現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

予約済みのディスクが誤って Windows Server 2012 R2 の Windows 8.1 でマウントされている場合、システムがフリーズします。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3027110
クラスター ノードでシャット ダウンが予期せず Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 の場合、この問題は発生もします。修正プログラムがこの問題を解決します。修正プログラムが、 前提条件.
現象
次の条件のいずれかが true の場合この問題に発生します。
  • クラスターが接続されているストレージ エリア ネットワーク (SAN) です。
  • システム クラスターでは、ボリュームをマウントしようとして、ノードがディスクの所有ノードでないです。
  • ディスクは、オンライン化のノードが所有しているノードとディスクの予約を所有していません。
  • ドライバーをオンラインで別のクラスター ノードによって予約されているシステムで Windows PE を実行します。

注: <b>HYPER-V ホストはシャット ダウンが予期しない場合は、予期しないシャット ダウン (ダーティ シャット ダウンとも呼ばれる) 後、自動修復プロセスを入力します。一時的な回避策としてシステムをセーフ モードで起動し、すぐに再起動します。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムは、マイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムは、ここで説明する問題のみを修正することを目的としたものです。この修正プログラムは、ここで説明する問題が発生しているコンピューターに対してのみ適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、本サポート技術情報の資料の上部に「修正プログラムをダウンロードできます」というセクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにリクエストを送信し、修正プログラムを入手してください。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧または別のサービス リクエストの作成については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>「修正プログラムのダウンロード利用可能」フォームは、修正プログラムで利用可能な言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

いるこの更新プログラムを適用するには、必要があります。 2919355 を更新します。 Windows 8.1 または Windows Server 2012 R2 にインストールされている必要があります。

レジストリ情報

このパッケージの修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要な場合があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、以前にリリースされた修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報

この修正プログラムのグローバル版では、次の表に示す各属性を持つファイル群がインストールされます。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。お使いのローカル コンピューター上にあるこれらのファイルの日付および時刻は、現在の夏時間 (DST) との差と一緒にローカル時刻で表示されます。また、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日時が変更される場合があります。

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 のファイル情報とメモ

重要: Windows 8.1 修正プログラムおよび Windows Server 2012 R2 の修正プログラムは、同じパッケージに含まれます。ただし、"修正プログラムの要求" ページの修正プログラムは、両方のオペレーティング システムの下に表示されます。一方または両方のオペレーティング システムに適用するこの修正プログラム パッケージを要求するには、ページに「Windows 8.1/Windows Server 2012 R2"下に記載されている修正プログラムを選択します。必ず資料の「対象製品」を参照して、各修正プログラムの適用対象である実際のオペレーティング システムを確認してください。
  • 特定の製品、マイルス トーン (RTM、SP に適用されるファイルn)、区分 (LDR、GDR) は次の表に示すようにファイルのバージョン番号を調べることで識別でき、。
    バージョン製品マイルストーンサービス区分
    6.3.960 0.17xxxWindows 8.1 および Windows Server 2012 R2RTMGDR
  • GDR サービス区分には、広域で重要な問題に対処するために幅広くリリースされている修正プログラムのみが含まれています。LDR サービス区分には、幅広くリリースされている修正プログラムに加えて、緊急性の高い修正プログラムが含まれます。
  • マニフェスト ファイル (.manifest) および MUM ファイル (.mum) インストールされている環境ごとには 個別に一覧表示 。MUM ファイル、MANIFEST ファイル、および関連するセキュリティ カタログ (.cat) ファイルは、更新されたコンポーネントの状態を維持するために不可欠です。属性が一覧表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 8.1
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Ntfs.sys6.3.9600.176311,687,8722015 年 1 月-14-20:06x86
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付時刻プラットフォーム
Ntfs.sys6.3.9600.176312,022,7202015 年 1 月-14-20:12x64

追加ファイル情報

Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の追加ファイル情報
サポートされているすべての x86 ベース バージョンの Windows 8.1 用の追加ファイル
ファイルのプロパティ
ファイル名X86_a5d431249bef2b5984ca7827a947e986_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17633_none_b0057fc0d2074ef4.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ692
日付 (UTC)2015 年 1 月-14-
時刻 (UTC)22:21
プラットフォーム該当なし
ファイル名--Ntfs_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17633_none_3b45ec80385d9adb.manifest X86_microsoft windows
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ16,008
日付 (UTC)2015 年 1 月-14-
時刻 (UTC)22:24
プラットフォーム該当なし
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の追加ファイル
ファイルのプロパティ
ファイル名Amd64_c6023eb259ca802b99b3e661e37dc48b_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17633_none_bd094807436c299f.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ696
日付 (UTC)2015 年 1 月-14-
時刻 (UTC)22:21
プラットフォーム該当なし
ファイル名--Ntfs_31bf3856ad364e35_6.3.9600.17633_none_97648803f0bb0c11.manifest Amd64_microsoft windows
ファイル バージョン該当なし
ファイルのサイズ16,014
日付 (UTC)2015 年 1 月-14-
時刻 (UTC)22:28
プラットフォーム該当なし

状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。
関連情報
参照してください、 用語集 を参照してください。
詳細

WinRE.wim 修正プログラム 3027110 を挿入する方法

  1. C:\WindowsUpdate フォルダーを作成します。
  2. .Msu ファイルを次に示します C:\WindowsUpdate をダウンロードします:注: <b> 更新 2919355 が前提条件の更新 3027110 更新 2919442 と 2919355 パッケージ 2919355 パッケージ更新プログラムにはが既に含まれて WinRE イメージには更新の両方を追加するには必要はありません。を確認するには、手順 6 後、次のコマンドを入力します。

    dism/image:C:\winre\mount/Get-packages
  3. コマンド プロンプトを開きます。
  4. WinRE を無効にする次のコマンドを入力します。

    REAgentC/disable
  5. 次のローカル フォルダーを作成します。

    C:\WinRE\Mount
  6. Winre.wim ファイルをマウントする次のコマンドを入力します。

    dism/Mount-Wim/WimFile:C:\Windows\System32\Recovery\WinRE.wim/Index:1/MountDir:C:\WinRE\Mount
  7. WinRE のイメージにパッケージを統合するのには次のコマンドを入力します。
    • dism/image:C:\Winre\mount/Add-Package/Packagepath:C:\WindowsUpdate\Windows8.1-KB2919442-x64.msu
    • dism/image:C:\Winre\mount/Add-Package/Packagepath:C:\WindowsUpdate\Windows8.1-KB2919355-x64.msu
    • dism/image:C:\Winre\mount/Add-Package/Packagepath:C:\WindowsUpdate\Windows8.1-KB3027110-v2-x64.msu

    注: <b>更新 2919355 は、3027110 の更新プログラムの前提条件です。更新 2919442 と 2919355 パッケージ 2919355 パッケージ更新プログラムにはが既に含まれて WinRE イメージには更新の両方を追加する必要はありません。を確認するには、次のコマンドを入力できます。

    dism/image:C:\winre\mount/Get-packages
  8. セキュリティ パッケージが正常に統合されたことを確認する次のコマンドを入力します。

    dism /image:C:\winre\mount/Get-Packages
  9. Winre.wim ファイルに変更をコミットするには、次のコマンドを入力します。

    dism /unmount-wim/MountDir:C:\Winre\mount/commit
  10. WinRE を有効に次のコマンドを入力します。

    REAgentC/enable

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3027110 - 最終更新日: 06/25/2015 11:00:00 - リビジョン: 3.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1

  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3027110 KbMtja
フィードバック
>