更新プログラムにより、Internet Explorer 11 で SSL 3.0 を予備の警告

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3013210
この資料に記載された更新プログラムが最新の更新プログラムに置き換えられました。Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールすることをお勧めします。最新の更新プログラムをインストールするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムに関する技術的な詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。 Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールした後は、既定で SSL 3.0 のフォールバックを無効にするための動作が有効になります。
この更新プログラムについて
この更新プログラムは、Internet Explorer の接続に SSL 3.0 またはそれ以前のバージョンに TLS 1.0 またはそれ以降のバージョンからあるセキュリティ上危険なときに表示される SSL 3.0 を予備の警告を有効にします。中間の攻撃を防ぐことではありません。既定では、この動作は無効になります。ただし、次の方法のいずれかを使用してこの動作を有効にできます。
  • 次の簡単な解決策のソリューションを実行するにをクリックして、 ダウンロード ボタンです。次に、ファイルのダウンロードダイアログ ボックスでは、[実行] または [開く] とを簡単に修正プログラム ウィザードの手順です。
  • SSL 3.0 (Internet Explorer) へのフォールバックを許可するグループ ポリシー オブジェクトを使用することができます。 グループ ポリシー エディター.オブジェクトの設定のスクリーン ショットは次のようです。

    注: <b> このオブジェクトは、コンピューターの構成 \ 管理用テンプレート \windows コンポーネント \internet Explorer\Security 機能] の下にあります。

    SSL 3.0 (Internet Explorer) へのフォールバックを許可します。
  • レジストリ エントリを設定することができます。そのためには、以下の手順を実行します。

    重要: 以下の手順は慎重に実行してください。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元レジストリのバックアップを作成します。
    1. レジストリ エディターを起動します。
      • Windows 7 で [開始] をクリックしますタイプ regedit でをクリックし、プログラムとファイルの検索] ボックスに、 regedit.exe 検索結果です。
      • Windows 8 では、右上隅にマウスを移動、検索] をクリックしての種類 regedit 検索のテキスト ボックスでをクリックし、 regedit.exe 検索結果です。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけて選択します。
      HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
    3. [編集] メニューで、[新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
    4. タイプ EnableSSL3Fallback、Enter キーを押します。
    5. 詳細ペインで右クリックします。 EnableSSL3Fallback、し、[変更] をクリックします。
    6. [値データ] ボックスで、値を入力し、し、[ OK] をクリックします。

      注:
      • 値を設定するには、すべてのサイトに対してセキュリティ保護されていないフォールバックを禁止する場合 0.(最も安全)
      • 値を設定するには、保護されたモードのサイトのセキュリティ保護されていないフォールバックを禁止する場合 1.
      • 値を設定するにはセキュリティ保護されていないフォールバックを禁止するのにはしたくない場合 3.(最も高いセキュリティ)
    7. レジストリ エディタを終了します。
画像、フレーム、または SSL 3.0 へのフォールバックの ActiveX コントロールが埋め込まれている場合、Internet Explorer には、次のエラー メッセージが表示されます。
フレームでは、このコンテンツを表示できません。
セキュリティ保護されていない暗号化プロトコルを使用しているために、コンテンツがブロックされていた
詳細については、Internet Explorer のヘルプの「セキュリティ保護されていない接続」を参照してください。
更新プログラムの情報
この更新プログラムを有効にするには、Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムをインストールします。これを行うには、 Microsoft Update.さらを参照してください、 Internet Explorer 用の最新の累積的なセキュリティ更新プログラムに関する技術情報.

注: <b>この更新プログラムがセキュリティ更新プログラムに組み込まれて 12 月の累積的なセキュリティは、Internet Explorer (MS14 080) の更新します。.
関連情報
参照してください、 用語集 を参照してください。

プロパティ

文書番号:3013210 - 最終更新日: 09/28/2015 14:10:00 - リビジョン: 4.0

Internet Explorer 11

  • kbqfe kbfix kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB3013210 KbMtja
フィードバック