ロータス ドミノ コネクタ Forefront ユーザー マネージャーの修正プログラムのロールアップ (ビルド 1.0.549.0313)

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3044895
はじめに
Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010年と Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ (ビルド1.0.549.0313) があります。この修正プログラム ロールアップでは、ロータス ドミノのコネクタの問題を解決し、いくつかの機能と機能を追加します。これらについては、「関連情報」セクションで説明します。

更新プログラムの情報

更新プログラムを指定する場合はマイクロソフトのサポートで実行できます。すべてのお客様が、本番システムにこの更新プログラムを適用することをお勧めします。

マイクロソフトのサポート

この更新プログラムがマイクロソフトのサポートからダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションがあります。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス サポートにお問い合わせのうえ、修正プログラムを入手してください。さらに、Microsoft Update または Microsoft Update カタログから更新プログラムを取得できます。

注: <b>さらなる問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストの作成が必要な場合があります。この修正プログラムの対象外の追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス サポートの電話番号一覧、または別のサービス リクエストの作成方法については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。 注: <b>[修正プログラムのダウンロード] フォームには、修正プログラムが提供されている言語が表示されます。お使いの言語が表示されない場合は、その言語の修正プログラムが利用できないためです。

必要条件

この更新プログラムを適用するには、以下がインストールされてが必要です。
  • ロータス ノーツ クライアント
  • Microsoft.NET Framework 4.0
  • 次のいずれかで Forefront ユーザー マネージャーの同期サービス。
    • Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010 R2
    • Microsoft Forefront ユーザー マネージャー 2010年の更新プログラム 2 (ビルド 4.0.3606.2 またはそれ以降のビルド)
さらに、ロータス ドミノのコネクタのサービス アカウントと同じサーバー上のユーザー アカウントは、まずロータス ノーツ 1 回。また、既定のロータス ドミノ ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) スキーマ データベース (Schema.nsf) は、ドミノ ディレクトリ サーバー上になければなりません。

注: <b>実行しているまたはドミノ サーバー上で LDAP サービスを再起動することによって、既定のロータス ドミノの LDAP スキーマのデータベースをインストールできます。

ファイル情報

この更新プログラムのグローバル バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) には次の表に記載されています。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
ファイル名ファイルのサイズ日付時刻Path
Lotusconnector.msi1,331,2002015 年 8 月-25-09:44lotusconnector
Microsoft.identitymanagement.ma.lotusdomino.extensionmanager.dll53,0002015 年 3 月13日07:58lotusconnector
Microsoft.identitymanagement.ma.lotusdomino.service.exe28,4002015 年 3 月13日07:58lotusconnector
Microsoft.identitymanagement.ma.lotusdomino.service.exe.config1,7732014 年 10 月-28-03:33lotusconnector
Microsoft.identitymanagement.error.errorbridge.dll140,5282014 年 10 月-23-08:15lotusconnector\synchronization service\extensions
Microsoft.identitymanagement.ma.lotusdomino.dll269,0242015 年 3 月13日08:03lotusconnector\synchronization service\extensions
Microsoft.identitymanagement.ma.lotusdomino.dll.config1,8212014 年 10 月-28-03:32lotusconnector\synchronization service\extensions
Microsoft.identitymanagement.managedlogger.dll16,6162015 年 3 月13日08:03lotusconnector\synchronization service\extensions
Microsoft.identitymanagement.powershell.objectmodel.dll157,4322014 年 10 月-23-08:15lotusconnector\synchronization service\extensions
Lotusconnectortemplate.xml19,8712015 年 3 月-09-16:08lotusconnector\synchronization service\uishell\xmls\packagedmas
詳細

修正される問題、またはこの更新プログラムによって追加された機能

この修正プログラム ロールアップは、次の問題と Microsoft サポート技術情報に記述されていない機能を修正します。
問題 1
連絡先オブジェクトのフルネーム属性は、ドミノに適切に作成です。

機能 1
ドミノ 9 です。x (サーバー) とロータス 9 です。x (クライアント) の両方が完全にサポートします。

機能 2
コネクタは、デルタ インポートをサポートしています。

機能 3
Dsml を使用したファイルを使用してスキーマを公開するのには、ドミノ サーバーが構成されていない場合に、スキーマを指定することになっています。

機能 4
インポートを構成し、グローバル ルールの例外として、属性ごとの複数値を持つ属性の変換ルールをエクスポートすることはようになりました。このオプションを構成するには、<objecttype>を入力してください。<attributename>のインポートとエクスポートのテキスト ボックスにします。たとえば、Person.Assistant を入力すると、すべての値をインポートするのには、グローバル フラグが設定されて、最初の値はのみアシスタントのインポートされます。

</attributename></objecttype>
機能 5
コネクタには、ECMA2.2 が正常に機能するようになりました必要があります。

関連情報
について説明します 用語集 を参照してください。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3044895 - 最終更新日: 09/03/2015 06:32:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Forefront Identity Manager 2010 R2

  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew kbbug kbmt KB3044895 KbMtja
フィードバック