SQL Server 起動時のエラー 17066 または 17310

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3027860
現象
Microsoft SQL Server 起動時に、データベースの回復が完了し、クライアント接続が有効になると、すぐに以下の現象が 1 つまたは複数発生します。

現象 1

SQL Server エラー ログに、以下に類似したエラー メッセージとアサーションが表示されます。

2014-12-13 08:03:34.85 spid24s Using 'dbghelp.dll' version '4.0.5'
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s **Dump thread - spid = 0, EC = 0x0000000082274B20
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s ***Stack Dump being sent to C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10_50.SQL2008R2\MSSQL\LOG\SQLDump0001.txt
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s * *******************************************************************************
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s *
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s * BEGIN STACK DUMP:
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s * 12/13/14 08:03:34 spid 24
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s *
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s * Location: ghost.cpp:1742
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s * Expression: tcln1 != NULL
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s * SPID: 24
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s * Process ID: 35444
2014-12-13 08:03:34.85 spid24s *

2014-12-13 08:03:35.47 spid24s エラー: 17066、レベル: 16、状態: 1。
2014-12-13 08:03:35.47 spid24s SQL Server アサーション: ファイル: <ghost.cpp>、行 = 1742年失敗したアサーション = ' tcln1! = NULL' です。このエラーは、タイミングに関連する可能性があります。DBCC CHECKDB を使用して、データベースの構造的整合性をチェックするステートメントを再実行した後、エラーが解決しない場合、またはサーバーを再起動してインメモリ データ構造が破損していないことを確認します</ghost.cpp>。

現象 2

SQL Server エラー ログに、以下に類似したエラー メッセージおよび例外が表示されます。

2014-12-13 12:38:30.25 spid51 'dbghelp.dll' バージョン '4.0.5' を使用しています。
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 ***Stack Dump being sent to C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10_50.SQL2008R2\MSSQL\LOG\SQLDump0003.txt
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 SqlDumpExceptionHandler: プロセス 51 で重大な例外 c0000005 EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION が発生しました。SQL Server はこのプロセスを終了しています。
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 * *******************************************************************************
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 *
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 * BEGIN STACK DUMP:
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 * 12/13/14 12:38:30 spid 51
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 *
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 *
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 * Exception Address = 000000000030D47C Module(sqlservr+00000000000FD47C)
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 * Exception Code = c0000005 EXCEPTION_ACCESS_VIOLATION
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 * Access Violation occurred reading address FFFFFFFFFFFFFFFF
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 * Input Buffer 54 bytes -
2014-12-13 12:38:30.25 spid51 * exec usp_select1

2014-12-13 12:38:30.77 Server エラー: 17310、レベル: 20、状態: 1。
2014-12-13 12:38:30.77 Server SPID 51 を使用するセッションからのユーザー要求により、重大な例外が発生しました。SQL Server はこのプロセスを終了しています。ログ ディレクトリに生成されるダンプを使用して、Product Support Services までお問い合わせください。

アクセス違反は、以下の呼び出しスタックを作成します。

sqlservr!TaskGhostCleanup::IsHashed+0x8d
sqlservr!TaskGhostCleanup::Enqueue+0x32
sqlservr!IndexRowScanner::MoveToRowOnNextPage+0x9c
sqlservr!IndexDataSetSession::GetNextRowValuesInternal+0x11cb

現象 3

前の「現象」セクションに記載されているメッセージが表示された後、SQL Server エラー ログに以下のメッセージが表示されます。

2014-12-13 08:04:53.37 Server プロセス 0:0:0 (0x23c8) ワーカー 0x000000002880C1A0 が Scheduler 23 では起動されていないようです。スレッドの作成時刻は 13062953007877 です。概算のスレッドの CPU 使用率はカーネル 0 ms、ユーザー 0 ms、プロセス使用率は 0% です。システムの 88% がアイドル状態です。間隔は 70013 ms です。
2014-12-13 08:04:53.37 Server プロセス 0:0:0 (0x71d8) ワーカー 0x000000002A8D21A0 が Scheduler 30 では起動されていないようです。スレッドの作成時刻は 13062953007891 です。概算のスレッドの CPU 使用率はカーネル 0 ms、ユーザー 0 ms、プロセス使用率は 0% です。システムの 88% がアイドル状態です。間隔は 70013 ms です。
2014-12-13 08:04:53.38 Server ***Unable to get thread context for spid 0
2014-12-13 08:04:53.38 Server * *******************************************************************************
2014-12-13 08:04:53.38 Server *
2014-12-13 08:04:53.38 Server * BEGIN STACK DUMP:
2014-12-13 08:04:53.38 Server * 12/13/14 08:04:53 spid 29488
2014-12-13 08:04:53.38 Server *
2014-12-13 08:04:53.38 Server * Non-yielding Scheduler
2014-12-13 08:04:53.38 Server *
2014-12-13 08:04:53.38 Server * *******************************************************************************
2014-12-13 08:04:53.38 Server Stack Signature for the dump is 0x0000000000000341
2014-12-13 08:04:55.43 サーバーの外部ダンプ プロセスはコード 0x20000001 を返します。外部ダンプ プロセスは、エラーを返しませんでした。
2014-12-13 08:04:55.43 Server プロセス 0:0:0 (0x9358) ワーカー 0x0000000081CE41A0 が Scheduler 4 では起動されていないようです。スレッドの作成時刻は 13062953009701 です。概算のスレッドの CPU の使用率はカーネル 0 ms、ユーザー 15 ms、プロセス使用率は 0% です。システムの 88% がアイドル状態です。間隔は 70011 ms です。

この時点で、SQL Server がユーザーの要求に対する応答を停止する場合があります。この場合、問題を解決するには、サービスを再起動する必要があります。
原因
この問題は、このプロセスが完全に初期化される前に、ユーザーのクエリでゴースト クリーンアップのキューを使用しようとすると発生します。
解決方法

Service Pack 情報

この問題を解決するには、SQL Server 2014 Service Pack 1 を入手してください。

SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) の詳細については、次を参照してください。 SQL Server 2014 Service Pack 1 で修正されるバグ.

SQL Server 2008 SP4 の修正プログラム

この問題を解決するには、次のように適用します。 KB 3034373: オン ・ デマンドでの修正プログラムの更新プログラム パッケージは、SQL Server 2008 の SP4 の使用.

SQL Server 2008 R2 SP3 の修正プログラム

この問題を解決するには、次のように適用します。 KB 3033860: オン ・ デマンドでの修正プログラムの更新プログラム パッケージは、SQL Server 2008 R2 の SP3 で使用できます。.

累積的な更新プログラムの情報

以下の SQL Server の累積的な更新プログラムの機能が強化されました。

SQL Server 2014 用の累積的な更新プログラム 6

SQL Server 2012 SP2 用の累積的な更新プログラム 4

SQL Server 2012 SP1 用の累積的な更新 14

SQL Server 用の累積的な更新プログラムのバージョン情報

SQL Server 用の新しい累積的な更新プログラムには、以前の累積的な更新プログラムに含まれていた、すべての修正プログラムおよびすべてのセキュリティ更新プログラムが含まれています。以下で、SQL Server 用の最新の累積的な更新プログラムを確認してください。
回避策
この問題を回避するには、以下の手順を実行します。
  1. 構成します。 -T669 起動時のパラメーターとしてこのトレース フラグを設定すると、ユーザーのクエリにより、ゴースト クリーンアップ プロセスに対する要求をキューに入れることができなくなります。
  2. SQL Server エージェントのアラートをセットアップして、SQL Msg 3408 でジョブを開始します。たとえば、以下のようなアラートをセットアップします。
    復旧が完了しました。このメッセージは情報提供を目的としています。ユーザー操作は不要です。
  3. このジョブでは、内部には、5 ~ 10 分間待機する TSQL スクリプトを実行し、実行、 (669,-1)、DBCC TRACEOFF コマンドです。
この手順では、このトレース フラグが SQL Server の起動時のみアクティブであることを確認します。このトレース フラグの使用は、バック グラウンドのゴースト クリーンアップ処理の通常の機能には影響しません。
状況
マイクロソフトは、これが SQL Server の問題であることと、この問題の修正プログラムが現在調査中であることを確認済みです。このサポート技術情報資料は、利用可能になった追加情報を更新します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3027860 - 最終更新日: 11/14/2015 04:45:00 - リビジョン: 8.0

Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Developer, Microsoft SQL Server 2014 Express, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2012 Enterprise, Microsoft SQL Server 2012 Developer, Microsoft SQL Server 2012 Express, Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 R2 Datacenter, Microsoft SQL Server 2008 R2 Developer, Microsoft SQL Server 2008 R2 Express, Microsoft SQL Server 2008 Enterprise, Microsoft SQL Server 2008 Developer, Microsoft SQL Server 2008 Express, Microsoft SQL Server 2005 Enterprise Edition, Microsoft SQL Server 2005 Developer Edition, Microsoft SQL Server 2005 Express Edition

  • kbtshoot kbprb kbmt KB3027860 KbMtja
フィードバック