IPv6 用の既定のプレフィックス ポリシー エントリが削除される

現象
Windows Server 2008 の場合、以下のコマンドを実行した際に、既定で設定されていたポリシーが削除されます。
・netsh int ipv6 add prefixpolicy
・netsh int ipv6 set prefixpolicy   
一方で、Windows Server 2008 R2 以降の 場合は、上記コマンドを実行し、プレフィックス ポリシーの設定を行った後 OS を再起動した際に、既定で設定されていたポリシーが削除されます。

*) 既定で設定されているポリシーは、上記コマンド実行前に以下コマンドにて確認することができます。

   netsh int ipv6 show prefixpolicies
原因
netsh int ipv6 set prefixpolicy または netsh int ipv6 add prefixpolicy にて設定を行った直後、あるいは OS を再起動した際に、Windows OS のコンポーネントが既定で設定されているポリシーを、プレフィックス ポリシーの設定項目に反映していないために発生します。
解決方法
下記手順にて既定で設定されている全てのポリシーに netsh int ipv6 set prefixpolicy を実行します。

1) netsh int ipv6 show prefixpolicies にて既定のポリシーを確認します。

2) 追加のポリシーを、netsh int ipv6 add prefixpolicy <プレフィクス> <優先順位> <ラベル>にて設定します。

3) 既定の全てのポリシーに、netsh int ipv6 set prefixpolicy <プレフィクス> <優先順位> <ラベル>にて設定します。

4) OS を再起動します。

5) OS 起動後、netsh int ipv6 show prefixpolicies にて設定が反映されていることを確認します。
回避策
状況
詳細
既定で設定されているポリシーを削除した後に、初期状態に戻す必要がある場合は、下記のコマンドを実行し OS を再起動することによって、既定の状態に戻すことができます。

netsh int ipv6 reset

注)netsh int ipv6 reset を実行した際は、netsh int ipv6 add ならびに netsh int ipv6 set にて設定する IP 構成に関連する項目 がリセットされます。

関連情報
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3041544 - 最終更新日: 09/29/2016 12:34:00 - リビジョン: 7.0

Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard

  • KB3041544
フィードバック