Windows XP の "新規" インストール時のクイック フォーマットと標準フォーマットの違い

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
概要
Microsoft Windows XP の "新規" インストール時、次のフォーマット オプションから選択するように求められます。
  • NTFS ファイル システムを使用してパーティションをフォーマット (クイック)
  • FAT ファイル システムを使用してパーティションをフォーマット (クイック)
  • NTFS ファイル システムを使用してパーティションをフォーマット
  • FAT ファイル システムを使用してパーティションをフォーマット
  • 現在のファイル システムをそのまま使用 (変更なし)
この資料では、クィック フォーマットと標準フォーマットの違いについて説明します。
詳細
ボリュームに対して標準フォーマットを実行するように選択した場合、フォーマットするボリュームからファイルが削除され、ハード ディスクの不良セクターがスキャンされます。不良セクターのスキャンは、ボリュームのフォーマットにかかる時間の大半を占めます。

クイック フォーマット オプションを選択した場合、ファイルはパーティションから削除されますが、ディスクの不良セクターのスキャンは行われません。このオプションは、以前、ハード ディスクをフォーマットしたことがあり、ハード ディスクが破損していないことが確実な場合にのみ使用してください。

クイック フォーマット オプションを使用してフォーマットしたパーティションに Windows XP をインストールした場合は、Windows XP のインストール完了後、chkdsk /r コマンドを使用して、ディスクをチェックすることもできます。
quickformat /q
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:302686 - 最終更新日: 12/06/2015 03:37:33 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition

  • kbnosurvey kbarchive kbenv kbinfo kbsetup KB302686
フィードバック