Visual Studio 2015 RC の修正されたバグと既知の問題

Visual Studio 2015 RC の修正されたバグと既知の問題
この資料では、Microsoft Visual Studio 2015 Release Candidate (RC) の修正されたバグと既知の問題の一覧を示します。

Visual Studio 2015 RC は、Visual Studio の次のメジャー リリースのリリース候補版です。このページで提供される Visual Studio 2015 RC 製品は "go-live" (稼働版) です。これは、お客様が運用環境でこれらのビルドを使用できることを意味します。ただし、依然としてプレリリース版であるため、最終リリース版で修正される複数のバグが存在する可能性があります。

Visual Studio 2015 RC 製品の完全なリストを表示して、ダウンロードする製品を選択するには、Visual Studio のダウンロードを確認してください。

Visual Studio 2015 RC の詳細

Visual Studio 2015 RC の新機能については、Visual Studio RC リリース ノートを参照してください。

既知の問題

インストール
インストール前
  • Visual Studio 2015 RC のセットアップ中、Visual Studio のインストール先に Windows システム ドライブ以外のドライブを選択しても、プログラムの大部分はシステム ドライブにインストールされます。Windows システム ドライブ以外のドライブにインストールされるのは、プログラムのごく一部のみです。
  • Visual Studio 2015 RC をインストールする前には、Visual Studio Tools for Windows 10 Insider Preview を削除してください。Visual Studio 2015 CTP6 と Visual Studio Tools for Windows 10 Insider Preview がインストールされている場合は、Visual Studio 2015 RC をインストールする前に Tools for Windows 10 をアンインストールする必要があります。
  • Windows 7 SP1 が搭載されているコンピューターに Visual Studio 2015 RC にインストールする場合、Dotfuscator インストーラーの Authenticode 証明書では、コンピューターがインターネットから切断されているかどうかを確認できません。

    この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。
    • この問題が発生した場合は、[パッケージをスキップする] をクリックして、Dotfuscator のインストールをスキップします。Visual Studio 2015 セットアップは通常どおり続行します。ただし、Dotfuscator はインストールされません。
    • コンピューターをインターネットに接続します。
以前のリリースからのアップグレード
  • Visual Studio 2015 RC をインストールする場合、ある程度の時間、[進行状況] ダイアログ ボックスで進行状況のバーの動きが表示されません。そのため、Visual Studio セットアップが応答していないように思われます。

    この問題を回避するには、タスク マネージャーを使用して、セットアップのインターフェイスの背後にある動作を調べます。大量のネットワーク帯域幅またはハード ディスクのアクセス時間を使用しているプロセスを探します。セットアップ プログラムは、通常、大量のネットワーク帯域幅を使用してパッケージをダウンロードし、大量のハード ディスクのアクセス時間を使用してファイルを展開およびコピーします。プログラムにインストール関連の名前がある場合、セットアップ インターフェイスに送信されていない場合であっても、作業が発生していることを確認できます。これらのプログラムの名前がインストール プログラムと似ていない場合、コンピューター リソースの使用に関してセットアップと競合している可能性があります。
  • Visual Studio 2015 CTP から Visual Studio 2015 RC にアップグレードする場合、Microsoft Test Manager 2015 CTP および Feedback Client 2015 CTP へのショートカットが削除されません。ただし、これらの RC バージョンへのショートカットが追加されます。混乱を回避するために、CTP のショートカットを削除しても問題ありません。代わりに CTP のショートカットを無視することを選択した場合、CTP のショートカットでも製品の RC バージョンが開かれるため、機能が失われることはありません。
  • 以前の Visual Studio 2015 バージョンから Visual Studio 2015 RC にアップグレードする場合を考えます。[通常] と [カスタム] のいずれかのインストールの種類を選択します。アップグレード後、以前の Visual Studio のバージョンの一部の機能が、Visual Studio 2015 RC に存在しない場合があります。

    この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
    1. RC のインストールを開始する前に、コントロール パネルの [プログラムと機能] を開きます。
    2. 以前の Visual Studio 2015 リリースのエントリをクリックして、[カスタム] をクリックします。
    3. [メンテナンス モード] ダイアログ ボックスで [変更] をクリックします。
    4. UI でオンにしたチェック ボックスをメモします。
    5. RC のインストールで、[カスタム] をクリックします。
    6. メモを使用して、以前のリリースに関するチェック ボックスの選択を照合します。
  • Visual Studio 2013 Deployment Agent が、Visual Studio 2015 RC サーバーに対して動作するように自動的にアップグレードされ、Deployment Agent がコンポーネントのコピーに [HTTP(S) 経由でリリース管理サーバーを使用] を使用するように有効になっている場合は、以下のいずれかの問題が発生することがあります。
    • リリースが [展開] ステップで失敗し、以下のエラー メッセージが表示される場合があります。
      ファイルまたはアセンブリ 'Newtonsoft.Json, Version=6.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=30ad4fe6b2a6aeed'、あるいはその依存関係の 1 つを読み込めませんでした。見つかったアセンブリのマニフェスト定義はアセンブリ参照に一致しません。(HRESULT からの例外: 0x80131040)
    • Deployment Agent コンピューター上では、イベント ビューアー ログに次のエラーが記録されます。
      Timestamp: <DateTime>Message: Could not load file or assembly 'Newtonsoft.Json, Version=6.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=30ad4fe6b2a6aeed' or one of its dependencies. The located assembly's manifest definition does not match the assembly reference. (Exception from HRESULT: 0x80131040): \r\n\r\n at Microsoft.TeamFoundation.Release.Data.Proxy.RestProxy.BaseDeploymentControllerServiceProxy.GetPackageFileInfos(String packageLocation)
      at Microsoft.TeamFoundation.Release.DeploymentAgent.Services.Deployer.HttpPackageDownloader.CopyPackageAndUnpackIt(String packageSourceLocation, String filesDestinationLocation)
      at Microsoft.TeamFoundation.Release.DeploymentAgent.Services.Deployer.ComponentProcessor.CopyComponentFilesImplementation(Action`2 copyFolder, Func`2 packageFileInfo, Func`4 downloadFile, Action`1 downloadCompleted)
      at Microsoft.TeamFoundation.Release.DeploymentAgent.Services.Deployer.ComponentProcessor.CopyComponentFiles()
      at Microsoft.TeamFoundation.Release.DeploymentAgent.Services.Deployer.ComponentProcessor.DeployComponent()Category: General
      Priority: -1
      EventId: 0
      Severity: Error
      Title:
      Machine: NVM30682
      Application Domain: DeploymentAgent.exe
      Process Id: 4668
      Process Name: C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 12.0\Release Management\bin\DeploymentAgent.exe
      Win32 Thread Id: 4876
      Thread Name:
      Extended Properties:


    これらの問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。
    • オプション 1:

      Newtonsoft.Json.dll を、Visual Studio 2015 RC Deployment Agent から Visual Studio 2013 のアップグレード済みエージェントにコピーし、Microsoft Deployment Agent サービスを再開します。

      Visual Studio 2015 RC Deployment Agent 上のコピー元パス: "%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio 14.0\Release Management\bin\Newtonsoft.Json.dll" または "%ProgramFiles%\Microsoft Visual Studio 14.0\Release Management\bin\Newtonsoft.Json.dll" (Deployment Agent のインストール場所に応じて異なる)

      Visual Studio 2013 Deployment Agent 上のコピー先パス: "%ProgramFiles(x86)%\Microsoft Visual Studio 14.0\Release Management\bin\Newtonsoft.Json.dll" または "%ProgramFiles%\Microsoft Visual Studio 14.0\Release Management\bin\Newtonsoft.Json.dll" (Deployment Agent のインストール場所に応じて異なる)
    • オプション 2:
      1. 既存の Visual Studio 2013 Deployment Agent をアンインストールします。
      2. Visual Studio 2015 RC Deployment Agent をインストールします。
インストール後
  • Visual Studio のインストールが成功した後、Visual Studio を起動しようとすると、次のメッセージが表示される場合があります。
    Install operation did not finish successfully.Please reinstall or repair Visual Studio
    この問題を回避するには、次のキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\VisualStudio\14.0\Setup\VS\[enterprise | professional | community]
    InstallResult の値が 3010 である場合は、その値を 0 に変更します。それ以外の場合は、必要に応じて製品の修復を実行します。
  • インストールまたは修復プロセスの一部として Visual Studio Test Professional のインストールを修復することを選択した場合、ダイアログ ボックスに次のエラー メッセージが表示されます。
    VSTestConfig.exe has stopped working
    修復操作に影響しないため、このエラー メッセージは無視しても問題ありません。[プログラムを終了します] をクリックして修復操作を再開します。修復後に Microsoft Test Manager の問題が発生した場合は、カスタマー サポートにご連絡ください。
ISO からのインストールに影響する問題
  • ISO ファイルから Visual Studio 2015 RC をインストールしてから、Apache Cordova ツールを選択する場合を考えます。Visual Studio を修復した後、ダイアログ ボックスが表示され、JSBreadcrumbRes.msi のコピー元を入力するよう求めるメッセージが表示されます。このパッケージをスキップすると、セットアップが完了し、"Tools for Apache Cordova - Templates. The system cannot find the file specified" という警告メッセージが表示されます。

    この問題を回避するには、修復時に [パッケージをスキップする] を選択します。パッケージは必要でないため、警告を無視しても問題ありません。

    Visual Studio Tools for Apache Cordova に関連する既知の問題については、「Tools for Apache Cordova の既知の問題」を参照してください。
  • Visual Studio セットアップ ファイルには、ISO ファイルには収録されていない機能が含まれています。新しいプラットフォーム機能の最新バージョンの取得を有効にして、Visual Studio のインストールをさらにカスタマイズしてインストールの時間とサイズを最小限にするために、Visual Studio セットアップには ISO ファイルには収録されていない機能が含まれています。

    この問題を回避するには、以下の手順で、オフライン インストール操作に必要なファイルが含まれるフォルダーを作成します。
    1. Visual Studio のインストーラーをローカル コンピューターに保存します。
    2. コマンド プロンプトで、/layout スイッチを使用して .exe ファイルを実行します。たとえば、以下のコマンドを実行します。

      vs_community.exe /layout
    3. セットアップ ファイルのダウンロード先にするフォルダーを指定します。たとえば、以下のフォルダーを指定します。

      c:\Users\YourName\Downloads\VSCommunity
    4. ダウンロードが完了した後、指定したフォルダーの場所から .exe ファイルを実行します。たとえば、Downloads ライブラリにある VSCommunity フォルダーを開き、Vs_community.exe を実行します。

    注: RC リリースに存在する問題により、/layout ダウンロード オプションを指定しても、一部の Visual Studio の機能で必要なすべてのソフトウェアがダウンロードされるわけではありません。一部のコンポーネントのインストールにはインターネット接続が必要です。
  • Visual Studio のインストールが成功した後、Visual Studio を起動しようとすると、次のメッセージが表示される場合があります。
    Install operation did not finish successfully.Please reinstall or repair Visual Studio
    この問題を回避するには、次のキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\VisualStudio\14.0\Setup\VS\[enterprise | professional | community]
    InstallResult の値が 3010 である場合は、その値を 0 に変更します。それ以外の場合は、必要に応じて製品の修復を実行します。
Windows App Development Tools
  • Visual Studio セットアップで Windows 10 ユニバーサル アプリケーション用の開発ツールをインストールするには、[カスタム] をクリックしてから [次へ] をクリックし、[Windows Universal App Development Tools] 機能を選択します。Windows 10 Insider Preview では独立したインストーラーを使用しないようになりました。
  • Windows Emulators を使用するには、Windows 8.1 (x64) Professional エディション以降のバージョンを搭載する物理コンピューターと、Client Hyper-V および第 2 レベルのアドレス変換 (SLAT) をサポートするプロセッサが必要です。Visual Studio を仮想マシン (VM) にインストールした場合は、エミュレーターは動作しません。
その他の問題
  • Visual Studio 2015 RC をインストールするときに、[進行状況] ダイアログ ボックスで [キャンセル] と [はい] をクリックした後、進行状況のバーの長時間表示され続けます。

    そのまま待っていると、次のパッケージへの移行時にはキャンセル要求が優先されます。ただし、これには数十分かかる可能性があります。実現可能な最適の部分インストールを実現するには、現在の処理が通常の方法で終了するのを待ちます。

    セットアップをすぐに停止する必要がある場合は、タスク マネージャーを使用してセットアップ プロセスのタスクを確認して終了します。

    警告 このようにすると、最終的なセットアップの処理が予測できない状態になる可能性があります。インストールが完了する前にインストールの終了を選択した場合は、都合が付きしだいセットアップを再起動し、インストールを修復するか、プログラムをアンインストールすることを推奨します。
Visual Studio IDE
  • Internet Explorer で JavaScript を無効にした場合は、Visual Studio にサインインできず、また他のデバイスと設定を同期することができません。

    この問題を回避するには、Internet Explorer 用の JavaScript を有効にします。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [ツール] メニューの [インターネット オプション] をクリックし、[セキュリティ] タブをクリックします。
    2. [インターネット] ゾーンをクリックします。
    3. インターネットのセキュリティ設定をカスタマイズする必要がない場合は、[既定のレベル] をクリックします。続いて、手順 4. に進みます。インターネットのセキュリティ設定をカスタマイズする必要がある場合は、以下の手順に従います。
      1. [レベルのカスタマイズ] をクリックします。
      2. [セキュリティ設定 - インターネット ゾーン] ダイアログ ボックスで、[スクリプト] セクションの [アクティブ スクリプト] に対して [有効にする] をクリックします。
    4. [戻る] ボタンをクリックして前のページに戻り、[更新] ボタンをクリックしてスクリプトを実行します。
    詳細については、「Web ブラウザーで JavaScript を有効にする方法」を参照してください。
  • Internet Explorer でセキュリティ強化を有効にすると、オンライン サービスにサインインするために Visual Studio に必要なオンライン サービス URI がセキュリティ強化によりブロックされるため、Windows Server では Visual Studio にサインインできません。JavaScript または Cookie を無効にする制限の場合も、Visual Studio で正常にサインインできなくなります。

    この問題を回避するには、以下のダイアログ ボックスが表示された場合、[追加] をクリックして、必要な URL を Windows Server の除外リストに追加します。



    続いて、Visual Studio を再起動し、サインインを再試行します。

    別の回避策としては、Internet Explorer セキュリティ強化の構成をオフにします。
  • 管理された Windows ランタイム メタデータ (.winmd) ファイルを参照している C++ と JavaScript のアプリケーションは、.NET ネイティブを使用しても最適化されません。これは、これらのプロジェクトに対して .NET ネイティブが有効になっていないためです。.NET ネイティブを有効にするには、JSProj ファイルまたは VCXProj ファイルを変更する必要があります。

    この問題を回避するには、次のいずれかの方法を使用します。
    • C++ アプリケーションの場合:
      1. 変更するプロジェクトを閉じます。
      2. テキスト エディターで VCXProj ファイルを開きます。
      3. Condition 属性が含まれていない PropertyGroup 要素を見つけます。
      4. PropertyGroup 要素で "<EnableDotNetNativeCompatibleProfile>true</EnableDotNetNativeCompatibleProfile>" を追加します。
      5. <arch> が Win32、ARM、または x64 である Condition="'$(Configuration)|$(Platform)'=='Release|<arch>'" が含まれる PropertyGroup 要素を見つけます。
      6. PropertyGroup 要素の内部で "<UseDotNetNativeToolchain>true</UseDotNetNativeToolchain>" を追加します。
      7. VCXProj ファイルを保存します。


    • JavaScript アプリケーションの場合:
      1. 変更するプロジェクトを閉じます。
      2. テキスト エディターで JSProj ファイルを開きます。
      3. Condition 属性が含まれていない PropertyGroup 要素を見つけます。
      4. PropertyGroup 要素で "<EnableDotNetNativeCompatibleProfile>true</EnableDotNetNativeCompatibleProfile>" を追加します。
      5. <arch> が ARM、x64、または x86 である Include="Release|<arch>" が含まれる ProjectConfiguration 要素を見つけます。
      6. ProjectConfiguration 要素の内部で "<UseDotNetNativeToolchain>true</UseDotNetNativeToolchain>" を追加します。
      7. JSProj ファイルを保存します。
  • AnyCPU プラットフォーム構成は、C# および Visual Basic を使用してビルドされた Windows 10 Insider Preview アプリケーションではサポートされていません。このリリースの Visual Studio では、.NET ネイティブを使用して Windows 10 アプリケーションをビルドします。.NET ネイティブは C# と Visual Basic のコードをネイティブ コードにコンパイルし、また CPU には依存しません。
  • C# または Visual Basic の Windows 8.1 アプリケーションをデバッグする際に、式の上にマウス カーソルを置いても、データヒントが表示されない場合があります。また、デバッガーのウィンドウで式の評価が失敗し、以下のようなエラー メッセージが返されることがあります。

    エラー CS0012: 型 'Windows.UI.Core.Dispatcher' が参照されていないアセンブリで定義されています。アセンブリ 'Windows.UI.winmd, ...' への参照を追加してください。

    この問題を回避するには、従来の C# および VB の式の評価を有効にします。

  • Visual Studio 2015 または TFS 2015 に対して構成されている Visual Studio 2013 エージェントを使用するか、以下のエラー メッセージが表示された場合、静的コード カバレッジのファイルが収集されません:

    System.DllNotFoundException: DLL 'VSCover 140' を読み込めません: 指定されたモジュールが見つかりません。(HRESULT: 0x8007007E からの例外)

    注:
    この問題が発生するのは、リモート コンピューター上でテストを実行していて、静的コード カバレッジ データを収集しようとする場合のみです。
  • プロジェクトで移植可能なクラス ライブラリを参照すると、ビルドが成功した場合であっても、一部の操作で、Visual Studio エラー リストで報告されるエラーが発生することがあります。

    この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
    1. エラーがソリューション エクスプローラー報告されているプロジェクトを右クリックし、[プロジェクトのアンロード] をクリックします。
    2. ソリューション エクスプローラーでそのプロジェクトを再度右クリックし、[<プロジェクト名> の編集] をクリックします。

      注: このコマンドで、<プロジェクト名> は、実際のプロジェクト名を表します。
    3. Condition 属性が含まれないプロジェクト ファイルの上部にある <PropertyGroup> エントリで、以下を追加します。

      <CheckForSystemRuntimeDependency>true</CheckForSystemRuntimeDependency>
    4. ファイルを保存して閉じます。
    5. ソリューション エクスプローラーでプロジェクト名を右クリックし、[プロジェクトの再読み込み] をクリックします。


Web プラットフォームおよびツール
  • Visual Studio 2015 RC では、ASP.NET 5 または Cordova プロジェクトで TypeScript を使用すると、ビルド設定を構成することができません。

    この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
    1. プロジェクトを右クリックして、[プロジェクトのアンロード] をクリックします。
    2. プロジェクトを右クリックして、[<プロジェクト> の編集] をクリックします。

      注: このコマンドで、<プロジェクト> は、実際のプロジェクト名を表します。
    3. プロジェクトの XML ファイルでは、以下のガイドラインに従うと、TypeScript エディターにより使用される MSBuild の設定を定義することができます。
    プロジェクト ファイルで構成できる MSBuild の設定の例を以下に示します。

    <PropertyGroup>    <TypeScriptTarget>ES5</TypeScriptTarget>    <TypeScriptCompileOnSaveEnabled>true</TypeScriptCompileOnSaveEnabled>    <TypeScriptNoImplicitAny>false</TypeScriptNoImplicitAny>    <TypeScriptModuleKind>none</TypeScriptModuleKind>    <TypeScriptRemoveComments>false</TypeScriptRemoveComments>    <TypeScriptOutFile></TypeScriptOutFile>    <TypeScriptOutDir></TypeScriptOutDir>    <TypeScriptGeneratesDeclarations>false</TypeScriptGeneratesDeclarations>    <TypeScriptSourceMap>true</TypeScriptSourceMap>    <TypeScriptMapRoot></TypeScriptMapRoot>    <TypeScriptSourceRoot></TypeScriptSourceRoot>    <TypeScriptNoEmitOnError>true</TypeScriptNoEmitOnError>  </PropertyGroup>
    TypeScript MSBuild の設定の値 (英語情報)」を参照してください。

    Visual Studio Tools for Apache Cordova に関連する既知の問題については、「Tools for Apache Cordova の既知の問題」を参照してください。
  • Visual Studio 2015 RC では、Project Spartan (デスクトップ版またはモバイル版) は、ASP.NET などの Web ベースのプロジェクトの F5 リストではデバッグ ターゲットとしては表示されません。

    この問題を回避するには、Windows 10 Insider Preview の既定のブラウザーを、[Project Spartan] から [Internet Explorer] に変更します。これを行うには、[スタート] メニューを開き、[設定]、[システム] の順にポイントし、[既定のアプリ] をクリックします。[Web ブラウザー] の下で、[Project Spartan] をクリックし、[Internet Explorer] をクリックします。
  • Visual Studio 2015 RC にアップグレードすると、Web Essentials CTP バージョンが無効になりません。Visual Studio のアップグレードをインストールすると、古いバージョンの Web Essentials は無効になると想定されていますが、このメカニズムは Visual Studio 2015 RC では機能しません。Visual Studio 2015 RC には Web Essentials for CTP6 との互換性は存在しません。Visual Studio RC バージョン以外のバージョンの Web Essentials をアンインストールまたはアップグレードすることを強く推奨します。
  • Knockout IntelliSense は、既定では無効になっています。.jsx ファイルが開かれるまで、Knockout IntelliSense は Visual Studio 2015 RC では動作しません。JSX には項目テンプレートは存在しないため、単に JavaScript ファイルを追加して .js 拡張子を .jsx に変更します。このファイルは、開いても、閉じても、無視しても構いません。.jsx ファイルを開くと、KnockOut 機能が以前のリリースのように動作するために必要なコードが呼び出されます。Web Essentials for Visual Studio 2015 RC をインストールすると、この問題が修正されます。そのため、JSX ファイルを開く必要はありません。
ASP.NET と Web 開発
  • Web フォーム 4.5 WAP を作成し、Web フォーム ページを開くと、[エラー リスト] ウィンドウに以下のエラーが表示されます。

    プロジェクトは問題なく実行されます。エラー CS0234: 型または名前空間名 'global_asax' は名前空間 'ASP' に存在しません。アセンブリ参照が不足しています。
    エラー CS0234: 型または名前空間名 'Linq' は名前空間 'System' に存在しません。アセンブリ参照が不足しています。
  • Visual Studio 2015 RC で、C# および VB に新しい言語の機能を使用する場合、Web フォーム ページまたは Razor ビューで C# または VB を使用すると、ランタイム エラーが発生します。

    この問題を回避するには、Microsoft.CodeDom.Providers.DotNetCompilerPlatform NuGet パッケージをインストールします。このパッケージは、ASP.NET 用のボックス内 CodeDom プロバイダーの Roslyn ベースのプロバイダーを置き換えます。
Agile Test
  • コード化された UI テスト (CUIT) は、Windows 10 Insider Preview 上の UAP Phone アプリケーションでは動作しません。
  • Build.VNext の VSTest タスクでは、テスト結果が TFS サーバーにアップロードされません。代わりに、実行コンピューター上に格納される .trx ファイルからテスト結果を取得することができます。
単体テスト
  • 配置ターゲットを Phone デバイスやエミュレーターに設定して、ユニバーサル アプリケーションに対してすべてのテストを実行しようとしても、テスト エクスプローラーの [すべて実行] コマンドが機能しません。

    この問題を回避するには、テスト エクスプローラーですべてのテストを選択してから、これらの配置ターゲット上でテストを実行します。
  • 配置ターゲットを Phone デバイスやエミュレーターに設定することによる単体テストのデバッグは、Visual Studio 2015 RC ではサポートされていません。
  • コンテキスト メニューから [単体テストの作成] コマンドを実行し、[IntelliTest Exploration Results] ウィンドウから [保存] コマンドを実行すると、Android 単体テスト プロジェクトが作成されます。

    この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
    1. "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\Common7\IDE\Extensions\Xamarin\Xamarin\[Version]\T\PT\Android" にある UnitTestProject.zip の名前を UnitTestProject2.zip に変更します。
    2. 管理者として "開発者コマンド プロンプト for Visual Studio 2015" を開きます。
    3. 次のコマンドを実行します。

      devenv /InstallVSTemplates
Visual Studio Tools for Windows 10 Insider Preview
  • Visual Studio Tools for Windows 10 Insider Preview が間もなく提供されます。提供の状況を確認するには、https://insider.windows.com を参照してください。
  • 既知の問題とインストールの手順については、Windows アプリ開発フォーラムを参照してください。
  • Visual Studio Express 2015 for Windows 10 では、Windows 8.1、Windows Phone 8.1、または Windows Phone 8.0 がサポートされていません。Visual Studio Express 2015 for Windows 10 のこの RC リリースには、Windows 8.1、Windows Phone 8.1、および Windows Phone 8.0 用のアプリの作成とメンテナンスのサポートが含まれていますが、Visual Studio Express 2015 for Windows 10 の最終リリースにはそのサポートが含まれません。

    この問題を回避するには、代わりに Visual Studio Community 2015 を使用します。Visual Studio Community、Visual Studio Professional、および Visual Studio Enterprise では、Windows 8.1、Windows Phone 8.1、および Windows Phone 8.0 用の Windows ストア アプリを引き続きサポートします。
診断ツール
  • 初めてデバッグを開始するときに、診断ツールのウィンドウが開かれず、次のエラー メッセージが表示されます。

    The Diagnostic Tools failed unexpectedly

    ただし、Visual Studio を再起動した後の以降のデバッグ セッションでは、診断ツールのウィンドウは正常に表示されます。

    ツールの詳細については、次の MSDN フォーラムの Web サイトで、「Windows 10 SDK およびツールに関する既知の問題」について検索してください。

その他
  • ソース コントロールでいくつかの文字が英語ではなく中国語で表示されることがあります。この問題を解決するには、[プログラムと機能] で Visual Studio 2015 RC の修復を実行してください。
  • Visual Studio 2015 RC UI でいくつかの操作を実行するときに "コレクション タイプは ICollection<T> から派生する必要があります" というエラーが発生します。

    以前の Windows 10 プレビュー ビルドから Flight 10122 以降のバージョンにアップグレードするとします。Visual Studio 2015 RC UI でプロジェクトを開いたり作成したりするか、他の操作を実行するときに、次のエラー メッセージが表示されます。
    コレクション タイプは ICollection<T> から派生する必要があります

    この問題を解決するには、以下の方法を実行します。
    • 管理者として Visual Studio Developer コマンド プロンプトを開きます。
    • コマンド プロンプトに「devenv.exe /setup」と入力し、Enter キーを押します。
    • Visual Studio を修復します。

ブレークの変更

クラウドプラット フォーム
  • 以前は、メジャー バージョン、マイナー バージョン、ビルド バージョン、およびリビジョン バージョンの 4 つの異なる数字を使用して、Windows アプリケーションのバージョン管理を行うことができました。このバージョンは AppxManifest.xml ファイルで指定します。Windows 10 Insider Preview アプリケーションのリビジョン番号は、x.x.x.x バージョン文字列の 4 番目で、マイクロソフトが使用するために予約されています。アプリケーションでは、リビジョン番号として常に "0" を使用する必要があります。Windows アプリ認定キット (WACK) と Windows ストアでは、リビジョン番号 "0" を使用しないアプリケーションが拒否されます。
  • Visual Studio 2015 の .NET ネイティブでは、Windows 8.1 または Windows Phone 8.1 アプリケーションがサポートされなくなりました。このリリース、および将来のリリースでは、Windows 10 Insider Preview アプリケーションのみがサポートされます。
Agent
  • Agents for Visual Studio 2015 を使用すると、エージェントでは TFS 2015 または Visual Studio Online に通信することでオーケストレーションを処理できるため、独立したテスト コントローラーが不要になります。すべての新しい Visual Studio 2015 および TFS 2015 のシナリオでは、Agents for Visual Studio 2015 を使用することを推奨します。テスト コントローラーが必要なその他のシナリオには、Agents for Visual Studio 2013 Update 5 を使用することを推奨します。テスト コントローラーには、TFS 2013 および TFS 2015 製品との完全な互換性があります。

    次の表に、推奨事項をまとめて示します。

    ビルド プレビュー ビルド システムまたはリリース管理を介したリモートの自動テストAgents for Visual Studio 2015
    MSTest および .testSettings ファイルを介したリモートの自動テスト
    負荷テスト
    ラボ環境を介したリモートの自動テスト
    TFS 2013 がターゲットであるオートメーション テスト
    Agents for Visual Studio 2013 Update 5
Visual C++
  • Visual Studio 2015 RC の関数では、__declspec(align) 構造体が許可されていません。
  • 例外オブジェクトは、コピー可能と移動可能のいずれかである必要があります。以下のコードは、Visual Studio 2013 ではコンパイルされますが、Visual Studio 2015 ではコンパイルされません。

    struct S {public:S();private:S(const S &);}; int main(){throw S(); // error} or struct S {S();explicit S(const S &);}; int main(){throw S(); // error}
  • 値により例外をキャプチャするには、例外オブジェクトがコピー可能である必要があります。以下のコードは、Visual Studio 2013 ではコンパイルされますが、Visual Studio 2015 ではコンパイルされません。
    struct B {public:B();private:B(const B &);}; struct D : public B {}; int main(){try{}catch (D) // error{}}
  • mutable 指定子は、クラス データ members(9.2) の名前にのみ適用できます。これらを、
    const または static と宣言されている名前に適用することはできず、またメンバーを参照するために適用することもできません。以下に例を示します。
         class X {       mutable const int* p; // OK       mutable int* const q; // ill-formed     };
    この問題を回避するには、単に冗長な "mutable" インスタンスを削除します。
  • C++03 または C++11 では、不適合である無名共用体には ctor または dtor が生成されましたが、これらは削除されています。
  • 共用体内の無名構造体メンバーには、コンストラクターが呼び出されなくなりました。以下に例を示します。
    #include <stdio.h>struct S { ~S(){ printf("~S()");}};union U{  struct {   S s;  };  ~U(){}};int main(){   U u;  return 0;}
    Visual Studio 2015 RC よりも前のバージョンでは、この構造体により ~S() が出力されます。Visual Studio 2015 RC 以降では、何も出力されません。さらに、以下の警告メッセージが表示されます。

    warning C4588: 'U::s': behavior change: destructor is no longer implicitly called
  • 明示的な非型テンプレート引数の型は、非型テンプレート パラメーターの型と一致する必要があります。ただし、Visual Studio 2015 RC ではこの検証でエラーが発生することがあります。たとえば、以下のコードは許可されなくなりました。
    struct S2{ void f(int); void f(int, int);};struct Sink{ template <class C, void (C::*Function)(int) const> void f();};void f(){ Sink sink; sink.f<S2, &S2::f>();}
  • 共用体のデータ メンバーには参照型を使用できなくなりました。
  • Visual Studio 2015 RC で /Zc:forScope- コマンドを使用すると、以下の警告メッセージが表示されます。

    cl : コマンド ライン警告 D9035: オプション 'Zc:forScope-' の使用は現在推奨されていません。今後のバージョンからは削除されます。
  • 文字列とマクロの間に空白がなく、文字列の直後にあるマクロは、ユーザー定義リテラルのサフィックスとして解釈されるようになりました。以下に例を示します。
    //Before compiled#define _x "there"char* func() {  return "hello"_x;}int main(){ char * p = func(); return 0;}
    このコードをコンパイルすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    test.cpp(52): error C3688: invalid literal suffix '_x'; literal operator or literal operator template 'operator ""_x' not found
    test.cpp(52): note: Did you forget a space between the string literal and the prefix of the following string literal?
  • 共用体内の無名構造体メンバーには、コンストラクターが呼び出されなくなりました。以下に例を示します。

    #include <stdio.h>struct S { S(){ printf("S()");}};union U{  struct {   S s;  };  U(){}};int main(){   U u;  return 0;}
    Visual Studio 2015 RC よりも前のバージョンでは、この構造体により S() が出力されます。Visual Studio 2015 RC では、何も出力されません。さらに、以下の警告メッセージが表示されます。

    warning C4587: 'U::s':behavior change:constructor is no longer implicitly called.
  • Visual Studio 2015 RC では、ユーザー定義のムーブ コンストラクターまたはムーブ代入演算子が存在する場合、暗黙的に宣言されたコピー コンストラクターは削除されます。
  • 隣接する全角文字列または未加工文字列の連結ではスペースを挿入する必要があります (L"Hello" L"World")。これは、2 番目の文字列のプレフィックスがユーザー定義リテラルのサフィックスとして扱われるようになったためです。以下に例を示します。
    • const wchar_t *s = L"Hello"L"World"; // emits error C3688: invalid literal suffix 'L'; literal operator or literal operator template 'operator ""L' not found
    • const wchar_t *t = L”Hello” L”World”; // compiles without error

詳細

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法

Visual Studio ファミリの他の製品用の更新プログラムは、Visual Studio 用のマイクロソフト ダウンロード サイトにあります。

要件

詳細なシステム要件については、「Visual Studio 2015 の互換性」を参照してください。

再起動の必要性

このパッケージのインストール後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

サポートされるアーキテクチャ

  • 32 ビット (x86)
  • 64 ビット (x64) (WOW)
  • ARM

サードパーティ製アプリケーション


  • Visual Studio 2015 RC のインストールでは、サード パーティ製アプリケーションをインストールできます。Visual Studio 2015 RC から Cross Platform Mobile Development ツールをインストールする場合に必要であるサード パーティ製アプリケーションの詳細については、サポート技術情報 3060693 を参照してください。
  • Visual Studio 2015 RC のアンインストールでは、サード パーティ製アプリケーションはアンインストールされません。Visual Studio 2015 RC と共にインストールされたサード パーティ製アプリケーションをアンインストールする方法の詳細については、サポート技術情報 3060695 を参照してください。
サードパーティの情報に関する免責事項
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3025133 - 最終更新日: 06/15/2015 13:59:00 - リビジョン: 3.0

  • kbsurveynew kbexpertiseadvanced atdownload KB3025133
フィードバック