RPC 暗号化要件のための Exchange メールボックスと outlook の接続の問題

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3032395
概要
記事は、RPC 暗号化の要件が原因で発生する Outlook の接続問題にのみ適用されます。

RPC 暗号化のオプションのスクリーン ショット
現象
Microsoft Exchange Server 2010年、Microsoft Exchange Server 2013 年または 2016 の Microsoft Exchange Server を実行しているサーバー上のメールボックスを含むプロファイルを使用して Microsoft Office Outlook を起動すると、次のエラー メッセージが表示されます。
Microsoft Office Outlook を起動することはできません。Outlook ウィンドウを開けませんでした。一連のフォルダーを開くことができませんでした。
既定のメール フォルダーを開くことができません。Microsoft Exchange Server コンピューターが利用可能ではありません。ネットワークの問題があるか、Microsoft Exchange Server コンピューターを保守のため。
Microsoft Exchange Server への接続が利用可能ではありません。オンライン、またはこの操作を完了するのには接続されている必要があります。
既定のメール フォルダーを開くことができません。インフォメーション ストアを開くことができませんでした。
Outlook ログオンできませんでした。ネットワークに接続し、適切なサーバーとメールボックス名を使用しているかどうかを確認することを確認します。Microsoft Exchange Server への接続が利用可能ではありません。オンライン、またはこの操作を完了するのには接続されている必要があります。
キャッシュ モードのプロファイルを使用する場合 Outlook はエラーは表示します。代わりに、次の現象が発生する可能性があります。
  • Outlook を起動します 切断 (Outlook のウィンドウの右下隅には、「切断」、スクリーン ショットの状態が次に示すが表示されます) の状態です。

    Outlook のウィンドウの右下隅のスクリーン ショット
  • Outlook を起動し、電子メール メッセージを送受信できます。ただし、[Microsoft Exchange の接続ステータス] 内の 2 つの接続のみを参照してください、切断/接続として表示の種類のディレクトリを参照してください可能性があります。

    この現象のスクリーン ショット
Exchange 2010 を実行しているサーバー、または Microsoft Exchange Server 2013年メールボックス用の新しい Outlook プロファイルを作成しようとすると、次のエラー メッセージが表示される場合があります。
アクションを完了できませんでした。Microsoft Exchange Server への接続が利用可能ではありません。オンライン、またはこの操作を完了するのには接続されている必要があります。
名前を解決できませんでした。Microsoft Exchange Server への接続が利用可能ではありません。オンライン、またはこの操作を完了するのには接続されている必要があります。
Outlook ログオンできませんでした。ネットワークに接続し、適切なサーバーとメールボックス名を使用しているかどうかを確認することを確認します。Microsoft Exchange Server への接続が利用可能ではありません。オンライン、またはこの操作を完了するのには接続されている必要があります。
名前を解決できませんでした。アクションを完了できませんでした。
サーバー名またはメールボックス名を解決できませんでした。
原因
考えられる原因の 1 つは、Microsoft Office Outlook を使用しているMicrosoft Office Outlook と Microsoft Exchange 間でデータを暗号化のプロファイル設定を無効にします。Exchange Server 2013年の既定の構成には、Outlook クライアントからの RPC の暗号化が必要です、これにより、クライアントが接続することができません。

注: 製造 (RTM) の構成に既定の Exchange Server 2010年のリリースでは、RPC 暗号化が必要です。この現象は、Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 1 既定で RPC 暗号化要件を無効にする場所の変更です。ただし、そのクライアント アクセス サーバー (CAS) Service Pack 1 の前に配置するか、Service Pack 1 にアップグレードでした、クライアントが接続できないようにすることはまだ、既存の RPC 暗号化要件設定が保持されます。
解決方法
注: <b>(グループ ポリシーまたは .prf ファイル) は、自動化された方法を使用している場合は、大規模に展開する前に、メソッドを完全にテストすることを確認します。

方法 1: 更新するか、RPC 暗号化を使用して Outlook プロファイルを作成

既存のプロファイルを手動で更新します。

RPC 暗号化を使用するように既存の Outlook プロファイルを手動で更新するのには次の手順に従います。
  1. コントロール パネルでは、メールアイテムを開きます。
  2. [プロファイルの表示] をクリックします。
  3. プロファイルを選択し、[プロパティ] をクリックします。
  4. [電子メール アカウント] をクリックします。
  5. Microsoft Exchangeアカウントを選択 (既定では、このアカウントから送信)、し、[変更] をクリックします。
  6. ダイアログ ボックスで、メールボックス サーバーとユーザー名が含まれていますが、詳細設定をクリックします。
  7. [ Microsoft Exchange ] ダイアログ ボックスで、[セキュリティ] タブをクリックします。
  8. [ Microsoft Office Outlook と Microsoft Exchange 間でデータを暗号化する] チェック ボックスをオンにし、 [ok] (スクリーン ショットをこの手順を参照)] をクリックします。

    この手順のスクリーン ショット
  9. [次へ] をクリックしてし、[完了] をクリックします。
  10. [閉じる] をクリックし、[閉じる] をクリックし、[ OK] をクリックします。

RPC 暗号化を持つ既存の Outlook プロファイルを更新するグループ ポリシー設定を展開します。

クライアントの観点から、Outlook で Exchange の暗号化設定を展開する多数の Outlook クライアントが存在する組織の最も簡単なソリューションは、可能性があります。このソリューションでは、単一のサーバー (ドメイン コント ローラー) に変更し、ポリシーがクライアントにダウンロードされた後、クライアントは自動的に更新します。

Outlook 2007

既定で RPC 暗号化の設定は Outlook 2007 で有効になります。したがって、次の理由のいずれかのグループ ポリシーを使用してこの設定を配置することのみ必要があります。
  • 元の Outlook 2007 の展開には、Outlook と Exchange の間で RPC 暗号化が無効になります。
  • ユーザーの Outlook プロファイルで RPC 暗号化の設定を変更できないようにするには。
Outlook 2007 の既定のグループ ポリシー テンプレートには、Outlook で Exchange RPC 暗号化を制御するグループ ポリシー設定が含まれています。したがって、Outlook 2007 プロファイルを更新するプロセスでは、Outlook 2003 のプロセスよりも以下の手順が必要です。

グループ ポリシーを使用して既存の Outlook 2007 プロファイルを更新するには、次の手順を実行します。
  1. ダウンロード Outlk12.adm グループ ポリシー テンプレートの最新バージョン.
  2. ドメイン コント ローラーに、.adm ファイルを追加します。

    注: ドメイン コント ローラーに、.adm ファイルを追加する手順は、実行している Windows のバージョンによって異なります。また、組織単位およびドメイン全体が現在のポリシーを適用することがあります、手順も異なりますのポリシーを適用するには、この点で。そのため、詳細については、Windows のマニュアルを確認してください。

    グループ ポリシー エディターに .adm テンプレートを追加した後、手順 3 に進みます。
  3. [ユーザーの構成] で、テンプレートのポリシー ノードを検索するのには、クラシック管理用テンプレート (ADM)を展開します。Outlk12.adm テンプレートを使用すると、このノードの名前は「Microsoft Office Outlook 2007」
  4. [ツール |アカウントの設定、(スクリーン ショットのため、この手順を次に示すことができます) の [ Exchange ] ノードを選択します。

    この手順のスクリーン ショット
  5. 有効にする RPC 暗号化のポリシー設定をダブルクリックします。
  6. [設定] タブの [有効を] をクリックします。
  7. [OK] をクリックします。
この時点で、ポリシー設定はグループ ポリシーの更新がレプリケートされるとき、Outlook クライアント ワークステーションに適用されます。この変更をテストするには、クライアント上でコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
gpupdate /force
このコマンドを実行すると後、は、次のレジストリ データがクライアント上に存在するかどうかを確認するのにはワークステーションでレジストリ エディターを開始します。
キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\12.0\Outlook\RPC
DWORD: EnableRPCEncryption
値: 1
レジストリ内には、このレジストリ データが表示された場合、グループ ポリシーの設定はこのクライアントに適用されました。変更に問題が解決されることを確認するように Outlook を起動します。

Outlook 2010

既定では、Outlook 2010 では、RPC 暗号化の設定が有効になります。したがって、次の理由のいずれかのグループ ポリシーを使用してこの設定を配置することのみ必要があります。
  • 元の Outlook 2010 の展開には、Outlook と Exchange の間で RPC 暗号化が無効になります。
  • ユーザーが各自の Outlook プロファイルで RPC 暗号化の設定を変更することを防止するには。
Outlook 2010 の既定のグループ ポリシー テンプレートには、Outlook で Exchange RPC 暗号化を制御するグループ ポリシー設定が含まれています。グループ ポリシーを使用して既存の Outlook 2010 プロファイルを更新するには、次の手順を実行します。
  1. ダウンロードします Outlk14.adm グループ ポリシー テンプレートの最新バージョン.
  2. ドメイン コント ローラーに、.adm ファイルを追加します。

    注: <b>ドメイン コント ローラーに、.adm ファイルを追加する手順は、実行している Windows のバージョンによって異なります。さらに、組織単位およびドメインにない現在のポリシーを適用することがあります、ため手順によって異なりますのポリシーを適用するには、この点です。そのため、詳細については、Windows のマニュアルを確認してください。

    ローカル グループ ポリシー エディターに .adm テンプレートを追加した後に、手順 3 に進みます。
  3. [ユーザーの構成] で、テンプレートのポリシー ノードを検索するのには管理用テンプレート (ADM)を展開します。Outlk14.adm テンプレートを使用すると、このノードの名前は Microsoft Outlook 2010。
  4. [アカウント設定] (スクリーン ショットをこの手順を参照)、[ Exchange ] ノードを選択します。

    この手順のスクリーン ショット
  5. 有効にする RPC 暗号化のポリシー設定をダブルクリックします。
  6. [設定] タブの [有効を] をクリックします。
  7. [OK] をクリックします。
この時点で、ポリシー設定はグループ ポリシーの更新がレプリケートされるとき、Outlook クライアント ワークステーションに適用されます。この変更をテストするには、次のコマンドを実行します。
gpupdate /force
このコマンドを実行すると後、は、次のレジストリ データがクライアント上に存在するかどうかを確認するのにはワークステーションでレジストリ エディターを開始します。
キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\14.0\Outlook\RPC
DWORD: EnableRPCEncryption
値: 1
レジストリ内には、このレジストリ データが表示された場合、グループ ポリシーの設定は、このクライアントに適用されます。変更に問題が解決されることを確認するように Outlook を起動します。

Outlook 2013

既定では、Outlook 2013 で RPC 暗号化の設定が有効になります。したがって、次の理由のいずれかのグループ ポリシーを使用してこの設定を配置することのみ必要があります。
  • 元の Outlook 2013 の展開には、Outlook と Exchange の間で RPC 暗号化が無効になります。
  • ユーザーが各自の Outlook プロファイルで RPC 暗号化の設定を変更することを防止するには。
Outlook 2013 の既定のグループ ポリシー テンプレートには、Outlook で Exchange RPC 暗号化を制御するグループ ポリシー設定が含まれています。グループ ポリシーを使用して既存の Outlook 2013 のプロファイルを更新するには、次の手順を実行します。
  1. ダウンロードします Office 2013 の ADM テンプレート.
  2. .Admx および .adml ファイルをドメイン コント ローラーに追加します。これは、ローカル グループ ポリシー エディターで使用できるように Outlook ADM テンプレートを追加します。

    注: <b>ドメイン コント ローラーに、.admx ファイルと adml ファイルを追加する手順は、実行している Windows のバージョンによって異なります。さらに、組織単位およびドメインにない現在のポリシーを適用することがあります、ため手順によって異なりますポリシー アプリケーションのこの側面です。そのため、確認、 Windows のマニュアル 詳細については。(この資料は、Office 2010 用のラベルです。ただし、それにも適用されます Office 2013。)
  3. ローカル グループ ポリシー エディターを起動します。
  4. [ユーザーの構成] で、テンプレートのポリシー ノードを検索するのには管理用テンプレート (ADM)を展開します。Outlk15.admx テンプレートを使用して、このノードはMicrosoft Outlook 2013名前なります。
  5. [アカウント設定] (スクリーン ショットをこの手順を参照)、[ Exchange ] ノードを選択します。

    この手順のスクリーン ショット
  6. 有効にする RPC 暗号化のポリシー設定をダブルクリックします。
  7. [設定] タブの [有効を] をクリックします。
  8. [OK] をクリックします。
この時点で、ポリシー設定はグループ ポリシーの更新がレプリケートされるとき、Outlook クライアント ワークステーションに適用されます。この変更をテストするには、ワークステーションで次のコマンドを実行します。
gpupdate /force
このコマンドを実行すると後、は、次のレジストリ データがクライアント上に存在するかどうかを確認するのにはワークステーションでレジストリ エディターを開始します。
キー: HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\Outlook\RPC
DWORD: EnableRPCEncryption
値: 1
レジストリ内には、このレジストリ データが表示された場合、グループ ポリシーの設定は、このクライアントに適用されます。変更に問題が解決されることを確認するように Outlook を起動します。

方法 2: すべての CAS サーバーで暗号化要件を無効にします。

ままにすると、サーバー上で、この資料に記載されているその他の方法のいずれかを使用するを有効にする暗号化要件を強くお勧めします。方法 2 はのみに提供されていますこの資料でことはできませんすぐに展開するために必要な RPC 暗号化の設定、Outlook クライアントにします。Outlook クライアントが RPC 暗号化せずに接続を許可するのには方法 2 を使用する場合再度有効にしてください、CAS サーバー上の RPC 暗号化要件に最高レベルのクライアントからサーバーへの通信を維持するためにできるだけ迅速にします。

Outlook と Exchange の間で必要な暗号化を無効にするには、次の手順を実行します。
  1. Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行します。
    Set-RpcClientAccess –Server <Exchange server name> –EncryptionRequired:$False
    注: Exchange_server_nameプレース ホルダーは、クライアント アクセス サーバーの役割を持つ、Exchange Server の名前を表します。

    Exchange Server 2010年またはそれ以降のバージョンを実行しているすべてのクライアント アクセス サーバーに対してこのコマンドレットを実行する必要があります。
  2. クライアント アクセス サーバーの役割を持つ Exchange サーバーごとにこのコマンドを再実行します。コマンドでは、パブリック フォルダー ストアを含む各メールボックス サーバーの役割で実行する必要があります。MAPI クライアントからパブリック フォルダーの接続は、メールボックス サーバー上のRPC クライアント アクセス サービスに直接移動します。
  3. Exchange との RPC 通信の暗号化を有効にする設定では、outlook 後クライアントを更新 (下記の手順を参照)、クライアント アクセス サーバーの役割を持つ、Exchangeservers で RPC 暗号化要件を再び有効にできます。

    クライアント アクセス サーバーの役割を持つ Exchange サーバー上の RPC 暗号化要件を再び有効にするには、Exchange 管理シェルで次のコマンドを実行します。
    Set-RpcClientAccess –Server <Exchange server name> –EncryptionRequired:$True –EncryptionRequired:$True
    注: Exchange_server_nameプレース ホルダーは、クライアント アクセス サーバーの役割を持つ Exchange サーバーの名前を表します。

    Exchange Server 2010年またはそれ以降のバージョンを実行しているすべてのクライアント アクセス サーバーに対してこのコマンドレットを実行する必要があります。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3032395 - 最終更新日: 03/10/2016 11:34:00 - リビジョン: 6.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard, Microsoft Exchange Server 2010 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2010 Standard, Microsoft Outlook 2013, Microsoft Outlook 2010, Microsoft Office Outlook 2007

  • kbsurveynew kbtshoot kbexpertiseinter kbbug kbexpertiseadvanced kbmt KB3032395 KbMtja
フィードバック