現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

トランスポートが Outlook でログを有効にする方法

Office 2003 のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Office 2003 のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:300479
重要: この資料には、レジストリを変更する方法に関する情報が含まれています。変更する前に、レジストリをバックアップすることを確認します。問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を必ず知っておいてください。バックアップ、復元、およびレジストリを変更する方法の詳細については、次の文書番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照してください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
概要
Microsoft Outlook は、Outlook と電子メール サーバーのさまざまな種類の間で発生する通信の記録をサポートしています。Outlook と電子メール サーバー間のメッセージの転送に影響する問題をトラブルシューティングする場合、これらのログが役に立ちます。

Outlook は、通信の Microsoft Exchange では、Post Office protocol 3 (POP3)、簡易メール転送プロトコル (SMTP)、インターネット メッセージ アクセス プロトコル (IMAP)、および Outlook.com のサーバーにログインできます。
詳細
警告:[レジストリ エディタ] または別の方法を使用してレジストリを誤って修正すると、深刻な問題が発生することがあります。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。

ログ記録を有効にする方法

履歴を記録するオプションを有効にすることがあるするには、「ここで簡単に解決するセクションに進んでください。自分でメールのログ記録オプションを有効にしたい場合に、「自分で解決するセクションに進んでください。

ここで簡単に解決する

ロギング オプションを自動的にメールを有効にするには、[ダウンロード] ボタンをクリックします。ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] または [開く] とし、次の簡単な修正プログラム ウィザードの手順にします。
  • このウィザードは英語版のみである場合がありますが、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 操作しているコンピューターに問題がない場合、簡単に解決するソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存して、問題のあるコンピューターで実行することができます。
10、Windows 8.1、Windows 8 では、Windows 7 のウィンドウ
Windows vista の場合は、Windows XP、Windows Server 2008 または Windows Server 2003

自分で解決する

ログ記録を有効にします。

ログ記録を有効にするには、Outlook のバージョンに応じて、手順を実行します。

Microsoft Outlook 2016、Microsoft Outlook 2013 および Microsoft Outlook 2010

  1. ファイル ] タブで、[オプション] をクリックします。
  2. オプション ] ダイアログ ボックスで、[詳細設定] をクリックします。
  3. 他の セクションで、 (Outlook を再起動する必要があります) トラブルシューティングのログを有効にする] チェック ボックスを選択し、[ OK] をクリックします。
  4. Outlook を終了し、再起動します。

Microsoft Outlook 2007 と以前のバージョン

  1. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
  2. その] タブをクリックします。
  3. 詳細オプション] ボタンをクリックします。
  4. [動作履歴を記録する (トラブルシューティング) ] チェック ボックスを選択します。
  5. 、設定を保存し、オプションのメイン画面に戻るには、 [ok]をクリックします。
  6. [OK] をクリックします。
  7. Outlook を終了し、再起動します。

Outlook 2010 では、outlook コネクタ

ログ記録を有効にします。
Outlook 2010 では 14 のバージョンの Outlook コネクタのログを有効にするには、次のレジストリ データを構成します。
  • サブキー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Options\Mail
  • DWORD: EnableLogging
  • : 1
  • サブキー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Microsoft Office Outlook コネクタ
  • DWORD: TracingLevel
  • : 3
ログを無効にします。
Outlook 2010 では 14 のバージョンの Outlook コネクタのログ出力を無効にするには、次のレジストリ データを構成します。
  • サブキー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Outlook\Options\Mail
  • DWORD: EnableLogging
  • : 0
  • サブキー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Microsoft Office Outlook コネクタ
  • DWORD: TracingLevel
  • : 0

ログ出力の結果

ログを有効にする場合は、次のレジストリ データが構成されます。

サブキー:
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\<1x.0>\Outlook\Options\Mail
DWORD: EnableLogging
: 1 = ログを有効にすると、0 = ログ無効

注: <b>サブキーで、<1x.0>は、プログラムのバージョン番号を表します (「15.0」= Outlook 2013 年"14.0"="12.0"Outlook 2010 Outlook 2007 を =).

ログ記録を有効にした後、Outlook と電子メール サーバーとの間に発生するすべての通信は、ログ ファイルに書き込まれます。

重要: ログは、サーバーに障害が発生した通信をキャプチャした後にログ記録を無効にする必要があります。ログを無効にする場合、ログは、無限に拡大し続けます。

</1x.0>

ログ ファイルの場所

ログ ファイルはプレーン テキストとして書式設定されます。ログ ファイルを検索するには、Outlook 2007 または以前のバージョンを実行している場合、Outlook のバージョンとも、Windows のバージョンに応じて、次の場所で確認します。

Microsoft Outlook 2016、Outlook 2010、Outlook 2013

POP3、SMTP、MAPI のログ
POP3、SMTP、および MAPI トランスポートの種類は次の場所に 1 つのログ ファイルに書き込まれます。
%temp%\Outlook Logging\Opmlog.log

注: <b>Opmlog.log ファイルには、Outlook のコネクタに関連付けられているいくつかの情報も含まれています。
IMAP のログ
IMAP トランスポートの種類は次の場所に書き込まれます。
%temp%\Outlook Logging\IMAP-usernamedomainname-日付-time.log

例: IMAP-user1wingtiptoyscom-03_23_2010-12_49_31_798.log
14 ログ v. outlook コネクタ
Outlook コネクタ バージョン 14 のログ ファイルは、次の場所に書き込まれます。
%temp%\OLC Logging\OLC-smtp_address-日付-time.log

例: OLC-guidopica@contoso.com-03_23_2010-16_13_10_803.log

Outlook 2007 と以前のバージョンの

POP3、SMTP、MAPI のログ
POP3、SMTP、および MAPI トランスポートの種類は、次の場所に 1 つのログ ファイルに書き込まれます。
  • Windows XP および Windows 2000
    C:\Documents and Settings\<logon name="">\Local Settings\temp\OPMLOG。ログ</logon>
  • Windows 98、Windows 98 Second Edition、および Windows Millennium Edition (Me)
    C:\Windows\temp\OPMLOG。ログ
IMAP のログ
IMAP トランスポートの種類は、次の場所にログ ファイルに書き込まれます。
  • Windows 2000
    C:\Documents and Settings\<logon name="">\Local Settings\temp\Outlook<NameOfIMAPServer>のログ出力 \ \IMAP0。IMAP1 のログです。ログというように</NameOfIMAPServer></logon>
  • Windows 98、Windows 98 2 番目のエディション、および Windows Me
    C:\Windows\temp\Outlook のログ出力 \<NameOfIMAPServer>\IMAP0。IMAP1 のログです。ログというように</NameOfIMAPServer>
Outlook.com ログ
Outlook.com のログ ファイルは、次の場所に書き込まれます。
  • Windows 2000
    C:\Documents and Settings\<logon name="">\Local Settings\temp\Outlook Logging\Hotmail\Hotmail0.LOG、Hotmail1.LOG というように</logon>
  • Windows 98、Windows 98 2 番目のエディション、および Windows Me
    C:\Windows\temp\Outlook Logging\Hotmail\Hotmail0.LOG、Hotmail1.LOG など
注:
  • IMAP および Outlook.com アカウントは、各送信の 1 つのログを生成または、これらのアカウントで実行するアクションが表示されます。(ログ ファイルは、Hotmail0.LOG、Hotmail1.LOG などという名前)。
  • 構成された複数の Outlook.com アカウントがある場合は、Hotmail、Hotmail 1、Hotmail の 2 などに、ログが格納されているフォルダーが名前付きです。
  • ログをログ ファイルに書き込むことができるように、Outlook を終了する必要があります。

OfficeKBHowTo [ol2002] の診断ログ出力のログは、ログを作成するファイル ol2003 OL2007 OL2010 fixit を修正します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:300479 - 最終更新日: 03/08/2016 04:39:00 - リビジョン: 7.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007, Microsoft Office Outlook 2003, Microsoft Outlook 2002 Standard Edition

  • kbtransport kbinfo kbfixme kbmsifixme kbmt KB300479 KbMtja
フィードバック