[XGEN、MCU がドメイン ポリシーを特定の暗号化レベルを保証するフラグ

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

303790
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
現象
マルチポイント制御装置 (MCU)、特定の暗号化レベルを保証するドメイン ポリシーに従っていません可能性があります。 たとえば、禁止するドメイン ポリシー設定が点灯される場合でも、ユーザーは、招待者として、セキュリティで保護された会議に参加することができる可能性があります。
  • 40 ビットの暗号強度ブラウザーを使用します。 - と -

  • セキュリティで保護されたチャネル経由では、クライアントのユーザー証明書が必要です。
解決方法
この問題を解決するには、Microsoft Exchange 2000 Conferencing Server の最新の Service Pack を入手します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
301378[XGEN] 最新の Exchange 2000 Server Service Pack の入手方法
ただし、これより新しい修正ファイルがリリースされている可能性もあります:

コンポーネント: MCU

ファイル名バージョン
Xt120mcu.exe6.0.4720.16

: ファイルの依存関係のため、この更新プログラムには Microsoft Exchange 2000 会議 Server Service Pack 1 必要があります。
状況
マイクロソフトとして認識していますこの Microsoft Exchange 2000 会議サーバーの問題。 この問題は、まず Microsoft Exchange 2000 Server Service Pack 2 で修正されました。
詳細
128 ビットの暗号化レベルを使用するには、MCU と、クライアント、Microsoft Windows 2000 高度暗号化パックのインストールであることに確認します。

暗号化レベルの強制の SOFTWARE\\Microsoft\\Exchange Conferencing\\Parameters\\MCUMinCipherStrength DWORD レジストリ値、最小の暗号強度を決定する使えます。 これは、MCU への着信の Secure Sockets Layer (SSL) 接続に対して適用されます。

キーの値説明
0システムの既定値を使用します。
-1NULL、暗号を使用します。
4040 ビット暗号を使用します。
5656 ビットの暗号を使用します。
128128 ビット暗号を使用します。

次の表で [DWORD 値のいずれかの文書化された DWORD 値以外の値を使用する場合暗号強度が次より低い値に強制的します。 たとえば、値を使用して「55」を値として場合 40 ビットの暗号強度] が強制的が値を使用して「57」を値として場合 56 ビットの暗号強度が強制的します。 システムの既定値が使用するが、システム上で利用可能な暗号化パックよりも高い値です。

警告: この資料は、自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:303790 - 最終更新日: 02/10/2014 18:05:21 - リビジョン: 1.2

  • Microsoft Exchange 2000 Conferencing Server
  • kbnosurvey kbarchive kbbug kbfix kbexchange2000presp2fix kbmt KB303790 KbMtja
フィードバック