Exchange 2010 ベースのハイブリッド展開組織で、リソース メールボックスへポリシー内の会議出席依頼を送信できるユーザーを管理できない

: Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange 管理コンソールにバンドルされていた従来のハイブリッド構成ウィザードのサポートは終了したため、今後は Office 365 ハイブリッド構成ウィザードを使用してください。Office 365 ハイブリッド構成ウィザードは、こちらからインストールできます。詳細については、以下の資料を参照してください。

現象
オンプレミスの Exchange Server 2010 と Office 365 Exchange Online 間でハイブリッドを展開している組織において、Exchange Online リソース メールボックスへポリシー内の会議出席依頼を送信可能なユーザー一覧を Exchange 2010 管理コンソールから管理できません。

例えば、会議出席依頼を予約できるユーザー一覧 (BookInPolicy パラメーターを使用) に、ユーザーを追加しようとすると、以下のエラー メッセージが表示されます。
“プロパティの種類が正しくありません: {0}。種類は Microsoft.Exchange.Data.Directory.ADObjectId である必要があります。 "
原因
これは想定される動作です。 
回避策

方法 1: Exchange Online PowerShell を使用する

Exchange Online PowerShell を使用して、会議室メールボックスを予約できるユーザー一覧にユーザーを追加します。手順は以下のとおりです。
  1. リモート PowerShell を Exchange Online に接続します。手順については、「リモート PowerShell による Exchange への接続」を参照してください。
  2. 以下のコマンドを実行します。
    $room = Get-CalendarProcessing "Room Name" 
    $room.BookInPolicy += "UserB", "UserC"
    Set-CalendarProcessing room -BookInPolicy $room.BookInPolicy

    注: 上記の例では、UserB と UserC が一覧に追加されます。

方法 2: Exchange Online 管理センターを使用する

Exchange 管理センターを使用して、会議室メールボックスを予約できるユーザー一覧にユーザーを追加します。手順は以下のとおりです。
  1. Office 365 にサインインし、Exchange 管理センターに移動します。
  2. 管理者アカウントにリソース メールボックスに対するフル アクセス権限を割り当てます。
  3. この管理者アカウントを使用して Outlook Web App にサインインし、以下の手順を実行します。
    1. Outlook Web App の画面右上に表示されるユーザー名をクリックし、ドロップダウン メニューの [他のメールボックスを開く] をクリックします。
    2. リソース メールボックスの電子メール アドレスを入力し、[開く] をクリックします。
    3. 画面右上の [設定] (Screen shot of the Settings icon in Outlook Web  App) をクリックし、[オプション] をクリックします。
    4. 画面左側の [オプション] メニューから [設定] をクリックし、[リソース]、[これらのユーザーは、リソースに空きがある場合はスケジュールを自動的に設定できます。リソースに空きがない場合は、所有者による承認の要求を送信できます。]、[Select users and groups] (ユーザーとグループの選択) を順にクリックし、ユーザーを追加します。
追加情報
その他トピックは Office 365 コミュニティ Web サイト、または Exchange TechNet フォーラムを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3010295 - 最終更新日: 05/19/2016 09:53:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Exchange Online, Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 3, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard

  • o365022013 o365 o365a o365e o365m hybrid kbgraphxlink kbgraphic kbbug kbnofix KB3010295
フィードバック