベント ID 1706 が記録されます。
  • 同じパーティションの他のドメイン コント ローラーからのレプリケーションが通常どおり続行されます (エラーは発生しない場合はステータス 0 を記録します)。

PAS 同期サイクルの例

このセクションでは、PAS 同期サイクルの例を示します。次の表は、フォレスト内のドメイン コント ローラーです。
ドメイン コント ローラーDomain
DC1Root.contoso.com
DC2Root.contoso.com
ChildDC1Child.root.contoso.com
ChildDC2Child.root.contoso.com
TRDC1Treeroot.fabrikam.com
フォレストの構造を次に示します。
フォレストの構造
次の状況を想定してください。
  • 7 新しい属性は、スキーマの拡張機能を使用して、PAS に追加されます。そのため、PAS の属性の数は 196 から 203 に増加します。
  • これは、PAS 同期を開始します。すべての Gc する必要がありますこれら 7 つの属性の GC の各パーティションのデータ ソースのようになりました。
  • この図には 1 つだけのパーティションを更新します。
  • このような環境でのレプリケーション間隔は 15 分です。
  • 既存の条件では、パーティションの書き込み可能なコピーをホストしている DC からのレプリケーションをブロックするが存在します。
このシナリオでは、次のプロセスが発生します。
  1. 宛先ドメイン コント ローラーでは、PAS は更新されません。
    1. DC1 は DC2 PAS_SYNC を選択します。DC2 もあるため、古い PAS、8464 Active Directory レプリケーションの状態が記録されます。
    2. PAS_SYNC TRDC1 が選択されていない古い PAS も、Active Directory のレプリケーションの状態 0 (成功) が記録されます。
    3. ChildDC1 はこのパーティションのすべての属性がある表示されるように、子パーティションの書き込み可能なコピーを保持します。ただし、エラー 8606 で Active Directory のレプリケーションが失敗する原因となる、既存の問題があります。

  2. 宛先ドメイン コント ローラーは、PAS_SYNC タスクの新しいソース (TRDC1) を選択します。
    1. TRDC1 も以前の PAS では、レプリケーションが遅れるため 8464 の状態が記録されます。
    2. DC2 は、古い PAS もあります。ただし、この間隔は、PAS_Sync の選択されていないと、レプリケーションが正常に完了します。そのため、ステータス 0 が記録されます。
    3. アクティブ ディレクトリ レプリケーションも失敗 ChildDC1 に関係のない、残留オブジェクトの問題のために (放棄されたオブジェクト) が存在します。
  3. PAS_SYNC は、他の古いレプリカ (DC2) に切り替わります。
    1. その間に ChildDC1 にレプリケーションの問題を修正します。
    2. DC2 は、レプリケーションが延期し、8464 の状態が記録されます。
    3. TRDC1 からレプリケーションが正常に行われます。
    4. ChildDC1 から正常にレプリケーションが続行されます (ただし、このサイクルで PAS_Sync の選択されていない)。
  4. PAS_SYNC (ChildDC1) の最後に、適切なドメイン コント ローラーが選択されています。
    1. DC2 および TRDC1 (PAS_Sync の前にこれらの試みは完了します) から複製が通常どおり続行されます。
    2. ChildDC1and PAS_SYNC から通常どおりに進みレプリケーションは完了です。
  5. 宛先ドメイン コント ローラーは最後に更新された PAS (から、最後の間隔) は。
    1. DC2 および TRDC1 からのレプリケーションは、両方の遅延、ソース ドメイン コント ローラーが古いためようになりました。この問題には、同じ Active Directory のレプリケーションの状態が記録されます。
    2. レプリケーションは ChildDC1 から正常に完了しました。
  6. 前回のレプリケーション間隔の間の部分的な属性セットの子ドメイン、DC2 のコピーも更新されます (示されていませんが)。
    1. (DC2 および ChildDC1 のソース ドメイン コント ローラーと宛先ドメイン コント ローラー (DC1)*) ある、更新済みの PAS のレプリケーションが正常に完了します。
      ChildDC1 は (PAS だけでなく)、パーティションの属性の完全なセットを持っています。
    2. 以前 PAS がある残っている、TRDC1 からのレプリケーションが延期されます。
  7. 前回のレプリケーション間隔の間に部分的な属性セットの子ドメインの TRDC1 のコピーも更新されます (示されていませんが)。
    1. レプリケーションが適切に完了すべてのパートナーからため、宛先ドメイン コント ローラーとソース、PAS の同じ属性を持ちます。



警告: この記事は自動翻訳されています

Properti

ID Artikel: 3001248 - Tinjauan Terakhir: 05/06/2015 04:45:00 - Revisi: 1.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Foundation, Microsoft Windows Server 2003 R2 Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition

  • kberrmsg kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbprb kbtshoot kbmt KB3001248 KbMtja
Tanggapan