Microsoft Azure StorSimple アプライアンスのソフトウェア更新プログラム 1.2

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3042971
この資料では、いくつかの問題を修正し、物理アプライアンスのソフトウェアの変更、Microsoft Azure StorSimple アプライアンスの機能強化が含まれている更新プログラムについて説明します。

詳細についてを参照してください、 リリース ノート.
新機能と改良点
この更新プログラムには、次の新機能および機能強化が含まれています。
  • Microsoft Azure StorSimple 5000 7000 シリーズから StorSimple 8000 シリーズのデバイスへの移行.このリリースでは、StorSimple 8000 シリーズの物理アプライアンスにデータまたは 1100年の仮想アプライアンスを移行するのには StorSimple 5000-7000 シリーズのアプライアンスのユーザーが新しい移行機能が導入されています。移行機能では、2 つのキーのバリュー ・ プロポジションがあります。
    • ビジネス継続性 [有効にすると StorSimple 上の既存データの移行、8000 シリーズ ・ アプライアンスに 5000 7000 シリーズ ・ アプライアンスです。
    • StorSimple 8000 シリーズ ・ アプライアンスの機能を向上させるソリューション : 次のよう
      • StorSimple マネージャーのサービスを通じて複数のアプライアンスを効率的に一元的な管理
      • ハードウェアとファームウェアを最新のより良いクラス
      • 仮想アプライアンス
      • データの移動
      • 機能のロードマップでは、将来的に
    詳細情報の移行ガイドをダウンロードします。 8000 シリーズの移行ガイドには、Microsoft Azure StorSimple 5000/7000.
  • Azure の政府のポータルの可用性です。 StorSimple では、Azure 政府のポータルで使用できるようになりました。
  • 他のクラウド サービス プロバイダーをサポートします。 サポートされているその他のクラウド サービス プロバイダーは、アマゾン S3、RR、HP OpenStack (ベータ版) と Amazon S3 です。
  • 最新のストレージ API を更新します。 このリリースでは、最新の Azure ストレージ API に StorSimple が更新されます。GA を実行している StorSimple の 8000 シリーズのデバイスは、2012 年 2 月 12 日よりも古い Azure ストレージ サービス Api のバージョンを使用しています。あたりとして、 ストレージ Serviceversion の削除のお知らせ、2015 年 12 月 10 日でこれらの Api が使用できません。このリリースには、ストレージ ・ サービスの Api の最新バージョンに更新プログラムが含まれています。顧客が 2015 年 12 月 9 日前に StorSimple 8000 シリーズの更新 1.0 を適用することを確認します。それらを更新できない場合は、StorSimple デバイスは正常に機能を停止します。
  • ゾーンの冗長ストレージ (ZRS) をサポートします。 ストレージ API の最新バージョンへのアップグレードで 8000 シリーズ ゾーン冗長ストレージ (ZRS) だけでなくローカルで、冗長ストレージ (LRS) と地理冗長ストレージ (GRS) もサポートします。参照してください。 ブログ さらに詳細を投稿します。
  • 初期展開と更新プログラムのエクスペリエンスを向上します。 このリリースでは、インストールおよび更新プログラムのエクスペリエンスが向上します。最初のインストールのセットアップ ウィザードを今すぐでは、埋め込み先のネットワークの検証を行います。デバイスのネットワークおよび初期の展開のトラブルシューティングとユーザーを支援するためには、他のコマンドレットが用意されています。更新処理の組み込みにより、コント ローラーのハードウェア コンポーネントの稼働状態、0 のデータの事前チェック接続、およびデータ センター ・ ネットワークの内外でネットワークに接続します。

この更新プログラムを入手する方法

Microsoft Update

この更新プログラムを指定する場合はマイクロソフトの更新プログラムで実行できます。

更新プログラムの詳細情報

必要条件

StorSimple 8100 およびこの更新プログラムの 8600 QFE2 から qfe3 まで、または QFE4are の対象となるデバイス。

レジストリ情報

この更新プログラムを適用するために、レジストリに変更を加える必要はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムの適用後、コンピューターの再起動が必要になる場合があります。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。
関連情報
参照してください、 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3042971 - 最終更新日: 09/11/2015 14:13:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Azure StorSimple Appliance, StorSimple technologies

  • kbfix atdownload kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3042971 KbMtja
フィードバック