Office 365 SharePoint Online パブリック Web サイトの変更点について

はじめに
本資料は、Office 365 SharePoint Online パブリック Web サイトの今後の変更点について記載しています。追加情報が入り次第、随時、本資料の記載内容を更新していく予定です。
詳細情報
2015 年 1 月より、SharePoint Online パブリック Web サイト機能が変更されます。現在この機能を利用しているお客様は、変更日である 2015 年 3 月 9 日以降も、少なくとも 2 年間は引き続き同機能にアクセスできます。変更後に新規で Office 365 をサブスクライブするお客様は、同機能へアクセスできません。今後、Office 365 のお客様は、サード パーティのサービスにアクセスすることで、より完全なオンライン ソリューションおよびオンライン プレゼンスを提供するパブリック Web サイト機能をご利用いただけます。
変更理由
Office 365 のサービス展開の一環として、お客様に対して常に高品質のサービスを提供できるよう、定期的にサービス性能の評価を行っています。慎重に検討した上で、パブリック Web サイトについては、コア コンピタンスを持つサード パーティのプロバイダーからのサービスをご利用いただくことが Office 365 をご利用のお客様にとって最善であると判断しました。従って、弊社はお客様に対してこれまで以上に価値あるサービスを提供するための努力と投資に集中できるよう SharePoint Online パブリック Web サイト機能の停止という苦渋の決断を下しました。

Office 365 をすでにご利用中のお客様への影響

現在 SharePoint Online パブリック Web サイト機能は、主に、外部向け Web サイトとしてごく一部のお客様にご利用いただいています。SharePoint Online パブリック Web サイト機能をご利用中のお客様は、変更日である 2015 年 3 月 9 日以降も、少なくとも 2 年間は引き続き機能へのアクセスが可能です。今後、お客様には、パブリック Web サイト機能向けのサード パーティのソリューションをサブスクライブするというオプションが提供されます。お客様には、今後 2 年以内にサード パーティのソリューションへの移行を計画していただく必要があります。

Office 365 プランの新規のお客様への影響

2015 年 3 月 9 日の変更日をもって、弊社は新規のお客様を対象とした SharePoint Online パブリック Web サイト機能のサービス提供の停止を予定しています。変更日以降に Office 365 をサブスクライブする新規のお客様は同機能にアクセスできません。今後、Office 365 のお客様は、Office 365 のリンクからサード パーティの業界トップ レベルのソリューションをサブスクライブできるようになります。

Office 365 のお客様に対する変更の連絡方法

現在 SharePoint Online をプロビジョニングしているすべての Office 365 管理者は Office 365 メッセージ センターにて通知を受け取ることとなります。

サード パーティのサービス概要

サード パーティのソリューション サービスとは?
Office 365 のお客様は、オンライン プレゼンスの構築/管理を行うサード パーティ業界トップのプロバイダーから直接、ツールおよびサービスにアクセスできるようになります。サード パーティこれらのサービスはすべての Office 365 のお客様がご利用可能ですが、特に、基本的なオンライン プレゼンスもしくはより完全な Web エクスペリエンスのいずれかを必要とする Small および Midsize Business を対象としたエクスペリエンスの向上を目的に設計されています。

サードパーティのサービス提供の対象となるのは?

サード パートナーに関する情報は、以下の Microsoft Web サイト を参照してください。

新しいサード パーティのソリューション サービスとご利用中の SharePoint Online パブリック サイトとの比較方法

ご利用中の SharePoint Online パブリック Web サイト機能は基本的なオンライン プレゼンスのみを必要とするお客様向けに設計されたものです。サード パーティによる新しいソリューションは、より完全なオンライン プレゼンスの提供/サポート/管理に必要な、より強固なツールおよびソリューションを提供します。

今後、他のオプションが使える可能性は?

Office 365 サービス展開の一環として、お客様に最高品質のサービスを確実にお届けできるよう、弊社では、引き続きサービスおよび他のサード パーティのオプションの性能評価を行う予定です。

サードパーティソリューションのエクスペリエンスや機能についてもっと知りたい場合は?

サード パーティ ソリューションに関する詳細情報は、プロバイディング パートナーから直接入手できます。Office 365 のエクスペリエンスのリンクから外部の Web サイトに移動すると、Office 365 のお客様向けの特別なサービスをご覧いただけます。これらの Web サイトはパートナーによって管理されており、ソリューション、エクスペリエンス、機能についての詳細情報が掲載されます。

Office 365 のお客様向けのサービスにはどのような割引やインセンティブがあるのか?

サービスの具体的な内容は、パートナーおよびマーケットによって異なります。お客様は、Office 365 に表示されるリンクからサービス内容を確認することができます。

Office 365 の試用版サブスクリプションを利用している場合でも割引は適用されるのか?

すべての Office 365 のお客様が、特定のサービスおよび割引の適用対象となっています。これには Office 365 試用版サブスクリプションのお客様も含まれます。サービス期間および詳細は、パートナーおよびマーケットによって異なります。

サードパーティソリューションは Office 365 のエクスペリエンスと統合されるのか?

サード パーティ ソリューションへアクセスするリンクが Office 365 のエクスペリエンス内で利用可能になります。Office 365 のお客様は、これらのリンクから外部で管理されている Web サイトに移動し、パブリック Web サイトへのアクセス、管理、セットアップの手順をご確認いただけます。このエクスペリエンスはプロバイディング パートナーによって設計および管理されており、Office 365 のエクスペリエンスとは独立したものとなっています。製品別の 2 つのスクリーンショットがこのセクションの下部に掲載されています。スクリーンショットでは Office 365 のエクスペリエンスと組織の統合レベルをSharePoint Online パブリック Web サイト機能の有無別に示しています。

SharePoint Online パブリック Web サイト機能のあるサブスクリプションScreen shot of the subscription that has the SharePoint Online Public Website feature
SharePoint Online パブリック Web サイト機能のない新しいサブスクリプションScreen shot of new subscriptions without the SharePoint Online Public Website feature

Microsoft から新しいサービスのトレーニングコンテンツやドキュメントの提供はあるか?

ありません。これらの新しいサービスについてのコンテンツおよびドキュメントはサード パーティ ソリューションのプロバイダーが所有し、管理しています。しかし、弊社は、お客様に対して一貫して完全な Office 365 エクスペリエンスを確実に提供できるよう尽力しており、必要に応じて引き続きサービスの隔たりを監視し、対処していきます。

Office 365 管理センターでサードパーティソリューションへのリンクが利用可能になるのはいつ頃か?

リリース プロセスの進捗状況に従って、2015 年 1 月から一般利用が開始されます。そのため、具体的に利用可能となる時期はマーケットおよび地域によって異なります。

利用可能な国および言語は?

リリース時に、Office 365 のお客様の多くがベースとなっているマーケットがサポート対象となります。詳細は以下の Microsoft Web サイトを参照してください。
 
サードパーティソリューションに関連するサポートが必要な場合の問い合わせ先は?

サポートは、サード パーティ ソリューションのプロバイダーから提供されており、パートナーの既存のサポート問合せ情報に従ってアクセスできます。問合わせ先の詳細については、選択したパートナーのサポート ページで確認してください。

新規お客様への影響

影響を受けた Office 365 サービスは値下げされるか?
いいえ。今回の変更は、Office 365 においてより優れた製品エクスペリエンスを提供するという弊社の方針によるものであり、Office 365 の価格への影響はありません。サード パーティ ソリューションのご利用については、Office 365 のお客様に対して割引料金での提供が予定されています。

その他の Web サイトホスティングサービスの利用は可能か? また、Microsoft 社が紹介するパートナーを利用する必要があるのか?

お客様は Office 365 で提供されるサード パーティ ソリューションに限らず、外部の Web サイト ホスティング サービスを利用できます。これらの特定のサード パーティ ソリューションのご利用については、Office 365 のお客様に対して割引料金での提供が予定されています。

匿名ユーザーとコンテンツを共有する際に自分のパブリック Web サイトを使用するとどうなるか?

個人用パブリック Web サイトを使用して匿名ユーザーにコンテンツを共有しており、今後の変更に向け代替手段が必要な場合は、以下の Microsoft Web サイトを参照し、個人用 SharePoint Online サイトでの匿名ユーザーとのコンテンツ共有に関する情報を確認してください:

既存のお客様への影響

サードパーティによる新しいサービスが SharePoint Online パブリック Web サイトをご利用中のお客様に与える影響は?

現在 SharePoint Online パブリック Web サイト機能をご利用中のお客様は、2015 年 3 月 9 日の変更から少なくとも 2 年間は同機能に引き続きアクセスできます。今後、お客様にはサード パーティ ソリューション サービス、その他希望のソリューションへの移行を計画していただく必要があります。

お客様が SharePoint Online パブリック Web サイトをアクティブ化するには?

SharePoint Online パブリック Web サイトのアクティブ化を希望するお客様もしくは変更後 2 年間、同機能へのアクセス維持を希望するお客様は、以下の要件を満たす必要があります。
  • SharePoint Online サブスクリプションを持っていること
  • 組織の管理者として Office 365 にサインインしていること
SharePoint Online パブリック Web サイトをご利用中のお客様への案内
お客様は、2015 年 3 月 9 日の変更から少なくとも 2 年間は既存のサイトのご利用および作成が引き続き可能です。この 2 年の間に、お客様には、サード パーティ ソリューション サービスもしくはその他希望のソリューションへの移行を計画していただく必要があります。

SharePoint Online パブリック Web サイトの停止予定日

弊社は、SharePoint Online パブリック Web サイトをご利用中のお客様に対し、2015 年 3 月 9 日の変更から少なくとも 2 年間サポートする予定です。重大なサービス変更についてのポリシーにより、Office 365 のサービスに重大な変更を加える場合が、少なくとも 1 年前に通知することとなっています。

SharePoint Online パブリック Web サイトを利用中のお客様が、新しいサード パーティ ソリューションに切り替える方法

弊社は、新しいサード パーティ ソリューションへのコンテンツおよびデータの移行に役立つ案内を提供する予定です。この案内は、変更日以降にご利用可能になります。

お客様またはユーザーは、移行中にコンテンツを失う可能性があるか?

全てのコンテンツおよびデータの移行は、現在、お客様が手動で行うようになっています。破損およびデータの喪失を避けるために、お客様は、新しいソリューションまたはサービスへの切り替え前に SharePoint Online パブリック Web サイトのすべてのコンテンツおよびデータをバックアップする必要があります。これにより破損の可能性を最低限に抑えることができます。

変更後、既存のお客様に価格変更は生じるか?

今回の変更は、Office 365 においてより優れた製品エクスペリエンスを提供するという弊社の方針によるものであり、Office 365 の価格への影響はありません。サード パーティ ソリューションのご利用については、割引料金での提供が予定されています。

Office 365 のサブスクリプションを持っているが、SharePoint Online のアクティブ化はまだしていない場合、変更後も SharePoint Online パブリック Web サイトへのアクセスは可能か?

いいえ。SharePoint Online パブリック Web サイト機能の既存のユーザーとみなされ、変更後 2 年間のアクセスを有効にするには、変更日である 2015 年 3 月 9 日までにアクティブ化が必要です。

第三者情報免責事項

本資料で取り上げるサード パーティ製品は、弊社とは関係のない会社により製造されています。これらの製品のパフォーマンスおよび信頼性につきましては、明示的にも黙示的にも、弊社は一切保証しておりません。


その他トピックは、Office 365 コミュニティ Web サイトを参照してください。
プロパティ

文書番号:3027254 - 最終更新日: 10/27/2015 18:36:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft Office SharePoint Online

  • o365 o365e o365p o365a o365m o365022013 KB3027254
フィードバック