Windows Server 2012 上にインストールされた SharePoint Server を操作する際、処理に遅延が発生することがある

現象
Windows Server 2012 もしくは Windows Server 2012 R2 上にインストールされたSharePoint Server にアクセスする際、処理に遅延が発生することがあります。
ネットワーク パケットを確認すると、DC (Domain Controller) 名をゾーン名に持つ、存在しないゾーンに対する DNS クエリが複数回発行され、最終的に Server Failure のエラーが返されています。

DNS DNS:QueryId = <ID>, QUERY (Standard query), Query  for _ldap._tcp.Default-First-Site-Name._sites.<DC> of type SRV on class Internet

原因
この動作は Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2 の動作変更により発生します。
Windows Server 2012, Windows Server 2012 R2 では、接続先 DC の選定処理において <DC名> で値を渡された場合、_ldap._tcp.Default-First-Site-Name._sites.<DC名> の DNS クエリを送信します。SharePoint Server では、DC 名を利用して処理を行うことがあるため、今回の現象が発生することがあります。
回避策
この現象に対処するには、DNS サーバーに、<DC 名> を持つゾーンを作成します。

1) DNS サーバーに管理者権限を持つユーザーでログオンし、DNS マネージャーを起動します。
2) [前方参照ゾーン] を右クリックして、[新しいゾーン] を選択し、[次へ]をクリックします。
3) "ゾーンの種類" の画面で、そのままの設定で [次へ] をクリックします。
4) "Active Directory ゾーン レプリケーション スコープ" の画面で、[次へ] をクリックします。
5) "ゾーン名" の画面で、ゾーン名に欄に <DC名> を入力します。
6) "動的更新" の画面で、[次へ] をクリックします。7) "完了" をクリックします。
状況
マイクロソフトでは、この問題について現在調査中です。詳細については、わかりしだいこの資料に掲載する予定です。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
Properti

ID Artikel: 3029653 - Tinjauan Terakhir: 09/29/2016 12:12:00 - Revisi: 4.0

Microsoft SharePoint Server 2010, Microsoft SharePoint Server 2013

  • kbtshoot kbexpertiseinter kbexpertiseadvanced KB3029653
Tanggapan