現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

状態のメールボックスを削除する操作が失敗した MailboxDatabase を削除します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3046530
現象
Exchange Server 2013年または 2016 の Exchange Server メールボックス データベースを削除しようとすると、次の警告が表示されます。

EMS




EAC:

原因
メールボックス データベースを削除するのには、データベースの稼働状態のメールボックスの AD ユーザー アカウントを削除するのには失敗し、この警告メッセージをトリガーします。

AD ユーザー アカウントを削除できませんここでは Exchange Servers セキュリティ グループが明示的に継承するための監視のメールボックス] コンテナー内のオブジェクトを削除するためのアクセス許可を「拒否」。
回避策
この問題を回避するには、監視するメールボックス] コンテナーで、Exchange Servers グループに明示的な「許可」アクセス許可を追加するのにはこれら手順を実行します。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. Active Directory ユーザーとコンピューターを開きます。
  2. ビュー] をクリックし、高度な機能が選択されていることを確認します。そうでない場合は、それを選択します。
  3. 次のコンテナーを移動します。

  4. 監視するメールボックスを右クリックし、プロパティ、]、[セキュリティ] タブをクリックします。
  5. [セキュリティ] タブで詳細設定] をクリックします。次のダイアログ ボックスが表示されます。

  6. 追加] をクリックしての種類 Exchange サーバー、[名前の確認] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  7. 選択チェック ボックスをオン、[サブツリーの削除アクセス許可です。

    アクセス許可エントリの [メールボックスの監視
  8. 残りのすべてのウィンドウで[ok]をクリックします。
  9. AD レプリケーションを待機します。

複数の AD ドメイン環境で Exchange の展開があれば、手順を前にすると、Exchange サーバーを導入しているすべてのドメイン。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3046530 - 最終更新日: 10/01/2015 20:42:00 - リビジョン: 2.0

Exchange Server 2016 Enterprise Edition, Exchange Server 2016 Standard Edition, Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbmt KB3046530 KbMtja
フィードバック