2014 年の SQL Server のバッファー プールの拡張機能を有効にすると問題を修正します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3044952
この資料では、Microsoft SQL Server の 2014 年の新しいバッファー プールの拡張機能を使用すると、Microsoft SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) の改善を報告するエラーについて説明します。
詳細

2014 年の SQL Server のバッファー プールの拡張機能を有効にすると、以下の既知の問題が発生する可能性があります。
  • バッファー プールの拡張機能を有効にして、サイズがより小さいですが、近くに 4 回の 最大サーバー メモリSQL Server 2014年の Standard Edition でのサイズです。など、最大サーバー メモリサイズは 28 ギガバイト (GB) で、バッファー プールの拡張サイズは 109 GB です。SQL Server サービスを再起動しようとすると、SQL Server を開始できません、および SQL Server エラー ログに次のエラー メッセージを受信します。
    日付>時刻> Server 共通言語ランタイム (CLR) の機能からの CLR バージョン v4.0.30319 を使用して初期化ディスク名>: \Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\。
    日付>時刻> spid8s 12989098 ページ記述子の最大バッファー プールの拡張機能の 14299819 のバッファーを割り当てるしようとしています。
    日付>時刻> spid8s エラー: 864、重大度: 16、状態: 1 です。
    日付>時刻> spid8s 12989098 ページ記述子の最大バッファー プールの拡張機能の 14299819 のバッファーを割り当てるしようとしています。

    ル SQL Server 2014年サービス パック 1 (SP1) が適用されて、この問題のない SQL Server を再起動することができます。
  • バッファー プールの拡張機能を有効にし、構成する、最大サーバー メモリ以前に定義されているバッファー プールの拡張機能ファイル サイズよりも大きいサイズ (仕様では、バッファー プールの拡張サイズはより大きくする必要があります、 最大サーバー メモリサイズ) です。構成は成功し、バッファー プールの拡張機能が正常に動作します。ただし、バッファー プールの拡張機能が無効になります、SQL Server サービスを再起動して、SQL Server エラー ログに次のエラー メッセージが表示されます。
    日付>時刻> サーバーのバッファー プールの拡張サイズは物理メモリのサイズよりも大きくする必要があります。最大サーバー メモリの指定> MB です。バッファー プールの拡張機能が有効になっていません。

    SQL エラー ログにメッセージに加えて、SQL Server の 2014 SP1 が適用された後も表示されます、次の警告メッセージで SQL Server Management Studio (SSMS)。
    最大サーバー メモリの指定されました。XXX> MB は、バッファー プールの拡張機能ファイル サイズ - より大きいXXX> MB です。再起動時にバッファー プールの拡張機能は無効にします。
  • ディスク上のバッファー プールの拡張機能ファイルを作成するときに十分な領域が存在しない (たとえば、最大サーバー メモリサイズ 28 GB、バッファー プールの拡張サイズは、120 GB)、SQL Server エラー ログに次のあいまいなオペレーティング システム エラー メッセージが表示します。

    日付>時刻> spid52 CREATE file でオペレーティング システム エラー ファイル サイズの変更中に失敗しましたを開くか、物理ファイルを作成する 'ファイルのパス>.BPE' です。

    SQL Server の 2014 SP1 が適用されると、次のエラー メッセージが表示されます。
    オペレーティング システム Error(There's not enough space on the disk)
  • サイズが非常に大きなバッファー プールの拡張機能ファイルを構成して、次のエラー メッセージが表示されたら、実際の意味を説明することはできません。
    864 のメッセージ、レベル 16、状態 1、行 1
    12800 ページ記述子の最大バッファー プールの拡張機能の 25600 のバッファーを割り当てるしようとしています。

    SQL Server の 2014 SP1 を適用した後、エラー メッセージは、次のいずれかに変更します。
    サイズのバッファー プールの拡張機能を初期化しようとしています。XXX> KB、最大サイズは、します。XXX> KB
  • 作成・ ofsolid ・ ステート ・ ドライブ (SSD) の拡張機能ファイルでは、存在が指定されているディレクトリ) などのいくつかのエラーのため失敗した場合、SQL Server には、次のエラー メッセージが出力されます。

    サイズのバッファー プールの拡張機能の作成に失敗しましたXXX> MB はパスに""

    パスのエラー メッセージが印刷されません。
    SQL Server の 2014 SP1 を適用した後のパスは正しく印刷 SSD ファイルの作成が失敗したとき。

Service Pack 情報

SQL Server の 2014 年の Service Pack 1 の正当性は、次のリンクを参照してください。SQL Server 2014 Service Pack 1 (SP1) の詳細については、次を参照してください。SQL Server 2014 Service Pack 1 で修正されるバグ.
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

Properti

ID Artikel: 3044952 - Tinjauan Terakhir: 03/14/2016 08:50:00 - Revisi: 3.0

Microsoft SQL Server 2014 Enterprise, Microsoft SQL Server 2014 Standard, Microsoft SQL Server 2014 Business Intelligence

  • kbqfe kbfix kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3044952 KbMtja
Tanggapan