現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

情報: MSXML 4.0 固有の Guid と Progid

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:305019
概要
Microsoft XML Core Services (MSXML) 4.0 はサイド バイ サイド モードでインストールされます。MSXML 4.0 をインストールするを交換してくださいしたりしない、以前のバージョンの MSXML パーサーがコンピューター上に依存していることを意味します。Msxml.dll、Msxml2.dll、現在使用しているアプリケーションの品質を保護するためにこれまたは Msxml3.dll。 で side-by-side モードをコード内で使用するためにパーサーのバージョンを決定することもできます。

MSXML 4.0 をインストールした後は、バージョンに依存しない Progid を使用するアプリケーションが前に使用していた同じバージョンを使用して実行する. します。バージョン 4.0 を使用するには、アプリケーションが適切なバージョンに依存クラス Id (Clsid) を使用してに書き込まれるおよび Progid Msxml4.dll を参照します。
詳細

MSXML 4.0 の Guid と Progid

次の表は、バージョン依存の Guid と Progid MSXML 4.0 でアプリケーションを起動するために使用できるを示します。

シンボリック名GUIDプログラム Id
CLSID_DOMDocument40{88d969c0-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.DOMDocument.4.0
CLSID_DSOControl40{88d969c4-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.DSOControl.4.0
CLSID_FreeThreadedDOMDocument40{88d969c1-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.FreeThreadedDOMDocument.4.0
CLSID_MXHTMLWriter40{88d969c9-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.MXHTMLWriter.4.0
CLSID_MXNamespaceManager40{88d969d6-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.MXNamespaceManager.4.0
CLSID_MXXMLWriter40{88d969c8-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.MXXMLWriter.4.0
CLSID_SAXAttributes40{88d969ca-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.SAXAttributes.4.0
CLSID_SAXXMLReader40{7c6e29bc-8b8b-4c3d-859e-af6cd158be0f}Msxml2.SAXXMLReader.4.0
CLSID_ServerXMLHTTP40{88d969c6-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.ServerXMLHTTP.4.0
CLSID_XMLHTTP40{88d969c5-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.XMLHTTP.4.0
CLSID_XMLSchemaCache40{88d969c2-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.XMLSchemaCache.4.0
CLSID_XSLTemplate40{88d969c3-f192-11d4-a65f-0040963251e5}Msxml2.XSLTemplate.4.0


MSXML4 Progid をアプリケーションで使用する方法

MSXML 4.0 は、アプリケーションで使用するには、バージョン固有の Progid を使用します。Te の次のサンプル コードは domdocument オブジェクトを作成する方法を示します。

事前バインディングを使用して、Microsoft Visual Basic のアプリケーションでは。
Dim oxmldoc as New Msxml2.DOMDocument40
参照を設定する必要があることに注意してください。 Microsoft XML version 4.0 このオプションでは。これを行うをクリックしてください。 参照 で、 プロジェクト メニューです。

実行時バインディングを使用して、Microsoft Visual Basic のアプリケーションでは。

Dim oxmldoc as ObjectSet oxmldoc = CreateObject("Msxml2.DOMDocument.4.0")				
クライアント側で実行されている、JScript のアプリケーションでは。
var oxmldoc = new ActiveXObject("Msxml2.DOMDocument.4.0");

Visual Basic Scripting Edition (VBScript) のアプリケーションでは、サーバー側で実行している:
Set oxmldoc = Server.CreateObject("Msxml2.DOMDocument.4.0")
関連情報
アップグレード MSXML 4.0 でサポートされていないモードを交換してください。MSXML 3.0 で使用、Xmlinst.exe ツール (ダウンロード) です。MSXML 4.0 では機能しません。詳細については、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の文書番号をクリックしてください。
303207 情報: MSXML パーサーのインストールを実行モードに与える影響します。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:305019 - 最終更新日: 07/24/2011 21:28:00 - リビジョン: 3.0

  • kbinfo kbmt KB305019 KbMtja
フィードバック