権利のライセンスをエンタープライズ ・ モビリティ ・ スイート内部の使用を有効にする方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3044020
概要
今日では、企業所有とプロビジョニングされたデバイスは、表示の所有のデバイス (BYOD) を中心に、デバイスを中心としたモデルから企業を促進する多くのお客様と、-、-所有・ クラウド (BYOC) モデルでは、どの従業員のデバイスを使用して、独自企業のアプリケーションやデータにアクセスします。これらのニーズに対処するため多くのお客様がこれらのギャップを入力するのには多くの製品の複数の仕入先です。これは、非常に難しく、手間のかかる、経験、最終的にコストが高くなった。良い知らせは、マイクロソフトでは、1 つのと呼ばれる、ユーザーが生産性の安全性とセキュリティで保護された企業の情報を維持しながら、人中心型のアプローチでは、これらの課題に対応する包括的なクラウド ソリューションであるエンタープライズ モビリティ スイート (EMS)、です。Microsoft エンタープライズ モビリティのスイートで構成されています。
  • Microsoft Azure Active Directory のプレミアム
  • Microsoft Intune
  • Microsoft Azure 適切な管理

クラウドへの道のりの上に残っているお客様は、Microsoft エンタープライズ ・ モビリティ ・ スイートと、オンプレミスのソリューションをハイブリッド モデルを使用できます。マイクロソフトのパートナーとしてこの機会を利用して内部的にこのソリューションを使用して起動します。専門家のように販売することができます!


詳細
マイクロソフト パートナー ネットワークにどのように役立つか。

2015年 3 月年の EMS を使用して、内部的には、お客様向けのデモを実行するには、Action Pack、銀色のコア ・ コンピテンシー、およびゴールド ・ コンピテンシーのパートナーおよび内部の開発およびテストするためにエンタープライズ ・ モビリティ ・ スイート (EMS) 内部での使用権 (IUR) を起動します。次のスクリーン ショットの特定のライセンスの付与を確認できます。




私、Action Pack、銀色のコア ・ コンピテンシー、またはゴールド ・ コンピテンシーのパートナーは場合、どのように活用することに EMS のメリット マイクロソフト パートナー ネットワーク プログラムの一環としてでしょうか。

  1. 移動します ダウンロードのマイクロソフト ・ パートナー ・ ポータル.注: ページへのアクセスに管理者のアクセス権に関連付けられている Microsoft アカウントが必要です。
  2. Microsoft Online Services] をクリックします。

  3. エンタープライズ ・ モビリティ ・ スイートをクリックします。
  4. プログラムのメンバーシップに適用可能なプロダクト キーを表示するのには展開します。



  5. 次の手順に進む前に、25 桁のトークン コードをコピーします。(この情報を必要するが)。


  6. (特別な指示の領域) 内のページの下部にあるリンクを選択し、償還のポータルに移動します。または、単にhttp://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=393661.


  7. 既存のパートナー、既存のオンラインのテナントに、EMS のプロダクト キーをアクティブにしたい場合は、サインインしてください、EMS のプロダクト キーをアクティブ化する前にします。各プロダクト キーが 1 回アクティブにするのみ可能性があります。


  8. 新しく作成されたオンラインのテナントに、EMS のプロダクト キーをアクティブにするには、] チェック ボックスをオンにし開始] をクリックします。


  9. マイクロソフト パートナーのダウンロード ポータルから受信したキーを貼り付けることができるようになりましたポータルは、製品とライセンスの数を反映するように更新されます。[次へ] をクリックします。


  10. すべてが正しく見えるようにする場合は、プロダクト キーの追加を実行を続行するをクリックします。



  11. 1 番目のユーザー アカウントを作成する組織の場合に、管理者ができます。続行するのにはステップ 2 の開始をクリックします。


  12. 要求された情報を入力し、可用性をチェック] をクリックします。メモ: 既存のテナントの EMS IUR をアクティブにする場合は、することができますもここをクリックしてサインインします。


  13. 要求された情報を完了すると、許容可能なドメイン名の検索、パスワードを作成します。確認ボックスで、テキストを入力、 Microsoft パートナーは、製品やイベントに関する情報を私に連絡可能性があります] チェック ボックスと [続行] をクリックします。


  14. これで準備が整ったら、開始をクリックします。


  15. 次が表示されますステップを通じて Azure AD 管理ポータルへのアクセスを有効にします。これは 1 ユーザーにつき 1 回限りの要件であり、電話または SMS の確認、ライセンス認証を完了する必要があります。ライセンス認証プロセスは、最大 3 分かかります。完了すると、ことができますPをクリックすると、AD の Azure 管理ポータルにアクセスするのにはortal上に移動またはリンクhttp://aka.ms/accessAAD.






  16. Azure AD への将来のアクセスは Office 管理ポータルで、Azure AD] リンクをクリックするかに移動するだけで、ライセンス認証の手続きが完了した後、します。 http://manage.windowsazure.com.EMS Azure AD ライセンスを有効にしたは、ディレクトリの [ライセンス] タブで利用可能になります。構成] タブで、[高度な機能を管理するだけでなく、ユーザー、グループ、およびアプリケーションを管理するポータルを使用することも、またはレポートを表示します。注: 1 回ボタンをクリックする、ポータル、別の 1 分待ってからやり直してくださいへのアクセスしてください購読はありませんを示す画面が表示する場合http://manage.windowsazure.comもう一度。

この手順を検索することもできます。 ビデオ.



エンタープライズ モビリティのスイート、内部使用の権利、IUR、EMS

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3044020 - 最終更新日: 01/25/2016 23:03:00 - リビジョン: 3.0

  • kbsurveynew helppartner kbnorightrail kbmt KB3044020 KbMtja
フィードバック