現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[OFFXP] Office XP Web コンポーネント アップデート (2001 年 8 月 9 日付) の概要

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP300552
サポート期間が終了した「サポート技術情報」資料に関する免責事項
この資料は、マイクロソフトでサポートされていない製品について記述したものです。そのため、この資料は現状ベースで提供されており、今後更新されることはありません。
概要
マイクロソフトでは、Microsoft Office XP Web コンポーネントに対する更新プログラム (アップデート) をリリースしました。

この資料では、2001 年 8 月 9 日付の Office XP Web コンポーネント アップデートをダウンロードしてインストールする方法について説明します。

: この更新プログラムは、Microsoft Office XP Service Pack 1 (SP1) に含まれていますが、この資料の「詳細」で説明するとおり、必要に応じて個別に入手することもできます。既に Office XP SP1 を適用した場合には、この更新プログラムを適用する必要はありません。最新の Microsoft Office XP Service Pack の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
307841 [OFFXP] 最新の Office XP Service Pack の入手方法
詳細

更新プログラムのダウンロード方法とインストール方法

クライアント用更新プログラム

Office XP を CD-ROM からインストールした場合は、次の手順に従ってクライアント用更新プログラムのダウンロードおよびインストールを実行します。
  1. Web ブラウザを使用して、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスします。
  2. [ダウンロード] をクリックします。[OK] をクリックします。
  3. [保存] クリックして、選択したフォルダに OxpSp2.exe ファイルを保存します。
  4. エクスプローラで、[OxpSp2.exe] をダブルクリックします。
  5. 更新プログラムのインストールを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  6. [はい] をクリックして、使用許諾契約書に同意します。
  7. Office XP の CD-ROM を挿入するように指示されたら、CD-ROM を挿入し、[OK] をクリックします。
  8. インストールが正常に完了したことを通知するメッセージが表示されたら、[OK] をクリックします。
: この更新プログラムをいったんインストールすると、アンインストールすることはできません。

管理者用更新プログラム

Office XP をサーバーからインストールした場合、サーバーの管理者が管理者用更新プログラムを使用してサーバーを更新した後、更新プログラムをクライアント コンピュータに配布する必要があります。

サーバーの管理者は、次の手順を実行して管理者用更新プログラムをダウンロードしてください。
  1. 下記の Microsoft ダウンロード センターへのリンクをクリックします。
  2. [保存] をクリックし、選択したフォルダに OWC1001a.exe を保存します。
  3. エクスプローラで、[owc1001a.exe] ファイルをダブルクリックします。
  4. [はい] をクリックして、使用許諾契約書に同意します。
  5. [展開されたファイルを保存する場所を指定してください] ボックスに C:\owc1001a と入力し、[OK] をクリックします。
  6. フォルダを作成するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックします。
  7. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /a admin path\MSI file /p C:\owc1001a\owc10_admin.msp SHORTFILENAMES=1
    admin path は、Office XP の管理者用インストール ポイントへのパス (C:\OfficeXP など) です。

    MSI file は、Office XP 製品の MSI データベース パッケージ名 (ProPlus.msi など) です。
  8. [OK] をクリックします。
  9. この更新プログラムをクライアント ワークステーションに展開するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /i admin path\MSI file REINSTALL=list of features REINSTALLMODE=vomus
    admin path は、Office XP の管理者用インストール ポイントへのパス (C:\OfficeXP など) です。

    MSI file は、Office XP 製品の MSI データベース パッケージ名 (ProPlus.msi など) です。

    List of Features に適用可能な文字列を、以下の表に示します。
警告 : ここに指定する文字列は、大文字と小文字が区別されます。
製品MSI ファイル使用する機能の一覧
Access スタンドアロンACCESS.MSIACCESSNonBootFiles,OfficeWebComponents10
Office Professional
with FrontPage
PROPLUS.MSIACCESSNonBootFiles,OfficeWebComponents10
Office ProfessionalPRO.MSIACCESSNonBootFiles,OfficeWebComponents10
FrontPage スタンドアロンFP.MSIOfficeWebComponents10
Office StandardSTD.MSIOfficeWebComponents10
Excel スタンドアロンEXCEL.MSIOfficeWebComponents10


管理者用インストールの更新方法およびクライアント ワークステーションへの展開方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
301348 [OFFXP]管理者用インストールをSP-1にアップデートする方法
上記の資料には、管理者用更新プログラムをインストールするための標準的な手順が掲載されています。

または、Microsoft Office XP リソース キットの次の資料を参照することもできます。

管理者用インストールで Microsoft Office XP Web コンポーネントを更新する

Office XP 管理者用インストールでは、Microsoft Office XP Web コンポーネント (OWC) も更新する必要があります。これを行うには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /a admin path\OWC10.MSI /p C:\owc1001a\owc10_admin.msp SHORTFILENAMES=1
    admin path は、Office XP の管理者用インストール ポイントへのパス (C:\OfficeXP など) です。
  2. [OK] をクリックします。

Microsoft Office XP Web コンポーネントのインストールされたワークステーションを更新する

"Microsoft Office XP Web コンポーネント" 製品がインストールされたワークステーションでは、Microsoft Office XP Web コンポーネント (OWC) を更新する必要があります。Microsoft Office XP Web コンポーネントがインストールされているかどうかを確認するには、コントロール パネルの [アプリケーションの追加と削除] を開き、現在インストールされているプログラムのリストで [Microsoft Office XP Web Components] を検索します。

: 他の Microsoft Office XP プログラムをインストールしていない場合でも、Microsoft Office Web コンポーネントがインストールされている可能性があります。ワークステーションを更新するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。[名前] ボックスに次のコマンドを入力します。
    msiexec /i admin path\OWC10.MSI REINSTALL= ProductFiles REINSTALLMODE=vomus
    admin path は、Office XP の管理者用インストール ポイントへのパス (C:\OfficeXP など) です。

    : 指定された機能の名前である ProductFiles では、大文字と小文字が区別されます。
  2. [OK] をクリックします。
Office Web コンポーネントのインストールの関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
288729 [OFFXP] Office XP Web コンポーネントのライセンスと使用について
288732 Office プログラムでの Office XP Web コンポーネントの展開方法

更新プログラムがインストールされているかどうかを確認する方法

Office XP Web コンポーネント アップデートをインストールすると、OWC10.dll が変更されます。修正プログラムを適用しても製品のバージョンは変更されず、10.0.2627.01 となります。

更新プログラムのインストールが成功したかどうかを確認するには、システム上の Owc10.dll ファイルのバージョンが 10.0.2922.0 となっていることを確かめます。デフォルトでは、Owc10.dll はコンピュータ上の C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\Web Components\10 に配置されています。最後の 4 桁を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム] をポイントして、[エクスプローラ] をクリックします。
  2. エクスプローラで、ファイルを右クリックし、ショートカット メニューの [プロパティ] をクリックします。
  3. [バージョン情報] タブをクリックします。

この更新プログラムで修正される問題

この更新プログラムを適用すると、以下の問題が修正されます。

Office Web コンポーネントのセキュリティ修正 : この更新プログラムには、Web Chart コンポーネントおよび OWC10.DLL に対する修正が含まれており、これらの機能のセキュリティが向上します。

トルコ語版の Office XP Web コンポーネントですべて大文字の PERSIST SECURITY INFO プロパティを使用すると、ADO エラーが発生する : トルコ語版の Office XP で Access Data Project (ADP) を開き、デバッグ ウィンドウで次のような実行コードを実行します。
?currentproject.connection.properties("PERSIST SECURITY INFO").name				
ADO エラーが表示されます。

デバッグ ウィンドウで次のようなコードを実行します。
?currentproject.connection.properties("Persist Security Info").name				
この場合、エラーは発生しません。
OFFXP inf fix list owc10 patch fixlist
プロパティ

文書番号:300552 - 最終更新日: 01/20/2006 07:26:02 - リビジョン: 3.0

  • Microsoft Office XP Web Components
  • atdownload kbdownload kbinfo kbofficexpsp1fix KB300552
フィードバック