修正: メタデータを削除できませんパブリッシャーとの同期時間が増加するマージ レプリケーションを使用する場合

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3027425
現象
Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2 (SP2) マージ レプリケーションを使用することと仮定します。パブリッシャーでsp_mergemetadataretentioncleanupを実行してメタデータをクリーンアップするときにすべてのサブスクライバーの同期が正常に最近でも、メタデータは削除できません。この状況で、同期にかかる時間を大きくできますが大幅に過剰なメタデータがあるため。

注: <b>[ Last_local_recguid ] 列で null 値があるか、 sysmergesubscriptionsテーブル、パブリッシャー側でサブスクライバーはいくつかのlast_local_recgen列に、古い世代が。
原因
いくつかの変更は、マージ メタデータのクリーンアップ処理の非収束の可能性を低減するため、この問題が発生します。を実現するには、クリーンアップはどの世代にこれらが削除され、頻繁に同期がいないサブスクライバーを再導入し、シナリオを回避するためにアクティブな可能性がありますを検証します。この検出機構は、保有期間内になった場合でもいくつかの世代クリーンアップ一覧から除外可能性があります。によって、メタデータ テーブルのサイズが増加あります。
解決方法
この問題は SQL Server の次の累積的な更新プログラムで最初に修正されました。

SQL Server 2014 SP1 用の累積的な更新 1

SQL Server 2012 SP2 用の累積的な更新プログラム 4

SQL Server 用の累積的な更新について

ごと新しいの累積的な更新 SQL Server にはのすべての修正プログラムが含まれていて、以前の累積的な更新プログラムとセキュリティ修正がすべて付属します。SQL Server の最新の累積的な更新プログラムをご覧ください。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3027425 - 最終更新日: 06/24/2015 07:26:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft SQL Server 2012 Service Pack 2, Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3027425 KbMtja
フィードバック