[FIX] 複数のトランザクション グループからチャネルに直接ドキュメントを送信した時、受信確認を生成されない

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP303532
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
複数のトランザクション グループを持つドキュメントがチャネルに直接送信される際に、パーサーが受信確認を生成し、その受信確認が最初のトランザクション グループの送信者だけに返されます。後続のトランザクション グループは、受信確認の生成に失敗することがあります。保留キューは既定受信ではなく元のドキュメントを表示します。さらに、アプリケーション ログには以下のエラーが記録されることがあります。
BizTalk Server でエラーが発生しました。

詳細 :
XML ドキュメントを変換できませんでした。参照 "http://SERVERNAME/BizTalkServerRepository/Maps/Microsoft/MAP_NAME.xml" で指定したマップが失敗しました。マップが最新のものかどうかを確認してください。

次のチャネルの構成は無効です : "receipt_channel"

サーバーでドキュメント処理を終了できませんでした。

保留キュー ID: "{5502FC3B-BC0A-40C2-9EDF-207C977DCD95}"

サーバーでドキュメント処理を終了できませんでした。}"
原因
最初のトランザクション以降のすべての解析済みトランザクションが、間違ったチャネル (この場合、受信確認チャネル) に到達し、実際の受信確認が消失します。
解決方法
この問題を解決するには、最新版の BizTalk Server 2000 Service Pack を適用してください。関連情報については、「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) の次の資料を参照してください。
299664[BIZTALKKB]INFO: 最新の Service Pack の入手方法
状況
弊社では、この問題を Microsoft BizTalk Server 2000 の問題として認識しています。

本現象は、Microsoft BizTalk Server 2000 Service Pack 1a で修正されております。BizTalk Server 2000 Service Pack 1a で修正された問題に関連する情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) を参照してください。
297445 [INFO] BizTalk Server 2000 Service Pack 1a 修正一覧
BizTalk Server 2000 Service Pack 1a に関する情報は弊社ホームページをご参照ください。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 303532 (最終更新日 2001-07-24) をもとに作成したものです。

プロパティ

文書番号:303532 - 最終更新日: 02/13/2014 06:25:07 - リビジョン: 1.0

  • Microsoft BizTalk Server 2000 Standard Edition
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbbiztalk2000sp1afix KB303532
フィードバック