Microsoft Office IME 2010 でハンドルリークが発生する

現象
Microsoft Office IME 2010 では、以下の条件を満たした場合ハンドルリークが発生します。
  • [HKEY_CURRENT_USER\Software\AppDataLow\Software\Microsoft\IMEJP\14.0\MSIME] キーが存在する。
  • キー内の何かしらの設定値を読み取ろうとした際に、その設定値が存在していない。
  • 高い権限下でプロセスが動作していない。
原因
この現象は、Office IME 2010 にて以下のレジストリを読み込む処理に問題があるため発生します。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\AppDataLow\Software\Microsoft\IMEJP\14.0\MSIME]
解決方法
回避策
以下のレジストリを削除すると、再現条件を満たさないために事象が再現しません。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\AppDataLow\Software\Microsoft\IMEJP\14.0\MSIME]



重要 : このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを編集する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしておくと、問題が発生した場合にレジストリを復元することができます。バックアップおよび復元方法の詳細を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
詳細
関連情報
問題の再現手順

  1. Windows タスク マネージャーを起動します。
  2. [プロセス] タブを表示し、メニューバーの [表示] より、[列の選択] をクリックします。
  3. [プロセスページの列の選択] ダイアログ ボックスより、[ハンドル] にチェックをし、"OK" をクリックしてダイアログ ボックスを閉じます。
  4. IME ツール バーの KANA キーを押下し、以下レジストリが作成されたことを確認します。
  5. メモ帳を起動します。
  6. メニューバーの [編集] より、”置換” を選択します。
  7. [Tab] キーを押下した状態で、Windows タスク マネージャーの、[ハンドル] の値を確認します。
結果 

[ハンドル] の値が増加を続け、元の値に戻りません。


注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
Properti

ID Artikel: 3011969 - Tinjauan Terakhir: 09/29/2016 12:04:00 - Revisi: 4.0

Microsoft Office 2010 Service Pack 2

  • KB3011969
Tanggapan