監視エージェント (KB 3032946) の microsoft の更新プログラムのロールアップ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3032946
はじめに
この資料は、マイクロソフトの監視エージェントを含むそれ以外の更新プログラムのロールアップ修正される問題について説明します。さらに、Microsoft の監視エージェント (KB 3032946)、更新プログラム rollupfor のインストールの手順について説明します。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • プロキシの設定は、[エージェント セットアップ ウィザード] に追加されます。
    ユーザーは、エージェントのインストール ウィザードを完了したときにここでプロキシの設定を提供できます。

  • アカウントの検証の手順がウィザードに追加されます。
    ユーザー アカウントと運用の洞察への接続にワークスペースを入力した後、ウィザードはアカウント情報が有効であることを確認するテストを実行します。

  • 接続の状態は、コントロール パネルに追加されます。
    接続の状態機能は、Microsoft の監視エージェントのコントロール パネルの設定に追加されます。

取得する方法、およびマイクロソフト監視エージェント (KB 3032946) 用の更新プログラムのロールアップをインストール

ダウンロード情報

マイクロソフトの監視エージェントの更新プログラム パッケージは、Microsoft update または手動ダウンロードで利用可能なです。

Microsoft Update
取得し、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストール、監視は、インストールされているコンピューターで以下の手順を実行します。
  1. [スタート] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルで、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. Windows Update ウィンドウで、 [オンライン Microsoft Update からの更新のチェック項目をクリックします。
  4. オプションの更新プログラムが利用可能] をクリックします。
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージに、Microsoft の監視エージェント (KB 3032946) を選択し、[OK] をクリックします。
  6. 更新プログラムのインストールの更新プログラム パッケージをインストールする] をクリックします。
手動でダウンロード
更新プログラムのパッケージを手動でダウンロードするにはMicrosoft 更新プログラム カタログ、「マイクロソフトの監視エージェント。」を検索して利用可能な更新は、検索結果に表示されます。たとえば、この更新プログラム パッケージは次のように表示されます。

監視エージェント (KB 3032946) の microsoft の更新プログラムのロールアップ

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3032946 - 最終更新日: 03/27/2015 19:44:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft System Center 2012 R2 Operations Manager

  • kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbbug atdownload kbmt KB3032946 KbMtja
フィードバック