現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[FIX] lightweight pooling 使用時の ConnectionWrite エラー

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP303120
現象
lightweight pooling (ファイバ モード) で実行するように構成された SQL Server 2000 インスタンスから、実行時間が長い結果セットを取得すると、以下のいずれかのエラーが表示されることがあります。
一般的なネットワーク エラーです。マニュアルを調べてください。
Net-Library error 10054: ConnectionWrite(send()).
ネットワーク エラーの可能性 : SQL Server へのバンド外データの送信エラーです。
一般的なネットワーク エラーです。マニュアルを調べてください。
Net-Library error 10054: ConnectionWrite (send()).
解決方法
この問題を解決するには、SQL Server 2000 用の最新の Service Pack、MDAC 2.6 用の最新の Service Pack または以下の資料に記載されている修正プログラムを入手してインストールします。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
290211 最新の SQL Server 2000 Service Pack の入手方法
関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
300635 最新の MDAC 2.6 Service Pack の入手方法

修正プログラム

: 次の修正プログラムは Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 2 がリリースされる前に作成されました。

修正プログラム (英語版) の属性は次のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。
   日付             ファイル名        サイズ     バージョン     プラットフォーム   -----------------------------------------------------------------   19-JUN-2001   Ssnetlib.dll   86,078   2000.80.304.0   x86				
回避策
この問題は、lightweight pooling を使用せずに SQL Server を実行している場合には発生しません。

多くの場合、lightweight pooling を有効に設定しても、特に利点はありません。詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の資料を参照してください。
319942 [HOWTO] SQL Server の適切な環境設定を確認する方法
状況
マイクロソフトでは、この問題をこの資料の冒頭に記載したマイクロソフト製品の問題として認識しています。この問題は、Microsoft SQL Server 2000 Service Pack 2 および MDAC 2.6 Service Pack 2 で最初に修正されました。
プロパティ

文書番号:303120 - 最終更新日: 11/29/2005 08:43:53 - リビジョン: 3.2

  • Microsoft SQL Server 2000 Standard Edition
  • kbhotfixserver kbqfe kbbug kbfix kbmdac260sp2fix kbsqlserv2000presp2fix KB303120
フィードバック