[OL2002] Outlook 2002 アップデート(2001 年 6 月 21 日) の概要

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP300550
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
この資料では、Outlook 2002 アップデート (2001 年 6 月 21 日) について説明しています。
詳細

このアップデートで修正される問題

このアップデートを適用することにより、以下の資料で説明されている問題が修正されます。詳細については、次の文書番号をクリックして、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。

文書番号 : 290025
タイトル : [OL2002] インスタント メッセージを使用可能な状態で Outlook 2002 でメッセージを開くと遅延が発生する

文書番号 : 301475
タイトル : [OL2002] 既に保存済みのパスワードの入力を求められる

このアップデートで修正されるその他の問題

上記に加え、下記の問題も修正されます。

メール アイテムの移動後、フォルダ一覧のツリーが展開されないため移動先フォルダが表示されない問題
ローカルの個人用フォルダ ファイル (PST) のサブフォルダにメール アイテムを移動する仕訳ルールを設定した後、フォルダ一覧を表示しても、メッセージの移動先フォルダが展開されません。

JIS コードのプレーン テキストが Quoted Printable としてエンコードされる問題
日本語などの 2 バイト文字を使って "テキスト形式" のメッセージを送信した場合、メッセージ本文の1 段落に、2 バイト文字が 36 文字もしくはそれ以上含まれる場合に、そのメッセージは "Quoted Printable" としてエンコードされます。これは、本来は JIS (7 ビット) としてエンコードされる必要があります。

Outlook 2002 が Exchange Server に対して FindRow を 1 分おきに発行する問題
Outlook 2002 は、Exchange Server に対して RPCリクエストを 1 分おきに送信します。場合によっては、この動作が原因で CPU 使用率 20 % に達する負荷がサーバーにかかることがあります。この現象は、Outlook がアイドル状態のときにのみ発生します。

アップデートのインストール方法

本アップデートは、Office XP Service Pack 1 (以下 Office XP SP-1) にすべて含まれています。
Office XP SP-1 の概要と入手方法については、以下のサポート技術情報を参照してください。

307843 [OFFXP] Office XP Service Pack 1 の概要とセットアップ
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 300550 (最終更新日 2001-06-21) をもとに作成したものです。

OL2002 public update fix list
プロパティ

文書番号:300550 - 最終更新日: 02/06/2014 09:18:37 - リビジョン: 1.0

Microsoft Outlook 2002 Standard Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbdta KB300550
フィードバック
ERROR: at System.Diagnostics.Process.Kill() at Microsoft.Support.SEOInfrastructureService.PhantomJS.PhantomJSRunner.WaitForExit(Process process, Int32 waitTime, StringBuilder dataBuilder, Boolean isTotalProcessTimeout)