デスクトップの通知はありません (トースト通知) Outlook の起動] メニューのショートカットが存在しない場合

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3014833
現象
Microsoft Outlook 2013 または Windows Server 2012 または Windows 8 の [Outlook の 2016running がある場合は、不要になった新しいメールのデスクトップ ・ アラート (トースト通知) が表示されます。さらに、Outlook は、[検索] と [アプリケーションの通知はリストされません。
原因
この問題は、次の理由の 1 つの発生する可能性があります。
  • Outlook のショートカットは、Outlook のバージョンに応じて、次の場所から不足しています。

    Outlook 2013: C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Microsoft Office 2013

    Outlook 2016: C:\ProgramData\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\


    トースト通知を送信するアプリケーションをデスクトップには、スタート画面またはアプリケーションのビューでのインストールのショートカットが必要です。

  • [スタート] メニューから共通プログラム グループを削除します。 グループ ポリシー設定が有効になります。

解決方法
この問題を解決するには、最初に決定します[スタート] メニューから共通プログラム グループを削除するグループ ポリシー設定が有効になっているかどうか。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. Outlook を終了します。
  2. レジストリ エディターを起動します。これを行うには、[実行] ダイアログ ボックスを開くには、Windows キー + R キーを押します。Regedit.exeを入力し、 [ok]キーを押します。
  3. レジストリ エディターを見つけてし、次のサブキーをクリックします。

    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer

  4. 次の値を見つけて、そのデータを表示します。

    NoCommonGroups

  5. このレジストリ値が 1 に設定されている場合は、グループ ポリシー設定が有効になります。この値は、存在しないまたは 1 以外の値に設定されて、グループ ポリシー設定が有効になっていません。
  6. レジストリ エディタを終了します。

[スタート] メニューから共通プログラム グループを削除する設定を有効にすると、無効にします。

[スタート] メニューから共通プログラム グループを削除する設定がユーザーの構成管理用テンプレート --> の下にある >タスク バーと [スタート] メニューで次のスクリーン ショットに示すようにします。




[スタート] メニューから共通プログラム グループを削除する設定が有効でない場合は、Microsoft Office のインストールの修復を実行することによってこれを修正できます。

注: <b>修復処理を完了するために Outlook を再起動する必要があるし、Windows を再起動する必要がありますもします。

Office のインストールの種類を決定するのには、Outlook を起動して [ファイル] メニューで、[Office のアカウント] をクリックします。比較は、Office スイートのインストールを確認するのには次のスクリーン ショットを生成することこのイメージを入力します。MSI インストールの typedoesn't がある、[更新オプション] ボタン] をクリックに実行するインストールの種類の更新オプション] ボタンは、通知します。

MSI インストーラーには、次の情報が表示されます。

MSI インストールの情報ウィンドウ


実行をクリックしてインストーラーが表示されます (更新オプション] ボタンに注意してください)、次:

クイック実行インストールの情報ウィンドウ


クイック実行の詳細については、次のリソースを参照してください。

クイック実行の概要

クイック実行の Office 365 のセットアップのアーキテクチャの概要



ここで、Office のインストールを修復するには、これらの手順に従います。
  1. コントロール パネルを開きます。これを行うには、[スタート] ボタンまたは、Windowsキーを押します。「コントロール パネル」と、検索結果に [コントロール パネル] をクリックしますします。
  2. プログラムをクリックし、[プログラムと機能] をクリックします。
  3. Microsoft Office のバージョンを選択し、[変更] をクリックします。
  4. 次のように、Office インストールの種類に適したオプションをクリックします。
    • Office MSI インストールでは、[修復] をクリックし、[続行] をクリックします。
    • Office クイック実行のインストールでは、クイック修復] をクリックして、し、[修復] をクリックします。
詳細
トースト通知の詳細については、次を参照してください。 トースト通知の概要 (Windows ランタイム アプリケーション).

[スタート] メニューから共通プログラム グループを削除する設定と対応するNoCommonGroupsレジストリ値の詳細については、次の TechNet の記事を参照してください。

NoCommonGroups

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3014833 - 最終更新日: 10/02/2015 07:40:00 - リビジョン: 3.0

Outlook 2016, Microsoft Outlook 2013, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows 8, Windows 8.1

  • kbmt KB3014833 KbMtja
フィードバック