現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows XP ようこそ画面上のメール通知表示の概要

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP304148
この資料は、アーカイブされました。これは "現状のまま" で提供され、更新されることはありません。
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
概要
ようこそ画面はドメインに所属していない Windows XP Home Edition および Windows XP Professional ベースのコンピュータで、デフォルトで表示されます。ようこそ画面の名前の下に、未読の電子メール メッセージ数を示すハイパーリンクがあり、それをクリックすると、メッセージの送信元のアカウントや、各電子メール プロバイダごとの数が表示されます。たとえば、3 つの未読電子メール メッセージがある場合、名前の下のハイパーリンクをクリックすると、次のような情報が表示されます。UserID は対応する電子メール アカウントのユーザー名です。
UserID@msn.com (2)
UserID@hotmail.com (1)
このハイパーリンクは、コンピュータ上でようこそ画面を更新できる電子メール クライアントが実行されている場合にのみ表示されます。現在、この機能をサポートしているのは、Microsoft Outlook Express および Microsoft Windows Messenger です。
詳細
警告 : レジストリ エディタまたは別の方法を使用してレジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリの変更により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリの変更は、自己の責任において行ってください。

電子メール ハイパーリンクは、コンピュータで実行されている電子メール クライアントによって、次のレジストリ キーが設定されている場合にのみ表示されます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\UnreadMail
ユーザー インターフェイスでこの機能を無効にすることはできません。また、特定の電子メール アプリケーションのみからの未読メッセージ数を読み込むように、ようこそ画面を構成することもできません。しかし、たとえば、UserID@hotmail.com からの電子メール メッセージをようこそ画面に表示させたくない場合、この動作を回避するには、次のレジストリ キーの SYSTEM アカウントに対するアクセス許可を読み取り専用に設定することができます。
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\UnreadMail
新しいメールの到着時に、アプリケーションがレジストリ キーを更新しようとしても、それを実行する十分なアクセス許可がないため、ようこそ画面は更新されません。次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディタ (Regedit) を起動します。
  2. レジストリの次のフォルダに移動します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\UnreadMail
  3. UnreadMail フォルダを右クリックし、[アクセス許可] をクリックします。
  4. [System] アカウントをクリックし、[フル コントロール] の [拒否] チェック ボックスをオンにします。
  5. [OK] をクリックします。
  6. レジストリ エディタを終了します。
1 つの電子メール クライアントのみを、ようこそ画面の更新から除外するには、"UnreadMail" の下の電子メール アカウントを指定するレジストリ キーのアクセス許可で、SYSTEM アクセス許可を読み取り専用に設定する必要があります。たとえば、UnreadMail キーの下に次の 2 つのレジストリ キーがあるとします。
UserID@msn.com
UserID@hotmail.com
UserID@msn.com が画面に表示されないようにし、UserID@hotmail.com をそのままにしておくには、UserID@msn.com キーにアクセス許可を設定します。
  1. レジストリ エディタ (Regedit) を起動します。
  2. レジストリの次のフォルダに移動します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\UnreadMail
  3. UnreadMail フォルダを展開します。
  4. ようこそ画面に表示されないようにする電子メール プロバイダをクリックします。
  5. フォルダを右クリックし、[アクセス許可] をクリックします。
  6. [System] アカウントをクリックし、[フル コントロール] の [拒否] チェック ボックスをオンにします。
  7. [OK] をクリックします。
  8. レジストリ エディタを終了します。
この機能を利用するアプリケーションの作成方法の詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
この資料の情報は、製品サポートおよびトラブルシューティングのみを目的として提供されています。プログラムで未読メッセージに関する情報を提供するには、SHSetUnreadMessageCount 関数を使用する必要があります。詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
windowsxp email unread messages welcome screen mail
プロパティ

文書番号:304148 - 最終更新日: 12/06/2015 04:10:05 - リビジョン: 3.3

Microsoft Windows XP Home Edition, Microsoft Windows XP Professional

  • kbnosurvey kbarchive kbinfo kbui KB304148
フィードバック