現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

4.5、4.5.1、および Windows Vista SP2、Windows 7 SP1、Windows 8、Windows 8.1、Windows Server 2008 SP2、Windows Server 2008 R2 の SP1、Windows Server 2012 では、および Windows Server 2012 R2 の 4.5.2 の.NET Framework の修正プログラム ロールアップ 3035814 (オフライン インストーラー)

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3035814
この資料では、マイクロソフトに.NET Framework 4.5.2、.NET Framework 4.5.1、および.NET Framework 4.5 で利用可能な修正プログラム ロールアップ 3035814 について説明します。修正プログラムのロールアップで解決される問題の詳細についてを参照してください、」この修正プログラム ロールアップ パッケージで解決される問題セクションに進んでください。

オフライン パッケージは、インターネット接続がないのための web インストーラーを使用できない状況で使用できます。、可能な限り最適な効率性と帯域幅の要件に、オフライン パッケージではなく Web インストーラーを使用することをお勧めします。
解決方法
サポートされている修正プログラムはマイクロソフトから現在入手可能です。ただし、それはこの資料に記載された問題のみを修正するものです。この特定の問題が発生したシステムにのみ適用してください。

この問題を解決するには、修正プログラムを入手するよう、Microsoft カスタマー サポート サービスに問い合わせてください。Microsoft カスタマー サポート サービスの電話番号とサポート コストに関する情報の完全なリストは、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。注: <b> 特別な場合では、まれに通常サポート コールの発生に料金 Microsoft Support 担当者は、特定の更新で問題が解決されると判断した。追加の質問および問題の特定のアップデートの対象にはなりませんが、通常のサポート料金が適用されます。
詳細

必要条件

この修正プログラムを適用するには.NET Framework 4.5.2、.NET Framework 4.5.1、または.NET Framework 4.5 がインストールされている必要があります。

再起動の必要性

影響を受けるファイルを使用している場合にこの修正プログラムを適用した後にコンピューターを再起動する必要があります。この修正プログラムを適用する前に、すべての.NET Framework ベースのアプリケーションを閉じることをお勧めします。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム パッケージでは、以前にリリースされた修正プログラム パッケージは置き換えられません。

インストール済みの修正プログラムを検出します。

.NET Framework 4.5 およびそれ以降のバージョンの修正プログラム ロールアップの 3035814 が正常にインストールを検出するためには、インストールされているバージョンを確認するのには、リリースのキーワードを確認します。前方互換にするには、次の表に記載されている値以上の値を確認できます。

プログラムのロールアップの修正プログラムのバージョンリリース DWORD の値
.NET Framework 4.5 およびそれ以降のバージョンの修正プログラム ロールアップ 3035814379970

.NET Framework のバージョンをインストールされているチェックする方法の詳細については、次の MSDN 資料を参照してください。


この修正プログラム ロールアップ パッケージで解決される問題

問題 1

64 ビット オペレーティング システムの 32 ビットの Windows Presentation Foundation (WPF) アプリケーションがあることを想定しています。アプリケーション繰り返し呼び出すと、 PrintQueue.GetPrintCapabilitiesメソッド (またはPrintQueue.Disposeなど、関連するその他の印刷方法)、 dllhost.exeを実行している別のプロセスでメモリ リークが発生します。

注: <b>この問題は、 PrintQueueオブジェクトの使用」の次のブロックで囲む場合に通常発生します。
using (var printQueue = new PrintQueue(printServer, printerName)){ ... use printQueue ... }

問題 2

WPF アプリケーションでリスト ボックス、データ グリッド、リスト ビュー、ツリー ビューなど、リスト コントロールの UI の仮想化を有効にすると、次の問題が発生します。
  • 必要または ArgumentException
  • 予期しない場所にスクロール
  • 無限ループまたはハング
  • StackOverflow の例外
  • 最後のページにスクロールすると、障害が発生します。
原因

多くの場合、 VirtualizingStackPanelクラスは、1 つ以上の子が変更されたこと、高さ、親からの最初の測定要求時以外のときに検出されたときに、これらの問題が発生します。利便性のため、このような状況へと呼びます [下から上の高さの変更]。このような状況には、次の例が含まれています。
  • 展開または折りたたみの階層内の子を使用している TreeViewItem (GroupItem)
  • 新しいデータが古いデータよりも別の高さを生成するときに、子をリサイクル (と、VirtualizingMode =「リサイクル」が設定されます)
  • コンテンツを持つが制御範囲外のデータに依存するユーザー コントロールを使用します。
  • ロードや LayoutUpdated などのレイアウト関連のイベントをアプリケーションで宣言されているハンドラーを実行します。
  • (例 AncestorType を使用する場合の ElementName バインディングの) 子の外部データへのデータ バインディング
VirtualizingStackPanelクラスで、このような状況を正しく処理常にことはできません、前述の問題が発生する可能性があります。

注:
  • 下から上の高さの変更に起因する問題を修正するロジックが改善されましたようになりました。
  • 下から上の高さの変更状況では、マイクロソフトがそれらのすべてではなく報告してスクロールし、測定の問題のほとんどを担当します。同様の問題は、この修正プログラムで解決されていない別の理由で発生します。
問題 3

適用したと仮定します 1 月を更新します。 このような状況は、パフォーマンスの低下や不安定性とは、バック グラウンド ガベージ コレクションに依存しているシステムで発生します。ガベージ コレクターは、「メモリ」ウォッチを作成する更新されたので、この問題が発生する省略可能なのではなく、必要な機能を (MEM_WRITE_WATCH)。この更新プログラムは、オプションとして MEM_WRITE_WATCH 機能を再度有効にします。

問題 4

ホストされている IIS を使用するいると仮定 4.5.1 または 4.5.2 の.NET Framework で WCF サービスを実行します。サービスは、IIS の設定でクライアント証明書を要求するように設定されています。ただし、バインドのHttpsTransportBindingElement.RequireClientCertificateでは、false です。

このような場合は、WCF は IIS の設定を優先することはないとクライアント証明書を正しく検証することはできません。カスタム バインドを使用して、 HttpsTransportBindingElement.RequireClientCertificateプロパティを true に設定してこの問題を回避することはできます。

問題 5

トランスポート セキュリティを使用している WCF サービスを使用するいると仮定します。サービスには高レベルの既定値以外の値に設定されているSecurityBindingElement.SecurityHeaderLayoutにバインドします。

このような場合は、WCF は、適切なレイアウトを使用する場合でも、WCF クライアントは、サービスと通信できませんでしたので、このプロパティを無視します。WCF を正しくこれを優先するためには、appSettings 構成ファイル内に次の行を追加するのにはあります。
<appSettings><add key="wcf:useConfiguredTransportSecurityHeaderLayout" value="true" /></appSettings>

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3035814 - 最終更新日: 01/25/2016 07:23:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft .NET Framework 4.5.2, Microsoft .NET Framework 4.5.1, Microsoft .NET Framework 4.5

  • kbfix kbqfe kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbmt KB3035814 KbMtja
フィードバック