2015年 2 月のマルウェア対策プラットフォームのアップデートのクライアントのエンドポイントの保護

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3036437
概要
次のクライアントのマルウェア対策プラットフォーム更新プログラム パッケージを説明します。
  • クライアントの Microsoft システム センター 2012 R2 の構成マネージャーのエンドポイント保護
  • クライアントのシステム センター 2012年エンドポイント保護サービス パック 1 (SP1)
  • Forefront エンドポイント保護 2010 のマイクロソフト クライアント

これらのパッケージは、クライアント サービスのエンドポイントの保護、ドライバー、および UI コンポーネントを更新します。

マイクロソフト保護、パフォーマンス、堅牢性、およびマルウェアは常に変化する周囲の操作性の一貫性を保証するマルウェア対策プラットフォームの更新プログラムを定期的にリリースします。この更新プログラム パッケージ 2015年 2 月日公開します。

注: <b>この更新プログラムは次の改訂版の更新プログラムに置き換えられました。
3041687 マルウェア対策プラットフォーム変更 2015年 2 月 Endpoint Protection クライアントを更新します。

更新プログラムの情報

このマルウェア対策プラットフォームの更新プログラムには次の改良が含まれます。
  • マルウェアからカウンターを改ざんするレジストリおよびファイル システムの保護を強化します。
  • サブのマウント ポイントは自動的に除外する、およびリアルタイム保護 (RTP) のボリュームを完全に除外できます。
  • この更新プログラムはレジストリの次の場所に、 DisableGenericReportsサブキーの廃止も含まれます。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft Antimalware\Reporting

    注: <b>このキーがレジストリ内で直接編集しない限り、この更新プログラムは遠隔測定の動作には影響ありません。

    この更新プログラムを適用した後 Endpoint Protection によって Microsoft アクティブ保護サービス (地図)、によって送信される遠隔測定を無効にするエンドポイント保護の ui設定] タブをクリックして、[マップ] セクションを選択マップに参加しない] をクリックします。

    注:
    • 管理者は Windows の管理インフラストラクチャ (WMI)、Windows PowerShell、およびグループ ポリシーを通じて、マップの構成オプションを管理できます。
    • エンドポイントの保護をさらに分析がマイクロソフトに送信するファイルのサンプルを要求できます。既定では、エンドポイントの保護はこのようなサンプルを送信する前に常に求められます。サンプルを自動的に送信できるオプションがあります。サンプルの自動提出をオプトイン、エンドポイント保護の ui設定] タブをクリックして、[詳細設定] セクションでを選択ファイルのサンプルの詳細な分析が必要なときに自動的に送信] をクリックします。
    • 管理者は次のレジストリ サブキーを使用して WMI、PowerShell、およびグループ ポリシーの追加の構成オプションのサンプルの自動提出を管理できます。
      • マップ構成

        レジストリの場所:
        HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\SpyNet

        DWORD 名:SpyNetReporting
        DWORD 値。
        • 0 - オフ
        • 1-基本的なメンバーシップ
        • 2 ・上級メンバーシップ

      • サンプル送信

        レジストリの場所:
        HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\SpyNet

        DWORD 名:SubmitSamplesConsent
        DWORD 値。
        • 0 (既定値) – サンプルの自動提出を無効にします。エンドユーザーは、サンプルを常に求められます。
        • 1 – ほとんどのサンプルが自動的に送信されます。ファイルに個人情報を含む可能性があるがまだ確認必要と確認。
        • 2 – すべてサンプル提出を無効にします。サンプルが送信されないとエンド ・ ユーザーは求められます。
        • 3: すべてのサンプルが自動的に送信されます。さらに分析が自動的に送信メッセージを表示せずに必要とするすべてのファイルを確認しました。

この更新プログラムを入手する方法

この更新プログラムは Microsoft Update から利用可能です。

Microsoft Update
プラットフォームの更新プログラムのスタンドアロン システム センター 2012 R2 のクライアント、System Center 2012 のクライアント、およびクライアントを Forefront エンドポイント保護 2010年マルウェア対策は Microsoft Update.

Microsoft Update に更新プログラムを取得するための変更については、次の TechNet web サイトで次のトピックを参照してください。


必要条件

この更新プログラムを適用するにはインストールされている次のいずれかが必要です。

再起動に関する情報

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

注: <b>この更新プログラム パッケージをインストールする前に構成マネージャー管理コンソールを終了することをお勧めします。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムは更新置き換えられます 2998627、Endpoint Protection クライアント 2014年 10 月マルウェア対策プラットフォームの更新プログラムです。


バージョン情報

この更新プログラムは、マルウェア対策クライアントのバージョンを4.7.205.0にもたらします。バージョン情報を検索するには、[Endpoint Protection クライアント UI の [ヘルプ] メニューの [情報] をクリックします。

ファイル情報

修正プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しい修正プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との差を検索するには、日付と時刻項目コントロール パネルの [タイム ゾーン] タブを使用します。

システム センター 2012 R2 のエンドポイント保護のため
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付 (UTC)時刻 (UTC)
Scepinstall.exe4.7.205.028,308,58430-1 月-1516:00
システム センター 2012年のエンドポイント保護のため
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付 (UTC)時刻 (UTC)
Scepinstall.exe4.7.205.028,308,58430-1 月-1516:00
Forefront エンドポイント保護 2010
ファイル名ファイル バージョンファイルのサイズ日付 (UTC)時刻 (UTC)
Fepinstall.exe4.7.205.028,534,88830-1 月-1516:00
関連情報
詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3036437 - 最終更新日: 07/02/2015 23:42:00 - リビジョン: 4.0

Microsoft System Center 2012 R2 Configuration Manager, Microsoft System Center 2012 Configuration Manager Service Pack 1, Microsoft Forefront Endpoint Protection 2010

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseinter atdownload kbmt KB3036437 KbMtja
フィードバック