現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

バックアップ時に Source:VSS ID:12290 が記録されてバックアップ失敗する

現象
以下の状況を想定します。
  • DHCP サーバーを使用している
  • Volume Shadow Copy Service を使用したバックアップ ソフトでのバックアップを実行している
 上記環境において、以下の様なイベントが記録されることがあります。

 Source:VSS ID:12290
 "ボリューム シャドウ コピー サービスの警告: ESENT ERROR {be9ac81e-3619-421f-920f-4c6fea9e93ad} Dhcp Jet Writer: -2403。hr = 0x00000000, この操作を正しく終了しました。 
原因
DHCP による定期的に実行されるバックアップと Volume Shadow Copy を使用したバックアップ ソフトとバックアップの開始時間のタイミングにより現象が発生することがあります。
DHCP の定期的なバックアップが実行された時刻については履歴としては確認できませんが、直近のバックアップ時刻は、DHCP データベースのバックアップ パス配下に存在する以下のファイルの更新日時にて確認可能です。

DHCP データベースの既定のバックアップ パス: %systemroot%\System32\Dhcp\Backup

上記のパスの配下の DhcpCfg ファイルの更新日時を確認します。
本ファイル更新日時とバックアップソフトでのバックアップ時間を確認し同時間帯に実行されている場合、本現象が発生している可能性があります。
※パスを変更している場合は変更しているパスを確認します。
 
回避策
DHCP のバックアップについては通常は非常に短い時間 (数秒) で完了しますので対応方法としては以下をご検討ください。
  • バックアップ ソフトでのバックアップのリトライを設定可能な場合は設定する
  • バックアップ ソフトでのバックアップの開始のタイミングを変更する
  • DHCP の定期的なバックアップの間隔及びクリーンアップの間隔を大きくする


※DHCP のクリーンアップの処理においてもバックアップが実行されます。
※DHCP の定期的なバックアップの間隔及びにクリーンアップの間隔を大きくすることで、発生する可能性を低くすることが可能です。
※DHCP の定期的なバックアップの間隔及びクリーンアップのタイミングは、DHCP Serverサービスが開始された時刻に下記のレジストリ値を加算して決定されます。

DHCP のバックアップの間隔を変更する場合、次のレジストリ エントリを編集することで変更できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DHCPServer\Parameters\BackupInterval
※既定値は 60 分間となります
※最大値は 71582 分間となります。

DHCP のクリーンアップの間隔を変更する場合、次のレジストリ エントリを編集することで変更できます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\DhcpServer\Parameters\DatabaseCleanupInterval
※既定値は 60 分間となります。
※最大値は 71582 分間となります。

※DCHP のクリーンアップの処理は定期的なタイミング以外で 0:00:00 ~ 0:01:00 に実行されますので、この時間帯にバックアップのスケジュールを設定しないようにします。

なお、上記以外の非定期のタイミングにて、割り当て可能な IP アドレスが枯渇した状態で、新規にリース要求を受けた場合にもクリーンアップが行われますが、このタイミングをレジストリ等にて制御することができません。結果としまして、このタイミングとVolume Shadow Copy Service を使用したバックアップ ソフトでのバックアップタイミングが偶然に一致した場合には、本処理が発生することになります。

ただし、上記の通り DatabaseCleanupIntervalレジストリの間隔時や0:00:00 ~ 0:01:00 の間にも クリーンアップがおこなわれますので、これらのタイミング以外に枯渇する状況が発生しない環境であれば、本処理は発生いたしません。
 
状況
この現象は想定された動作です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3007202 - 最終更新日: 12/05/2014 21:40:00 - リビジョン: 2.0

Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Datacenter

  • KB3007202
フィードバック