予定のインスタンスが存在しないまたは ActiveSync クライアント上で重複しています。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3012590
現象
ユーザーは、Microsoft Exchange ActiveSync クライアントを使用して、iOS デバイス上のメールボックスを同期をすると、デバイス上の予定表ない可能性があります 1 つまたは複数の予定です。これらの予定は、Outlook または Outlook Web App (OWA) から予定表を表示するときに使用できます。また、可能性がありますカレンダーで予定のインスタンスが重複しているデバイスから受信されると、会議。

この問題は、次のシナリオで発生します。

  • 開催者は、1 つまたは複数の出席者に定期的な会議を送信します。
  • 開催者は、定期的な会議のインスタンスに出席者を追加します。
  • 開催者は、定期的な会議の 2 番目のインスタンスに出席者を追加します。
このシナリオでは、新しい出席者は、自分の予定表に会議のインスタンスを 1 つだけを認識します。

原因
この問題は、ActiveSync クライアントが予定表アイテムを処理する方法が原因で発生します。
解決方法
IOS 8.2 更新プログラムを適用します。Apple は Apple のサポート技術情報の次の資料の問題を文書化します。
https://support.apple.com/kb/DL1794?locale=en_US&viewlocale=en_US

IOSupdate を適用することによってこの問題が解決しない場合、お客様は、モバイル デバイスの製造元お問い合わせください。
詳細
各予定には、グローバルに一意のオブジェクト識別子 (GOID) の値があります。ユーザーが定期的な会議のインスタンスを送信するとき、GOID には、その特定のインスタンスの日付と時刻の情報が含まれています。これは、2 つの一意の GOID 値を使用してこれら 2 つの定期的な会議のインスタンスがユーザーの予定表で作成されていることを意味します。ActiveSync メールボックス ログから次の UID 要素では、これら GOID の値を検索できます。

注: <b>これらの例では、UID は、日付の値の差を表示するセグメントに分割されます。各インスタンスの日付のセグメントがコメントします。
インスタンス 1
<ServerId>1:19</ServerId>  <ApplicationData>  <TimeZone xmlns="Calendar:">LAEAACgAVQBUAEMALQAwADUAOgAwADAAKQAgAEUAYQBzAH///w==</TimeZone>  <DtStamp xmlns="Calendar:">20141030T134707Z</DtStamp>  <StartTime xmlns="Calendar:">20141106T150000Z</StartTime>  <Subject xmlns="Calendar:">Multiple instances of this meeting</Subject>  <UID xmlns="Calendar:">    040000008200E00074C5B7101A82E008    07DE0B06  //Represents the date for this instance of the appointment.    A04A2A4F26F4CF01    0000000000000000    10000000    68C95CC61952A044A7FAD2D294C0E07C</UID>
インスタンス 2
<ServerId>1:20</ServerId>  <ApplicationData>  <TimeZone xmlns="Calendar:">LAEAACgAVQBUAEMALQAwADUAOgAwADAAKQAgAEUAYQBzAHQAZQByAG4A///w==</TimeZone>  <DtStamp xmlns="Calendar:">20141030T134839Z</DtStamp>  <StartTime xmlns="Calendar:">20141120T150000Z</StartTime>  <Subject xmlns="Calendar:">Multiple instances of this meeting</Subject>  <UID xmlns="Calendar:">    040000008200E00074C5B7101A82E008    07DE0B14  //Represents the date for this instance of the appointment.    A04A2A4F26F4CF01    0000000000000000    10000000    68C95CC61952A044A7FAD2D294C0E07C</UID>
サードパーティ情報の免責事項
この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。
関連情報
グローバル オブジェクト ID の詳細については、次の MSDN トピックを参照してください。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3012590 - 最終更新日: 10/01/2015 21:02:00 - リビジョン: 4.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Exchange Online via Office 365 A Plans, Exchange Online via Office 365 E Plans, Exchange Online via Office 365 G Plans, Exchange Online via Office 365 P Plans

  • kbsurveynew kbprb kbexpertiseinter kbmt KB3012590 KbMtja
フィードバック