Hyper-V ホストで外付け CD/DVD 装置を突然取り外すと仮想マシンが応答停止となる

現象
Hyper-V ホストにて以下の操作を行うと仮想マシンが応答停止状態になる可能性があります。

1. Hyper-V ホストに外付けの CD/DVD ドライブを接続します。

2. Hyper-V マネージャより仮想マシンの設定にて '物理 CD/DVD ドライブ' を選択し、外付け CD/DVD ドライブを設定します。

3. 仮想マシンを起動します。

4. Hyper-V ホストに接続されている外付け CD/DVD ドライブを抜線します。

5. 仮想マシンが応答停止となります。
原因
上記手順はサポート外のデバイス取り外し方法となります。外部 CD/DVD デバイスを取り外すとワーカープロセス(vmwp.exe)のプラグアンドプレイドライバが反応し、ドライブアンマウント処理が行われます。この際、サポート外の取り外し方法の場合は、ホスト OS 側の応答待ちとなりゲスト内の動作も止まることで応答停止状態となります。 
解決方法
上記手順の CD/DVD デバイスの取り外し方法はサポート外となります。対処方法として物理環境と同様に正規の外部デバイス取り外し方法である下記の手順で外部デバイスを取り外してください。

1. ホスト OS でタスクバー内のシステムアイコントレイより "安全な取り外し" アイコンをクリックします。
  
2. "<CD/DVD ドライブ名> の取り出し" をクリックします。

3. 物理的に CD/DVD ドライブを抜線し、デバイスを取り外します
回避策
状況
詳細
関連情報
デバイスを取り出す、または取り外す
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc770831.aspx
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3033976 - 最終更新日: 09/29/2016 12:28:00 - リビジョン: 4.0

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Datacenter

  • KB3033976
フィードバック