システム センター 2012 Data Protection Manager SP1 エラー コード

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3041344
概要
この資料では、Microsoft システム センター 2012 Data Protection Manager で発生する可能性のあるエラー コードについて説明します。

注: <b>いくつかのエラーでは、トラブルシューティングの追加情報があります。


内容


詳細

エラー コード 0-100

エラー コードメッセージ追加情報
7 Active Directory ドメイン サービスのデータベースに接続できません。DPM サーバーとドメインのメンバーであることを確認ドメイン コント ローラー
11 DPM は参照できません。 <ServerName> </ServerName>ホストが到達できないためです。 確認します。 <ServerName></ServerName> オンラインは、DPM サーバーからリモートでアクセスできるようにします。ファイアウォールがオンになっている場合 <ServerName></ServerName>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないことを確認します。
12 DPM は参照できません。 <ServerName> </ServerName>アクセスが拒否されました。 DPM を実行しているコンピューターの DCOM の発表があることを確認し、アクセスの許可 <ServerName></ServerName> DPM サーバーのシステム時刻とし、 <ServerName> </ServerName>ドメイン コント ローラーのシステム時刻と同期されます。
13 DPM は参照できません。 <ServerName> </ServerName>保護エージェントが応答していません。 DPMRA ソースがアプリケーションでの最近のレコードがログオンを確認します。 <ServerName></ServerName> 応答するエージェントが失敗した理由を確認します。
  1. DPM サーバーからリモートでアクセス可能であることを確認します。サーバー名 > です。
  2. DPM サーバーでファイアウォールが有効な場合からの要求がブロックされていないことを確認します。 <ServerName>. </ServerName>
  3. DPM 保護エージェント (DPMRA) サービスを再起動します。 <ServerName></ServerName>.サービスが起動しない場合は、保護エージェントを再インストールします。
14 DPM は参照できません。 <ServerName> </ServerName>DPM とコンピューター上の保護エージェントの間で通信できません。
  1. 確認します。 <ServerName> </ServerName>DPM サーバーからリモートでアクセスすることができます。
  2. ファイアウォールがオンになっている場合 <ServerName></ServerName>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないことを確認します。
  3. DPM 保護エージェント (DPMRA) サービスを再起動します。 <ServerName></ServerName>.サービスが起動しない場合は、保護エージェントを再インストールします。
15 DPM は参照できません。 <ServerName> </ServerName>上の保護エージェントがインストールされていないため <ServerName></ServerName>または、コンピューターを再起動します。 保護エージェントをインストールします。
16 DPM がパスにアクセスできません。 <FileName> </FileName>パスの一部が削除されたり名前を変更します。 パスを確認し、もう一度入力します。
30 DPM に接続できません。 <ServerName> </ServerName>コンピューターを再起動することで、保護エージェントのインストールが完了するまでです。サーバーを再起動し、もう一度実行してください。
31 DPM は参照できません。 <ServerName> </ServerName>ホストが到達できないためです。
  1. 確認します。 <ServerName> </ServerName>オンラインは、DPM サーバーからリモートでアクセスできるようにします。
  2. ファイアウォールがオンになっている場合 <ServerName></ServerName>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないことを確認します。
32 DPM は参照できません。 <ServerName> </ServerName>アクセスが拒否されています。 管理タスク領域で、[エージェント] タブで、[エージェントの状態を確認してください。また、DPM サーバーと保護されたコンピューターのシステム時刻がドメイン コント ローラーのシステム時刻と同期されているを確認します。
33 DPM は参照できません。 <ServerName> </ServerName>エージェントが応答していません。 エージェントをインストールした場合 <ServerName></ServerName>、コンピューターを再起動する場合があります。Windows が使用可能になるエージェントの起動後、数分待ってからです。それ以外の場合、このエラーをトラブルシューティングするには、これらの手順に従います。
  1. DPMRA ソース、アプリケーション イベント ログからレコードを確認します。 < servername=""> 応答するエージェントが失敗した理由を確認します。
  2. DPM サーバーからリモートでアクセス可能であるかどうかを確認します。 <ServerName></ServerName>.
  3. DPM サーバーでファイアウォールが有効の場合からの要求がブロックされていないことを確認します。 <ServerName></ServerName>.
  4. DPM 保護エージェント サービスを再起動します。 <ServerName></ServerName>.サービスが起動しない場合は、保護エージェントを再インストールします。
34 DPM は参照できません。 <ServerName> </ServerName>エージェントと通信できません。 エージェントをインストールした場合 <ServerName></ServerName>、コンピューターを再起動する場合があります。Windows が使用可能になるエージェントの起動後、数分待ってからです。それ以外の場合、このエラーのトラブルシューティングを行うには、次のように行います。
  1. DPM サーバーからリモートでアクセス可能であるかどうかを確認します。 <ServerName></ServerName>.
  2. DPM サーバーでファイアウォールが有効の場合からの要求がブロックされていないことを確認します。 <ServerName></ServerName>.
  3. DPM 保護エージェント サービスを再起動します。 <ServerName></ServerName>.サービスが起動しない場合は、保護エージェントを再インストールします。
35 DPM は参照できません。 <ServerName></ServerName>、いずれかのエージェントがインストールされていないため <ServerName> </ServerName>または、コンピューターを再起動するためです。 保護エージェントをインストールします。
36 DPM がパスにアクセスできません。 <Component> </Component>パスの一部が削除されたり名前を変更します。 パスを確認し、もう一度入力します。
37 DPM にはアクセスできません。 <FileName> </FileName>要素は別のプロセスによって排他的にロックされています。後で選択か、オブジェクトが別のプロセスによってロックされているかどうかを確認してください。
38 DPM でのコンテンツを列挙することはありません。<Component> </Component>保護されたコンピューターに <ServerName></ServerName>.ごみ箱、システム ボリューム情報フォルダー、NTFS 以外のボリューム、DFS リンク、Cd、クォーラム ディスク (クラスター) およびその他のリムーバブル メディアを保護することはできません。なし。
39 パスにアクセスできませんでした。<FileName></FileName>. パスが存在し、アクセスを確認します。
41 通信できませんでした。<ServerName> </ServerName>コンピューターが到達できないためです。
  1. 確認します。 <ServerName> </ServerName>オンラインおよび DPM サーバーからリモートでアクセスすることです。
  2. ファイアウォールがオンになっている場合 <ServerName></ServerName>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないことを確認します。
  3. バックアップ LAN を使用している場合は、LAN のバックアップの設定が有効であるを確認します。
  4. リモート SMB のクラスター化された記憶域を使用している場合は、バックアップ ジョブが、クラスターのプライマリ所有者が切り替えられた後にのみを開始しようとしています。 このエラーが表示ことがあります。大文字と小文字の場合は、しばらく待ってから操作をやり直して。
42 上の保護エージェントと通信できませんでした。<ServerName> </ServerName>アクセスが拒否されています。
  1. DPM サーバーは、DCOM の発表であることを確認し、アクセスの許可 <ServerName></ServerName>DPM サーバーと保護されたコンピューターのシステム時刻がドメイン コント ローラーのシステム時刻と同期されています。
  2. できなくなった場合に保護するコンピューターがない場合このコンピューターのレコードをデータベースから削除する場合があります。レコードを削除するのには、 管理 領域で、[タスクの エージェント タブで、コンピューター名を選択します。で、 詳細情報 ウィンドウで、 [レコードの削除] をクリックします。
  3. DPM サーバーと保護されたコンピューターから、ドメイン コント ローラーにアクセスできることを確認します。
  4. DPM と保護されたコンピューター間の通信の問題が引き続き発生する場合は、DPM サーバーとの通信の問題に関連するイベントの保護されたコンピューターのイベント ログを確認します。
43 上の保護エージェントと通信できませんでした。<ServerName> </ServerName>エージェントが応答していません。
  1. DPMRA ソース アプリケーションのイベントでの最近のレコードがログオンを確認します。 < servername=""> 応答するエージェントが失敗した理由を確認します。
  2. DPM サーバーからリモートでアクセス可能であるかどうかを確認します。 <ServerName></ServerName>.
  3. DPM サーバーでファイアウォールが有効の場合からの要求がブロックされていないことを確認します。<ServerName></ServerName>.
  4. DPM 保護エージェント サービスを再起動します。 <ServerName></ServerName>.サービスが起動しない場合は、保護エージェントを再インストールします。

上記の手順で問題が解決しない場合は、追加のトラブルシューティング手順については、以下の KB 資料を参照してください。

3082409- エラー ID 43 System Center Data Protection Manager でのトラブルシューティング (https://support.microsoft.com/en-us/kb/30382409)
45 上の保護エージェントと通信できませんでした。<ServerName> </ServerName>エージェントがインストールされていないか、コンピューターを再起動します。保護エージェントをインストールします。コンピューターが再起動中の場合は、いくつかは、時間コンピューターがオンラインになります。
46 多くのオブジェクトが選択されているために、操作を実行することができませんでした。少数のオブジェクトを選択し、操作を再試行します。
  • 多数のボリューム上のデータ ソースを保護しようとする場合は、個別のデータ ソースではなくボリューム全体を保護することを検討してください。
  • 多数のフォルダーまたはファイルをボリュームからリカバリしようとしている場合、親フォルダーのリカバリを検討またはリカバリに複数の操作を分割します。
47 上の保護エージェントのいくつかのコンポーネント<PSServerName> </PSServerName>インストールされていないか正しく構成されています。
  1. 確認する対象となるコンピューター <PSServerName> </PSServerName>サポートされていないバージョンのオペレーティング システムを実行されていません。
  2. コンピューターを再起動します。 <PSServerName></PSServerName>.問題が解決しない場合 <PSServerName></PSServerName>を追加または削除プログラムを使用して DPM 保護エージェントをアンインストールします。その後、DPM サーバー上で、 管理 領域で、[タスクの エージェント タブで、保護エージェントを再インストール<PSServerName></PSServerName>.
48 <ServerName> </ServerName>再起動する必要があります。保護エージェントがインストールされてから、コンピューターを再起動してはいない可能性があります。サーバーを再起動します。このサーバー上のデータの保護を設定した場合は、再起動後、整合性チェックを実行することでデータを同期します。
49 保護エージェントがファイルへのアクセスを試行中にタイムアウトになりました<FileName> </FileName>ボリュームの <PSVolumeName> </PSVolumeName><PSServerName></PSServerName>. ファイルがアクセスできることを確認します。整合性チェック付きのデータを同期します。
50 上の DPM 保護エージェント<PSServerName> </PSServerName>ファイルの整合性チェックを実行できませんでした。 <FileName></FileName>ボリュームに <PSVolumeName></PSVolumeName>. ファイルが利用可能であるかどうかを確認し、整合性チェックを再実行します。
51 ルート ディレクトリに追加されたボリュームの保護から削除<PSVolumeName> </PSVolumeName><PSServerName></PSServerName>. 操作は必要ありません。
52 DPM サービスは、上の保護エージェントと通信できませんでした。<ServerName></ServerName>. DPM のレプリケーション エージェント (DPMRA) サービスを再起動します。<ServerName></ServerName>.
53 通信できませんでした。<ServerName> </ServerName>保護エージェントと通信できません。
  1. 確認します。 <ServerName> </ServerName>DPM サーバーからリモートでアクセスすることができます。
  2. ファイアウォールがオンになっている場合 <ServerName></ServerName>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないことを確認します。
  3. DPM エージェントがレプリケーション サービスを再起動します。 <ServerName></ServerName>.サービスが起動しない場合は、保護エージェントを再インストールします。
55 保護されたボリューム<VolumeName> </VolumeName><ServerName> </ServerName>アクセスできませんでした。ボリュームが削除されたり、マウントを解除すると、または別のプロセスのみを使用する可能性です。このエラーを解決するには、必ずそのボリューム<VolumeName> </VolumeName>アクセスできます。

新しいボリュームの場合 <VolumeName> </VolumeName>保護されていたボリュームを交換して、同じ名前で作成された、新しいボリュームを保護して、元のボリュームを保護グループから削除し、新しいボリュームを保護グループに追加する必要があります。将来のリカバリのレプリカを保持することができます。

コンピューター上の任意のデータ ソースを保護するために不要になった場合は、コンピューターから保護エージェントをアンインストールすることができます。ボリュームが完全に削除または、削除された場合は、(必要に応じて選択すると、将来のリカバリ、レプリカを保持する)、その保護グループからボリュームを削除し、アクティブでないアラートをクリックしてアラートを無効にし、します。
56 DPM 保護エージェントの完了ステータスを受信しなかったためにデータを移動できませんでした。操作を再試行してください。
57 DPM でデータを保護するためを続行できません。<TargetServerName> </TargetServerName>いるため十分なディスク領域の 1 つまたは複数のボリュームの使用可能です。再試行してディスク領域を解放します。
58 DPM は、レプリカ用のディスク領域を超えています。ない保留中のディスクのしきい値の通知、このデータ ソースのアクティブかどうかを確認し、ジョブを再実行します。DPM では、ボリュームが自動的に拡張がある可能性があり、アラートを解決します。
59 リカバリを開始するのには DPM を使用しました。<DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>.この操作が完了した後、DPM は、リカバリされたデータ保護されたコンピューターの保護を継続するためにそのレプリカを同期する必要があります。レプリカは DPM でレプリカを同期するのには、整合性チェックの実行を有効にするのには矛盾したマークされています。 操作は必要ありません。
60 上の保護エージェント<ServerName> </ServerName>一時的に予期しない状態のため応答できませんでした。操作を再試行してください。問題が解決しない場合は、保護されているサーバー上で開いているファイルがある可能性があります。このシナリオでは、次の 3 つの潜在的な回避策があります。

1. アプリケーションを停止して、DPM のレプリカまたは整合性チェックを手動で実行します。

2. を保護するデータを別のフォルダーにコピーするプロセスを開発し、そのフォルダーを保護するために DPM を構成します。

3 より前のバージョンを構成し、使用する保護されたサーバー上のバックアップ ・ スクリプトを投稿します。ファイルを開いた状態で保持している場合、DPM のバックアップを使用するアプリケーションを停止するバッチ ファイルを「cmd」これを実行すると、[バックアップの完了後にアプリケーション再起動します。このオプションは、アプリケーションはいない使用できるバックアップを実行している時に、注意します。プレ/ポスト スクリプトを参照してくださいの詳細については https://technet.microsoft.com/en-us/library/bb808870.aspx.
62 ボリュームを見つけることができません。<VolumeName> </VolumeName>DPM を実行しているコンピューターです。 ストレージ ・ プールのディスクがアクセスできることを確認します。そうでない場合ディスクの空き領域を再割り当てし、データを再び保護します。
63 DPM が保護することはできません。<FileName> </FileName>ファイルが属しているリソース グループの仮想名がないためです。リソース グループに構成されている仮想名があることを確認します。また、クラスター リソース間の依存関係が正しく構成されていることを確認してください。
64 ボリューム <VolumeName> </VolumeName>DPM サーバーではオフラインです。 DPM サーバーで、サーバー マネージャーを開きます診断プログラムを展開し、イベント ビューアー] を展開、 Windows ログを展開し、アプリケーション ログに推奨される操作を実行します。
65 DPM サービスは、上の保護エージェントと通信できませんでした。<ServerName></ServerName>. サーバー上の DPM エージェントがレプリケーション サービスを再起動します。
77 内部エラーのため、整合性チェックのジョブが失敗しました。整合性チェック ジョブを再実行します。
78 DPM で保護されたコンピューター上のデータ ソースの保護を継続することはありません。<ServerName> </ServerName>DPM では、このコンピューターにインストールされている、互換性のないフィルターを検出しました。を解決するのには、を参照してください。 互換性のないフィルター ドライバー関連のエラー.
91 レプリカ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>保護されたデータ ソースと整合性がありません。操作は必要ありません。
92 上のレプリカ ・ ボリュームにアクセスできません。 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>. 保護を停止します。<DatasourceName></DatasourceName>、し、このデータ ソースの保護を再構成します。
93 レプリカ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>作成中です。 後のレプリカの作成がスケジュールされると、アクションの必要はありません。手動でレプリカを作成することを選択した場合、データをコピーし、整合性チェック付きで同期します。
94 データ ソース <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>保護されていないと、DPM はレプリカのことです。レプリカが削除された可能性があります、 レプリカを保持せずに保護を停止します。 このデータ ソースに対してタスクを実行しました。レプリカの作成操作が完了するまで待機します。ジョブを再試行します。操作する必要はありません。DPM データベースをこのデータ ソースが保護されていないことを反映するように更新するを待ちます。
95 レプリカでジョブ エラー<DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>実行中の同期操作によって発生しました。実行中の同期操作をキャンセルまたは完了するまで待機します。操作を再試行してください。
96 レプリカでジョブ エラー<DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>進行中のレプリカの作成が原因です。整合性チェック操作をキャンセルまたは完了するまで待機します。ジョブを再試行します。
97 レプリカでジョブ エラー<DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>進行中の整合性チェック操作が原因です。整合性チェック操作をキャンセルまたは完了するまで待機します。ジョブを再試行します。
98 レプリカでジョブ エラー<DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>現在進行中の回復操作が原因です。リカバリ ・ オペレーションをキャンセルまたは完了するまで待機します。ジョブを再試行します。
99 レプリカでジョブ エラー<DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>継続的な保護の停止ジョブが原因です。保護の停止操作をキャンセルまたは完了するまで待機します。ジョブを再試行します。
100 レプリカでジョブ エラー<DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>継続的な回復ポイントの作成が原因です。リカバリ ・ ポイント ・ オペレーションをキャンセルまたは完了するまで待機します。操作を再試行してください。

目次に戻る

エラー コード 101-200

エラー コードメッセージ追加情報
101ジョブが失敗したため、このデータ ソースのレプリカが削除されている可能性がありますので、 レプリカを保持せずに保護を停止します。 このデータ ソースに対してタスクを実行しました。操作する必要はありません。DPM データベースこのデータ ソースが保護されていないことを反映するように更新するを待ちます。
104 ジョブの実行中に予期しないエラーが発生しました。

または

不明なエラー (0x80041010)
このエラーは、リモート共有上のファイルを格納する SQL Server データベースを保護しようとしている場合に表示されることができます。これは、DPM でサポートされていません。

Windows Server 2012 R2 を実行しているホストで HYPER-V の VM のバックアップを実行しようとしている場合にも発生することができます。DPM 2012 SP1 では、このシナリオはサポートされていません。Windows Server 2012 R2 を実行しているホストで HYPER-V の VM のバックアップまたは後で、DPM 2012 R2 に DPM 2012 SP1 にアップグレードします。
107 DPM 保護エージェントが、変更の追跡が不要になった<PSVolumeName> </PSVolumeName><PSServerName></PSServerName>.
  1. FSRecord のソースからの最新のレコードを確認します システム イベント ログオンします。 <PSServerName> </PSServerName>問題が発生した理由を確認します。
  2. 整合性チェック付きで同期します。
109 DPM サーバー上のレプリカ<DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>保護されたデータ ソースと整合性がありません。変更を適用することはできません。操作は必要ありません。
111 <ServerName></ServerName>正しくシャット ダウンされずに再起動されました。 操作は必要ありません。
112 変更 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>適用することはできません。<FileName></FileName>. 操作は必要ありません。
113 ジョブの失敗 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>原因で競合している実行中の操作で<ServerName></ServerName>. 継続的な操作をキャンセルまたは完了するまで待機します。ジョブを再試行します。
114 上のジョブの失敗 <DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>継続的なバックアップ操作によって発生しました。操作をキャンセルまたは完了するまで待機します。操作を再試行してください。
115 上のジョブの失敗 <DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>テープ操作からの継続的な回復が原因です。操作をキャンセルまたは完了するまで待機します。操作を再試行してください。
116 上のジョブの失敗 <ServerName> </ServerName>そのコンピューター上で継続的な他の競合している操作によって発生しました。パラレルと同じデータ ソースのバックアップ ・ オペレーションいくつかのアプリケーションを許可しないことに注意してください。、操作をキャンセルしたり、それらを完了するまで待ちます。操作を再試行してください。
117 内部エラーのため、同期ジョブが失敗しました。
  • SQL Server、Exchange、または Windows SharePoint Services のデータの回復ポイントを作成、短期間のディスクの保護を有効にして選択 Express を使用して回復ポイントを作成する完全バックアップします。
  • その他の種類のデータでは、回復ポイントを作成し、選択 同期後、回復ポイントを作成します。
118 DPM サーバーに選択したデータをリカバリすることはできません。<ServerName> </ServerName>レプリカではないため、 保留中のレプリカの作成 状態です。 レプリカであるかどうかを確認します。 保留中のレプリカの作成 リカバリ前に、の状態です。
130 全体の保有期間の範囲の回復ポイントの最大数であるために、複数のリカバリ ・ ポイントを追加することはできません。<MaxLimit></MaxLimit>. 1 日あたりの回復ポイントを上げるためは、保有期間の範囲を減らすか、少ない曜日を選択する必要があります。
131 ファイル名の拡張子で始まる必要があります、'.' し、次の文字を含めることはできません:、\、: *、?、」、 <,>、|</,>操作は必要ありません。
132 重複するファイル名拡張子を削除します。拡張機能を削除します。
133 以前の復元ポイントとの間の時間差が、指定された同期間隔よりも小さいために、このリカバリ ・ ポイントを選択できません。

同期の頻度を指定します。 <ValueEntered> </ValueEntered>
前の回復ポイントに等しいか、指定された同期間隔を超えているとの時間差のある回復ポイントを選択します。
135 保護する他のマウント ・ ポイントのこのボリューム上のデータが選択されているために、このフォルダーを保護することはできません。操作は必要ありません。
136 保護グループを作成できませんなしのディスクまたはテープ ・ ライブラリを使用します。テープ ・ ライブラリを構成するか、ストレージ ・ プールにディスクを追加します。
137 保護グループ名は既に存在します。別の名前を指定します。
138 システム ボリューム上のデータの保護を有効にします。<ObjectName></ObjectName>.このコンピューターのシステム状態を保護する場合とは別に保護グループのメンバーとしてシステム状態を追加する必要があります。操作は必要ありません。
140 ネットワーク帯域幅使用率スロットル ・ レートは、1 と 10000 Mbps の間である必要があります。有効な値を指定します。
141 実行できません。 < inputparametertag=""> レプリカがアイドル状態でないため。 継続的なジョブ、ジョブをキャンセルまたは完了するまで待機します。
143 ドメイン コント ローラー上の NETLOGON または SYSVOL の共有上のデータを保護するために DPM を使用する場合は、DPM を使用してデータを復元すると、Active Directory ドメイン サービス データベースのドメイン コント ローラーのコピーが破損します。 操作は必要ありません。
144 長期的な保護のためのバックアップの頻度は、短期的な保護のためのバックアップの頻度以上にする必要があります。

短期的な保護のためのバックアップの頻度: <InputParameterTag> </InputParameterTag>
操作は必要ありません。
145 高速を削減することはできませんこの保護グループの長期的な回復目標に影響が及ぶためにの完全なバックアップ ・ スケジュール。高速を下げることができます前にこの保護グループのフル ・ バックアップ ・ スケジュールは、等しいかより大きいはバックアップの実行頻度を指定する保護グループのプロパティを変更する必要があります毎週。
146 指定した保護グループの名前が正しくありません。保護グループの名前は、64 文字以内で、1 つ以上のアルファベット文字である必要があります。有効な名前を指定します。
147 保護されたコンピューターを表示するには、これらのコンピューターの保護を有効にする必要があります。保護を有効にします。
148 別の DPM サーバー (プライマリ DPM サーバー) 上のレプリカを保護しようとしています。レプリカとプライマリ DPM サーバーの DPM データベース (DPMDB) を保護することをお勧めします。DPMDB を保護せずはできません、障害が発生した場合、プライマリ DPM サーバーのレプリカを復元すること、DPMDB とレプリカは失われます。
149 ボリュームの変更ジャーナルのサイズを指定しました。<VolumeName> </VolumeName><ServerName> </ServerName>設定するには <ValueEntered></ValueEntered>.ただし、これは、選択したコンピューターで使用可能な領域よりも大きい。 保護されたコンピューターで、ボリューム上の領域を解放し、タスクを再試行してください。
150 プライマリ DPM サーバー上のレプリカを保護しようとしました。

ファイルの除外は、これらのレプリカには適用されませんが、他のすべての保護グループのメンバーに適用されます。
操作は必要ありません。
151 サイズと使用済みのディスク領域情報ボリューム名 サーバー名 取得できませんでした。この情報が取得されるまで、このボリューム上のデータを保護するためにディスク領域を割り当てられません。再試行しますか。操作を再試行してください。
152 DPM のデータ ソースは、既存の設定のための保護グループに追加できません。新しい保護グループを作成します。
156 1 つまたは複数のメンバーの初期同期が行われるときに、この保護グループにメンバーを追加する機能が一時的に無効にします。メンバーの初期同期ジョブをキャンセルするか、それらを完了するまで待機します。
157 データ ソース名 保護グループのメンバーをされているために、保護を追加できません。操作は必要ありません。
158 ValueEntered 有効な値ではありません。最大値します。 MaximumSizeUnit. 有効な値を指定します。
159 <ValueEntered> </ValueEntered>有効な値ではありません。 有効な値を指定します。
160 ValueEntered> の割り当ての最小値を満たしていませんOriginallyCalculatedValue>単位>.有効な値を指定します。
162 DPM は選択したデータのサイズを計算することによって、ディスク割り当ての推奨設定を最適化することができます。ボリューム名 サーバー名.続行しますか。 最適化するために進んでください。
164 <VolumeName> </VolumeName><ServerName> </ServerName>1 GB のサイズの最小要件を満たしていません。ボリュームを選択しないでください。
168 保護されるボリュームの 1 つ以上の複製物が表示されません。1 つまたは複数のディスクがオフラインになった DPM 記憶域プールでレプリカの保存に DPM で作成されたボリュームの削除の結果があります。ディスク割り当てを変更するか、レプリカが再割り当てされるまで、これらのボリューム上のメンバーの保護を構成することはできません。[ 保留中のメンバーを確認します。 保護のグループ、および保護のためのディスク領域を割り当てます。
169 レプリカになりますが、これ以前保護されていたボリュームのレプリカを保持する] を選択した DPM サーバーに指定されていません。レプリカを格納するために使用するボリューム、ストレージ ・ プールから削除されたか、レプリカが格納されているディスクを検出することはできません。このレプリカのレコードを DPM から削除するまで、この保護されていたボリュームを保護することはできません。保護グループに関連するメンバーを選択し、をクリックしてください 非アクティブな保護を削除します。.確認の設定 Dis のレプリカを削除します。k が選択されています。
171 レプリカおよび回復ポイントのボリュームを割り当てるストレージ ・ プールのディスクの十分な領域があります。保護グループ用のベア メタル回復 (BMR) を停止しようとしたときに、このエラーが発生することができます。既定では、BMR ではのみを停止すると、DPM 変換しよう BMR 保護システム状態の保護は、システム ・ バックアップの BMR よりもより多くの領域が必要です。使用可能な領域がシステム状態の保護に変換するための十分な場合は、このエラーが表示されます。

ディスク領域を増やす BMR の保護を停止する場合は、両方のメンバーの保護の停止を選択します。 ベア メタル回復 システム状態
172 カスタム スキームに対して、入力を行うことはできません。操作は必要ありません。
173 ここで選択したデータベースを保護することはできません。保護データベースが所属する Windows SharePoint Services の保護の一部として既にこのデータベースが選択されます。する場合のみ、このデータベースを保護するためは Windows SharePoint Services のファームを保護から削除する必要があります。
174 ここで選択した Windows SharePoint Services のデータを保護することはできません。いくつかの Windows SharePoint Services のファームのコンポーネントであるデータベースが既に選択されて保護のためです。この Windows SharePoint Services のデータを保護する場合は、データベースを保護から削除する必要があります。
175 レプリカおよび回復ポイントのボリュームのため、既存のボリュームはサイズ要件を満たしていない操作を行います<DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>. DPM 記憶域プールのディスクを使用して、保護のためかが適切に設定されているボリュームを作成します。DPM でのすべてのボリュームを使用しないインストールされているシステムまたは DPM のコンポーネントを操作します。
176 DPM がボリュームを使用するのには失敗しました<VolumeLabel> </VolumeLabel>適切なサイズではないため、レプリカを作成します。 レプリカに使用するボリュームをより大きくする必要があります。<MinimumSize> </MinimumSize>GB です。
177 DPM がボリュームを使用するのには失敗しました<VolumeLabel> </VolumeLabel>作成するのには、回復ポイント ボリュームの適切なサイズではないため。回復ポイントの格納に使用するボリュームをより大きくする必要があります。<MinimumSize> </MinimumSize>GB です。
178 DPM がボリュームを使用するのには失敗しました<VolumeLabel> </VolumeLabel>これが既にあるために保護するために選択 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>. 操作は必要ありません。
179 DPM がボリュームのサイズを変更できません。<VolumeLabel> </VolumeLabel><VolumeLabel></VolumeLabel>、、を保護するために使用されています。<DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>これらは、カスタム ボリュームです。ボリュームのサイズを変更するのにには、ディスクの管理を使用します。
180 レプリカおよび回復ポイントを格納するためにストレージ ・ プールのディスク領域の割り当てに失敗<VolumeName> </VolumeName><ServerName></ServerName>.保護を開始しません。<VolumeName> </VolumeName><ServerName> </ServerName>まで、ディスク容量は、ストレージ ・ プールに割り当てられています。 確認保留中のメンバーを保護グループの選択し、保護のためのディスク領域を割り当てます。
181 DPM は作成できませんでした。<ProtectedGroup> </ProtectedGroup>ためディスクの割り当てに失敗しました。 エラーは、以下に示すし、保護グループを再作成しようとし、割り当てを参照してください。
182 Eseutil.exe は、DPM サーバー上に存在しないために、この保護グループでは、Eseutil の整合性チェックを実行できません。 コピー、 Ese.dll Eseutil.exe Exchange Server のインストール フォルダーからのファイル<FolderPath> </FolderPath>DPM サーバー。

オフにして、この保護グループに、Eseutil の整合性チェックを実行しないように選択することも、 Eseutil の整合性チェックを実行します。 オプションです。ただし、行うことこの保護されたデータのリカバリ性の確認を行わないためです。
183 ディスクの回復ポイントを作成するための 1 つの項目を選択します。現在、リスト ビューで複数の項目を選択しました。操作は必要ありません。
184 保護が停止しているために、アプリケーションのデータ ソースの回復ポイントを作成できません。操作は必要ありません。
185 回復ポイントの統合中にエラーが発生しました。関連のアラートを探し、問題を解決します。リカバリを再試行してください。
192 レプリカが不整合な状態のため、要求された操作を完了できませんでした。、整合性チェックを実行し、操作を再試行してください。
195 保護グループのプロパティが変更されたために、変更内容を適用できません。次の理由のいずれかのための保護グループのプロパティが変更されました。
  • 自動検出ジョブが実行され、この保護グループのプロパティを変更します。
  • 他のユーザーは、DPM 管理者コンソールを使用して、この保護グループのプロパティを変更するのには。
操作を再試行してください。
199 DPM がリソース グループ内のメンバーを保護することができませんでした。<ObjectName></ObjectName>.このリソース グループには、このリソース グループの一部ではない依存関係を持つリソースが含まれています。
  1. 共有フォルダーおよび共有フォルダーが格納されているハード ディスクは、同じリソース グループの一部かどうかを確認するのには、クラスターの構成を確認します。
  2. アプリケーションとそれを必要とするハード ディスクは、同じリソース グループの一部かどうかを確認するのには、クラスターの構成を確認します。
200 DPM は、選択した項目で要求された操作を実行できませんでした。これは、可能性があります 1 つまたは複数の選択したアイテムまたは選択した項目に関連付けられているプロパティが変更された、要求された操作を防ぐことができます。操作を再試行してください。

目次に戻る

エラー コード 201 ~ 300

エラー コードメッセージ詳細情報
296保護エージェントは、エラーを更新できませんでした: Data Protection Manager のエラー ID: 296DPM サーバーとの互換性のあるバージョンには、保護エージェントを更新します。DPM 管理者コンソールで、管理タスク領域の [エージェント] タブをクリックします。、保護エージェントがインストールされているコンピューターを選択し、[操作] ウィンドウの [更新] をクリックします。

目次に戻る

エラー コード 301-400

エラー コードメッセージ追加情報
301 上の保護エージェントがインストールされていないために、保護エージェントのアップグレードが失敗しました<ServerName></ServerName>.
  1. DPM 管理者コンソール内で、 管理 タスク領域で、[エージェント] タブで、保護エージェントがインストールされているし、[操作] ウィンドウで、コンピューターの選択] をクリックして アンインストール 保護エージェント ・ レコードを削除するには。
  2. で、 エージェント タブをクリックしてください インストール エージェントを再インストールするには <ServerName></ServerName>.
302 上の保護エージェントにアクセスできなかったために、保護エージェントの操作が失敗しました<ServerName></ServerName>. <ServerName> </ServerName>DPM、または、DPM が実行されて別の DPM サーバーで保護エージェントがインストールされている可能性があります。DPM またはから DPM 保護エージェントをアンインストールします。 <ServerName></ServerName> コンピューターを保護するために使用するコンピューターから DPM 保護エージェントを再インストールします。
303 保護エージェント操作に失敗しました。<ServerName></ServerName>.
  • 指定されたサーバー上に別のインストールが行われています。

    解決方法 インストールを完了するために待機し、操作を再試行してください。

  • サーバー上のブート ボリュームはファイル アロケーション テーブル (FAT) として書式設定されます。

    解決方法 十分な領域がある場合、ブート ボリュームを NTFS ファイル システムに変換します。
304 別のエージェントの操作が実行されていたために、保護エージェントの操作が失敗しました<ServerName></ServerName>. 上で保護エージェントの操作を待機します。 <ServerName></ServerName> 完了するには、保護エージェントをもう一度再インストールをやり直してください。
305 エージェント操作に失敗しました上のオペレーティング システム<ServerName> </ServerName>サポートされていません。 オペレーティング システムが Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) または後で、選択したコンピューターであることを確認します。オペレーティング システムが最近更新された Active Directory の更新が保留されている可能性があります。この例では、Active Directory は、完成した更新では、保護エージェントのインストールを再度実行してくださいするまでを待機します。Active Directory の更新に必要な時間は、自分のドメインの Active Directory のレプリケーション ・ ポリシーによって異なります。

ソフトウェア要件の詳細については、DPM 2010 のシステム要件を参照してください。
306 別のバージョンの保護エージェントが既にインストールされているために、保護エージェントのインストールが失敗しました<ServerName></ServerName>. 別のバージョンの保護エージェントが DPM サーバーに既にインストールされているために、保護エージェントのインストールが失敗しました。

解決方法 使用 追加またはプログラムを削除します。 DPM サーバーから保護エージェントをアンインストールしてから、コントロール パネルの [保護エージェントを再インストールします。
307 DPM で原因不明の DPM 保護エージェントを検出するため、保護エージェントの操作が失敗しました<ServerName></ServerName>. 使用 追加またはプログラムを削除します。 保護エージェントをアンインストールするのにはコントロール パネルの <ServerName></ServerName>、保護エージェントを再インストールし、操作を再実行します。
308 DPM は、保護エージェント サービスと通信できませんでしたので、保護エージェントの操作が失敗しました<ServerName></ServerName>. 保護エージェントをインストールした場合 <ServerName></ServerName>、コンピューターを再起動することがあります。保護エージェントが使用可能になるには、コンピューターを再起動した後、数分を待ちます。

問題が解決しない場合は、次の操作を行います。
  1. 確認します。 <ServerName></ServerName> DPM サーバーからリモートでアクセスすることができます。
  2. ファイアウォールがオンになっている場合 <ServerName></ServerName>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないことを確認します。
  3. 場合 <ServerName></ServerName> ワークグループのサーバーの DPM のユーザー アカウントのパスワードを変更または有効期限が切れている可能性があります。このエラーを解決するには、保護されたコンピューター上の UpdatePassword フラグは、DPM サーバー上の更新プログラムの NonDomainServerInfo.ps1 と SetDpmServer を実行します。
  4. DPM 保護エージェント サービスを再起動します。 <ServerName></ServerName>.サービスが起動しない場合を使用して保護エージェントをアンインストールします。 追加またはプログラムを削除します。 [コントロール パネル] で <ServerName></ServerName>.次に、 管理 領域で、[タスクの エージェント [操作] ウィンドウのタブをクリックします インストール 保護エージェントを再インストールするには<ServerName></ServerName>.
309 上の admin$ 共有、エージェント操作に失敗しました<ServerName> </ServerName>存在しません。 システム ルートが admin$ として共有されていることを確認します。 <ServerName></ServerName>.
310 ADMIN$ 共有にアクセスできなかったために、エージェントの操作が失敗しました<ServerName></ServerName>. Admin$: 共有のアクセス許可があることを確認します。 <ServerName></ServerName>、および DPM サーバーのシステム時刻と <ServerName></ServerName> ドメイン コント ローラーのシステム時刻と同期されます。
311 上の DPM 保護エージェント <ServerName> </ServerName>正しく動作していません。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  • エージェントがインストールされていない場合 <ServerName></ServerName>、パラメーターとしては、この DPM コンピューターに DpmAgentInstaller.exe を実行します。詳細については、DPM の展開ガイド 』 を参照してください。
  • DPM 管理者コンソールで、DPM 保護エージェントをアンインストールします。で、 管理 領域で、[タスクの エージェント タブで、保護エージェントを選択し、次に、 アクション ウィンドウで、をクリックして アンインストール.
312 DPM エージェント コーディネーター サービスが応答しないために、エージェント操作に失敗しました。DPM エージェント コーディネーター サービスを再起動します。 <ServerName></ServerName>.
313 インストール プログラムを実行中にエラーが発生しました、エージェント操作に失敗しました<ServerName></ServerName>. ログ ファイルを確認します。 <ServerName></ServerName> : [windir]\temp\msdpm*.log、し、適切なアクションを実行します。、操作を再試行してくださいとエラーが引き続き発生する場合、コンピューターを再起動し、もう一度操作を再試行します。
314 インストールが既に進行中であるために、エージェントの操作が失敗しました <ServerName></ServerName>. インストールを完了するために待機し、エージェントの操作を再試行してください。
315 エージェント操作に失敗しましたサーバー サーバー名> クラスターの一部です。DPM では、クラスター化されたサーバーの保護はサポートされていません。ユーザーの操作は必要ありません。
316 上の保護エージェントの操作 <ServerName> </ServerName>サービスが応答しなかったために失敗しました。保護エージェントをインストールした場合 <ServerName></ServerName>、コンピューターを再起動することがあります。保護エージェントが使用可能になるには、コンピューターを再起動した後、数分を待ちます。

それ以外の場合、このエラーを解決するには、次のように行います。
  1. DPMRA ソース、アプリケーション イベント ログから最新のレコードを確認します。<ServerName></ServerName> 応答するエージェントが失敗した理由を確認します。
  2. DPM サーバーからリモートでアクセス可能であることを確認します。 <ServerName></ServerName>.
  3. DPM サーバーでファイアウォールが有効な場合からの要求がブロックされていないことを確認します。 <ServerName></ServerName>.
  4. 場合 <ServerName></ServerName> NETBIOS を使用して、DPM サーバーの NETBIOS 名がからアクセス可能であることを確認するのには構成されているワークグループのコンピューター <ServerName></ServerName>.それ以外の場合、DNS 名がリモートからアクセスできることを確認します。
  5. 場合 <ServerName></ServerName> ワークグループ サーバーでは、DPM サーバーがワークグループのサーバーからの通信を許可する IPSEC 例外を持っているかどうかを確認します。
  6. 場合 <ServerName></ServerName> ワークグループのサーバーの DPM のユーザー アカウントのパスワードが変更された可能性がありますか、期限が切れている可能性があります。このエラーを解決するには、保護されたコンピューター上の UpdatePassword フラグは、DPM サーバー上の更新プログラムの NonDomainServerInfo.ps1 と SetDpmServer を実行します。
  7. DPM 保護エージェント サービスを再起動します。 <ServerName></ServerName>.サービスが起動しない場合は、DPM 保護エージェントを再インストールします。

詳細については、以下を参照してください。

Data Protection Manager エージェント ネットワークのトラブルシューティング
317 (バージョンの保護エージェントをインストールするのには、ファイルが必要なために、保護エージェントのインストールが失敗しました<AgentVersion></AgentVersion>) に表示されないのは、 <ServerName> </ServerName>DPM サーバー。 DPM のセットアップおよび DPM の更新プログラムを実行して、見つからないファイルを再インストールします。
318 DPM でのコンピューター アカウントを識別できなかったために、エージェントの操作が失敗しました<ServerName></ServerName>. ことを確認両方 <ServerName></ServerName> ドメイン コント ローラーが応答します。、Microsoft 管理コンソール (MMC) では、ローカル コンピューターのグループ ポリシー オブジェクト エディター スナップインを開くし、ローカル コンピューター ポリシー \ Templates\Network\DNS のクライアントでは、ローカルの DNS クライアント設定を確認します。
319 DPM エージェント コーディネーター サービスとの通信エラーが発生したため、エージェントの操作に失敗しました。<ServerName></ServerName>. このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 保護されたコンピューターには、ローカライズ版の Windows Server 2003 SP1 が実行されているが場合、最初に Windows Server 2003 SP2 にオペレーティング システムをアップグレードします。
  2. 保護されたコンピューターで、ダウンロードし、資料の適切なローカライズされた修正プログラムをインストール 975759 マイクロソフト サポート技術情報、およびアップグレードを再度実行してください。

注: <b>修正プログラムをダウンロードできます フォームには、修正プログラムの利用可能な言語が表示されます。
320 上の保護エージェントがインストールされていないために、エージェントのアップグレードが失敗しました <ServerName></ServerName>. DPM 管理者コンソール内で、 管理 領域で、[タスクの エージェント タブをクリックしてください アンインストール DPM のエージェント ・ レコードを削除します。次に、 インストール エージェントを再インストールするには <ServerName></ServerName>.
321 選択したサーバーは、エージェントをインストールした後すぐに再起動されます。

これらのサーバーにエージェントをインストールすることを確認しているでしょうか。
ユーザーの操作は必要ありません。
322 次のコンピューター <ListofServers> </ListofServers>Active Directory ドメイン サービス内に見つかりませんでした、またはがインストールされている Windows サーバー オペレーティング システムはありません。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. コンピューター名のスペルをチェックします。
  2. Service Pack 1 以降の Windows Server 2003 がコンピューターにインストールされていることを確認します。
  3. コンピューターの完全修飾ドメイン名を入力することを確認します。
  4. コンピューターは最近ドメインに追加されている場合は、Active directory を更新するまで待機する必要があります。
  5. コンピューターが最近再起動された場合は、数秒待ってから、エージェントの操作を再試行してください。
  6. 選択したコンピューターが所属するドメインと DPM サーバーのドメインとの間で双方向の信頼が有効になっている種類のフォレストの信頼であることを確認します。
323 保護エージェントをアップグレードすると、エラーが発生する、保護されたコンピューターで実行されているバックアップ ・ ジョブが発生します。保護エージェントをアップグレードすると、レプリカの保護されたデータに矛盾が発生する場合もあります。アップグレードが完了した後、整合性チェックをスケジュールする必要があります。[ [はい] 続行します。 ユーザーの操作は必要ありません。
324 DPM エージェント コーディネーター サービスであるために、エージェントの操作が失敗しました <ComputerName></ComputerName>応答しませんでした。 この問題をトラブルシューティングするには、次の操作を行います。
  1. [アプリケーション イベント ログに最新の DPMAC ファイルのレコードを確認します。 <ComputerName></ComputerName>.
  2. DPM サーバーからリモートでアクセス可能であることを確認します。 <ComputerName></ComputerName>.
  3. DPM サーバーでファイアウォールが有効な場合からの要求がブロックされていないことを確認します。 <ComputerName></ComputerName>.
  4. DPM サーバー上の時間のことを確認し、選択したコンピューターは、ドメイン コント ローラーと同期します。コマンド プロンプトで次のように入力します。 正味時間/set ドメイン コント ローラーと時刻を同期します。

ベースの次のアクションを実行するエージェントの操作でエラーが発生する前に実行していた。

DPM 管理コンソールを使用してエージェントをインストールしていた場合

対象となるコンピューターで、保護エージェントを手動でインストールし、DPM サーバーにコンピューターを追加します。手順については、次を参照してください。 保護エージェントを手動でインストールします。.

DPM 管理コンソールを使用してエージェントをアンインストールした場合
  1. コントロール パネルで、対象のコンピューター上に移動します。 プログラムと機能.
  2. プログラムの一覧で右クリックします。 Microsoft Data Protection Manager 2010年のエージェント、] をクリックし、 アンインストール.
  3. DPM サーバーの DPM 管理シェルを開きます。
  4. コマンド ・ ラインで次のように入力します。 RemoveProductionServer.ps1、し、Enter キーを押して対象コンピューターを DPM サーバーから削除します。
  5. ダイアログ ボックスが表示されたら、DPM サーバーの名前を入力、Enter キーを押します、削除するコンピューターの名前を入力および、もう一度 Enter キーを押します。

DPM 管理コンソールを使用してエージェントをアップグレードする場合
  1. エージェントをアップグレードするコンピューターからアクセス可能なネットワーク共有に、32 ビットまたは 64 ビット バージョンの DPMAgentInstaller.exe ファイルをコピーします。
  2. 対象となるコンピューターで、[ネットワーク共有に移動、右クリック DPMAgentInstaller.exe、] をクリックし、 管理者として実行します。.
  3. DPM サーバーで、ナビゲーション ・ バーで、DPM 管理者コンソールを開く] をクリックします。 管理、] をクリックし、 エージェント タブします。
  4. で、 詳細情報 ウィンドウで、対象となるコンピューターを選択し、、 アクション ウィンドウで、をクリックして 情報を更新します。.
325 保護エージェントは、選択したコンピューターを再起動するまでアクティブではありませんので、エージェント操作に失敗しました。選択したコンピューターを再起動します。
326 アクセスが拒否されたために、保護エージェントの操作が失敗しました、 <ServerName></ServerName>DPM サーバー。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 場合 <ServerName></ServerName> 保護されている別の DPM サーバーでは、上に保護エージェントをインストールできません。
  2. DPM エージェント コーディネーター サービスがインストールされている場合 <ServerName></ServerName>を使用 追加またはプログラムを削除します。 [コントロール パネル] で <ServerName></ServerName> アンインストールします。
  3. 保護エージェントの管理の他のジョブが実行中の場合 <ServerName></ServerName>、完了するまで待機し、操作を再試行します。
328 リモート レジストリ サービスが実行されていないために、エージェントの操作が失敗しました<ServerName></ServerName>. リモート レジストリ サービスを開始します。 <ServerName></ServerName>.で、 管理ツール メニューの [選択] サービス.右側のペインで右クリックします。 リモート レジストリ、] をクリックし、 開始.

注: <b> エージェントの操作が完了した後は、リモート レジストリ サービスを無効にできます。
329 エージェント操作に失敗しました、互換性のないバージョンの <Name> </Name>インストールされています。 <ServerName></ServerName>. インストール <Name></Name> バージョン <Version></Version> 以降、またはアンインストール <Name></Name> コンピューター。場合 <Name></Name> 正規機器製造元 (OEM) によってインストールされている、手順については、OEM のサポートにお問い合わせください。
330 Windows インストーラー サービスであるために、エージェントの操作が失敗しました <ServerName> </ServerName>無効です。 Windows インストーラー サービスを開始します。 <ServerName></ServerName>.で、 管理ツール メニューの [選択] サービス.右側のペインで右クリックします。 Windows インストーラー、] をクリックし、 開始.

エージェントの操作が完了した後、Windows インストーラー サービスを無効にできます。
331 同様の操作が既に実行されているために、エージェントの操作はスキップされました サーバー名 >. 他の操作を完了し、操作を再試行するまで待機します。
333 保護エージェントがインストールされている<ServerName>です </ServerName>。ユーザーの操作は必要ありません。
334 保護エージェントをインストールすることはできません。 サーバー名 > それは DPM サーバーであるため。 ユーザーの操作は必要ありません。
335 Windows Server 2003 を実行しているコンピューターに保護エージェントをインストールするコンピューターのネットワーク接続が一時的に切断が発生します。ユーザーの操作は必要ありません。
336 DPM サーバーは、現在次の保護されたコンピューター上の保護エージェントと通信しているために、保護エージェントのアンインストールは使用できません。 <ListofServers></ListofServers>. しばらくと、保護エージェントのアンインストールを再度実行してください。
337 保護エージェントをインストールすることはできません。 <ServerName> </ServerName>コンピューターへのアクセスが拒否されました。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 別の DPM サーバーが保護されている場合 <ServerName></ServerName> 保護エージェントをアンインストールするのには、DPM サーバーを使用してください。 <ServerName></ServerName>.、サーバーを使用してこの DPM 保護エージェントをインストールするのには <ServerName></ServerName>.
  2. DPM サーバー上の時間のことを確認し、選択したコンピューターは、ドメイン コント ローラーと同期します。コマンド プロンプトで次のように入力します。 正味時間/set ドメイン コント ローラーと時刻を同期します。
  3. コンピューターがドメイン コント ローラーの場合は、プライマリ ドメイン コント ローラー (PDC エミュレーター) が Service Pack 1 (SP1)、Windows Server 2003 を実行していると、Active Directory が Windows Server 2003 SP1 をインストールしてからドメイン コント ローラー間のレプリケーションを完了したことを確認します。
338 のみを選択することができます。 <MaxInstallServers> </MaxInstallServers>同時にインストールするコンピューターです。小さい] をクリック <MaxInstallServers></MaxInstallServers> [コンピューターの選択] ボックスの一覧に追加するコンピューターです。
340 保護エージェントのアップグレードが失敗しました。 <ServerName> </ServerName>(バージョンの保護エージェントの最新のバージョンには<AgentVersion></AgentVersion>) をインストールします。既存の DPM 保護エージェントをアンインストールします。 <ServerName></ServerName> 使用します。 追加またはプログラムを削除します。 [コントロール パネル]。DPM 管理者コンソールで、DPM 保護エージェントのバージョンを再インストールします。で、 管理 領域で、[タスクの エージェント タブをクリックしてください インストール で、 アクション ウィンドウです。
341 提供された資格情報ユーザー権限がありませんので、エージェントの操作が失敗しました<ServerName></ServerName>. 考えられる問題 1

使用されるアカウントは、サーバーに十分なユーザー権利とアクセス許可がありません。

解像度: エージェントの操作を再試行しを DPM サーバー上で管理者権限を持つ資格情報を提供します。

考えられる問題 2

DPM サーバーのシステム時刻にインストールするエージェント、およびドメイン コント ローラー サーバーが同期されていません。したがって、Kerberos 認証は失敗します。

解像度: DPM サーバーとエージェントのインストール先サーバーのシステム時刻がドメイン コント ローラーのシステム時刻と同期されていることを確認します。

問題 3

DPM サーバーまたは保護エージェントのインストール先コンピューター上の DNS 設定が正しくないです。

解像度: DNS 設定が正しいことを確認します。
342 DPM サーバーが通信できませんでしたので、エージェントの操作が失敗しました <ServerName></ServerName>. このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 確認します。 <ServerName></ServerName> オンラインおよび DPM サーバーからリモートでアクセスすることです。
  2. ファイアウォールがオンになっている場合 <ServerName></ServerName>、DPM サーバーからの要求がブロックされていないことを確認します。
  3. 確認する上で、リモート レジストリ サービス <ServerName></ServerName> 保護エージェントの操作中に行われています。リモート レジストリ サービスが起動していない場合に、 管理ツール メニューの [選択] サービス.右側のペインで右クリックします。 リモート レジストリ、] をクリックし、 開始.

注: <b> 保護エージェントの操作が完了した後は、サービスを無効にできます。
343 エージェント操作に失敗しました サーバー名 32 ビットの x86 ベースのコンピューターまたは 64 ビットの x64 ベースのコンピューターではありません。ユーザーの操作は必要ありません。
344 DPM は、選択したコンピューター上の DPM 保護エージェントの適切なバージョンを検出できませんでした。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 選択したコンピューターに正しいバージョンのエージェントがインストールされていることを確認します。
  2. 保護エージェントが最近アップグレードされた、DPM 管理シェルでは、添付 ProductionServer.ps1 を実行します。 <Computer name=""></Computer>、エージェントの状態をもう一度更新しています。
345 DPM エージェント コーディネーター サービスとの通信エラーが発生したため、エージェントの操作に失敗しました。<ServerName></ServerName>. DPM エージェント コーディネーター サービスを再起動します。 <ServerName></ServerName>、保護エージェントを再インストールしようとします。
346 DPM は、構成情報を取得することではありません。 <ServerName></ServerName>. Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスが開始されていることを確認します。ファイアウォールがオンの場合 <ServerName></ServerName> WMI の例外を作成することを確認します。
347 DPM エージェント コーディネーター サービスを作成するエージェントの操作を実行したときにエラーが発生しました<Server name=""></Server>. この問題を解決するには、次の操作を行います。
  • 確認する上の DPM エージェント コーディネーター サービス <Server name=""></Server> 応答が表示されている場合。エラーの詳細を確認、適切なアクションをエージェントのインストール操作を再試行してください。
  • 対象となるコンピューターに保護エージェントを手動でインストールしてみてください。詳細については、DPM の展開ガイドを参照してください。 保護エージェントを手動でインストールします。 DPM 2010 テクニカル ライブラリです。
  • 対象となるコンピューターを対象となるコンピューターに Windows Server 2008 では、実行する場合は、次の操作を行います。
    1. ダウンロードし、資料に記載されている修正プログラムを手動でインストールします。 975759 マイクロソフト サポート技術情報です。
    2. 修正プログラムのインストール中に表示されるすべてのエラーを解決します。"のサービスを開始できません、有効なデバイスが関連付けられていないため、または無効である」、エラーが発生する場合は、次の操作を行います。
      1. サービス マネージャー、展開 構成、] をクリックし、 サービス.
      2. で、 サービス ウィンドウを右クリックして Windows Update、] をクリックし、 プロパティ.
      3. で、 Windows 更新プログラムのプロパティ ダイアログ ボックスで、 スタートアップの種類 リスト] をクリックしてください マニュアル、] をクリックして 適用、、、 サービス ステータス領域で、をクリックして 開始.
      4. エージェントのインストール操作を再試行してください。
348 DPM エージェント コーディネーター サービスと通信するためにエージェントの操作を実行したときにエラーが発生しました<ServerName></ServerName>. 考えられる問題 1

DPM サーバー上の DPM エージェント コーディネーター サービスと通信しようとしているエージェントの操作でエラーが発生しました。

解像度: 存在する場合は、DPM サーバー上のエージェント コーディネーター サービスが応答しているを確認します。エラーの詳細を確認、適切なアクションをエージェントの操作を再試行してください。

考えられる問題 2

コンピューター上の COM オブジェクトの不適切なセキュリティ設定です。

解像度: サーバー上で COM アクセス許可を確認します。DCOM の構成設定が次のように設定されていることを確認するには。

COM セキュリティの既定のアクセス許可
  • 自身にローカル アクセスとリモート アクセスの許可
  • システムにローカル ・ アクセスが許可されています。

COM セキュリティ コンピューター アクセス制限 (セキュリティの制限)
  • ローカル AUTHORITY\ANONYMOUS は NT ログオンするリモート アクセスが許可されていると
  • ローカル BUILTIN\Distributed COM ユーザーにリモート アクセスが許可されていると
  • ローカル \Everyone にリモート アクセスが許可されていると

COM セキュリティの既定の起動アクセス許可
  • NT authority \system に許可されている起動
  • NT AUTHORITY\INTERACTIVE に許可されている起動
  • BUILTIN\Administrators に許可されている起動

COM セキュリティのコンピューター起動制限 (セキュリティの制限)
  • \Everyone にローカルからの起動とアクティブ化の許可
  • ローカル、BUILTIN\Administrators にリモートからの起動、ローカルおよびリモート アクティブ化の許可
  • ローカル BUILTIN\Distributed COM ユーザーに許可されているリモート起動、ローカルおよびリモートのアクティブ化と
349 エージェントのインストール ファイルを転送するエージェントの操作を実行したときにエラーが発生しました<ServerName></ServerName>. エラーの詳細を確認、適切なアクションをエージェントの操作を再試行してください。
350 ディスク <NTDiskNumber> </NTDiskNumber>ストレージ ・ プールであります。 ストレージ ・ プールに追加する別のディスクを選択します。
351 ディスク<NTDiskNumber>ストレージ ・ プールに追加することはできません </NTDiskNumber>。ストレージ ・ プールに追加されているディスクは含まれていないこと、次のいずれかを確認します。 システム ボリューム、ブート ボリューム、OEM またはその他の特別なボリューム、DPM ソフトウェア、または SQL Server データベースです。
352 ディスク <NTDiskNumber> </NTDiskNumber>ディスクか、失敗したか、不足しているために、ストレージ ・ プールに追加できません。ディスクがオンラインになっているかどうかを確認するのにはディスクの管理を確認してください。ディスクがオフラインの場合は、ハードウェアの構成を確認しを再スキャンしています。ディスクが 2 TB より大きい場合は、GUID パーティション テーブル (GPT) ディスクであることを確認します。
354 ディスク <NTDiskNumber> </NTDiskNumber>ストレージ ・ プールでは表示されません。 で、 管理 領域で、[タスクの ディスク タブをクリックしてください 再スキャンします。 DPM 記憶域プールに含まれるすべてのディスクを更新します。
355 ディスク NTDiskNumber > ストレージ ・ プールのボリュームが含まれているために、記憶域プールから削除できません。ユーザーの操作は必要ありません。
356 フォルダーを <VolumeUsage> </VolumeUsage>ボリュームをマウントする必要が既に存在します。マウントを解除されたすべてのディレクトリをオフにします <DlsVolumesRoot></DlsVolumesRoot> ディレクトリ、および、操作を再試行してください。
358 ストレージ ・ プールに十分な未割り当てのディスク領域がないために、ストレージ ・ プールのボリュームのディスク領域の割り当てに失敗しました。ストレージ ・ プールにディスクを追加またはボリュームのサイズ要件を削減します。
360 仮想ディスク サービス エラーのため操作に失敗しました。 操作を再試行してください。
361 ディスク <NTDiskNumber> </NTDiskNumber>ダイナミック ディスクに変換できませんでしたので、記憶域プールに追加されませんでした。サポートされているディスクの種類の詳細については、DPM 2010 の展開ガイド 』 を参照してください。
362 レプリカ ボリュームが見つからないために、レプリカを増やすことはできません。 それらを増やす前にレプリカを再割り当てください。
364 DPM では、操作に関連するディスクを実行するときに、予期しないエラーが発生しました。仮想ディスク サービスが正しく実行されているかどうかを確認し、操作を再試行します。
365 DPM は現在シャット ダウンして、要求された操作を完了できません。 DPM がシャット ダウンした後は、DPM を再起動して、この操作を再試行してください。
366 DPM を実行しているコンピューターのボリュームの [が削除されました<VolumeGuid></VolumeGuid>, <VolumeLabel></VolumeLabel>DPM ディスクから <NTDiskNumber> </NTDiskNumber>DPM 記憶域プール内のボリュームでした。で、 管理 領域で、[タスクの ディスク タブで、DPM 記憶域プールに含まれるすべてのディスクを確認します。
367 DpmSync が次のエラーで完了しました。 <DPSSyncSummary></DPSSyncSummary>. DPM サーバーで、イベント ビューアーを使用して、このイベントの詳細を表示します。アプリケーション イベント ログで詳細情報を利用できます。
368 DPM がボリュームを削除 [<VolumeGuid>、 <VolumeLabel>] ボリュームのサイズは、システム ツールを使用して、外部から変更されたためです</VolumeLabel></VolumeGuid>。DPM 記憶域プールに含まれるディスク上のボリュームのサイズを変更するのには、システム ツールを使用しません。
369 保護エージェントがインストールされていません <Node> </Node>で、 <Cluster> </Cluster>サーバー クラスターです。フェイル オーバーが発生した場合、保護が失敗する可能性があります。 <Node></Node>. サーバー クラスターの各ノードに保護エージェントをインストールします。
370 エージェント操作に失敗しました。 ユーザーの操作は必要ありません。
371 上のすべての保護とリカバリ ・ ジョブ サーバー名 エージェントが再度有効にするまでは失敗します。

続行しますか。
ユーザーの操作は必要ありません。
372 DPM (バージョンの DPM 保護エージェントの最新のバージョンを検出するためにエージェントの操作が失敗しました<AgentVersion></AgentVersion>) に <ServerName></ServerName>. DPM サーバーをアップグレードします。 <AgentVersion></AgentVersion> 保護エージェントのインストールまたは <LocalDPMVersion></LocalDPMVersion><ServerName></ServerName>.
373 コンピューター サーバー名 > この DPM コンピューターに SQL Server データベースをホストします。場合のオペレーティング システム サーバー名 > エージェントをインストールする Windows Server 2003 には、コンピューターを再起動する必要があります。再起動が完了するまで、エンジンの DPM と DPM 管理者コンソールは動作しません。保護エージェントをインストールしますか。ユーザーの操作は必要ありません。
400 DPM サーバー上の Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスを使用してリモート システムについての情報を取得できませんでした。<ServerName></ServerName>. このエラーを解決するには、次のいずれかの操作を行います。
  • コマンド プロンプトから次のように入力します。 DPMAgentInstaller.exe<dpmservername></dpmservername> 保護されたコンピューターに保護エージェントをインストールします。保護エージェントのインストール ウィザードを使用して DPM サーバーに保護エージェントを接続します。次のことを確認します。
    • <ServerName></ServerName> オンラインおよび DPM サーバーからリモートでアクセスすることです。
    • ファイアウォールがオンになっている場合 <ServerName></ServerName>、DPM サーバーから WMI 要求がブロックされていないことです。
    • 上の WMI サービス <ServerName></ServerName> 行われています。

目次に戻る


エラー コード 401-500

エラー コードメッセージ追加情報
401 エージェント コーディネーター サービスをインストールしようとしているときにエージェントのインストールに失敗しました。このエラーを解決するには、次の手順を確認します。
  • 共有。<ServerName></ServerName>\ADMIN$ は、アクセス可能です。
  • 上のサービス コントロール マネージャー (SCM) を DPM サーバーからリモートの呼び出し <ServerName></ServerName> ファイアウォールによってブロックされていません。
402Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスから情報を取得しようとしています。<ServerName></ServerName>、アクセスが拒否されました。このエラーを解決するには、以下の手順を実行します。

注意が必要

深刻な問題は、レジストリを誤って変更する場合に発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。常に変更する前にレジストリをバックアップして、問題が発生した場合は、レジストリを復元する方法を理解していることを確認してください。

  1. ターゲット コンピューターで、[スタート] ボタン、[実行] をクリック、種類 regeditと入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ サブキーを検索して削除します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\MicrosoftFirewall\DomainProfile\RemoteAdminSettings
  3. ターゲット コンピューターを再起動し、対象コンピューターを DPM サーバーに再度追加してください。
403 ロック ファイルを作成しようとするとき、アクセスが拒否されました。<><ServerName> </ServerName>\Admin$。 ロック ファイルを作成するアクセス許可があることを確認します<ServerName>\Admin$</ServerName> 。<ServerName></ServerName>\Admin$。
404 エージェント コーディネーター サービスをインストールしようとするとき、エージェント操作に失敗しました。このエラーを解決するには、次の手順を確認します。
  • 共有。<ServerName></ServerName>\ADMIN$ は、アクセス可能です。
  • [サービス コントロール マネージャー (SCM) に、DPM サーバーからリモートの呼び出し <ServerName></ServerName> ファイアウォールによってブロックされていないが。
405 場合、DPM が検出されない可能性がありますコンピューター <ServerName> </ServerName>クラスター化されています。 [エージェントのインストール <ServerName> </ServerName>続行できます。クラスター化されたリソースを保護するには、クラスターのすべてのノードに DPM 保護エージェントをインストールする必要があります。エラーの詳細を確認し、Windows 管理の実装のサービスが実行されていると、DPM サーバーからリモートでアクセスできるかどうかを確認します。
406 DPM には、そのサーバーが検出されました。 <ChosenServerName> </ChosenServerName>クラスター化されているが、完全修飾ドメイン名を識別することができませんでした<ServerName></ServerName>. [エージェントのインストール <ChosenServerName> </ChosenServerName>続行できます。クラスター化されたリソースを保護するには、クラスターのすべてのノードに DPM 保護エージェントをインストールする必要があります。クラスターの状態が正しく構成されているかどうかを確認し、すべてのノードがドメインに参加していることを確認します。
407 ベーシック ディスクを選択しました。DPM ではダイナミック ディスクに変換し、これらのディスク上の既存のボリュームはシンプル ボリュームに変換されます。続行しますか。ユーザーの操作は必要ありません。
408 選択したディスクを記憶域プールから削除することを確認しているでしょうか。 ユーザーの操作は必要ありません。
409 不足しているディスクには、保護グループのメンバーが含まれています。これらのメンバーを保護することを続行するは別のディスクにそれらを割り当てる必要があります。続行しますか。ユーザーの操作は必要ありません。
419 DPM で作成されたレプリカまたは回復ポイント ボリュームのセキュリティのアクセス許可を設定できませんでした。エラーの詳細を確認する、適切なアクションを実行操作を再試行してください。
420 DPM は、レプリカ ボリュームまたは回復ポイント ボリュームのセキュリティ アクセス許可を取得できませんでした。エラーの詳細を確認、適切な操作を操作を再試行してください。
450 DPM データベースの場所として、無効なパス名が指定されました。 .Mdf ファイルまたは .bak ファイルの正しいパスを指定してからやり直してください。
451 DPM レポート データベースの場所に指定されたパス名が正しくありません。 ユーザーの操作は必要ありません。
452 DPM サービスを停止できませんでした。 アプリケーションおよびシステム イベント ログでエラーに関する情報を確認してください。
453 DPM サービスを開始できませんでした。 アプリケーションおよびシステム イベント ログでエラーに関する情報を確認してください。
454 DpmSync が指定された SQL Server インスタンスへの接続に失敗しました。 DPM に関連付けられている SQL Server の有効なインスタンスを指定することと、管理者権限を持つユーザーとしてログオンしていることを確認ください。
455 [のデータベースのアタッチに失敗しました<DatabaseName></DatabaseName>[の場所で<DatabaseLocation></DatabaseLocation>SQL Server にします。 サービスが実行されている SQL Server およびそのが有効な DPM データベースのバックアップを復元する、ことを確認します。
456 同期操作でエラーが発生しました。 詳細については、アプリケーション イベント ログを確認します。
457 指定したコマンドライン引数を使用することはできません。 DpmSync、DPM 管理シェルでは、コマンド プロンプトでは、ヘルプの次のように入力します。 DpmSync のでしょうか。.
458 DPM サーバー上の DPM データベース <ServerName> </ServerName>バックアップから復元されました。結果として、前に生成されたアラート<DBRestoreTime> </DBRestoreTime>DPM サーバーでアラートの現在の状態は反映されません。DPM サーバー上の現在の状態と、Operations Manager のビューを同期するには、次の操作を行います。
  1. Operations Manager オペレーター コンソールのすべてのアラートを解決します。 <ServerName></ServerName>、およびコンピューターを保護する: アラートの表示、すべてのアラートを表示するには、システム センター Data Protection Manager (DPM) の、ソースでアラートをソートおよびのアラートを選択し、 <ServerName></ServerName>.選択した警告を削除するには、[アラートを右クリックし、をクリックしてください アラート解決状態の設定、] をクリックし、 解決.
  2. DPM 管理者コンソールで、DPM サーバー上で、 アクション ウィンドウで、をクリックして オプション、し、、で、 アラートの発行 タブをクリックしてください アクティブなアラートを発行します。.オペレーション ・ マネージャーにユーザーの操作を必要とするすべての既存の警告を発行します。
460 コマンドの構文が正しくありません。 DpmSync、DPM 管理シェルでは、コマンド プロンプトでは、ヘルプの次のように入力します。 DpmSync のでしょうか。 .
461 指定したインスタンス名が見つかりませんでした。 SQL Server のインスタンスの正しい名前を指定します。
462 DPM データベース ファイルのパスを取得できません。 正しいパスを指定し、もう一度実行してください。
464 パスが見つかりません。 <FileName></FileName>. 指定されたパスにデータベースのバックアップが存在することを確認します。
465 データベースをデタッチするためのすべての接続を閉じることはできません。 エラーの詳細を確認してからやり直してください。
466 データベースにファイルをコピーできません。 <FileName></FileName>. エラーの詳細を確認し、再度実行してください。
467 インストールされている dpm コンピューター上でのみ、指定されたアクションを実行できます。 これらの手順を実行する DPM サーバー上のツールを実行します。
469 データベースをデタッチできません。 DPM データベースをデタッチするのには適切な権限があることを確認します。
470 DPM データベースが SQL Server のインスタンスを指定で見つかりませんでした。 DPM データベースが実行されるには、SQL Server のインスタンスを指定することを確認します。
471 データベースをアタッチできません。DPM データベースのバックアップが有効であることを確認します。

目次に戻る


エラー コード 501 ~ 600

エラー コードメッセージ追加情報
517 SMTP サーバーにメッセージを送信できません。 SMTP サーバーの設定を確認してください。
518 SMTP サーバーに接続しようとするときに認証エラーが発生しました。 間違ったユーザー名、パスワード、または SMTP サーバー名を入力したとします。正しいユーザー名またはレポートおよびアラート通知の電子メールの配信を有効にするためのパスワードを入力します。
519 SMTP サーバーは、1 つまたは複数の受信者のアドレスを拒否しました。 受信者のアドレスを確認します。
520 SMTP サーバーのポート番号は、1 と 65535 の間である必要があります。 有効なポート番号を入力します。
521 SMTP サーバーのホスト名を解決することはできません。 SMTP サーバーのホスト名を確認します。
522 SMTP サーバーに接続できません。 SMTP サーバー名を確認し、ポート番号です。
523 入力したパスワードが一致しません。 パスワードを再入力します。
524 保護エージェントの TCP ポート番号は、1 と 65535 の間である必要があります。 有効なポート番号を入力します。
525 保護エージェントの TCP ポート番号は、1 と 65535 の間である必要があります。 有効なポート番号を入力します。
526 保護エージェントの TCP ポート番号は、保護エージェントのポート番号とは異なる必要があります。ポート番号を再入力します。
527 SMTP サーバーは、送信者のアドレスが有効ではないことを報告します。 指定されたサーバーに SMTP を使用して電子メールを送信する適切なアクセス許可が存在することを確認します。
529 指定された受信者に電子メール メッセージが正常に送信されました。 ユーザーの操作は必要ありません。
530 空白のパスワードを指定することはできません。 空白以外のパスワードを入力します。
531 DPM アラートは、DPM アラート イベント ログに公開されました。 ユーザーの操作は必要ありません。
532 エンドユーザー回復の設定を変更する完全に有効になりません保護グループごとに次に同期が完了するまでです。ユーザーの操作は必要ありません。

目次に戻る

800-899 のエラー コード

エラー コードメッセージ追加情報
800 Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) を実行するコンピューターに DPM をインストールする必要があります。Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1) を実行するコンピューターに DPM をインストールします。Windows Server 2003 SP1 再頒布可能パッケージは、 http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=45556 .
801 DPM をインストールするには、管理者またはローカルの administrators グループのメンバーとしてログオンする必要があります。管理者またはローカルの administrators グループのメンバーとしてコンピューターにログオンし、セットアップを再度実行します。
802 コンピューターのプロセッサ速度は、DPM の最低構成要件を満たしていません。必要な最小のプロセッサの速度は、します。<ClockSpeed></ClockSpeed>. DPM の最低構成要件を満たすためにコンピューターのハードウェアをアップグレードするか、別のコンピューターに DPM をインストールします。DPM のシステム要件についてを参照してください、 DPM 2010 のシステム要件 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=179661)。
803 コンピューターで使用可能なメモリでは、DPM の最小メモリ要件を下回っています。最小メモリ要件は、します。<MinimumMemoryRequired> </MinimumMemoryRequired>MB、および推奨されるメモリの要件は、2 GB です。DPM の最低構成要件を満たすためにコンピューターのハードウェアをアップグレードするか、別のコンピューターに DPM をインストールします。DPM のシステム要件についてを参照してください、 DPM 2010 のシステム要件 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=179661)。
805 十分なディスク容量がありません。 <InstallItem></InstallItem>. このディスクの空きディスク領域を解放し、操作を再試行してください。
806 エラー: アクティブ ディレクトリが見つかりませんをセットアップします。 ユーザーの操作は必要ありません。
807 エラー - 正しく構成されていないターゲットを設定します。 ユーザーの操作は必要ありません。
809 DPM は、ファイルを読み込むことができません。 <FileName></FileName>.ファイルが見つからないか壊れている可能性があります。 DPM 製品 DVD から DPM セットアップを実行します。DVD からセットアップを実行した場合、DVD が壊れています。
810 DPM のインストールに失敗しました。 エラーの詳細を確認、適切なアクションを実行し、DPM セットアップを再度実行します。
811 DPM データベースは作成されませんでした。 DPM ファイルおよびセットアップ中に作成されたレジストリ エントリを削除するのには、コントロール パネルの [プログラム追加と削除を使用します。SQL Server が正しくインストールされていることになっていることを確認し、セットアップを再度実行します。
812 レポートの構成に失敗しました。 SQL Server レポート サービスが正しくインストールされていると、それが実行されていることを確認します。

詳細については、以下を参照してください。

SQL のインストールとレポート作成の問題では、Data Protection Manager
813 DPM のアンインストールが失敗しました。 エラーの詳細を確認、適切なアクションを実行し、DPM のアンインストールを再度実行してください。
814 この製品の構成データは、壊れています。Windows インストーラーのインストールのトラブルシューティングを行います。詳細については、サポート担当者に問い合わせてください。
817 セットアップ ログ ファイルのパス <FileName> </FileName>長い完全修飾されています。 アプリケーション データ フォルダーのパスが 260 未満であることを確認し、DPM セットアップを再度実行します。
818 セットアップ ログ ファイルのパス <FileName> </FileName>無効です。 アプリケーション ・ データの有効なフォルダー パスを指定します。
820 セットアップは、システム構成を照会できません。 中にこのエラーが発生した場合、 インストール方法 次のエラーを解決するのには、DPM セットアップ ウィザードのページを行います。
  1. DPM サーバーで、次のようにクリックします。 開始、] をクリックして すべてのプログラム、] をクリックして Microsoft SQL Server 2008、] をクリックして 構成ツール、] をクリックし、 SQL Server 構成マネージャー.
  2. SQL Server 構成マネージャーでは、 SQL Server のサービス] をクリックし、詳細ウィンドウで、確認、DPM 2010 のデータベースに関連付けられている SQL Server および SQL Server エージェント サービスが実行されています。
  3. いずれかのサービスが停止している場合に、 詳細情報 ウィンドウは、サービスを右クリックし] をクリックし、 開始.
  4. サービスが起動しない場合は、次の手順でローカル システム アカウントに両方のサービスのログオン アカウントを変更します。
    1. で、 詳細情報 ウィンドウは、サービスを右クリックし] をクリックし、 プロパティ.
    2. で、 ログオンします。 タブをクリックしてください ビルトイン アカウント、ビルトイン アカウント] ボックスの一覧で次のようにクリックします。 ローカル システム、] をクリックし、 [Ok].
    3. で、 詳細情報 ウィンドウは、サービスを右クリックし] をクリックし、 開始.


  5. ここでは両方のサービスのログオン アカウントに戻す、 マイクロソフト $DPM の $ アカウント 以下の手順でアカウント:
    1. で、 詳細情報 ウィンドウは、サービスを右クリックし] をクリックし、 プロパティ.
    2. で、 ログオンします。 タブをクリックしてください このアカウント、で、 アカウント名 ボックスに入力 。 \MICROSOFT$DPM$Acct、で、 パスワードパスワードを確認します。 ボックスに、DPM 2010 の RTM のセットアップ時に使用したパスワードと同じパスワードを入力し、 [Ok].
    3. で、 詳細情報 ウィンドウは、サービスを右クリックし] をクリックし、 開始.


  6. インストールまたは DPM 2010 の RTM へのアップグレードを再度します。

822 DPM のセットアップでは、SQL Server レポート サービスの構成はアクセスできませんでした。 Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスが実行されていることを確認します。WMI サービスが実行されていない場合、コントロール パネルの [管理ツール] をクリックし、し、[サービス] をクリックします。Windows 管理の実装を右クリックし、[開始] をクリックします。
823 DPM セットアップがレジストリ キーにアクセスできません。 <RegistryKey></RegistryKey>. 確認するレジストリ キー <RegistryKey> </RegistryKey>存在して、DPM セットアップを再度実行します。
828 DPM には、サービス コントロール マネージャー (SCM) を接続できません。 この問題をトラブルシューティングするには、Windows イベント ログで最近のエラーを確認します。
829 DPM へのハンドルを開くことができません、 <SetupServiceName> </SetupServiceName>サービスです。 この問題をトラブルシューティングするには、Windows イベント ログで最近のエラーを確認します。
830 DPM サービスを読み取ることができません。 <ServiceName> </ServiceName>構成します。 <ServerName></ServerName>、最近使用した Windows イベント ログでエラーを確認します。
832 セットアップを与えることができない、 <UserName> </UserName>DPM データベースへのアクセスを考慮します。SQL Server が正しくインストールされていると、それが実行されていることを確認します。
833 削除できませんでした、 <UserName> </UserName>ユーザー アカウントです。 削除するのには、 <UserName> </UserName>ユーザー アカウントで、 管理ツール メニューのをクリックして コンピューターの管理、展開 ローカル ユーザーとグループ、] をクリックし、 ユーザー.を右クリックします。 <UserName></UserName>、] をクリックし、 削除.
834 展開されたレポートを削除できません。 レポートを手動で削除するには、http://<>>/ReportServer $<InstanceName></InstanceName>.
836 DPM の修復に失敗しました。 DPM サーバー ソフトウェアの要件を満たしていることを確認します。DPM をアンインストールし、DPM セットアップを再度実行します。
841 セットアップは、指定した場所のディスク領域を計算できません。 別のインストール場所を指定します。
842 アクセスできません、 <RegistryKey> </RegistryKey>用のレジストリ キー、 <SqlInstance></SqlInstance>SQL Server のインスタンスです。 SQL Server 2008 が正しくインストールされていることを確認します。
843 既存の DPM データベースの物理的な場所が見つかりません。 SQL Server のインスタンスが正しくインストールされていることを確認して、 <ServiceName> </ServiceName>SQL Server サービスが実行されています。

SQL Server は、有効期限が切れて、DPM 評価版からアップグレードします。

DPM をアンインストールする前に
  1. SQL Server のリモート インスタンスを使用する場合は、DPM サーバーをアップグレードします。SQL Server のローカル インスタンスを使用する場合は、DPM データベースをバックアップします。
  2. SQL Server をアンインストールします。
  3. 、DPM のインストール メディアからは、SQL Server のインストーラーを実行し、同じ名前 (MSDPM2012EVAL) の SQL Server の評価版をインストールします。
  4. このインスタンスにデータベースをアタッチします。
  5. 実行 System Center 2012: Data Protection Manager (DPM) をセットアップします。

警告

既に DPM の評価版をアンインストールした場合、コンピューターを再イメージ化する必要があります。
845 DPMDB データベースを削除できませんでした。 サーバーへの接続で SQL Server Management Studio、DPMDB データベースを削除するのには <DPM server="" name=""></DPM>\<InstanceName></InstanceName>.展開し、 <InstanceName> </InstanceName>インスタンスの SQL Server では、次のように展開します。 データベースを右クリックし、 DPMDB データベース、しをクリックし、 削除.
846 DPM SqlCmd.exe を見つけることはできません。 SQL クライアント ツールがインストールされていることを確認します。インストールされていない場合は、SQL クライアント ツールをインストールおよび DPM セットアップを再度実行する必要があります。
847 DPM を作成できません、 <SetupServiceName> </SetupServiceName>サービスです。保留中の再起動、サービスの作成に失敗した可能性があります。コンピューターを再起動し、DPM をアンインストールし、セットアップを再度実行します。
848 ファイルをコピーできません。 <SourceLocation> </SourceLocation><InstallLocation></InstallLocation>. セットアップに、インストール場所へのアクセスがあることを確認します。
849 フォルダーを削除できません。 <InstallLocation></InstallLocation>. フォルダーを手動で削除します。
850 ファイルをマークできません。 <FolderPath> </FolderPath>削除します。 DPM セットアップの完了後、手動でファイルを削除します。
851 セットアップを開始することはできません。 DPM 製品 DVD からセットアップ プログラムを実行します。DVD からセットアップを実行した場合、DVD が壊れています。
853 セットアップは、DPM を追加または削除プログラムで登録することはありません。 ユーザーの操作は必要ありません。
854 DPM セットアップの別のインスタンスが実行されています。 DPM セットアップの別のインスタンスがありませんが、DPM のセットアップを続行を実行している、ことを確認します。
855 スケジュールされたジョブを削除できませんでした。 SQL Server Management Studio を開き、DPM インスタンスの SQL Server に接続します。SQL Server のインスタンスを展開し、 SQL Server エージェントを展開、展開ジョブ、および削除し、ScheduleCategory> カテゴリです。
856 DPM を既存の DPM データベースにアクセスできませんでした、または DPM データベースが壊れています。SQL Server サービスが実行されていることを確認します。SQL Server サービスが実行されている場合、DPM データベースを復元し、DPM セットアップを再度実行します。
857 DPM 保護エージェントがインストールされている DPM データベースにアクセスできないため、コンピューターの一覧を列挙できません。一部のコンピューターに保護エージェントをインストールすることがあります。使用して、保護されたコンピューター上のエージェントをアンインストールします。 追加またはプログラムを削除します。 [コントロール パネル]。
858 DPM のプロダクト キーが有効ではありません。 DPM の有効なプロダクト キーを入力します。プロダクト キーは、Data Protection Manager の製品 DVD の裏表紙にあります。
859 セットアップが SQL Server 2008 レポート サービスの構成ファイルを解析できません。 <FileName> </FileName>SMTP サーバーのアドレスと送信者のアドレス。 SQL Server が正しくインストールされていることを確認します。
860 DPM サービスを停止できません。 <SetupServiceName></SetupServiceName>. エラーの詳細を確認、適切なアクションを実行し、DPM を再インストールしてください。
861 DPM は、インストール パスのレジストリ キーを読み取ることができません。一部のフォルダーは削除されません。DPM セットアップの完了後、フォルダーを手動で削除します。
862 セットアップを起動できません、 <SetupServiceName> </SetupServiceName>サービスです。 エラーの詳細を確認、適切なアクションを実行し、DPM を再インストールしてください。
863 選択した場所を使用することはできません。 <DirectoryPath> </DirectoryPath>DPM をインストールします。DPM は、コンピューターのローカル ドライブにのみインストールできます。DPM インストールできない読み取り専用フォルダー、隠しフォルダー、マウント ポイント、ボリュームのルート内のフォルダー、またはローカルのシステム フォルダーに直接次のように <FolderPath></FolderPath>. DPM をインストールする別の場所を選択します。
864 リムーバブル メディアまたはネットワーク共有には、DPM をインストールできません。場所 <DriveName> </DriveName>インストールの場所としては使用できません。 DPM をインストールする場合は、ローカル ハード ドライブ上の場所を選択します。
865 DPM に割り当てられたボリュームに関する情報を列挙できませんでした。 で、 管理ツール メニューのをクリックして コンピューターの管理、] をクリックし、 ディスクの管理.ストレージ ・ プールに追加されたディスクから DPM に割り当てられたボリュームを削除します。
866 回復タスク領域の DPM 管理者コンソールで作成された Windows アカウントを削除できませんでした。で、 管理ツール メニューのをクリックして コンピューターの管理.展開 ローカル ユーザーとグループ、] をクリックして ユーザー、Windows のアカウントを右クリックし、をクリックして 削除.
868 DPM は、ディレクトリのボリューム情報を照会できません。DirectoryPath>. DPM をインストールするのにはローカルのハード ドライブ上の別のインストール場所を選択します。
869 <DirectoryPath> </DirectoryPath>ディレクトリが NTFS ボリュームではありません。 前提条件のソフトウェアと DPM を NTFS でフォーマットされたボリューム上にインストールします。
870 DPM は、ディレクトリの属性を照会できません。 <DirectoryPath></DirectoryPath>. DPM をインストールするのにはローカルのハード ドライブ上の別のインストール場所を選択します。
871 DPM セットアップはこのコンピューターに DPM の既存のインストールを検出しました。既存のインストールは、インストールしようとしているバージョンより新しいバージョンです。DPM の以前のバージョンをインストールするには、最初に既存のバージョンをアンインストールしてください。
876 DPM のセットアップは、フォルダーを作成できません。 <FolderPath></FolderPath>. フォルダーが既に存在する場合はフォルダーを削除し、DPM セットアップを再度実行します。
877 DPM セットアップがファイルに書き込みできません。 <FileName></FileName>. ファイルが既に存在する場合は、ファイルを削除し、セットアップを再度実行します。
878 セットアップは、保護ジョブのスケジュールを作成できません。 SQL Server Management Studio を開き、DPM インスタンスの SQL Server に接続します。SQL Server のインスタンスを展開します。 SQL Server エージェント、展開 ジョブ、および削除し、 <ScheduleCategory> </ScheduleCategory>カテゴリです。
879 DPM のセットアップは、サービスを削除できませんでした。 <SetupServiceName></SetupServiceName>. コマンド プロンプトでは、サービスを手動で削除するのには次のように入力します。 sc の削除 <SetupServiceName></SetupServiceName>.
880 DPM 保護エージェントの構成に失敗しました。 エラーの詳細を確認、適切なアクションを実行し、DPM を再インストールしてください。
881 必要なローカル グループを作成できませんでした。 DPM を再インストールしてください。
882 必要なサービスを作成できませんでした。DPM を実行している別のコンピューターでは、このコンピューターを保護することがあります。DPM 保護エージェントがインストールされているコンピューターにインストールできません。DPM 保護エージェントがこのコンピューターにインストールされている場合、それをアンインストールするのには、コントロール パネルの追加または削除プログラムを使用し、DPM セットアップを再度実行します。
883 DPM セットアップを読み取ることができない、 <FileName> </FileName>ファイルです。 現在のユーザーがファイルを読み取る権限を持っていることを確認します。
884 DPM のセットアップは、フォルダーを削除できません。 <FolderPath></FolderPath>. フォルダーを手動で削除します。 <FolderPath> </FolderPath>DPM のセットアップが完了します。
885 DPM セットアップを作成できません、 <FileName> </FileName>ファイルです。 現在のユーザーがファイルを作成する権限を持っていることを確認します。
886 このプログラムは、DPM 内部の使用のみです。 DPM セットアップ プログラムを起動するには、次のようにダブルクリックします。 Setup.exe 製品 DVD のルート フォルダーです。
887 DPM を構成しているときにエラーが発生しました。 使用して DPM をアンインストールします。 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルで、DPM セットアップを再度実行するとします。
888 DPM のセットアップは、デスクトップに DPM のショートカットを作成できませんでした。 DPM を使用するには、次のようにクリックします。 開始を指す すべてのプログラム、] をクリックし、 Microsoft System Center Data Protection Manager 2010.
889 以前の DPM のインストールからデータベース ファイルに見つかりませんでした。 <Location></Location>. 既存のファイルを削除します。 <Location></Location>、または、データベースの別の場所を選択します。
890 DPM の以前のバージョンはこのコンピューターにインストールします。それをアンインストールし、セットアップを再度起動してください。ユーザーの操作は必要ありません。
892 コンピューター <MachineName> </MachineName>Internet Explorer でイントラネット セキュリティ ゾーンの設定から削除できませんでした。Internet Explorer では、内で、 ツール メニューのをクリックして インターネット オプション.で、 インターネット オプション ダイアログ ボックスの セキュリティ タブをクリックしてください ローカル イントラネット、] をクリックして サイト、] をクリックし、 高度な、し、コンピューターを削除 <MachineName> </MachineName>イントラネット ゾーンです。
893 DPM に割り当てられているボリュームを削除できません。 で、 管理ツール メニューのをクリックして コンピューターの管理、] をクリックし、 ディスクの管理.ストレージ ・ プールに追加されたディスクから DPM に割り当てられたボリュームを削除します。
894 デスクトップに DPM のショートカットを削除できませんでした。 手動で DPM のショートカットをデスクトップから削除します。
895 サービス <SetupServiceName> </SetupServiceName>コンピューターから削除されませんでした。 サービスを削除するコンピューターを再起動します。 <SetupServiceName></SetupServiceName>.
896 DPM はデータベースに接続できませんでした。データベース名>. 確認する SQL Server のサービスServiceName> 開始 SQL Server のクエリへのアクセス許可があるとします。
897 DPM データベースを削除できませんでした。 <DatabaseName></DatabaseName>. SQL Server Management Studio の [次のデータベースを削除します。 <DatabaseName></DatabaseName>, <TempDatabaseName></TempDatabaseName>.
898 DPM のセットアップでは、SQL Server レポート サービスの構成を照会できません。 Windows 管理インストルメンテーション (WMI) サービスが実行されていると、SQL Server レポート サービスのインストールが壊れていないことを確認します。
-899 MSDPMTrustedMachines のローカル グループを削除できませんでした。 MSDPMTrustedMachines グループを手動で削除します。で、 管理ツール メニューのをクリックして コンピューターの管理.展開 ローカル ユーザーとグループ、] をクリックし、 グループ.を右クリックします。 MSDPMTrustedMachines、] をクリックし、 削除.

目次に戻る

900 から 999 までのエラー コード

エラー コードメッセージ追加情報
900 DPM を使用するすべてのレジストリ キーを削除できませんでした。 ユーザーの操作は必要ありません。
901 DPM エージェント コーディネーター サービスを削除できませんでした。 DPM エージェント コーディネーター サービスを手動で削除します。で、 管理ツール メニューのをクリックして サービス.を右クリックします。 DPM エージェント コーディネーター、] をクリックし、 削除.
902 ジョブには、致命的な内部エラーが発生しました。 マイクロソフト カスタマー サポートにお問い合わせください。
904 上の保護エージェント <ServerName> </ServerName>DPM バージョンと互換性がありません。保護エージェントのバージョンは、します。<AgentVersion></AgentVersion>、DPM バージョンと <EngineVersion></EngineVersion>. 保護エージェントを更新します。 <ServerName></ServerName>.
905 上の保護エージェント <ServerName> </ServerName>DPM バージョンと互換性がありません。保護エージェントのバージョンは、します。<AgentVersion></AgentVersion>、DPM バージョンと <EngineVersion></EngineVersion>. 必要なすべての DPM 更新プログラムがこのコンピューターに適用されていることを確認します。
907 ジョブには、内部データベース エラーが発生しました。 操作を再試行してください。
908 ジョブは取り消されました。ユーザーがジョブをキャンセルするか、または関連付けられた保護グループを変更します。操作を再試行してください。
909 DPM は、不適切な形式のメッセージを受信するにし、それを解釈することができませんでした。 操作を再試行してください。問題が解決しない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートにお問い合わせください。
910 ジョブの完了時に、DPM サービスが予期せず終了しました。終了が原因の可能性が、システムを再起動します。操作を再試行してください。
911 DPM に割り当てられた時間内でこのジョブを完了できませんでした。 で、 監視 領域のタスク、種類ごとにジョブをグループ化し、ジョブの詳細を確認します。次回にこのジョブのスケジュールは、現在実行中の操作の必要はありません。ジョブが実行されていない場合は、ジョブを再試行します。
912 依存している別のジョブのエラーのため、ジョブがキャンセルされました。操作を再試行してください。
913 アクティブでない時間帯にスケジュールされていたことがあるために、ジョブは取り消されました。操作を再試行してください。
914 予期しないエラーが発生したため、ジョブが失敗しました。 DPMRA サービスが選択されているコンピューター上で実行されていることを確認します。
915 データ ソースの VSS コンポーネントの操作に失敗しました <Component> </Component>見つかりません。 保護されたデータ ソースが正しくインストールされている VSS ライター サービスが実行されていることを確認してください。
916 DpmSync ツールによって開始された回復モードで実行しているために、DPM サービスに接続できません。DpmSync がその操作を完了するまで待ってください。DpmSync が実行されていないと DPM サービスがまだ回復モードでは、DpmSync をもう一度実行します。
917 DPM サービスへの接続が失われました。 サービスのシャット ダウン方法については、アプリケーション イベント ログを確認します。次のサービスが有効になっていることを確認します。
  • DPM
  • DPM エージェントがレプリケーション
  • SQLAgent $ <InstanceName></InstanceName>
  • MSSQL $ <InstanceName></InstanceName>
  • 仮想ディスク サービス
  • ボリューム シャドウ コピー


918 DPM サービスへの接続が失われました。 DPM サービスが実行されているかどうかを確認し、可能なサービスのシャット ダウン方法についてはアプリケーション イベント ログを確認します。
920 DPM アラート イベント ログにイベントを書き込むことができませんでした。DPM アラート イベント ログが削除されたか、アクセス許可が変更されました。DPM をアンインストールし、DPM アラート イベント ログを再作成するのには DPM を再インストールします。
921 データ ソースの列挙中にエラーが発生したため、操作が失敗しました<Component></Component>. エラー メッセージで指定されたデータ ソースがオンラインでアクセス可能であることを確認してください。
929 DPM 管理シェルは DPM サーバーに接続されていないか、以前の接続が失われました。使用して、 接続 DPMServer DPM サーバーに接続するためのコマンドです。DPM サーバーに既に接続されているにもかかわらず、このエラーを確認する場合、DPM サービスが実行され、エラーをアプリケーション イベント ログを確認します。
939 DPM 管理者コンソールのバージョン <Version> </Version>DPM サーバーのバージョンと互換性がありません。バージョンが間にあるかどうかを確認します。 <MinimumUIVersion> </MinimumUIVersion><MaximumUIVersion></MaximumUIVersion>.
940 致命的なデータベース エラーのため、データベースに接続できません。データベースが損傷している可能性が高いことはできません。イベント ログを確認し、適切なアクションを実行します。SQL Server が実行されていることを確認します。
941 DPM データベースに接続できません。 SQL Server が実行され、構成されている正常かどうかを確認し、操作を再試行します。
942 データベースの整合性は、ハードウェアまたはソフトウェアの問題のため問題があります。SQL Server 管理者に問い合わせてください。Windows イベント ログを確認します。破損の程度を調べるために DBCC CHECKDB を実行します。キャッシュだけではなくディスク自体に原因があることができます。場合は、SQL Server を再起動すると、問題が解決します。問題の修復には DBCC を使用します。場合によっては、DPM データベースを復元する必要があります。
943 データベースが一貫性のない状態であるために、DPM データベースに接続できません。SQL Server 管理者に問い合わせてください。場合によっては、DPM データベースを復元する必要があります。問題が解決しない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートにお問い合わせください。
944 データベース操作に失敗しました。 SQL Server が実行されていることと、正しく構成されているかどうかを確認し、操作を再試行します。
945 一般的なデータベース エラーのため、DPM データベースに接続できません。 SQL Server が実行され、構成されている正しくことを確認します。
946 DPM の別のインスタンスが現在実行されています。 コンピューターを再起動し、もう一度操作を再試行します。
948 接続できません。 <ServerName></ServerName>. このエラーを解決するには、次の操作を行います。

DPM サービスを再起動します。

  1. DPM サーバーで、サービス マネージャーを開くを選択し、構成] を展開し、[サービス] をクリックします。
  2. [サービス] ペインで、次の DPM サービスを再起動します。
    • DPM (MSDPM)
    • DPM アクセス マネージャー サービス (DPMAMService)
    • DPM ライター (DpmWriter)
    • DPMLA (DPM ライブラリ エージェント)
    • DPMRA (DPM エージェントがレプリケーション)


  3. サービスを再起動できない場合は、次の操作を行います。
    1. サービス マネージャーでは、展開します。 診断、展開 イベント ビューアー、を展開し、 Windows ログ.
    2. エラーのログをチェックし、解決するには、エラーを見つけるには、DPM 管理者コンソールをもう一度開いてみてください。


DPMSync を再実行してください: コマンドを同期させる

  1. DPM サーバーで、[スタート] ボタン [すべてのプログラム] をクリックして、 Microsoft SQL Server 2008年では、 Management Studio の SQL マネージャー] をクリックします。
  2. サーバーへの接続] ダイアログ ボックスの [サーバー名] ボックスで、コンピューター名とは、次の形式で、DPM データベースに使用する SQL Server のインスタンスの名前を入力します。コンピューター名\インスタンス名>.
  3. マネージャーの SQL Management Studio では、データベースフォルダーを展開、 DPMDBを右クリックしてで、[新しいクエリ] をクリックします。
  4. Sql クエリー ウィンドウで、次を入力し、し、[ Execute] をクリックします。
  5. 選択 * Tbl_dls_globalsetting から、プロパティ名 'DBRecovery' を = します。
  6. 返されるプロパティの値が 1 の場合、 DPMSync-同期 操作は終了したか、完了前に取り消されました。再実行 DPMSync-同期、操作を完全に完了し、DPM 管理者コンソールを再度開いてみてください。
951 ジョブ定義のスケジュールはありません。 ユーザーの操作は必要ありません。
955 整合性チェックの結果、次の変更を SQL Server エージェントのスケジュール: スケジュールを追加します。SchedulesAdded>
スケジュールが削除されます。SchedulesRemoved>
更新をスケジュールします。SchedulesUpdated>.
ユーザーの操作は必要ありません。
956 DPM は次のコンピューターに DPM 保護エージェントをインストールするまで、Windows SharePoint Services のファームを保護することはできません。サーバー名>. このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 管理タスク領域で、これらのコンピューターにエージェントをインストールするのには、[エージェント] タブをクリックし、[操作] ウィンドウで、[インストール] をクリックします。
  2. ノード、クラスター、またはミラーのいずれかのコンピューターの場合は、そのクラスターまたはミラーのすべての物理ノードに DPM 保護エージェントをインストールする必要があります。
  3. SharePoint ファームでは、SQL エイリアスを使用する場合は、SharePoint のフロント エンド web サーバー上で SQL クライアント接続コンポーネントがインストールされていることを確認してください。
  4. 実行することができます SharePoint ファームでは、SQL エイリアスを使用する場合、 ConfigureSharePoint.exe ResolveAllSqlAliases DPM によって解決することはできませんが、SQL エイリアスを指定するのには SharePoint のフロント エンド web サーバー上のコマンドです。
957 DPM は、ミラー化された SQL Server データベースを保護することができません。 <Component> </Component>まで、次のコンピューターに DPM 保護エージェントをインストールします。 <ServerName></ServerName>. これらのコンピューターに保護エージェントをインストールするのには、 管理 領域のタスク] をクリックします エージェント タブ、、 アクション ウィンドウで、をクリックして インストール.クラスターのノードのコンピューターのいずれかの場合は、クラスターの物理ノードのすべての DPM 保護エージェントをインストールする必要があります。
958 DPM で保護されたコンピューター上の仮想マシンの内容を参照できません。<protected computer=""></protected>. 仮想マシンのフル ・ リストアを実行します。

説明セクションに記載されている条件に該当しないが、引き続きこのエラーが発生する場合は、マイクロソフト サポート技術情報の記事で説明した回避策を実行してください。 2013544.
959 DPM で保護されているコンピューター上の 1 つまたは複数のボリュームを列挙できませんでした。 <ServerName></ServerName>. ディスクが固定されることと、ボリュームが NTFS ファイル システムでフォーマットされていることを確認してください。
960 DPM で保護されたコンピューター上の 1 つまたは複数の VSS アプリケーションを列挙できませんでした。<ServerName></ServerName>. Vss エラーは、イベント ビューアーを確認することによってすべての VSS ライターが、正常な状態でいることを確認してください。
961 DPM で保護されたコンピューターに 1 つまたは複数の VSS ではないアプリケーションを列挙できませんでした。<ServerName></ServerName>. Vss エラーは、イベント ビューアーを確認することによってすべての VSS ライターが、正常な状態でいることを確認します。また、PSDataSourceConfig.xml ファイルが正しく構成されていることを確認してください。
962 DPM で保護されたコンピューターに 1 つまたは複数の SharePoint 検索ライターを列挙できませんでした。<ServerName></ServerName>. SharePoint 検索のすべてのライターが正常な状態であることを確認してください。
963 DPM は、アプリケーションの 1 つまたは複数のコンポーネントを列挙できませんでした。 <Component></Component>保護されているコンピューター上 <ServerName></ServerName>. アプリケーションの作成者が、正常な状態にあることを確認します。
964 DPM は、アプリケーションのコンポーネントを列挙できませんでした。 <Component> </Component>保護されているコンピューター上<ServerName></ServerName>. ライターが、正常な状態にあることを確認します。
965 DPM は、保護されたコンピューターの Windows 管理インストルメンテーションを使用して SQL Server のインスタンスを列挙できませんでした。<ServerName></ServerName>. SQL Server 用の Windows 管理インストルメンテーションが、正常な状態にあることを確認します。
966 DPM は、SQL Server のインスタンスに接続できませんでした。 <Component> </Component>保護されたコンピューターに<ServerName></ServerName>. SQL Server のインスタンスが、正常な状態にあることを確認します。
967 DPM で保護されたコンピューター上の SharePoint のデータ ソースを列挙できませんでした。 <ServerName>.</ServerName>このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. ConfigureSharePoint.exe EnableSharePointProtection を使用して保護するための SharePoint ファームのフロント エンド Web サーバーが構成されていることを確認します。
  2. SharePoint の検索を保護する場合も、フロント エンド Web サーバーの ConfigureSharePoint.exe EnableSPSearchProtection を実行します。
968 現在の選択内容がリセットされ、もう一度選択する必要があります。 [ [はい] リセットするか、 なし 現在の選択範囲を保持します。
975 ジョブ定義の引数は有効ではありません。 正しい引数の構文を使用して操作を再試行してください。
976 DPM エンジンに接続できなかったために、DPM ジョブが失敗しました。 DPM サービスを再起動します。
997 プロセスの致命的でないエラーのインスタンスが検出されました <DpmProcessName></DpmProcessName>.これは、マイクロソフトに報告されます。 ユーザーの操作は必要ありません。
998 保護エージェントのエラーのため操作に失敗しました。 操作を再試行してください。
999 予期しないエラーの原因となったプロセスの障害 <DpmProcessName></DpmProcessName>. DPM のプロセスを再起動します。 <DpmProcessName></DpmProcessName>.

目次に戻る

エラーコード 1000年-1999

エラー コードメッセージ追加情報
1000 間違ったユーザー名とパスワードによるログインに失敗しました。 ユーザー名とパスワードを確認してからやり直してください。
1002 この時点では、選択したジョブをキャンセルできません。 ユーザーの操作は必要ありません。
1100 DPM: 情報アラート: サーバー名. ユーザーの操作は必要ありません。
1101 DPM: 警告: サーバー名. ユーザーの操作は必要ありません。
1102 DPM: 重大な警告。 サーバー名. ユーザーの操作は必要ありません。
1103 DPM: 回復の警告: サーバー名. ユーザーの操作は必要ありません。
1104 DPM: は、情報アラートを解決します。 サーバー名 ユーザーの操作は必要ありません。
1105 DPM: 警告アラートを解決します。 サーバー名 ユーザーの操作は必要ありません。
1106 DPM: 重要なアラートを解決できます。 サーバー名 ユーザーの操作は必要ありません。
1107 次の警告がで非アクティブになりました ResolvedTime. ユーザーの操作は必要ありません。
1109 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、監視タスク領域でアラートの詳細を確認します。ユーザーの操作は必要ありません。
1200 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

ボリューム: <VolumeName> </VolumeName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: レプリカ ボリューム上の使用ディスク領域のしきい値を超えています <ThresholdValue></ThresholdValue>%.
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1201 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

データ ソースの種類。 <DatasourceType> </DatasourceType>

データ ソース: <DatasourceName> </DatasourceName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

保護グループ: <ProtectedGroup> </ProtectedGroup>

説明: レプリカ ボリュームを検出できません。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1202 状態: <AlertStatus> </AlertStatus>

保護グループ: <ProtectedGroup> </ProtectedGroup>

説明: DPM が次の変更のいずれかの検出。
  • 新しい共有やボリューム
  • 削除されたボリュームまたは共有
  • 共有が再配置されました


詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1204 レプリカデータ ソース名> にサーバー名> 整合性チェック付きで同期中は。整合性チェックは、自動または手動で開始できます。自動整合性チェックのオプションを構成するには、保護グループの変更ウィザードを使用して、この保護グループを変更します。[保護タスク領域で、 [操作] ウィンドウで、手動で整合性チェックを開始するには、整合性チェックの実行をクリックします。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、監視タスク領域でアラートの詳細を確認します。
1205 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

データ ソースの種類。 <DatasourceType> </DatasourceType>

データ ソース: <DatasourceName> </DatasourceName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: 複製物を作成しています。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1206 レプリカ <DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>保護されたデータ ソースと整合性がありません。整合性チェック付きのレプリカが同期されるまで、このデータ ソースのすべての保護アクティビティは失敗します。詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1209 状態:AlertStatus>

コンピューター:サーバー名>

説明: 回復ジョブが開始されます。させる>.
詳細については、DPM 管理者コンソールを開き、監視タスク領域でアラートの詳細を確認します。
1210 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: 回復ジョブが開始されます。させる> エラーで終了しました。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1211 リカバリ <TargetServerName> </TargetServerName>を開始します。 <StartDateTime> </StartDateTime>完了しました。いくつかのジョブには、データが正常に回復しましたし、一部のジョブが失敗しました。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1212 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: 回復ジョブが開始される<StartDateTime>が正常に完了します </StartDateTime>。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1214 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

データ ソースの種類。 <DatasourceType> </DatasourceType>

データ ソース: <DatasourceName> </DatasourceName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: 最後 <FailureCount> </FailureCount>回復ポイントは作成されませんでした。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1215 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

データ ソースの種類。 <DatasourceType> </DatasourceType>

データ ソース: <DatasourceName> </DatasourceName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: 同期ジョブが失敗します。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1216 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

データ ソースの種類。 <DatasourceType> </DatasourceType>

データ ソース: <DatasourceName> </DatasourceName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: DPM は、保護を停止できませんでした。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1217 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

説明: 新しい保護可能なコンピューターが見つかりません。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1218 レプリカ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>作成されません。手動でレプリカを作成しようとしています。レプリカが作成され、整合性チェック付きで同期されるまで、このデータ ソースのすべての以降の保護アクティビティは失敗します。詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1219 レプリカ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>作成されません。レプリカ作成ジョブをスケジュールすると、後で実行されます。データ保護は、レプリカの作成が完了するまで開始されません。詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1220 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

ディスクの説明。 <DiskName> </DiskName>検出できないか、応答を停止します。ディスクがオンラインに戻るまで、このディスクを使用するすべての以降の保護アクティビティは失敗します。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1221 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: 互換性のない DPM 保護エージェントです。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1222 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: DPM 保護エージェントに接続できません。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1223 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: エンドユーザー回復のアクセス許可を更新できませんでした。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1224 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

ボリューム: <VolumeName> </VolumeName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: ネットワーク帯域幅の調整が動作していません。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1225 サポートされていないデータが見つかりました。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1226 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

<LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>

説明: <LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>使用不可にし、接続が確立されるまで、このライブラリのすべてのジョブは失敗します。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1227 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

<LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>

説明: ライブラリが効率的に機能していません。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1228 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

<LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>

ドライブ: <LibraryDrive> </LibraryDrive>

説明: テープの使用を中止し、ライブラリから削除する必要があります。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1229 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

<LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>

説明: 空きテープの数より小さいしきい値の値と等しいか。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1230 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

<LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>

テープ: <MediaLabel> </MediaLabel>

説明: テープ消去ジョブが失敗しました。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1231 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

<LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>

テープ: <MediaLabel> </MediaLabel>

説明: テープの検証ジョブが開始できませんでしたか、失敗しました。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1232 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

説明: データは、失敗したジョブをコピーします。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1233 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

説明: バックアップ ジョブのライブラリ カタログが正しく構築されなかった。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1234 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

説明: テープへのバックアップに失敗しました。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1237 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

<LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>

ドライブ: <LibraryDrive> </LibraryDrive>

説明: ライブラリ内のドライブが機能していません。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1238 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

<LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>

テープ: <MediaLabel> </MediaLabel>

説明: テープが確認されました。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1240 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

<LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>

説明: ジョブには、無効なライブラリにテープが必要です。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1243 詳細インベントリが失敗しました。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  • 各テープ操作の後に、高速インベントリを実行します。
  • テープの詳細インベントリを指定されていないこと、ドライブとバックアップされていることを確認します。
  • 在庫の詳細なエラーのアラートの数を減らすためには、次のレジストリ キーを作成します。レジストリ エディターを開くをクリックします。 開始、] をクリックして 実行、と入力し、 regedit.

    レジストリの場所:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\1.0\Alert

    DWORD 名: DetailedInventoryFailed
    値のデータ: 0

注意が必要

深刻な問題は、レジストリを誤って変更する場合に発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。常に変更する前にレジストリをバックアップして、問題が発生した場合は、レジストリを復元する方法を理解していることを確認してください。

注: <b>

レジストリ キーを作成した後は、詳細インベントリ ジョブが失敗するかを使用して成功するかどうかをチェックすることができます、 ジョブ タブで、 監視 表示します。
1244 DPM サーバー上のデータベース サイズがしきい値を超えています。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1245 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

<LibraryType> </LibraryType>: <Library> </Library>

テープ: <MediaLabel> </MediaLabel>

説明: データの整合性の検証に失敗しました。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1246 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

ボリューム: <VolumeName> </VolumeName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: 回復ポイント ボリュームの使用済みディスク領域のしきい値を超えています <ThresholdValue> </ThresholdValue>%.
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1247 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

データ ソースの種類。 <DatasourceType> </DatasourceType>

データ ソース: <DatasourceName> </DatasourceName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: DPM は保護を構成できませんでした。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1248 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

データ ソースの種類。 <DatasourceType> </DatasourceType>

データ ソース: <DatasourceName> </DatasourceName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: 回復ポイントの統合が失敗しました。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1249 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

説明: DPM には、同じディスクの識別番号 (ディスク Id) を持つ複数のディスクが検出されました。これらのディスクの [なし] は、DPM 記憶域プールに追加されます。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1250 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

データ ソースの種類。 <DatasourceType> </DatasourceType>

データ ソース: <DatasourceName> </DatasourceName>

コンピューター: <ServerName> </ServerName>

説明: データの破損が検出されました。
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1251 状態: <AlertStatus></AlertStatus>

コンピューター: <PSServerName> </PSServerName>

説明: でのバックアップ/リカバリのジョブを実行するエージェントの所有権が必要 <PSServerName></PSServerName>.
詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。
1255 共有共有名 > 以前に割り当てられていたことOldFolderPath > を変更されましたNewFolderPath >.DPM が保護するために続行されます。古い FolderPathを、推奨されるアクションの保護を変更するをお勧めします。 詳細については、DPM 管理者コンソールを開きでアラートの詳細を確認します 監視 作業領域です。

目次に戻る

エラーコード 2000年-3999

エラー コードメッセージ追加情報
2000 他の競合している操作が実行中であるために、操作を実行することができませんでした。後で操作を再試行してください。
2009 上の DPM 保護エージェント<AgentTargetServer> </AgentTargetServer>コンピューター上のリソース不足のため操作を完了できませんでした。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. Windows Server 2003 を実行しているコンピューターでは、必ずその KB 942486 インストールされます。
  2. ページファイルのサイズが正しく設定されていることを確認してください。ページ ファイル サイズの要件の詳細についてを参照して、 DPM とメモリ Microsoft TechNet web サイトのトピックです。
  3. Exchange Server 2003年をホストしているもの以外は、32 ビットのコンピューターでは、boot.ini ファイルで/3 GB スイッチが設定されていないことを確認します。
  4. 保護されるボリュームの断片化が場合は、ボリュームでディスク デフラグ ツールを実行し、整合性チェックを実行し、します。
  5. 1 の値を持つレジストリ キーの場所のデータ保護 Manager\Agents\2.0 の下の ForceFixup を作成し、操作を再試行してください。

2013 ホストの認証に失敗しました。 認証を再試行してください。
2031 指定したインストール先のパスが正しくありません。 別の場所に復元します。
2032 指定されたパスが存在しません。 有効なパスを選択します。
2033 DPM 操作を実行中にエラーが発生しました <FileName> </FileName><AgentTargetServer></AgentTargetServer>. このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 上の説明で詳細なエラー コードを参照してください。問題が修正された後は、操作を再試行してください。
  2. エラーの原因がリソース不足のため場合、一時的な障害がある可能性があり、後で操作を再試行する必要があります。
  3. 特権を SMB 共有のためのエラーの場合は、しばらく待ってから、ファイル サーバーを再起動または操作を再試行してください。

2034 指定されたパスは、NTFS ボリューム上にありません。 NTFS ボリュームに復元します。
2035 ディスク領域の不足のため操作に失敗しました。 ボリューム上の空きディスク領域の容量を増やす <VolumeName> </VolumeName>セットアップ先のコンピューターとし、操作を再実行または代替の宛先へのリカバリのための十分な空きディスク領域を持ちます。
2036 DPM がファイルまたはフォルダーにアクセスすることができませんでしたので、操作が失敗しました <FileName> </FileName><AgentTargetServer></AgentTargetServer>.ファイルまたはフォルダーが壊れているか、またはボリューム上のファイル システムが破損している可能性があります。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 問題のボリュームに対して chkdsk を実行し、整合性チェック付きの同期を実行します。
  2. Chkdsk を実行しても、問題が解決しない場合は、上記のコンピューターが保護されているコンピューターであり、DPM サーバーではなく) は、ソースから、このファイルまたはフォルダーを削除して、整合性チェック付きの同期を実行するを検討してください。

2037 選択されたボリュームを検出できませんでした。 <VolumeName> </VolumeName><ServerName></ServerName>. 確認します。 <VolumeName> </VolumeName><ServerName> </ServerName>存在します。ボリュームが存在する場合は、操作を再試行します。
2038 再解析ポイントの間で項目を回復することは許可されていないために、いくつかのアイテムは回復されなかった。フォルダー<ReparsePtPath> </ReparsePtPath>リカバリでは、先は、再解析ポイントです。 再解析ポイントを含まない宛先へのリカバリを再試行してください。
2039 対象となるコンピューターの所有者情報を取得できなかったために、操作を実行することができませんでした。後で操作を再試行してください。
2040 DPM がボリュームへのアクセスに失敗しました <VolumeName> </VolumeName><AgentTargetServer></AgentTargetServer>.考えられますクラスタ ・ フェイル オーバー、ボリューム上のバックアップ、または十分なディスク領域の中に。クラスターのフェイル オーバーは、バックアップ中に発生した場合、は、操作を再試行します。それ以外の場合、ボリューム上の空きディスク領域の容量を増やす<VolumeName> </VolumeName>対象となるコンピューター、および、操作を再試行してください。
3000 SQL Server レポート サービスで、要求されたレポート履歴が見つかりませんでした。ユーザーの操作は必要ありません。
3001 レポート サービス サーバーは、DPM データベースに接続できません。 構成を修復する手順を実行で DPM を修復するため、 DPM 2010 の展開ガイド.
3002 レポートを生成できませんでした。パラメーターが存在しないか、正しく指定されていません。ユーザーの操作は必要ありません。
3003 SQL Server レポート サービスのサービスが実行されていません。 DPM データベースが作成されたコンピューター上でサービスを開始します。で、 管理ツール メニューのをクリックして サービス.を右クリックします。 SQL Server のレポート サービス、] をクリックし、 開始.
3004 レポートに対してこの操作を実行するための十分なアクセス許可がありません。 DPM サーバー上のローカルの Administrators グループのメンバーであることを確認します。DPM データベースがリモート コンピューター上にある場合は、メンバーであることを確認します DPM 管理者 リモート コンピューターのグループです。
3005 レポートを生成できませんでした。パラメーターが存在しないか、正しく指定されていません。ユーザーの操作は必要ありません。
3006 要求したレポートは SQL Server レポート サービス サーバー上で見つかりませんでした。DPM 2010 の展開ガイド 』 で説明した手順を使用して、DPM のインストールを修復します。
3007 レポート プロパティの設定が正しくないために、レポートを表示できません。DPM 2010 の展開ガイド 』 で説明した手順を使用して、DPM のインストールを修復します。
3008 SQL Server エージェント サービス <InstanceName> </InstanceName>応答がありません。 SQL Server エージェント サービスを再起動します。 <InstanceName></InstanceName>.
3009 DPM は、このレポートのスケジュールを設定できませんでした。情報があるか、または存在しないことが正しく指定されていません。ユーザーの操作は必要ありません。
3010 DPM は、このレポートの電子メール サブスクリプションをセットアップできません。情報が見つからないか正しくない可能性があります。で、 アクション ウィンドウで、をクリックして オプション、し、、で、 SMTP サーバー タブで、適切な SMTP サーバーの名前と電子メール アドレスを提供します。
3011 この期間のレポートを生成するための十分なコンテンツはありません。

使用可能なデータの日数が少なくともする必要があります。 <DaysCount> </DaysCount>前に、DPM には、このレポートを生成できます。
少なくともこのレポートを生成するために指定します。 <DaysCount> </DaysCount>日です。
3012 DPM は、このレポートの有効なプロパティ設定が検出されなかったために、この操作を実行できません。DPM 2010 の展開ガイド 』 で説明した手順を使用して、DPM のインストールを修復します。
3013 DPM は、SQL Server Reporting Services に接続できませんでした。 SQL Server レポート サービスを再起動し、再度実行してください。
3014 レポート ジョブの原因でエラーが発生しました <ServerName> </ServerName>失敗します。システム ファイルが壊れている可能性があります。レポートのタスクを再試行してください。問題が解決しない場合は、DPM 2010 の展開ガイド 』 で説明した手順を使用して、DPM のインストールを修復します。
3015 DPM は、電子メールの設定を変更することはありません。 ログオンします。 <ServerName></ServerName>.で、 開始 メニューをポイントし すべてのプログラムを指す Microsoft SQL Server 2008を指す 構成ツール、] をクリックし、 レポート サービスの構成.で レポート サーバーを構成します。、電子メールの設定を更新します。
3016 DPM レポートを表示するには、Windows アカウントが必要です。 アカウントを作成するには、DPM セットアップのヘルプで説明する手順を使用して DPM を再インストールします。
3017 DPM レポートを作成したユーザー アカウントが有効になっていません。 DPM 管理者コンソールで、アカウントを再度有効にするのには、 ナビゲーション バーをクリックします。 レポート.で、 アクション ウィンドウで、をクリックして オプション、し、、で、 レポート パスワード タブで、有効なパスワードを入力します。
3018 レポート Windows アカウントのパスワードの有効期限が切れています。 アカウントのパスワードを変更します。 <AccountName></AccountName>.で、 管理ツール メニューのをクリックして コンピューターの管理.展開 ローカル ユーザーとグループ、] をクリックし、 ユーザー.を右クリックします。 <AccountName></AccountName>、] をクリックし、 パスワードを設定します。.
3020 システム上のローカル Windows アカウントを構成できません。操作は、ドメインのプライマリ ドメイン コント ローラー上でのみ許可します。エラーの詳細を確認、適切な処理、操作を再試行してください。
3021 DPM は、グループが既に存在するために Windows アカウントのグループを作成することはありません。Windows アカウント グループを削除し、操作を再試行してください。
3022 DPM は、アカウントが既に存在するために Windows アカウントを作成することはありません。Windows アカウントを削除し、操作を再試行してください。
3023 DPM は、入力したパスワードがグループ ポリシー要件を満たしていないために、Windows アカウントを構成することはありません。アカウントの別のパスワードを入力します。
3024 DPM は、DPM データベースへのアクセスを与えることができない、 <UserName> </UserName>アカウントです。 SQL Server が実行され、構成されている正しくことを確認します。
3025 十分なアクセス許可があるため、Internet Explorer でイントラネット セキュリティ ゾーンにローカル コンピューターを追加することはできます。管理者またはバックアップ オペレーターとしてログオンし、もう一度実行してください。
3026 選択したレポートを表示することはできませんので、Web サイト HttpMachine 信頼済みサイト ゾーンではありません。サイトを追加し、レポートを表示しますか。 ユーザーの操作は必要ありません。
3027 レポートのスケジュールは、期限が切れているし、リセットされます。 DPM レポートの設定を確認してください。
3028 信頼済みゾーンにコンピューターを追加することはできません。 Internet Explorer セキュリティ強化の構成を再インストールすることをお勧めします。使用を追加またはコントロール パネルのプログラムを削除します。[ Windows コンポーネントの追加と削除をチェックし、 Internet Explorer セキュリティ強化の構成.ただし、後続の手順で、ユーザー名とパスワードを指定してレポートへ進むことができます。
3029 DPM には、特定のレポートの正しくないプロパティ設定を検出しました。 DPM 2010 の展開ガイド 』 で説明した手順を使用して、DPM のインストールを修復します。
3030 DPM は、指定された日付が過ぎているために、レポートのスケジュールを作成することはありません。今日またはそれ以降の日付を指定します。
3031 今日またはそれ以降の日付を指定します。 将来の日付を指定します。
3032 レポート ファイルには、description のエントリがありません。 DPM 2010 の展開ガイド 』 で説明した手順を使用して、DPM のインストールを修復します。
3033 レポート ファイルには、正しくない説明値が含まれます。 DPM 2010 の展開ガイド 』 で説明した手順を使用して、DPM のインストールを修復します。
3034 DPM レポートには、ASP.NET 2.0 では、先が見つからないか、またはこのコンピューターにインストールされている必要があります。ASP.NET 2.0 をインストールします。使用 追加またはプログラムを削除します。 [コントロール パネル]。[ Windows コンポーネントの追加と削除、チェック アプリケーション サーバー、] をクリックし、 詳細情報.チェック ASP.Net、インターネット インフォメーション サービス (IIS)、] をクリックし、 [Ok].
3035 DPM では、十分なアクセス許可があるため、レポートの設定を取得するためにレジストリを読み取ることができません。管理者としてログオンし、操作を再試行してください。
3036 DPM のレポートと、IIS の構成を照会できません。 DPM データベースが作成されたコンピューターに接続します。Windows 管理の実装のサービスが実行されていることを確認します。
3038 SQL Server レポート サービスがインストールされていないか、正しく構成されていません。 SQL Server レポート サービスが正しくインストールされ実行されていることを確認ください。
3039 DPM レポートがまだ済んでいない DPMReport ローカル アカウントに必要なセキュリティ設定を適用できませんでしたので。[管理ツール] メニューの [ローカル セキュリティ ポリシーをクリックします。[ローカル ポリシー] を展開し、[ユーザー権利の割り当て] をクリックします。ローカル ログオンを許可するポリシーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。追加のユーザーまたはグループをクリックし、DPMReport アカウントを追加します。DPMReport アカウントは、ローカルでログオン拒否する]ポリシーに記載されて場合、は、それを削除します。
3040 DPM のセットアップは、電子メールの設定を構成するレポート サーバーの構成を更新することはありません。ログオンします。 <ServerName></ServerName>.で、 開始 メニューをポイントし すべてのプログラムを指す Microsoft SQL Server 2008を指す 構成ツール、] をクリックし、 レポート サービスの構成マネージャー.で レポート サービスの構成マネージャー、電子メールの設定を更新します。
3041 DPM は、レポートを生成することはありません。SQL Server レポート サービスの web.config ファイルが無効であるかはアクセスできない可能性があります。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. SQL Server レポート サービスが適切にインストールされ実行中であることを確認してください。
  2. Web.config ファイルが有効であることを確認します。

3042 レポートは、テープ上のデータ コロケーションが有効になっているために正しいことがあります。ユーザーの操作は必要ありません。
3050 共有を更新またはアクセス許可を共有できません。 同期を再実行するか、次の同期が発生するまで待機します。問題が解決しない場合は、ドメインの構成を確認してください。
3051 Active Directory ドメイン サービスのデータベースを更新できません。 、同期を実行するか、次のスケジュールされた同期が発生するまで待機します。問題が解決しない場合は、ドメインの構成を確認してください。
3052 Active Directory ドメイン サービスのスキーマが正しく構成されていません。 スキーマの拡張操作を再実行します。
3053 クラスターのノードが検出されません。 <Cluster></Cluster>. このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. で、 エージェント タブで、 管理 領域のタスクは、クラスター ノードがアクセス可能であることを確認します。
  2. クラスターがまだクラスター化されているかどうかを確認するには、クラスター管理コンソールを使用します。

3054 1 つまたは複数のボリュームは、以下のアプリケーションがありません。 <ListOfDataSources></ListOfDataSources>. データ ソースに依存しているボリュームがオンラインになっていることを確認します。
3055 DPM で列挙することはありません。<Component> </Component>コンピューター上 <ServerName></ServerName>. 確認します。 <Component> </Component>保護エージェントにアクセス可能です。
3100 レプリカは DPM を実行しているコンピューターで使用されるディスク容量 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType>しきい値を超えました。 <ThresholdValue></ThresholdValue>%、または、変更されたデータに対応するための十分なディスク領域がありません。多くのディスク領域を割り当てない場合は、同期ジョブが表示される場合があります。レプリカのディスク領域を割り当てください。記憶域プールで利用可能なディスクの空き領域がない場合は、DPM を実行するコンピューターの物理ディスクを追加する必要があります。
3101 リカバリ ・ データ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>保護グループで <ProtectedGroup> </ProtectedGroup>検出できないボリュームに存在します。関連するすべての以降の保護アクティビティ<DatasourceName> </DatasourceName>このボリュームがオンラインに戻るか、レプリカが再作成されるまで失敗します。レプリカ ボリュームと回復ポイント ボリュームがあるディスクが [ディスクの管理] が表示されることを確認します。ディスク管理では、次の try のボリュームを見つけることができない場合に。
  1. で、 管理 DPM 管理者コンソールで、[領域] で作業します ディスク レプリカ ボリュームと回復が入っているディスクは、ボリュームをポイントし、ボリュームがオンラインに戻るかどうかを確認し、[再スキャン] タブ。
  2. で、 保護 タスク領域の DPM 管理者コンソールを使用してデータ ソースの保護の停止、 メンバーの保護を停止します。 オプション、もう一度保護グループにデータ ソースを追加します。

3103 DPM のバックアップの一部としてのカタログ情報を取得できませんでした。 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>.リカバリ ・ ポイントは有効ですが、このリカバリ ・ ポイントを使用して、アイテム ・ レベルのリカバリを行うことはできません。このリカバリ ・ ポイントを使用して、アイテム ・ レベルのリカバリは実行されないようにする場合は、このアラートを閉じるそれ以外の場合、推奨される操作を行います。
  1. かどうか、操作が失敗する短期的なディスク ・ バックアップので、 保護 タスク領域で、データ ソースを選択し、 回復ポイントを作成します。 バックアップを再実行します。
  2. 短期的なバックアップ、テープへの操作が失敗かどうか、 保護 タスク領域をクリックし、同じ保護グループに属するすべての障害が発生したデータ ソースを選択します。 テープの回復ポイントを作成します。.これにより、テープ ・ バックアップがテープ上にあることを確認します。
  3. バックアップを開始した直後に、このアラートを無視します。

3104 レプリカ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType>現在同期されている整合性チェックします。整合性チェックは、自動または手動で開始できます。自動整合性チェックのオプションを構成するには、保護グループの変更ウィザードを使用して保護グループを変更します。手動で整合性チェックを開始するのには、 保護 タスク] 領域で、 アクション ウィンドウで、をクリックして 整合性チェックを実行します。. ユーザーの操作は必要ありません。
3105 レプリカ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>作成中です。最初のレプリカが作成されると、増分の変更のみが同期されます。ユーザーの操作は必要ありません。
3106 レプリカ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>保護されたデータ ソースと整合性がありません。整合性チェック付きのレプリカが同期されるまで、データ ソースのすべての保護アクティビティは失敗します。既存の回復ポイントからデータを回復することができますが、レプリカが一貫性のあるまで、新しい回復ポイントを作成できません。

SharePoint ファームに一貫性のあるデータベースを作成中の回復ポイントが続行されます。矛盾をバックアップするには、ファームのデータベースを一貫性の実行を確認します。
このエラーを解決するには、整合性チェック付きの同期します。
3107 DPM バックアップ/リカバリ ・ ジョブを実行できません。 <PSServerName> </PSServerName>DPM サーバーの % によって管理されているため<ServerName></ServerName>. この DPM サーバーを管理するには <PSServerName></PSServerName>、次の推奨されるアクションのリンクをクリックします。これは、結果、バックアップ/リカバリのためのジョブ<PSServerName> </PSServerName>DPM サーバーでエラーが発生するには <ServerName></ServerName>.
3109 回復ジョブ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType>を開始します。<StartDateTime></StartDateTime>、のリンク先を <ServerName></ServerName>、進行中です。ユーザーの操作は必要ありません。
3110 回復ジョブ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType>を開始します。<StartDateTime></StartDateTime>、のリンク先を <ServerName></ServerName>を完了します。一部のジョブは、データといくつかのジョブが失敗しましたを正常に回復します。

次の項目を回復できませんでした。 <TempListOfFiles></TempListOfFiles>.
ファイルが存在しないこと、およびファイル用の十分なディスク領域があるとセットアップ先のコンピューター上で使用することを確認してください。
3111 回復ジョブ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType>を開始します。<StartDateTime></StartDateTime>、のリンク先を <TargetServerName></TargetServerName>を完了します。要求されたデータをリカバリするのには、ほとんどまたはすべてのジョブが失敗しました。可能な解決策

  • 監視タスク領域の [ジョブ] タブでは、回復ジョブの詳細を表示するのにはタイプ別のジョブをグループ化の種類をクリックします。
  • VMM サービスが停止している場合は、このエラーを参照してください可能性があります。サービスを開始した後は、操作を再試行してください。
  • 特権を共有 SMB のためこのエラーが表示される場合は、しばらく待ってからサーバーを再起動または操作を再度実行してくださいしてください。
3112 回復ジョブ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType>を開始します。<StartDateTime></StartDateTime>、のリンク先を <ServerName></ServerName>を完了しました。ユーザーの操作は必要ありません。
3113 Exchange のリカバリ クラスター連続レプリケーション (CCR) またはローカル連続レプリケーション (LCR) は、Exchange サーバーを回復する場合は、次の手順を従います。
  1. リカバリ ストレージ グループのレプリカを再シードします。
  2. リカバリ ストレージ グループのストレージ グループのコピーを再開します。

3114 回復ポイント作成ジョブ <DatasourceType><DatasourceName></DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>失敗しています。失敗した回復ポイント作成ジョブの数 =<FailureCount></FailureCount>.

保護されているデータ ソースが SharePoint の場合は、をクリックします。 エラーの詳細 失敗する回復ポイントの作成のデータベースの一覧を表示します。
ユーザーの操作は必要ありません。
3115 以降 <OccurredSince></OccurredSince>、同期のジョブの <DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>失敗しました。失敗したジョブの合計数 = <FailureCount></FailureCount>.最後のジョブは、次の理由により失敗しました。 ユーザーの操作は必要ありません。
3116 DPM の保護を停止できませんでした。 <DatasourceType><DatasourceName></DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>. コンピューター上の任意のデータ ソースを保護するために不要になった場合は、コンピューターから保護エージェントをアンインストールすることができます。停止の保護ジョブを再試行できます。
3117 DPM では、新しいコンピューターを保護することを発見しました。 新しいコンピューターの一覧を表示するのには次のようにクリックします。 詳細情報.
3118 レプリカ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>作成されません。手動でレプリカを作成しようとしています。レプリカが作成され、整合性チェック付きで同期されるまで、このデータ ソースのすべての以降の保護アクティビティは失敗します。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 場合は、このデータ ソースの詳細に指定されたレプリカ パスに手動でデータをコピーします 保護 作業領域です。
  2. データをコピーした後、整合性チェック付きで同期するには、次のリンクをクリックします。
3119 レプリカ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>作成されません。レプリカ作成ジョブをスケジュールすると、後で実行されます。データ保護は、レプリカの作成が完了するまで開始されません。ユーザーの操作は必要ありません。
3120 ディスク <DiskName> </DiskName>検出できないか、応答を停止します。ディスクがオンラインに戻るまで、このディスクを使用するすべての以降の保護アクティビティは失敗します。で、 管理 領域で、[タスクの ディスク タブで、ディスクの状態を確認します。ディスクが見つからない場合は、ディスクを検出するためにディスク構成を再スキャンします。ディスクがまだ存在しない場合は、物理ディスクの接続を確認し、ディスクを再スキャンします。ディスクが不要になった場合は、記憶域プールからディスクを削除することができます。続けるには影響を受けるデータを保護することを使用してデータ ソースの保護を停止します メンバーの保護を停止します。 オプション、もう一度保護グループにデータ ソースを追加します。
3121 上の DPM 保護エージェント <ServerName> </ServerName>DPM のこのバージョンと互換性がありません。すべて以降の保護および回復アクティビティ<ServerName> </ServerName>正しいバージョンのエージェントがインストールされるまでは失敗します。で、 管理 領域で、[タスクの エージェント タブ、エージェントの状態を確認し、正しいバージョンに更新します。
3122 上の DPM 保護エージェント <ServerName> </ServerName>接続できませんでした。このコンピューターの以降の保護アクティビティには、接続が確立されない場合があります。試行されたアクセスは、次の理由により失敗しました。理由> で、 管理 領域で、[タスクの エージェント タブで、エージェントの状態を確認します。
3123 [エンドユーザー回復のためのアクセス許可を更新できませんでした。 <ServerName></ServerName>.次の理由により、アクセス許可の更新に失敗しました。理由> ユーザーの操作は必要ありません。
3124 DPM のネットワーク帯域幅の調整が動作していないに Windows のサービス品質 (QoS) パケット スケジューラが有効になっていないためサーバー名>. 上の DPM 保護エージェント サービスを停止するか、サーバー名>、QoS パケット スケジューラが有効になっているかどうかを確認するか、ネットワーク帯域幅の使用、コンピューターの調整を無効にします。QoS パケット スケジューラをインストールするには。

[コントロール パネル] をポイントします。 ネットワーク接続、適切な接続を右クリックし、をクリックして プロパティ.で、 全般 タブをクリックしてください インストール、] をクリックして サービス、] をクリックして 追加、] をクリックして QoS パケット スケジューラ、] をクリックし、 [Ok].
3125 新しいサポートされないファイルまたは 1 つまたは複数の保護されるボリューム上のフォルダーを検出しました。DPM では、これらのボリュームでサポートされているデータを保護するために続行されますが、サポートされていないデータは保護されません。ユーザーの操作は必要ありません。
3126 共有 <ShareName> </ShareName>以前に割り当てられています。 <OldFolderPath> </OldFolderPath>を変更されました <NewFolderPath></NewFolderPath>.DPM が保護するために続行されます。 <OldFolderPath></OldFolderPath>、推奨されるアクションの保護を変更することをお勧めします。保護を開始するには <NewFolderPath></NewFolderPath>、で、 保護 領域のタスクは、次の手順に従います。
  1. この共有フォルダーの保護を停止します。
  2. 再度同じ共有を保護します。

3127 DPM には、同じディスクの識別番号 (ディスク Id) を持つ複数のディスクが検出されました。これらのディスクの [なし] は、DPM 記憶域プールに追加されます。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. マルチパス ・ ソフトウェアが DPM サーバー上で実行されているを確認します。
  2. で、 管理 領域で、[タスクの ディスク タブをクリックしてください 再スキャンします。.

3128 DPM のデータ ソースのレプリカの不整合を検出しました <ListOfDataSources></ListOfDataSources>.この問題を解決しようとしなかった可能性がありますが成功します。保護されているコンピューターまたは DPM サーバー上のハードウェアの問題によっては古い回復ポイントを回復できない場合があります。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 確認システム イベント ログで、ハードウェアに関連する保護されたコンピューターと DPM サーバーでエラーが発生します。
  2. ボリュームと、古いリカバリ ・ ポイントの問題の可能性がある最後のリカバリ ・ ポイントのテスト ・ リカバリを実行します。
  3. エラーで示されたデータ ソースに新しい回復ポイントを手動で作成します。
  4. 頻繁に整合性チェックを実行します。
3129 DPM がのバックアップ中にデータ ソースのレプリカの不整合を検出しました<ListOfDataSources></ListOfDataSources>.これは、保護されたサーバーで使用可能なハードウェアの問題で IO エラーが発生したためです。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 保護されたコンピューターのハードウェア関連のエラーのシステム イベント ログを確認します。
  2. ハードウェアの状態を確認するのには、ハードウェア診断ツールを実行します。
  3. データの論理的な一貫性を確認するのにはアプリケーション固有の整合性チェックを実行します。障害が発生した場合、最新の回復ポイントからデータをリカバリして、アプリケーション固有の整合性チェックを実行します。論理の一貫性のあるリカバリ ・ ポイントをリカバリするまでは、以前の回復ポイントでは、この手順を繰り返します。
  4. エラーに示されているデータ ソースに新しい回復ポイントを手動で作成します。
  5. 頻繁に整合性チェックを実行します。


3130 フィックス アップ VHD 親ロケーター ポスト バックアップできませんでした。 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ComputerName></ComputerName>.リカバリ ・ ポイントが有効ですが、この復元ポイントを使用してアイテム ・ レベルのリカバリを実行することはできません。このエラーを解決するには、次のいずれかの操作を行います。

このリカバリ ・ ポイントを使用して、アイテム ・ レベルのリストアを実行しているされないようにする場合は、このアラートを終了してそれ以外の場合、次の操作を推奨してください。
  1. DPM サーバー上の HYPER-V 役割をインストールします。
  2. で、 保護 タスク領域で、データ ソースを選択し、 回復ポイントを作成します。 バックアップを再実行します。

3131 DPM のバックアップの一部としてアクティブな仮想ハード ディスクの情報を取得できませんでした。<DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>.リカバリ ・ ポイントは有効ですが、このリカバリ ・ ポイントを使用して、アイテム ・ レベルのリカバリを実行することはできません。このリカバリ ・ ポイントを使用して、アイテム ・ レベルのリカバリは実行されないようにする場合は、このアラートを閉じるそれ以外の場合、次の操作を推奨してください。
  1. HYPER-V ホストで HYPER-V WMI プロバイダーの呼び出しが成功したことを確認します。
  2. で、 保護 タスク領域で、データ ソースを選択し、 回復ポイントを作成します。 バックアップを再実行します。


3132 でしたフィックス アップを VHD 親ロケーターのバックアップの後に <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>、操作が取り消されたためです。リカバリ ・ ポイントは有効ですが、このリカバリ ・ ポイントを使用して、アイテム ・ レベルのリカバリを実行することはできません。このリカバリ ・ ポイントを使用して、アイテム ・ レベルのリカバリは実行されないようにする場合は、このアラートを閉じるそれ以外の場合で、 保護 タスク領域で、データ ソースを選択し、 回復ポイントを作成します。 バックアップを再実行します。
3133 レベル ・ カタログのアイテムを収集するために DPM が失敗しました。x> の SharePoint ファームのデータベースファーム名>.以前に成功したカタログに関連付けられているファーム内のこれらのデータベースのリカバリ ・ ポイントの一部になります。実行して、SharePoint ファームのカタログ ジョブを再開します 開始 CreateCatalog DPM 管理シェルのコマンドレットです。
3134 DPM のバックアップ メタデータ情報を取得できませんでした。 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>.データ ソースが SharePoint ファームの場合は、有効な回復ポイントが作成されました。ただし、コンテンツ データベースのリカバリ ・ ポイントからは、別の場所] オプションを使用してのみリカバリできます。データ ソースが SharePoint ファームの場合は、次のことを確認してください。
  1. その「ConfigureSharePoint.exe ・ EnabledSharePointProtection」は現在 SharePoint ファーム管理者の資格情報を持つフロント エンド Web サーバーで実行されていますいます。
  2. SharePoint の VSS ライターがフロント エンド Web サーバーで実行されています。

3135 データ ソースのカタログのジョブを実行することはできません。 <DatasourceName> </DatasourceName>SharePoint ファームではないためです。データ ソースは、SharePoint ファームを提供することにより、コマンドレットを再度実行します。
3136 グループ名は Windows グループの % を提供できませんでした。DatasourceType; のレプリカの読み取りアクセス許可% データ ソース名です。でサーバー名です。リカバリ ・ ポイントは有効ですが、この復元ポイントを使用する最適な方法で項目レベルのリカバリを実行できない可能性があります。 このリカバリ ・ ポイントを使用して最適化されていないアイテム ・ レベルのリストアを実行し、このアラートを無視することもできます。それ以外の場合、 保護 作業領域、データ ソースの選択] をクリックしてください 回復ポイントを作成します。 バックアップを再実行します。
3137 グループを見つけることができません。 グループ名 >.DPM によってこのグループが自動的に再作成しますが、古い回復ポイントの最適化されたアイテム ・ レベルのリカバリは失敗します。古い回復ポイントの最適化されていないアイテム ・ レベルのリカバリを実行してください。通常より多くの時間がかかります。これを実行する詳細な手順は、マニュアルで提供されます。
3151 DPM に割り当てられた時間内でこのジョブを完了できませんでした。 で、 監視 タスク領域で、ジョブの種類別にグループ化し、ジョブの詳細を確認し。次回にこのジョブのスケジュールは、現在実行中の操作の必要はありません。ジョブが実行されていない場合は、ジョブを再試行します。

同期ジョブを再試行する場合は、再度失敗した場合に送信中の圧縮を有効にすることを検討してください。詳細については、DPM ヘルプの「送信中圧縮を有効するには」を参照してください。
3152 ハードウェアとソフトウェアの構成、および機能の使用パターンについて自動的に匿名のフィードバックをマイクロソフトに送信する」を選択します。オプトインまたはカスタマー エクスペリエンス向上プログラムを選択します。
3154 説明: 新規のデータ ソースが見つかりませんでした。 詳細については、DPM 管理者コンソール内で、 監視 領域のタスク、警告の詳細を確認します。
3155 説明: データ ソースが見つかりません。 詳細については、DPM 管理者コンソール内で、 監視 領域のタスク、警告の詳細を確認します。
3159 回復ポイントの作成 <DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>失敗しました。最後の回復ポイントの作成は、次の理由により失敗しました。理由> ユーザーの操作は必要ありません。
3160 同期ジョブ <DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>失敗しました。ユーザーの操作は必要ありません。
3161 リカバリ ・ データ <DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>保護グループで<ProtectedGroup> </ProtectedGroup>検出できないボリュームに存在します。関連するすべての以降の保護アクティビティ<DatasourceName> </DatasourceName>このボリュームがオンラインに戻るか、レプリカが再作成されるまで失敗します。レプリカ ・ ボリュームを含むディスクが [ディスクの管理] が表示されることを確認します。または、 保護 タスク領域の DPM 管理者コンソールを使用します ディスク割り当てを変更します。 レプリカの領域を割り当てるためのアクションです。
3162 レプリカ <DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>作成中です。最初のコピーを行った後は、増分変更のみが同期されます。ユーザーの操作は必要ありません。
3163 レプリカ <DatasourceName> </DatasourceName><ServerName> </ServerName>保護されたデータ ソースと整合性がありません。整合性チェック付きのレプリカが同期されるまで、データ ソースのすべての保護アクティビティは失敗します。ユーザーの操作は必要ありません。
3164 回復ジョブ <DatasourceName> </DatasourceName>を開始します。 <StartDateTime></StartDateTime>、のリンク先を <ServerName></ServerName>、進行中です。 ユーザーの操作は必要ありません。
3165 回復ジョブ <DatasourceName> </DatasourceName>を開始します。 <StartDateTime></StartDateTime>、のリンク先を <ServerName></ServerName>を完了します。いくつかのジョブには、データが正常に回復しましたし、一部のジョブが失敗しました。で、 監視 領域で、[タスクの ジョブ タブで、回復ジョブの詳細を表示するのにはタイプ別のジョブを並べ替えできます。
3166 回復ジョブ <DatasourceName> </DatasourceName>を開始します。 <StartDateTime></StartDateTime>、のリンク先を <TargetServerName></TargetServerName>を完了します。要求されたデータをリカバリするのには、ほとんどまたはすべてのジョブが失敗しました。で、 ジョブ タブで、 監視 タスク] 領域では、回復ジョブの詳細を表示するのにはタイプ別のジョブをフィルター処理します。
3167 回復ジョブ <DatasourceName> </DatasourceName>を開始します。 <StartDateTime></StartDateTime>、のリンク先を <ServerName></ServerName>を完了しました。ユーザーの操作は必要ありません。
3168 DPM データベース (DPMDB) のサイズがしきい値の制限を超えました。

DPM データベースのサイズ。 <DPMDBSize> </DPMDBSize>GB

DPM データベースの場所: <DPMDBLocation> </DPMDBLocation><ServerName></ServerName>.
DPM データベース (DPMDB) のサイズを小さくことはできません。このアラートを解決するには、DPMDB ボリューム内の空き領域を増やすか、テープのカタログの保存] ダイアログ ボックスで警告のしきい値の値を大きく必要があります。テープ カタログが非常に大きい場合は、テープのカタログのサイズを小さくすることがありますを確認してください、DPM データベース拡張されない、さらに

SharePoint

数百万のアイテムで、大規模な SharePoint ファームを保護する場合は、この警告を参照してください可能性があります。データベース拡張の DPM データベース ボリューム上には、十分なディスク領域があることを確認します。
3169 回復ポイント ボリュームに DPM を実行しているコンピューターで使用されるディスク容量<DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType>しきい値を超えました。<ThresholdValue> </ThresholdValue>% (DPM には、600 MB の空き領域だけでなく内部での使用が必要です)。場合はより多くのディスク領域を割り当てない場合は、十分なディスク領域のための同期ジョブは失敗します。使用して回復ポイント ボリュームのディスク領域の割り当て、 ディスク割り当てを変更します。 アクションで、 保護 作業領域です。記憶域プールで利用可能なディスクの空き領域がない場合は、DPM を実行しているコンピューターの物理ディスクを追加する必要があります。
3170 DPM が回復、整合性チェック、またはレプリカの作成ジョブを開始できませんでした。<DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>次の理由。理由> ユーザーの操作は必要ありません。
3171 開始時刻は終了時刻と同じかそれは。 フィルターの定義を修正してください。
3172 フィルターの定義には、少なくとも 1 つのライブラリを選択してください。 ユーザーの操作は必要ありません。
3173 フィルターの定義には、少なくとも 1 つのデータ ソースを選択してください。 ユーザーの操作は必要ありません。
3174 フィルターの定義には、少なくとも 1 つのジョブの種類とジョブの状態を指定してください。ユーザーの操作は必要ありません。
3175 データ転送と時間経過する必要があります整数より大きいまたはゼロに等しいと番号の最大サイズより小さいユーザーの操作は必要ありません。
3176 日付を正しい形式で入力されていません。 ユーザーの操作は必要ありません。
3177 既定のフィルターは、更新または削除されることはできません。 ユーザーの操作は必要ありません。
3178 レプリカの回復ポイントの統合が失敗しました。 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>次の操作のいずれかの実行中します。
  1. フル ・ バックアップを高速します。
  2. 整合性チェック
  3. 回復
このエラーが表示される場合、以下は、可能な解決策の一覧です。
  • 監視タスク領域では、上記の操作のいずれかの特定のアラートを検索するのには [アラート] タブを確認します。そのアラートの推奨事項に従ってください。上記の操作のアクティブなアラートが見つからない場合は、この警告を無効にするには次のリンクをクリックします。
  • 整合性チェックを実行し、もう一度操作を再試行します。
3179 指定した名前のフィルターが既に存在します。 別のフィルター名を指定します。
3180 DPM でバックアップ/リカバリのジョブを実行できませんでした。 <PSServerName> </PSServerName>DPM サーバーによって管理されているため<ServerName></ServerName>. このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. アクティブなエージェントの所有権必要なコンピューターのアラートを解決します。
  2. 失敗したジョブを再実行するのには次のリンクをクリックします。

3181 保護グループ内のいくつかのコンピューターが同期されていません <ThresholdValue> </ThresholdValue>日です。 DPM は、バックアップしていないコンピューターの一覧を確認するには、次のようにクリックします。 エラーの詳細を表示、適切な処理を実行します。その後 DPM がバックアップされていないクライアント コンピューターのアラートを表示します。 日数を変更するには、保護グループのプロパティを変更します。
3182 回復ジョブ <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType>を開始します。 <StartDateTime></StartDateTime>、のリンク先を <ServerName></ServerName>を完了しました。

代替ホストへの仮想マシンのリカバリは完了です。
起動する前に仮想マシンの構成を確認します。起動する前に別のホスト上のバーチャル マシンのネットワーク アダプターを再構成する必要があります。
3183 次のコンピューターのバックアップの SLA が満たされない。

<ServerName></ServerName>
ユーザーの操作は必要ありません。
3188オンライン回復ポイントの作成サーバー名> が失敗しました。次の理由により、最後のオンライン回復ポイントの作成に失敗しました: (ID: 3188)

Windows Azure のバックアップ ・ エージェントは、選択されたボリュームのスナップショットを作成できませんでした。(ID: 100034)
これは、問題は、DPMWriter サービスが実行されていない場合に発生することができます。問題を解決するには、DPMWriter サービスを自動に設定し、サービスが開始されているかどうかを確認します。
3200 Active Directory ドメイン サービスでエンドユーザーの回復に固有の情報にアクセスできませんでした。DPM のスキーマ拡張機能が Active Directory に正常に適用されているかどうかを確認するドメインの構成を確認します。DPM に拡張スキーマ内のデータにアクセスする権限があることを確認します。
3201 DPM は、指定されたユーザー名とパスワードでログインに失敗しました。 ユーザー名とパスワードを確認し、操作を再試行してください。
3202 Active Directory ドメイン サービスでエンドユーザー回復に固有のコンテンツにアクセスできませんでした。再同期を実行または、次の同期が発生するまで待機します。問題が解決しない場合は、ドメインの構成を確認してください。
3210 前にウィザードが中断されました <ProductName> </ProductName>正常に完了する可能性があります。システムが変更されていません。後でこのプログラムをインストールするには、再度インストールを実行してください。
3211 システムが変更されていません。後でこのプログラムをインストールするには、再度インストールを実行してください。ユーザーの操作は必要ありません。
3212 Data Protection Manager Active Directory ドメイン サービスは、エラーを更新します。 ユーザーの操作は必要ありません。
3213 Active Directory ドメイン サービスを構成できませんでした。 ユーザーの操作は必要ありません。
3214 構成は、使用するアカウントは、Schema Admins グループのメンバーではないために失敗しました。Schema Admins グループのメンバーであるアカウントを使用して、もう一度実行してください。
3215 ドメインが見つかりませんでしたので、active Directory ドメイン サービスを構成できませんでした。ドメイン名が正しく作成されていることを確認します。次の例では、適切に構成されたドメイン名: city.corp.company.com。
3216 指定した名前を使用して DPM コンピューターが見つかりませんでしたので、active Directory ドメイン サービスを構成できませんでした。ユーザーの操作は必要ありません。
3217 入力したコンピューター名が正しくありません。 Active Directory ドメイン サービスのエンドユーザー回復データへのアクセスを与える必要がありますしている DPM コンピューターの名前を入力します。
3218 有効な DPM コンピューター名ではありません。 ユーザーの操作は必要ありません。
3219 構成では、このコンピューターが特定のドメインではありません、ドメインが見つからない、または使用するアカウントに Active Directory ドメイン サービスが更新の特権がないために失敗しました。ユーザーの操作は必要ありません。
3220 ドメイン コント ローラーのスキーマを変更するのには、Windows 2000 Server を実行です。、Windows 2000 Server ベースのドメイン コント ローラーで Active Directory スキーマの変更は既定で無効になります。エンドユーザー回復でスキーマの更新が失敗した場合は、ドメイン コント ローラー上のスキーマの変更を有効にする必要があります。手順については、マイクロソフト ヘルプとサポート資料を参照してください。 スキーマの更新は、Active Directory のスキーマへの書き込みアクセスを必要とします。.
3221 DPM は、ドメイン コント ローラー間で Active Directory ドメイン サービスに最近加えられた変更がまだレプリケートされていないために、エンドユーザーの回復用の Active Directory ドメイン サービスを構成するのにはできませんでした。スキーマ マスターが 1 つ以上のドメイン コント ローラーに最新の変更内容をレプリケートすることを確認し、操作を再試行してください。ドメイン コント ローラーの同期の要件については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を参照してください。 305476.
3222 無効なドメイン名です。 FQDN 形式の完全なドメイン名を提供します。
3223 入力した DNS ドメイン名が正しくありません。 Active Directory ドメイン サービスのエンドユーザー回復データへのアクセス権を付与する DPM サーバーの DNS ドメイン名を指定します。
3301 <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>接続できませんでした。すべてのジョブ<LibraryType><Library> </Library></LibraryType>接続が確立されない場合は失敗します。ユーザーの操作は必要ありません。
3302 <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>機能していない効率的に次の理由。

ドライブ情報 <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>正しくないと、更新する必要があります。
このライブラリのドライブ数は、DPM によって検出されたドライブの数と異なります。処理するためのライブラリからすべてのドライブがある場合、このアラートを無視します。それ以外の場合、手動でライブラリ内のドライブをマップし直します。テープ ・ ライブラリ ・ ドライブの再割り当てについての情報は、以下を参照してください。

テープ ・ ドライブを再マップします。
3303 ライブラリ ドライブライブラリ > <Library> </Library>はなく機能して、ライブラリ、ドライブが修復されるまで、ジョブが失敗する可能性があります。次の理由により、ドライブが機能していません。理由> ユーザーの操作は必要ありません。
3304 DPM がマークされている、 <MediaLabel> </MediaLabel>このテープにデータを将来的に書き込まれますことはできません、使用を停止すると、テープです。このテープからデータを回復できる場合があります。このテープの使用を中止し、ライブラリから削除する必要があります。このテープからデータを回復できる場合があります。このテープからのリカバリが失敗した場合は、重複データや古いデータのコピーを確認します。
3305 空きテープ数、 <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>未満のしきい値の値に等しいか<ThresholdValue></ThresholdValue>.テープをライブラリに追加し、将来のバックアップの失敗を防ぐために空きとしてマークする必要があります。テープをライブラリに追加し、空きとしてマークします。
3308 <MediaLabel> </MediaLabel>次の理由で消去できませんでした。理由> ユーザーの操作は必要ありません。
3309 テープ上のデータ <MediaList> </MediaList>次の理由により確認できません。理由> ユーザーの操作は必要ありません。
3310 データは、次の理由により失敗したジョブをコピーします。理由> ユーザーの操作は必要ありません。
3311 テープ ジョブに戻るは、次の理由により失敗しました。理由> サブ エラーを確認し、適切なアクションを実行します。
3312 バックアップ テープのジョブを完了しましたのカタログが正しく構築されませんでした。 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>.失われたデータがありませんが、バックアップ ジョブのデータにアクセスするカタログを再構築する必要があります。ユーザーの操作は必要ありません。
3313 確認は、次のテープでの完全です <LibraryType><Library></Library></LibraryType>: <MediaList> </MediaList>ユーザーの操作は必要ありません。
3314 必要なテープでは使用できませんので、回復ジョブが一時停止します。 <LibraryType><Library></Library></LibraryType>. ライブラリ経由で必要なテープを挿入/E ポート、またはライブラリ ドアのロックを解除しています。使用せずに必要なテープを挿入する場合、 テープを追加 (私と E ポート) または ドアのロックを解除します。 アクションで、 ライブラリ タブで、 管理 領域のタスク] をクリックしてください ジョブを続行します。 で、 詳細情報 このアラートのセクションです。
3315 <TaskName> </TaskName>一時停止が必要なテープ <MediaLabel> </MediaLabel>ライブラリでは使用できません。 <LibraryType><Library></Library></LibraryType>. ラベルの付いたテープを挿入します。 <MediaLabel> </MediaLabel>ライブラリ経由でと E ポート、またはライブラリ ドアのロックを解除しています。使用せずに必要なテープを挿入する場合、 テープを追加 (私と E ポート) または ドアのロックを解除します。 アクションで、 ライブラリ タブで、 管理 領域のタスク] をクリックしてください ジョブを続行します。 で、 詳細情報 このアラートのセクションです。
3316 次の理由により、テープの詳細インベントリが失敗しました。理由> ユーザーの操作は必要ありません。
3317 データの検証 <DatasourceName> </DatasourceName>テープ上 <MediaList> </MediaList><LibraryType><Library> </Library></LibraryType>次のファイルのデータの整合性に問題が見つかりました。

<TempListOfFiles> </TempListOfFiles>
ユーザーの操作は必要ありません。
3500 検索には、250 以上の結果が返されます。250 のみの結果を表示できます。検索を絞り込むには、検索コントロールを使用します。
3598 この操作にこの DPM の所有権が設定されます。 PSServerName >.このバックアップまたはリカバリのジョブになりますPSServerName > DPM サーバー上で サーバー名 > 失敗します。

所有権を設定しますか。
ユーザーの操作は必要ありません。
3599 この操作にこの DPM の所有権が設定されます。 PSServerName >.これが発生します。
  1. PSSeverName のバックアップまたはリカバリのジョブ > DPM サーバー ServerName > エラーが発生します。
  2. バックアップまたはリカバリ ・ ジョブで現在実行されている<PSSeverName>をキャンセルするのにします</PSSeverName>。

所有権を設定しますか。
ユーザーの操作は必要ありません。
3600 この操作は、選択したジョブを再実行されます。このジョブを再実行しますか。 ユーザーの操作は必要ありません。
3601 このアクションは、選択したジョブがキャンセルされます。このジョブをキャンセルしますか。 ユーザーの操作は必要ありません。
3602 失敗のリカバリ用の新しい回復ジョブは、このアクションが開始されます。続行しますか。ユーザーの操作は必要ありません。
3603 保留中のレプリカの作成をキャンセルするには <VolumeName> </VolumeName><ServerName></ServerName>、すべてのメンバーを保護グループから削除します。 <ProtectedGroup> </ProtectedGroup>このボリューム上に常駐します。レプリカの作成のスケジュールを変更するには、保護グループにメンバーを追加します。
3604 保護グループの構成が変更され、このジョブを再実行できないためです。で、 監視 領域で、[タスクの ジョブ タブで、このジョブを再実行します。
3605 データが無効であるために、このジョブを再実行することはできません。 再試行で、 回復 領域のタスク、回復ウィザードを使用してデータをテープにコピーします。
3606 データが無効であるために、このジョブを再実行することはできません。 再試行で、 回復 タスク] 領域で、 アクション ウィンドウで、をクリックして データを検証します。.
3607 データが無効であるために、このジョブを再実行することはできません。 再試行で、 回復 領域のタスク、テープの内容を再カタログ化します。
3608 このジョブを再実行は、新しいテープにこのデータ ソースがバックアップされます。同じテープにバックアップするには、この保護グループ内のすべてのデータ ソースを設定する場合にをクリックします アラート タブで、保護グループをし、次に、エラー アラートをテープにバックアップのいずれかを選択します 詳細情報 セクションのこの警告は、次のようにクリックします。 テープ ジョブを再実行のバックアップ.

このデータ ソースを新しいテープにバックアップしますか。
ユーザーの操作は必要ありません。
3609 それに関連付けられた保護グループが変更されたために、このジョブを再実行することはできません。ユーザーの操作は必要ありません。
3610 これらのアラートを非アクティブ化と、保護の状態にも変更されます。 [Ok] で、 保護 Operations Manager のタスク領域で、アラートが解決されます。選択したアラートを無効にしますか。ユーザーの操作は必要ありません。
3611 この Windows SharePoint Services のデータ ソースの一部であるデータ ソースに依存しているジョブが実行されているために、ジョブを再実行することはできません。すべての依存するデータ ソースに依存するジョブが完了したときは、操作を再試行してください。
3700 データベースの互換性のないバージョンが検出されました。DPM は、DPM 管理者コンソールを開くことができません。DPM 2010 の運用ガイドで説明した手順を使用して、有効なデータベースを復元し、操作を再試行してください。
3750 バージョン <DatabaseVersion> </DatabaseVersion>DPM データベースおよびバージョンの <BinariesVersion></BinariesVersion>DPM アプリケーションの互換性がありません。 DPM 2010 の運用ガイドで説明した手順を使用して有効なデータベースを復元し、操作を再試行します。
3751 DPM の評価版の有効期限が切れています。 DPM ライセンスを購入する必要があります。DPM ライセンスの取得に関する詳細についてを参照してください、 Data Protection Manager (DPM) 評価用 VHD を発表しました。 Microsoft システム センター Data Protection Manager の web サイトのトピックです。
3752 DPM は、MSDPMTrustedMachines セキュリティ グループが見つかりませんでした。このグループが削除されたか、エントリが壊れています。DPM をアンインストールし、セキュリティ グループを再作成するのには DPM を再インストールします。
3753 このコンピューターにインストールされている DPM データベースのバージョンでは、DPM アプリケーションのバージョンよりも後です。続けるには DPM を使用してをサービス パックや、以前の DPM のインストールに含まれている修正プログラムをインストールしてください。
3754 ドメインに属するユーザーだけが DPM 管理者コンソールを開くことができます。 ドメイン ユーザー アカウントを使用してログオンし、もう一度やり直してください。

目次に戻る

エラー コード 4000-5999

エラー コードメッセージ追加情報
4001 システム ボリュームに十分なディスク領域があります。 システム ドライブ インストールを完了します。を解放する、インストールを続行するのには SystemDiskSpaceRequired システム ボリューム上のディスク領域の MB です。
4002 インターネット インフォメーション サービス (IIS) または ASP.Net がインストールされていないコンピューターにインストールされているために、SQL Server レポート サービスのインストールが正しくありません。、SQL Server 2008 をアンインストールし、前提条件のソフトウェアをインストールするには、再度 DPM セットアップを実行します。
4003 Reporting Services のインストールが正しく構成されていないかにリンクされている Reporting Services のインスタンスがありません。 インスタンス名 SQL Server です。
  1. 専用インスタンス名のローカル インスタンスを使用して、DPM で、SQL Server をアンインストールして、プログラムを再度実行します。
  2. DPM をインストールする SQL Server の既存のインスタンスのオプションを使用するには、レポート サービス インスタンスもインストールされ、正しくリンクされていることを確認します。詳細については、DPM セットアップのヘルプを参照してください。
4005 DPM では、次の SQL Server レポート サービスの以前のインストールによって作成されたデータベースを参照ください。 CommaSeparatedDatabaseName. セットアップでは、これらのデータベースを削除します。
4006 サービス 実行しています。 資格情報 資格情報です。 ローカル ユーザーの資格情報で実行する必要があります。 DPM のセットアップでは、ローカル ユーザー アカウントに資格情報が変更されます。
4007 サービス インストールされていません。、 必要条件 インストールが正しくありません。アンインストール 必要条件 プログラムを再度実行します。
4012 サービスを実行します。 資格情報 資格情報です。お勧めする NT authority \network SERVICE アカウントで実行するサービスです。Reporting Services 構成ツールで、[サービス アカウント] を選択し、%sqlinstance; の組み込みのネットワーク サービス アカウントに設定を変更SQL Server 2008 のインスタンスです。
4015 複数のコンピューターに DPM 保護エージェントをインストールします。それらを続行する前にアンインストールすることをお勧めします。DPM 管理者コンソールで、次のようにクリックします。 管理 ナビゲーション バー。で、 エージェント タブで、エージェントを選択しをクリックし、 アンインストール.
4017 DPM データベース DpsDb ないか破損しています。 DPM のクリーン インストールを実行する場合は、セットアップを実行する前に DPM データベースを削除する必要があります。アップグレードまたは DPM の既存のインストールを修復する場合は、有効な DPM データベースを復元し、セットアップを続行します。
4019 内の既存の DPM データベースがある、 SqlInstance SQL Server のインスタンスです。既存のデータベースには、DPM をインストールできません。SQL Server Management Studio を削除します DpsDb データベース、および、プログラムを再度実行します。以前の DPM データベースを再利用する場合は、データベースのバックアップを作成し、DPM のインストールの完了の後で復元します。
4020 DPM のセットアップでは、いくつかの既存の保護グループが検出されました。 DPM 管理者コンソール内で、 保護 タスク領域で、保護からグループを削除し、DPM セットアップを再度実行します。
4021 Active Directory ドメイン サービスにアクセスできないためを続行できません。 コンピューターは、DNS が正しく構成されていること、および管理者権限を持つドメイン ユーザーとしてログオンしているドメインに参加して、プログラムを再度実行することを確認します。
4023 必要条件 インストールが失敗しました。% の前提条件のすべての変更システムへのインストールはロールバックされました。手動でインストールします。 必要条件.手順については、次を参照してください。 前提条件のソフトウェアを手動でインストールします。 で、 DPM 2012 展開ガイド.
4024 必要条件 インストールが失敗しました。によって行われたすべての変更、 必要条件 システムへのインストールはロールバックされました。 手動でインストールします。 必要条件.手順については、次を参照してください。 前提条件のソフトウェアを手動でインストールします。 DPM 2012 展開ガイドします。
4025 必要条件 構成に失敗しました。 アンインストールするコントロール パネルのプログラムを使用して追加または削除します。 必要条件.アンインストールした後 必要条件 DPM セットアップを再度実行します。
4026 サービスを構成するのには、DPM セットアップが失敗しました ServiceName. 使用 追加またはプログラムを削除します。 DPM をアンインストールするのにはコントロール パネルです。アンインストールした後、DPM セットアップを再度実行します。
4027 DPM のセットアップは、データベースへのアクセスが拒否されたために、ストレージ ・ プール内のボリュームに関する情報を収集するためにできませんでした。手作業でストレージ ・ プールに割り当てられているボリュームを削除するか、ディスクをフォーマットします。
4028 削除できませんでした、 データベース名 データベースです。 SQL Server Management Studio を使用してデータベースを手動で削除します。
4029 Master データベースからスケジュールを削除できませんでした。 SQL Server Management Studio を開き、SQL Server の DPM インスタンスに接続します。SQL Server のインスタンスを展開し、SQL Server エージェントを参照し、ジョブを削除します ScheduleCategory カテゴリです。
4030 SQL Server レポート サービスを使用して配置レポートを削除できませんでした。このコンピューターに DPM を再インストールするが、アクションの必要はありません。DPM を再インストールしない場合は、レポートを削除するのには SQL Server 2008 をアンインストールする必要があります。
4031 コンピューター マシン名 Internet Explorer でイントラネット セキュリティ ゾーンの設定から削除できませんでした。Internet Explorer の [ツール] メニューのをクリックします。 インターネット オプション.[インターネット オプション] ダイアログ ボックス内で、 セキュリティ タブをクリックしてください ローカル イントラネット、] をクリックして サイト、] をクリックし、 高度な、し、コンピューターを削除 マシン名 イントラネット ゾーンです。
4032 DPM を削除できませんでした、 アカウント名 ユーザー アカウントです。 アカウントを手動で削除します。 アカウント名.
4033 DPM 管理者コンソールのショートカットを削除できませんでした。 CommaSeparatedShortcutLocations. DPM 管理者コンソールのショートカットを手動で削除します。
4034 DPM のセットアップは、サービスを削除できませんでした。 ServiceName. サービスを手動で削除します。 ServiceName.で、 管理ツール メニューのをクリックして サービス.
4035 DPM セットアップを削除できませんでした、 グループ名 コンピューターのグループ マシン名. グループを手動で削除します。で、 管理ツール メニューのをクリックして コンピューターの管理.展開 ローカル ユーザーとグループ、] をクリックし、 グループ.を右クリックします。 グループ名、] をクリックし、 削除.
4036 DPM データベースが削除されました。ただし、DPM がデータベース ファイルを削除可能性があります。 DataFilesCompleteLocation. データベース ファイルを手動で削除します。
4037 サービスの削除を終了するには ServiceName、コンピューターを再起動する必要があります。コンピューターを再起動します。
4038 DPM のセットアップからボリュームのマウントを解除できませんでした。 VolumesDir. 手動でディスクの管理を使用してボリュームをマウント解除します。
4039 このコンピューターに DPM のパフォーマンスを最適化のためのメモリの推奨される量よりも少ないが。推奨されるメモリ量は、2 GB です。このコンピューターにメモリを追加または別のコンピューターに DPM をインストールします。
4040 このコンピューターは、ドメイン コント ローラーが検出されました。 DPM のセットアップを続行する前に、以下のリンクで指定された手順を実行していることを確認します。
4041 指定されたインスタンスは、SQL Server 2008 インスタンスではありません。SQL Server 2008 SP1 のインスタンスを指定してください。ユーザーの操作は必要ありません。
4042 ValueEntered 有効な値ではありません。最大値します。 作成単位. SQL Server 2008 Service Pack 1 以降をインストールしてからやり直してください。
4045 DPM のセットアップは、フォルダーにアクセス許可を設定できませんでした。 DirectoryPath. 確認するフォルダー DirectoryPath 有効な場所と現在のユーザーがある場所にアクセスします。
4046 DPM は削除できません。 ファイル名. 現在のユーザーがファイルを削除する権限を持っていることを確認します。
4047 DPM のセットアップは、サービスを構成できませんでした。 SetupServiceName. エラーの詳細を確認し、適切なアクションを実行し、DPM セットアップを再度実行してみてください。
4049 イベント ログに、メッセージ テキストを指定します。追加したり、メッセージの内容を編集しないでください。このセクションでは、ユーザーが問題を解決する方法について説明します。(たとえばと成功のメッセージ) は、ユーザーの操作は必要はありません、する場合は、次の標準的な語句を使用します。

ユーザーの操作は必要ありません。
4050 イベント ログに、メッセージ テキストを指定します。追加したり、メッセージの内容を編集しないでください。このセクションでは、ユーザーが問題を解決する方法について説明します。(たとえばと成功のメッセージ) は、ユーザーの操作は必要はありません、する場合は、次の標準的な語句を使用します。

ユーザーの操作は必要ありません。
4051 プログラム ファイルのボリュームに十分なディスク領域があります。 BinaryDrive インストールを完了します。 DPM のインストールを続けるには BinaryDiskSpaceRequired ボリューム上のディスク領域の MB です。
4052 インストールできない場合は DPM サーバーの DPM 保護エージェントがされている場合に、それをインストールします。ユーザーの操作は必要ありません。
4053 DPM セットアップできなかったから保護されているコンピューターを削除するのには、 DComUsersGroup グループです。 保護されるコンピューターをグループから削除します。で、 管理ツール メニューのをクリックして コンピューターの管理.展開 ローカル ユーザーとグループ、] をクリックし、 グループ.[ 分散 COM のユーザー 右側のウィンドウにし、保護されたコンピューターのエントリをこのグループから削除します。
4055 DPM のセットアップでは、DPM と保護エージェントを Windows ファイアウォールの例外の一覧から削除するのにはできませんでした。Windows ファイアウォールが有効な場合は、例外の一覧から DPM と保護エージェントを削除します。コントロール パネルで、次のようにクリックします。 Windows ファイアウォール、] をクリックします 例外 タブ、およびその後の削除 Microsoft System Center Data Protection Manager 2010 とは、 Microsoft System Center Data Protection Manager 2010年のレプリケーション エージェント 例外の一覧です。
4056 DPM のセットアップでは、DPM を Windows ファイアウォールの例外に追加するのにはできませんでした。 エラーの詳細を確認します。コントロール パネルで、次のようにクリックします。 Windows ファイアウォール、と、 全般 タブで、ことを確認します 例外を許可しません。 チェック ボックスがオフします。使用 追加またはプログラムを削除します。コントロール パネル DPM をアンインストールし、実行するには DPM のセットアップ もう一度。
4057 データベース ボリューム上に十分なディスク領域があります。 DatabaseDrive インストールを完了します。 を解放する、インストールを続行するのには DatabaseDiskSpaceRequired ボリューム上のディスク領域の MB です。
4058 DPM には、SQL Server のマイクロソフトの $DPM$ インスタンスが必要です。名マイクロソフト $DPM$ がある既存の SQL Server のインストール済みの「なし」です。評価版の SQL Server 2008 には、180 日以内に有効期限が切れるをインストールします。SQL Server 2008 の有効期限を避けるためには、次のように終了します。 セットアップ ライセンスを取得する SQL Server 2008 の製品版のコピーをインストールまたは SQL Server 2008 へのアップグレードは、180 日以内。SQL Server 2008 の設定を正しく構成するには、次を参照してください。 前提条件のソフトウェアを手動でインストールします。 DPM 2012 展開ガイドします。
4059 DPM のセットアップは、評価版の SQL Server 2008 をインストール後 180 日間の有効期限をインストールします。SQL Server 2008 の有効期限を避けるためには、次のように終了します。 セットアップ ライセンスを取得する SQL Server 2008 の製品版のコピーをインストールまたは SQL Server 2008 へのアップグレードは、180 日以内。SQL Server 2008 の設定を正しく構成するには、次を参照してください。 前提条件のソフトウェアを手動でインストールします。 DPM 2012 展開ガイドします。
4060 SQL Server レポート サービスの SP1 を手動でインストールしてください。 手順については、次を参照してください。 セットアップに関するトラブルシューティング で DPM セットアップのヘルプです。
4061 セットアップは、SQL Server 2000年レポート サービスを自動的にインストールできませんでした。システムに SQL Server 2000年レポート サービスのインストールによって行われたすべての変更はロールバックされました。コントロール パネルの [プログラム追加と削除] を使用して DPM をアンインストールします。Reporting Services とレポート サービスの SP1 を手動でインストールし、します。手順については、次を参照してください。 セットアップに関するトラブルシューティング で DPM セットアップのヘルプです。
4062 セットアップは、SQL Server 2000年レポート サービスを自動的にインストールできませんでした。システムに SQL Server 2000年レポート サービスのインストールによって行われたすべての変更はロールバックされました。から コントロール パネルを使用して DPM をアンインストールします。 追加またはプログラムを削除します。.Reporting Services とレポート サービスの SP1 を手動でインストール次に、します。手順については、次を参照してください。 セットアップに関するトラブルシューティング で DPM セットアップのヘルプです。
4065 ユーザー名が指定されていません。 ユーザー名を指定します。
4066 会社名が指定されていません。 会社名を指定します。
4067 DPM ライセンスの数は、0 以上である必要があります。 DPM ライセンスのゼロ以上の数値を指定します。
4068 インストール ソース Folderpath 必須コンポーネントをインストールするか、存在しないかアクセスできないのか、位置の 1 つまたは複数の必須コンポーネントが見つかりません。DPM のインストール DVD が正しくコピーされたかどうかを確認し、再実行 セットアップ.
4069 入力 InputParameterTag 必須です。 有効な入力を指定します。 InputParameterTag.
4070 前提条件の確認は、エラーで失敗しました。 DPM セットアップのログ ファイルでエラーを確認します。 SetupLogFile.、エラーを解決し、実行 DPM のセットアップ もう一度。
4071 DPM 管理者コンソールのショートカットを削除できませんでした。 CommaSeparatedShortcutLocations. ショートカットを手動で削除してください。
4072 指定されたパス ファイル名 無効です。 有効なパスを指定し、パスがアクセス可能であることを確認します。
4073 コマンド ・ ライン引数 CommandlineArgument 無効です。 参照してください。 DPM をインストールします。 で DPM セットアップのヘルプです。
4074 パス ファイル名 超えています MaxLimit 文字です。 長さが短いパスを選択します。
4075 コマンド ・ ライン引数 CommandlineArgument 既に指定されています。参照してください。 DPM をインストールします。 で DPM セットアップのヘルプです。
4076 CommandlineArgument 指定されませんでした。 参照してください。 DPM をインストールします。 で DPM セットアップのヘルプです。
4077 DPM では、このコンピューターにインストールされていません。 DPM 製品 DVD から DPM セットアップを実行します。
4078 DPM はこのコンピューターに既にインストールされています。 DPM をアンインストールするのには次のように使用します。 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネル.
4079 DPM では、このコンピューターにインストールされていません。 DPM をインストールするを参照してください。 DPM をインストールします。 で DPM セットアップのヘルプです。
4080 なしのファイルは、コマンドラインで指定されます。 参照してください。 DPM をインストールします。 で DPM セットアップのヘルプです。
4081 DPM の構成に失敗しました。 参照してください、 トラブルシューティング DPM セットアップのヘルプのセクションです。
4082 DPM サービスを開始できません。 SetupServiceName. サービスを手動で開始します。で、 管理ツール メニューのをクリックして サービス.を右クリックします。 SetupServiceName、] をクリックし、 開始.
4083 エージェントを構成できませんでした。 参照してください。 トラブルシューティング DPM ヘルプのセクションです。
4084 SQL Server 2008 レポート サービスを構成できませんでした。 参照してください。 トラブルシューティング DPM ヘルプのセクションです。
4085 前提条件を展開できませんでした。 参照してください。 トラブルシューティング DPM ヘルプのセクションです。
4086 DPM は、正常にインストールされています。ただし、DPM セットアップを削除できませんでした、抽出されたフォルダー FolderPath. フォルダーを削除します。 FolderPath
4087 DPM のセットアップでは、抽出されたフォルダーは削除できませんでした。 Folderpath. フォルダーを削除します。 FolderPath
4091 DPM セットアップは現在インストールされている DPM で使用される SQL Server のエディションを判断できませんでした。DPM の現在のインストールでは、評価版の SQL Server 2008 の有効期限が切れたインスタンスが使用している場合手動で SQL Server 2008 の製品版にアップグレードする必要があります。手順については、『 DPM 2012 展開ガイド 』 を参照してください。このエラーの詳細については、アプリケーション イベント ログを参照してください。
4093 DPM が検出されました、現在インストールされている DPM の評価版の SQL Server 2000年レポート サービスを使用します。セットアップは、SQL Server 2000 Reporting Services の DPM のアップグレードの一部として製品版にアップグレードされます。ユーザーの操作は必要ありません。
4094 DPM のセットアップでは、SQL Server 2008 Reporting Services のエディションは、現在インストールされている DPM で使用されているは確認できませんでした。レポート サーバーおよび World Wide Web 発行サービスが実行されていることを確認: の コントロール パネル、] をクリックして 管理ツール、] をクリックして サービスをチェックし、 ステータス サービスごとの列。
4095 DPM の現在のインストールは、評価版の SQL Server 2000年レポート サービスの有効期限が切れたインスタンスが検出されました。手動で SQL Server 2000年レポート サービスの製品版にアップグレードし、DPM セットアップを再度実行します。Reporting Services をアップグレードする方法の詳細については、『 DPM 2012 展開ガイド 』 を参照してください。
4097 DPM のセットアップは、次のレジストリ キーを削除できませんでした。 CommaSeparatedRegKeys. 使用してレジストリ キーを削除します Microsoft レジストリ エディター.
4300 DPMRA サービスを削除できませんでした。 DPMRA サービスを手動で削除します。コマンド プロンプトでは、「sc DPMRA を削除」を入力します。
4306 DPM セットアップでとしてログオンするために提供される資格情報を使用することはありません。 <UserName></UserName>. 詳細についてはエラー ログを確認します。指定したリモートの SQL Server 管理者の資格情報が正しいこと、およびローカル コンピューターにログオン アクセス許可があることを確認します。
4307 DPM のセットアップは、指定された SQL Server のインスタンスに接続することはありません。 考えられる原因

SQL Server を実行するコンピューターへのリモート接続が無効になります。

解決方法

リモート SQL Server のインスタンスを有効にするには、次の操作を行います。
  1. [スタート] メニューの [から] をポイントします。 すべてのプログラムを指す Microsoft SQL Server 2008を指す 構成ツール、] をクリックし、 SQL Server 構成マネージャー.
  2. 展開コンソール ウィンドウで、SQL Server 構成マネージャーでは、 SQL Server ネットワークの構成、DPM の名前付きインスタンスのネットワーク プロトコルを選択します。
  3. で、 詳細情報 TCP/IP を無効にした場合、ウィンドウを右クリックします。 TCP/IP をクリック 有効にします。.


考えられる原因

SQL Server ブラウザー サービスが無効になります。

解決方法

SQL Server ブラウザー サービスを開始するには、次の操作を行います。
  1. SQL Server 構成マネージャーでは、コンソール ウィンドウで、をクリックします。 SQL Server のサービス.
  2. で、 詳細情報 ウィンドウを右クリックして SQL Server ブラウザー、] をクリックし、 プロパティ.
  3. SQL Server ブラウザーのプロパティ] ダイアログ ボックス内で、 サービス タブで、 自動 から、 モードを開始します。 」ドロップ ダウン リストを入力し、 [Ok].

注: <b>

既定では、Microsoft SQL Server は、SQL Server ブラウザー サービスが自動的に開始を設定します。

考えられる原因

リモート SQL Server のインスタンスが次の形式であることを確認してください。

コンピューター名>\インスタンス名>

注: <b>

のみを使用して、コンピューター名> 既定のインスタンスです。

考えられる原因

DPM サーバーと SQL Server を実行しているコンピューター間のネットワーク接続はありません。

解決方法

DPM サーバーと SQL Server を実行しているコンピューター間の接続があることを確認します。
4309 SQL Server 2008 のインストールに失敗しました。システムに SQL Server 2008 のインストールによって行われたすべての変更はロールバックされました。手動で SQL Server 2008 をインストールします。手順については、「手動で前提条件ソフトウェアをインストールする」DPM 2010 の展開ガイドで参照してください。
4310 SQL Server 2008 のインストールに失敗しました。 障害を SQL Server のインストール ログ ファイルを確認し、適切なアクションを実行します。
4323エラー: ローカル グループにユーザーを追加するのには、DPM セットアップが失敗しました。エラーの詳細を確認、適切なアクションを実行し、DPM セットアップを再度実行します。

ID: 4323。詳細: メンバーを追加またはできなかったメンバーが存在しないために、ローカル グループから削除します。
(ドメインでは、さまざまな NetBIOS 名と DNS 名を持つ) 場合は、環境が切り離された名前空間を持つ場合、この問題が発生することができます。この問題を解決する方法の詳細については、次を参照してくださいしてください。

システム センター 2012 R2 の Data Protection Manager のインストールが失敗し、ID が生成されます: 4323:「メンバーを追加できませんでした」
4324 インスタンスを選択することはできません。 <InstanceName></InstanceName> ローカル コンピューターです。 DPM をインストールするか、独自の SQL Server のインスタンスをインストールする DPM を使用するオプションを選択する別のインスタンスを指定します。DPM の SQL Server のインスタンスが既に存在する場合は再利用されます。
4350 DPM のアップグレードでは、レプリカを無効としてマークされています。 ユーザーの操作は必要ありません。
4376 DPM サーバー上で DPM 管理シェルをインストールすることはできません。 ユーザーの操作は必要ありません。
4386 再起動が保留中であるために、SQL Server のインストールが失敗したこのコンピューターにします。コンピューターを再起動し、DPM セットアップを再度開始します。

目次に戻る

エラーコード 6000--7999

エラー コードメッセージ追加情報
6002 アイテムの完全な制御を許可するのにはシステム アカウントのアクセス許可を設定します。 アイテムの完全な制御を許可するのにはシステム アカウントのアクセス許可を設定します。
6003 DPM がパスにアクセスできません。 ファイル名 システム アカウントにアクセス許可が拒否されました。アイテムの完全な制御を許可するのにはシステム アカウントのアクセス許可を設定します。
6012 DPM は、パスの下にあるマウント ポイントにアクセスできません。 ファイル名 システム アカウントにアクセス許可が拒否されました。指定されたパスでフォルダー内容の一覧表示] と [アイテムの読み取りを許可するのにはシステム アカウントのアクセス許可を設定します。
6013 DPM は、パスの下にあるマウント ポイントにアクセスできません。 ファイル名 システム アカウントにアクセス許可が拒否されました。指定されたパスでフォルダー内容の一覧表示] と [アイテムの読み取りを許可するのにはシステム アカウントのアクセス許可を設定します。
7001 ターゲット コンピューター上のオペレーティング システムは、有効なクライアントのオペレーティング システムではありません。ユーザーの操作は必要ありません。
7002 コンピューターが Active Directory ドメイン サービス内に見つかりませんでした。 ユーザーの操作は必要ありません。
7003 選択したデータ ソースは、同じ保護グループに追加できません。保護グループには、クライアントのデータ ソースまたは他のデータ ソースのいずれかが必要です。ユーザーの操作は必要ありません。
7004 オプション クライアント コンピューターではサポートされていません。 バックアップする必要のあるフォルダーを指定するには、次のように使用します。 .詳細については、ヘルプを表示を実行します .
7005 パラメーター クライアント コンピューターの保護を構成する際に使用できません。詳細については、コマンドレットのヘルプを参照してください。
7006 パラメーター 選択したデータ ソースの保護を構成する際に使用できません。詳細については、コマンドレットのヘルプを参照してください。
7007 同期の間隔の指定が正しくありません。同期の間隔は、1、2、4、6、12、または 24 時間にのみ設定できます。ユーザーの操作は必要ありません。
7009 クライアント コンピューターの即時またはスケジュールの最初のレプリケーションはサポートされていません。クライアント コンピューターが、DPM サーバーのネットワークに接続するときと、最初のレプリケーションが行われます。ユーザーの操作は必要ありません。
7010 コンピューター サーバーと保護されています。それを保護できませんクライアントと同時にします。ユーザーの操作は必要ありません。
7011 オプション クライアントとして保護されたコンピューターではサポートされていません。 ユーザーの操作は必要ありません。
7012 コンピューター クライアントとして保護されています。それを保護できませんサーバーと同時にします。ユーザーの操作は必要ありません。
7013 選択したコンピューターの一部を追加できませんでした。追加できませんでしたが、コンピューターの一覧を表示するには、選択可能なコンピューターの一覧の下の「マシンを追加するのには失敗しました」のリンクをクリックします。ユーザーの操作は必要ありません。

目次に戻る

23000 + のエラー コード

エラー コードメッセージ追加情報
23043 DPM は予期せずテープの終わりに達しました。 MediaLabel.テープが変更された可能性があります。このテープの別のコピーをした場合は、コピーを使用してリカバリを再試行します。
23044 DPM サーバー上の他の操作が現在実行しているために、再スキャンを実行できません。その他の操作の完了を待機し、この操作を再試行してください。
23045 でしたが、私に 1 つまたは複数のテープを移動するとスロットのポートです。
  1. ライブラリ ドアがロックされていることを確認して、E ポートが取り消されるとします。
  2. 表示されるための十分な確認を解放すると、E ポートは、ライブラリのスロットです。
24003 テープは、別の DPM サーバーによって管理されます。 ユーザーの操作は必要ありません。
24007 テープ <MediaLabel> </MediaLabel>クリーニング テープではないために、クリーニング テープとしてマークできません。ユーザーの操作は必要ありません。
24008 DPM がテープに要求された操作を完了できません。 <MediaLabel> </MediaLabel>このテープは、別のジョブが使用されています。後で操作を再試行してください。
24014 ライブラリには、電源が不足してか、ケーブルが正しく接続されていません。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. ライブラリの電源が入っていることを確認します。
  2. データ接続と電源ケーブルが正しく接続されていることを確認します。
  3. オープン コンピューターの管理 デバイス マネージャー、ライブラリが表示されていることを確認します。
24015 テープがライブラリ オートローダ内でスタックしています。 オートローダー ライブラリからテープを削除します。テープのエラーのトラブルシューティングの手順については、ハードウェアのマニュアルを参照してください。テープが修復されると、ライブラリのジョブを再度実行します。
24017 <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>ドライブの情報を更新する必要があります。で、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブで、ライブラリを選択し、、 アクション ウィンドウで、をクリックして 再スキャンします。.
24018 ドライブのクリーニングでは、失敗したか、タイムアウトになりました。 クリーニング テープを変更し、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブの アクション ウィンドウは、ドライブを選択しをクリックして クリーニング.
24019 ドライブ <DriveName> </DriveName><LibraryType><Library> </Library></LibraryType>サービスを提供する必要があります。ドライブがサービスを提供するようにハードウェアの製品サポートに問い合わせてください。このドライブがない場合に、ドライブ割り当ての変更が必要な場合を識別するすべての保護グループも参照してください。
24021 DPM をテープに移動しようとしました。 <ElementType><ElementName> </ElementName></ElementType>この <ElementType> </ElementType>使用中でした。DPM は、ライブラリの現在の状態と同期できない場合があります。<Library></Library>. このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. で、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブで、ライブラリを選択します。 <Library></Library>、、、 アクション ウィンドウで、をクリックして 在庫.
  2. 場合、 <ElementType> </ElementType>テープなどを含む、ライブラリのフロント ・ パネルを使用してこのテープを削除します。
24022 <ElementType><ElementName> </ElementName></ElementType>DPM で予期されているときにテープがありませんでした。DPM の状態と同期できない可能性があります、<LibraryType><Library></Library></LibraryType>. で、 管理 領域のタスク] をクリックします ライブラリ タブを選択します <LibraryType><Library></Library></LibraryType>、、、 アクション ウィンドウで、をクリックして インベントリ ライブラリ.
24023 ライブラリ <Library> </Library>テープのマウントが解除されて、その必要があります移動する戻るからそれがマウントされていたスロットに定められています。ただし、スロットします。<SlotName> </SlotName>空ではありません。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. スロットにテープを削除する<SlotName>、ライブラリのフロント ・ パネルを使用しています</SlotName>。
  2. で、 管理 領域のタスク] をクリックします ライブラリ タブ、、 アクション ウィンドウで、をクリックして インベントリ ライブラリ インベントリを実行します。
24024 同じ名前のライブラリがこのサーバーに既に結び付けられています。 ライブラリの別の名前を選択します。
24025 操作を実行することはできません。 <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>それが含まれないために/E ポートです。 ユーザーの操作は必要ありません。
24026 DPM 管理者コンソールが、ライブラリの実際の状態と同期していないために、操作を実行できません。ライブラリの実際の状態と同期するのには、DPM 管理者コンソールを閉じてから。
24027 操作が失敗、スロット <SlotName> </SlotName>ライブラリ内 <Library></Library>空でした。このテープに現在あります。 <MediaLocationType><MediaLocationInfo></MediaLocationInfo></MediaLocationType>. 現在の場所から上で指定したスロットにテープを移動するのには、ライブラリのフロント ・ パネルを使用します。
24029 テープの消去処理がスキップされました <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>テープの消去をサポートしていません。 ユーザーの操作は必要ありません。
24031 DPM がテープを再カタログ化することができませんでした。 <MediaLocationType><MediaLocationInfo></MediaLocationInfo></MediaLocationType><LibraryType><Library> </Library></LibraryType>このテープが指定されていません。で、 管理 領域のタスク] をクリックします ライブラリ タブ、、 アクション ウィンドウで、をクリックして インベントリ ライブラリ.テープを選択し、 <MediaLabel></MediaLabel>、] をクリックし、 不明なテープを識別します。.
24033 テープの詳細インベントリは実行されません。 <MediaLabel> </MediaLabel>判明するため、この DPM サーバーにします。ユーザーの操作は必要ありません。
24034 DPM は、私を予約できませんでした/E は、必要なリソースのいずれかにアクセスできないためにリソースを移植します。ライブラリの保留中の通知がないことを確認します。いることを確認なしにスロットのポートが開かれているままになっていると閉じたりする場合は、I と E ポート ・ スロットです。
24036 操作に失敗しました、E ポートが現在使用されているとします。 後にこの操作を再試行すると E ポートがないです。
24037 でしたので、選択されているテープを消去するのにはの状態、 <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>見た DPM は、ライブラリの実際の状態と同じではありません。詳細なインベントリおよび高速インベントリを実行します。
24038 テープ上のバーコード <MediaLabel> </MediaLabel><MediaLocationType><MediaLocationInfo> </MediaLocationInfo></MediaLocationType>DPM でインベントリが、前回から変更されているが表示されます。このエラーを解決するには、テープのバーコードを更新します。
24039 ラベル付きテープ上で検出された重複データのバーコード <MediaLabel> </MediaLabel><MediaLabel></MediaLabel>. このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. ライブラリからテープを削除します。
  2. DPM からのバーコードのチェック ボックスをオフに重複する情報です。
  3. テープ上のバーコードを交換し、ライブラリに挿入しています。
  4. ライブラリをインベントリします。
24040 インポートされたテープを再カタログ化できませんでした。 <MediaLabel> </MediaLabel>インベントリされていません。で、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブをクリックしてください インベントリ ライブラリ、し、詳細インベントリを実行するためのオプションを選択します。
24041 インポートされたテープを再カタログ化できませんでした。 <MediaLabel> </MediaLabel>テープが空です。DPM は、テープ上に有効なデータがあることを再カタログのみできます。
24042 カタログ情報が含まれていないために、インポートされたテープを再カタログ化できませんでした。データが複数のテープにまたがることと、カタログ情報が別のテープ上に存在可能性が高いです。バックアップに関連付けられているすべてのテープを挿入し、操作を再試行してください。
24050 テープからの操作を実行できませんでした。 メディアにラベルを付ける > では使用できませんライブラリの種類 > ライブラリ >. このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. DPM 管理者コンソールで、次のようにクリックします。 監視 クリックし、ナビゲーション ・ バーで、 アラート タブのいずれかのチェック 空きテープのしきい値に達しました ライブラリによって生成されるアラートです。このような警告が表示されている場合は、手順 3 に進みます。
  2. DPM 管理者コンソールで、次のようにクリックします。 管理 ナビゲーション バーのをクリックします ライブラリ タブをクリックし、次の操作を行います。
    • ライブラリのすべてのスロットを展開し、無料または期限切れになったテープを確認します。項目がない場合は、手順 3 に進みます。
    • ライブラリ内のすべての疑いのあるテープを確認します。疑いのあるテープが存在する場合は、特定のテープ (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=185319) する方法の」と思われるテープを管理する」を参照してください。

  3. ライブラリに新しいテープを挿入し、実行、 高速インベントリ アクションの後に、 不明なテープを識別します。 アクションです。DPM 管理者コンソールで、次のようにクリックします。 管理 ナビゲーション バーのをクリックします ライブラリ タブ、新しいテープを空きとして表示されるかどうかを確認します。をクリックし、 監視 ナビゲーション バーのをクリックします アラート タブをクリックし、失敗したジョブを再開します。
24051 必要なテープ ・ リソース <MediaLabel> </MediaLabel>別のタスクによって予約されています。 その他の操作が完了するまで待機または実行中の操作をキャンセルします。操作を再試行してください。
24052 クリーニングまたは修理に必要なドライブが必要なリソースの 1 つはオンラインではないために、DPM はドライブ ・ リソースを予約できませんでした。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 表示し、ライブラリとそのドライブのすべてのアラートを解決します。アラートを解決した後は、操作を再試行してください。
  2. で、 管理 領域のタスク] をクリックします ライブラリ タブ、、 アクション ウィンドウで、をクリックして 再スキャンします。.再スキャン ・ オペレーションが正常に完了したら、操作を再試行してください。
24053 必要なドライブのリソースは、別のタスクによって予約されています。 ライブラリおよびドライブのすべてのアラートを解決するにを表示、または他の操作が完了するまで待ちます。アラートを解決した後で操作を再試行してください。
24054 内のテープの操作を実行できません。 <MediaLocationType><MediaLocationInfo> </MediaLocationInfo></MediaLocationType>クリーニング テープであるためです。 ユーザーの操作は必要ありません。
24055 使用できる使用可能なドライブがなかったために、操作が失敗しました <LibraryType><Library></Library></LibraryType>.ドライブをオンラインではないか、クリーニングまたはサービスのすべてのドライブが必要です。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. で、 監視 領域で、[タスクの アラート タブで、このライブラリとそのドライブのすべてのアラートを解決します。アラートを解決した後、この操作を再試行してください。
  2. ドライブを正常に機能ですが、現在使用されているなら、他の操作を完了して、この操作を再試行するまで待ちます。
24056 <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>DPM 管理者によって無効にされています。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. このライブラリがアクティブな保護グループに関連付けられている場合は、障害が発生したからテープに関連するジョブを防ぐために別のライブラリに関連付ける保護グループを変更します。
  2. テープに関連するジョブのこのライブラリを使用するかどうか、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブで、このライブラリを選択し、、 アクション ウィンドウで、をクリックして ライブラリを有効にします。.
24057 DPM のテープ ・ バックアップのコピーを作成できませんでした。 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName> </ServerName>テープ ・ バックアップが失敗したか、実行されませんでした。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. 警告を使用して、障害が発生したテープ バックアップ ジョブを再試行します 監視 作業領域です。
  2. テープ バックアップ ジョブが実行されなかったであるため、コピーが失敗した場合、 保護 領域のタスク] をクリックしてください テープの回復ポイントを作成します。 短期的なテープ ・ バックアップを作成します。
  3. テープ ・ バックアップを正常に実行するには後で警告を使用して、失敗したコピー ・ ジョブを再試行します 監視 作業領域です。
24058 証明書 <CertificateName> </CertificateName>シリアル番号を持つ <CertificateSerialNumber> </CertificateSerialNumber>によって発行されました。 <CertificateIssuer> </CertificateIssuer>期限が切れます <ExpiryDate></ExpiryDate>.この時間の後、すべての暗号化されたバックアップ ジョブが失敗します。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. この証明書に秘密キーが含まれている場合は、DPM 回復証明書のコレクションを将来、データをリカバリするためにこの証明書を移動して、バックアップを続行するのには DPM バックアップ証明書のコレクション内の有効な証明書にこの証明書を交換してください。
  2. この証明書に秘密キーが含まれていない場合は、バックアップを続行するのには DPM バックアップ証明書のコレクション内の有効な証明書にこの証明書を交換してください。
24059 証明書 <CertificateName> </CertificateName>シリアル番号を持つ <CertificateSerialNumber></CertificateSerialNumber>によって発行されました。 <CertificateIssuer> </CertificateIssuer>期限が切れます <ExpiryDate></ExpiryDate>.この時間の後、すべての暗号化されたバックアップ ジョブが失敗します。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. この証明書に秘密キーが含まれている場合は、DPM 回復証明書のコレクションを将来的にデータをリカバリするためにこの証明書を移動して、バックアップを続行するのには DPM バックアップ証明書のコレクション内の有効な証明書にこの証明書を交換してください。
  2. この証明書に秘密キーが含まれていない場合は、バックアップを続行するのには DPM バックアップ証明書のコレクション内の有効な証明書にこの証明書を交換してください。

証明書の詳細については、「方法に暗号化データに、保護グループ」DPM ヘルプを参照してください。
24060 DPMBackupStore の下にある一部の証明書は、ジョブの開始以降に変更されました。ジョブを再試行してください。
24061 検出、予期しないテープ <MediaLocationType><MediaLocationInfo></MediaLocationInfo></MediaLocationType><LibraryType><Library></Library></LibraryType>. 疑いのあるテープを示すアクティブなアラートがあるかどうか確認します。このような警告が存在する場合は、適切な推奨される操作をこのジョブを再試行してください。
24070 DPMBackupStore [証明書の期限が切れた。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. この証明書に秘密キーが含まれている場合は、DPM 回復証明書のコレクションを将来的にデータをリカバリするためにこの証明書を移動して、バックアップを続行するのには DPM バックアップ証明書のコレクション内の有効な証明書にこの証明書を交換してください。
  2. この証明書に秘密キーが含まれていない場合は、バックアップを続行するのには DPM バックアップ証明書のコレクション内の有効な証明書にこの証明書を交換してください。

証明書の詳細については、「方法に暗号化データに、保護グループ」DPM ヘルプを参照してください。
24071 この DPM サーバーでは、読み取りまたは DPMBackupStore と DPMRestoreStore のデータを復号化できる有効な証明書がないために、この暗号化されたテープへの書き込み権限がありません。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. DPMBackupStore がこのテープの暗号化を解除するのには証明書を持っていることを確認します。
  2. このテープを参照する権限がある DPM サーバー上には、このテープを使用します。

証明書の詳細については、「方法に暗号化データに、保護グループ」DPM ヘルプを参照してください。
24072 DPMBackupStore または DPMRestoreStore が存在しません。 DPMBackupStore と DPMRestoreStore の証明書ストアを再作成するのにには、証明書管理コンソールを使用します。
24073 証明書は、DPMBackupStore の下ではありません。 DPM バックアップ証明書のコレクションには、証明書を追加します。

証明書の詳細については、「方法に暗号化データに、保護グループ」DPM ヘルプを参照してください。
24074 テープ上のデータを暗号化できませんでした。 ジョブを再試行してください。
24075 このテープ上の証明書が壊れています。このテープ上のデータを回復できません。 ユーザーの操作は必要ありません。
24076 ライブラリ エージェントに DPM によって送信されたコマンドがタイムアウトになりました。 操作を再試行してください。
24077 DPM がテープのマウントに失敗しました <MediaLabel> </MediaLabel>ドライブで <DriveName> </DriveName>ライブラリの <Library></Library>.ライブラリの現在の状態とは、DPM は同期されていないためにです。で、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブで、ライブラリを選択しをクリックし、 インベントリ ライブラリ.有効な場合を選択します 高速インベントリ オプションです。それ以外の場合を選択します 詳細インベントリ オプションです。
24078 秘密キーと証明書は、DPMBackupStore 内に存在ではありません。 証明書管理コンソールで、[証明書ストアを開く、 コンピューター DPM サーバー上のアカウントです。DPMBackupStore 証明書のコレクションに秘密キーを持つ証明書を追加します。

証明書の詳細については、「方法に暗号化データに、保護グループ」DPM ヘルプを参照してください。
24079 DPM では、テープをテープのカタログ情報を解析中にエラーが発生しました<MediaLabel></MediaLabel>. 操作を再試行してください。
24080 テープの内容を解析しているときに重大なエラーが発生しました<MediaLabel></MediaLabel>.このテープ上のデータが破損している可能性があります。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. このテープの別のコピーがある場合は、するを使用して、リカバリを再試行してください。
  2. 必要はありません、このテープの別のコピーの場合、 回復 タスク領域は、すべて必要な個々 の回復可能な項目を選択し、リカバリを実行します。

24082 DPM は、指定した回復ポイントが存在しないために、操作を実行できませんでした。ユーザーの操作は必要ありません。
24083 リカバリが失敗しました。 <DatasourceType><DatasourceName> </DatasourceName></DatasourceType><ServerName></ServerName>.SAN の回復の保護されたコンピューターでは、DPM のレプリカと回復ポイント ボリュームのハードウェア スナップショットはマウントされません。記録してハードウェアの DPM のレプリカと回復ポイントのボリューム、および保護されたコンピューターにマウントするのには、SAN のソフトウェアを使用します。
24084 内のテープ <LibraryType><Library> </Library></LibraryType><MediaLocationType><MediaLocationInfo> </MediaLocationInfo></MediaLocationType>によって、サポートされていない物理ブロック サイズを使用して別のテープ ・ バックアップ ・ アプリケーションに書かれています.このエラーを解決するには、テープの内容を消去するのには、次の操作を行います。
  • DPM 管理者コンソール内で、 管理 領域のタスク] をクリックします ライブラリ タブで、テープを選択しをクリックし、 テープを消去します。.後テープを消去するには、DPM に使用できますバックアップします。

注: <b>

スタンドアロンのテープ ドライブがある場合は、DPM 以外のツールを使用してテープを消去する必要があります。
24085 DPM には、新しいスレッドを開始できません。 システム メモリと CPU 使用率を確認してください。
24086 テープのマウントを解除できませんでした。 <MediaLabel> </MediaLabel>ドライブで <DriveName> </DriveName>ライブラリの <Library></Library>.ライブラリの現在の状態とは、DPM は同期されていないためにです。で、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブで、ライブラリを選択し、、 アクション ウィンドウで、をクリックして インベントリ ライブラリ.有効な場合を選択します 高速インベントリ オプションです。それ以外の場合を選択します 詳細インベントリ オプションです。
24088 ドライブ <DriveName> </DriveName><LibraryType><Library> </Library></LibraryType>ゾーン化されていない正しく。推進するためだけになっていることを確認します <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>DPM サーバーおよびチェンジャーではないに表示されます。
24089 <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>接続されています。 <MachineName> </MachineName>使用可能なドライバーがないために、オフラインになります。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. このライブラリのドライブが適切にゾーニングされていることを確認します。
  2. すべてのドライブがこのライブラリの通知は、解決に関連することを確認します。

24090 グローバルな DPMDB データベースにはアクセスできません。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. グローバルな DPMDB データベースにアクセスできることを確認します。
  2. グローバルな DPMDB データベースの SQL Server のインスタンスが実行されていることを確認します。
  3. グローバルな DPMDB データベースをホストしているコンピューターへのネットワーク接続が正しく構成されていることを確認します。
  4. グローバル DPMDB データベース コンピューターに SQL ブラウザー サービスが実行されていることを確認します。
  5. この DPM サーバーとグローバルの DPMDB データベース コンピューターで MSDTC サービスが実行されていることを確認します。

24091 グローバルな DPMDB データベースにはアクセスできません。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. グローバルな DPMDB データベースにアクセスできることを確認します。
  2. グローバルな DPMDB データベースの SQL Server のインスタンスが実行されていることを確認します。
  3. グローバルな DPMDB データベースをホストしているコンピューターへのネットワーク接続が正しく構成されていることを確認します。
  4. グローバル DPMDB データベース コンピューターに SQL ブラウザー サービスが実行されていることを確認します。
  5. この DPM サーバーとグローバルの DPMDB データベース コンピューターで MSDTC サービスが実行されていることを確認します。

25, 001 DPM は、他の操作を実行するのには、現時点での再スキャンを実行できません、<LibraryType><Library></Library></LibraryType>. 現在のライブラリ ・ オペレーションを完了するまで待機し、この操作を再試行してください。
25002 内のテープ <LibraryType><Library> </Library></LibraryType><MediaLocationType><MediaLocationInfo> </MediaLocationInfo></MediaLocationType>クリーニング テープのように見えます。ただし、このテープをクリーニング テープとしてマークされていません。で、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブで、このテープを選択しをクリックし、 クリーニング テープをマークします。.
25005 ドライブのクリーニング操作 <DriveName> </DriveName>ライブラリの <Library> </Library>かかっています。クリーニング ・ オペレーションが失敗した可能性があります。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. サポートされている場合これを確認することを確認するのには、ライブラリのフロント ・ パネル クリーニング処理が正常に完了しました。
  2. クリーニング ・ オペレーションが失敗した場合、クリーニング テープを変更してみてくださいし、クリーニング ジョブを再実行しています。

25009 DPM は、ライブラリの現在の状態と同期していません。ジョブを実行する、<LibraryType><Library> </Library></LibraryType>失敗する可能性があります。 で、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブをクリックしてください インベントリ ライブラリ.可能な場合を選択します 高速インベントリ オプション、それ以外の場合、選択します 詳細インベントリ オプションです。
25010 DPM が、アクセスしようとしています。 <ElementType><ElementName> </ElementName></ElementType>ライブラリの <Library></Library>.これは、 <ElementType> </ElementType>存在しません。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. で、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブをクリックしてください インベントリ ライブラリ インベントリを実行します。有効な場合を選択します 高速インベントリ オプションです。それ以外の場合を選択します 詳細インベントリ オプションです。DPM で表示されるライブラリの状態が更新されます。
  2. DPM では、インベントリを正常に完了しました後は、操作を再試行してください。

25011 インベントリを作成できませんでした、 <LibraryType><Library></Library></LibraryType>.これは、ハードウェアに問題可能性があります。トラブルシューティングの手順、ハードウェアのマニュアルを参照してください。
25012 DPM は、ライブラリの現在の状態と同期していません。ジョブを実行する、<LibraryType><Library> </Library></LibraryType>失敗する可能性があります。 で、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブをクリックしてください インベントリ ライブラリ.可能であれば、それ以外の場合、高速インベントリを実行、詳細インベントリを実行するためのオプションを選択します。
25013 DPM が検出されるドライブ <DriveName> </DriveName>正しくインストールするのには表示されません。ドライブが正しくマップされているかどうかを確認するのにはドライブの SCSI とバスのマッピングを確認してください。マッピングのいずれかを変更する場合、 管理 領域で、[タスクの ライブラリ タブをクリックし、 再スキャンします。.
25014 <LibraryType><Library> </Library></LibraryType>準備されていません。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. ライブラリの電源が入っていることを確認します。
  2. データまたは電源チャネルの接続の緩みを確認します。
  3. ライブラリがデバイス マネージャーでが表示されることを確認します。
  4. ライブラリのドアが閉じていることを確認します。
  5. その他のトラブルシューティングの手順について、ハードウェアのマニュアルを参照してください。

25015 DPM には、そのドライブが検出されました。 <DriveName> </DriveName>準備されていません。 このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. ドライブは、対象となる場合は、この警告を無視できます。
  2. ドライブの電源が入っていることを確認します。
  3. ドライブが正しく接続されていることを確認します。
  4. デバイス マネージャーで、ドライブが無効になってまたはが表示されていない、次の他のトラブルシューティングの手順について、ハードウェアのマニュアルを参照してください。

25016 DPM でテープを使用できませんでした。 <MediaLocationType><MediaLocationInfo> </MediaLocationInfo></MediaLocationType>バックアップ テープとして正しく識別されているクリーニング テープとして認識されるためです。確認の場合はスロットのテープ <MediaLocationType><MediaLocationInfo> </MediaLocationInfo></MediaLocationType>クリーニング テープがいます。である場合に、 管理 領域のタスク] をクリックします ライブラリ タブで、このテープを選択し、、 アクション ウィンドウで、をクリックして クリーニング テープをマークします。.
25017 DPM では、ドライブはアクセスできませんでした。 <DriveName> </DriveName>別のアプリケーションが現在使用しているためです。他のアプリケーションで、ドライブの使用を完了するまで待機するか、他のアプリケーションを停止します。
25018 クリーナーのメディア <MediaLocationType><MediaLocationInfo> </MediaLocationInfo></MediaLocationType>期限が切れています。 クリーニング テープを変更し、クリーニング ジョブを再度実行します。
30089 操作に失敗しました。 <TargetedServerName> </TargetedServerName>サポートされていない単一インスタンス ストア (SIS) ファイルとして<FileName> </FileName>ソース ・ ボリューム上で見つかりました。 このエラーを解決するには、ファイル属性を変更するか、仮想マシン全体をリカバリします。
30101 テープ上の I/O 操作の実行中に重大なエラーが発生しました <Media label=""> </Media>(バーコード ・ <Media barcode=""></Media>) で <Media location="" type=""><Media location="" info=""></Media></Media>. このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  1. ダウンロードし、テープ ・ ドライブの製造元から最新のドライバーおよびファームウェアの更新をインストールします。
  2. テープ ドライブ ベンダーの多くは、ハードウェアの問題を診断するために使用できるユーティリティも提供します。
  3. クリーニングし、テープ ドライブのサービスを提供します。


テープのサイズを一致するように、TapeSize レジストリ値を変更します。

テープには、最後に達すると、ドライバーによって正しく返すことがあります、 デバイス I/O エラー コードの代わりに、 達するとテープの最後 コードです。このエラーを解決するのには、テープのサイズに一致する次のレジストリ サブキーの値を変更します。

レジストリの場所:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Agent

DWORD 名: TapeSize
(MBs) の値のデータ: 00030000



並列書き込みバッファーの数を減らす

誤ったドライバーは、複数の並列書き込み要求を処理できない可能性があります。このエラーを解決するには、作成し、DPM を使用する並列書き込みバッファーの数を減らすために次のレジストリ サブキーを変更します。

レジストリの場所:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft Data Protection Manager\Agent

DWORD 名: BufferQueueSize
値のデータ: 00000001


注意が必要

深刻な問題は、レジストリを誤って変更する場合に発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証することはできません。自己の責任においてレジストリを変更してください。常に変更する前にレジストリをバックアップして、問題が発生した場合は、レジストリを復元する方法を理解していることを確認してください。
30111 VSS アプリケーション ライターまたは VSS プロバイダーが不正な状態です。正しくない状態で既にか、現在の操作中にエラー状態に入力します。必要なライセンス サーバーにインストールされていることを確認、バックアップを再試行してください。

仮想マシンをバックアップしようとして、VHD ファイルは、CSV のルートにある場合にも発生することができます。この問題を回避するには、フォルダーを作成し、フォルダーの中に VHD を移動します。
30112 DPM には、再試行可能な VSS エラーが発生しました。 、したが、このエラーが発生したときの状況によっては、次のセクションは、このエラーを解決する方法を説明します。

仮想マシン上のボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) のエラー

このような状況でこのエラーを解決するには、次の操作のいずれかを実行します。
  • バーチャル マシンに統合コンポーネント パッケージのバージョンが最新であることを確認します。仮想マシンのホストで、開く サーバー マネージャー、展開 ロール、] をクリックして Hyper-v、し、次に、 イベント リストに、 概要 領域では、統合コンポーネント パッケージを更新する必要がある警告を探します。
  • 仮想マシン上のすべてのライターが安定した状態であることを確認してください。仮想マシンでは、管理者特権のコマンド プロンプト ウィンドウを開くには種類 vssadmin リスト ライター、し、Enter キーを押します。
  • 仮想マシンの VSS エラーが解決されていないされていないことを確認します。仮想マシンでは、開いています。 サーバー マネージャー、展開 診断、展開 イベントを表示します。wer、展開 Windows ログ、] をクリックし、 アプリケーション.検索するすべての VSS エラーを解決します。
    • 展開 診断、展開 Windows ログをし、解決手順のアプリケーションおよびシステム イベントを確認します。
    • 展開 ロール、] をクリックして Hyper-v、、、 概要 領域、解決方法の手順のイベントリストを確認します。



Exchange 2010、Exchange 2007 または Exchange 2003 を実行しているコンピューターの増分バックアップを使用して回復ポイントを作成します。

このデータ ソースでは、循環ログを有効にする場合があります。DPM 2010 はである Exchange 2010、Exchange 2007 または Exchange 2003 を実行しているコンピューターの増分バックアップをサポートしていません 循環ログ 有効です。

このような状況でこのエラーを解決するには、オフにします 循環ログ チェック ボックスをオンしのリカバリ ・ ポイントを再作成してください。

インクリメンタル ・ バックアップが実行されると、ストレージ ・ グループに ntbackup を実行した後、次の増分バックアップが失敗します。

インクリメンタル ・ バックアップを実行する前に DPM の完全な回復ポイントを作成します。
30140 DPM は、バックアップ ジョブまたは時間ジョブの最新の時点までリカバリの一環として、SQL のログのバックアップを行うとしました。SQL ログのバックアップ ・ ジョブを検出しました、不連続性<DatasourceName>の<DatasourceType>データベースの SQL ログ チェーンの最後のバックアップ以降。高速まですべての増分バックアップ ジョブは失敗します完全なバックアップを実行します。 </DatasourceType></DatasourceName>バックアップの失敗について

バックアップ ・ ジョブの一部としてこのエラーが表示された場合、保護タスク領域では、SQL Server データベースを選択します。回復ポイントの作成、をクリック、express を実行して、完全バックアップします。次の予定の高速完全を待機する代わりに、バックアップを実行します。

回復エラーの

リカバリ ・ ジョブの一部としてこのエラーが発生した場合の別のポイントからのリカバリを試みます。詳細については SQL Server を実行しているコンピューターのイベント ビューアーのアプリケーション ログを確認します。このデータベースが現在別のバックアップ ・ アプリケーションによって保護されていませんことを確認します。
30146 <ObjectName> <DatasourceType> <DatasourceName> <ServerName>.</ServerName>で</DatasourceName></DatasourceType></ObjectName>のデータの整合性の検証チェックが失敗しました。最近、Exchange サーバーをアップグレードした場合は、DPM サーバーにそのサーバーからコピーにします。、Exchange サーバー管理者に問い合わせて、問題を確認し、.破損した状態に対処するのには、最後の正常なバックアップを復元できます。
30169 操作が失敗しました。DatasourceType>データ ソース名> にサーバー名> データ ソースが利用できないためです。この問題をトラブルシューティングするには、次のことを確認します。
  1. データ ソースは、オンラインです。
  2. データ ソースは、復元中の状態ではありません。
  3. アプリケーションの VSS ライターが実行されています。
  4. データ ソースは、アクセスできるようにします。
  5. データ ソースが不足しているではありません。
  6. データ ソースが SharePoint ファームのメンバーである場合は、SharePoint ファームの構成にまだ存在しているを確認します。このエラーの詳細についてに移動します。 HYPER-V の保護の問題.

30172データベースを SQL Server 2012年の DPM ジョブが失敗しました。データベース名> にAGName> SQL Server のインスタンスは、保護エージェントに接続を拒否したため (30172 の詳細を ID: 内部エラー コード: 0x80990F75)。この問題を解決するには、SQL Server 管理コンソールを開きます、可用性グループの全般的な読み取り可能なセカンダリ ・ ->->のプロパティに移動し、設定の両方のプライマリおよびセカンダリ サーバーを 'Yes' にします。
30173 SQL コマンドの実行に失敗しました<DatasourceType><DatasourceName>の<ServerName>の理由である: <Reason>.</Reason> </ServerName> </DatasourceName> </DatasourceType>アプリケーション イベント ビューアーのログを SQL コマンドが失敗した理由を確認するのには SQL Server サービスに投稿されたエントリの SQL Server のインスタンスを確認します。詳細については、SQL Server エラー ログを参照してください。
30184 DPM は、 <DatasourceType> <DatasourceName> <ServerName>.</ServerName>上</DatasourceName></DatasourceType>の保護を続行できません。監視タスク領域で、「保護を構成できません」が、このデータ ソースの警告し、ジョブを再試行するのには次のリンクをクリックし、解決します。
30195 DPM が回復ポイント ボリュームの空き領域が不足実行し、の同期は失敗します<DatasourceName>に<ServerName>既存のリカバリを防止するためには、削除されるをポイントします</ServerName></DatasourceName>。保留中の回復ポイント ボリュームのしきい値警告をこのデータ ソースのアクティブなジョブを再実行し、存在しないことを確認します。DPM を自動的にボリュームを拡張し、アラートを解決可能性があります。
30214 DPM は、バックアップを作成できませんでした。システム状態のみをバックアップする場合は、システム状態のバックアップを格納する保護されたコンピューターに十分な空き領域があるかどうかを確認します。Windows Server 2008 を実行している保護されたコンピューター、Windows Server バックアップ (WSB) がインストールされていると、他のバックアップまたはリカバリのタスクを実行していないにことを確認します。WSB で保護されたコンピューター上のイベント ログに報告するエラーを表示できます。解像度のアクションとこれらのエラーの詳細についてに移動します。 バックアップ ・ オペレーション.
30216 Windows Server バックアップでは、DPM で保護されている Exchange Server と SQL Server のログを切り詰めることができます。このエラーを解決するには、次の操作を行います。
  • Windows Server バックアップを使用してボリュームをバックアップするバックアップ 1 回のウィザードを使用してのみで行います。
  • スケジュール ・ バックアップを実行するバックアップ スケジュール ウィザードを使用する場合は、DPM で保護されているボリュームには、Exchange Server のメールボックス ストアまたは SQL Server データベースなどのアプリケーション データが含まれていないことを確認します。
  • Windows Server バックアップを再構成します。保護タスク領域で、DPM 管理者コンソールで、ボリュームを選択、回復ポイントの作成をクリック、[操作] ウィンドウで、フル ・ バックアップを高速です。

30229 Windows Server バックアップ (WSB) 保護されたコンピューター上でエラーが発生したため、DPM でバックアップを作成できません (WSB イベント ID: <WindowsBackupEventID>、WSB エラー コード: <WindowsBackupErrorCode>).</WindowsBackupErrorCode> </WindowsBackupEventID>解像度の操作および WSB エラーの詳細についてに移動します。 バックアップ ・ オペレーション.
30290 1 つまたは複数のバックアップ操作に関連するボリュームをスナップショット セットに追加するときにエラーが発生しました。上のイベント ログを確認してください。<ServerName> </ServerName>問題のトラブルシューティングします。 このエラーを解決するには、HYPER-V を実行しているホスト コンピューターで、ハードウェア スナップショットを作成するために必要なチャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル (CHAP) の資格情報が正しく構成されているを確認します。詳細については、VSS ハードウェア プロバイダーのベンダーからのマニュアルを参照してください。
32500キャッシュ ボリュームに十分なディスク領域があります。MABAgent サービスのスクラッチの場所を変更するには、次の手順を実行します。
  1. Microsoft Azure リカバリのサービス ・ エージェントを停止するには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行しています。
    Net stop obengine
  2. 十分な空き領域がある別のドライブにスクラッチ フォルダーにコピーします。

    注: <b> 必要なスクラッチ領域は、バックアップ対象データのサイズの少なくとも 10% です。(たとえば、100 gb のデータのバックアップを必要とスクラッチの場所に空き領域の 10 GB のです。)
  3. スクラッチ フォルダーの新しいパスには、次のレジストリ エントリを更新します。
    [を Azure Backup\Config]ScratchLocation>

    [を Azure Backup\Config\CloudBackupProvider]ScratchLocation>
  4. Azure 回復サービスを起動するには、管理者特権のコマンド プロンプトで次のコマンドを実行します。
    ネット スタート obengine
スクラッチ領域のサイズの詳細については、次のドキュメントを参照してください。

目次に戻る

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3041344 - 最終更新日: 09/04/2015 20:42:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft System Center 2012 Data Protection Manager Service Pack 1

  • kbexpertiseinter kbinfo kbmt KB3041344 KbMtja
フィードバック