更新プログラムのロールアップ 6 のシステム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3050317
はじめに
この資料では、Microsoft システム センター 2012 R2 Virtual Machine Manager の更新プログラム ロールアップ 6 で修正される問題について説明します。Virtual Machine Manager (VMM) の使用可能な 2 つの更新があるか: サーバーと管理コンソールです。さらに、この資料には、システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラム ロールアップ 6 のインストール手順が含まれています。

この更新プログラムのロールアップに追加される機能



  • Azure サブスクリプション機能を追加します。 Azure サブスクリプションの追加機能を使用して、更新プログラム ロールアップ 6 に、管理者の Virtual Machine Manager が Microsoft Azure サブスクリプションを VMM に追加し、Azure のインスタンスでは、これらのサブスクリプションで基本的な操作を実行できます。機能では、Virtual Machine Manager でシステム センター 2012 R2 の更新プログラム ロールアップ 6 に含まれています。追加する Azure サブスクリプションごとに、そのサブスクリプション内のすべての配置グループ内のすべてのロール インスタンスを表示するのにコンソールを使用できます。

    この機能で行うことができます。

    既に設置 Virtual Machine Manager で仮想マシンを管理する場合、VMM コンソールを離れることがなく、Azure のインスタンスでいくつかの非常に基本的な操作を実行するこの機能を使用することができます。たとえば、次の操作を行うことができます。

    • 追加または VMM コンソールを使用して 1 つまたは複数の Azure サブスクリプションを削除します。
    • 詳細を一覧表示し、そのサブスクリプションのすべての展開内のすべてのロール インスタンスのステータスを参照してください。
    • インスタンスの一覧を手動で更新します。
    • インスタンスには、次の基本的な操作を実行します。

      • 開始
      • 停止
      • シャット ダウン
      • 再起動
      • RDP 経由で接続します。
    詳細については、 更新プログラム ロールアップ 6 に、システム センター 2012 R2 の VMM で、Azure サブスクリプションを追加します。.
  • E2A ASR 保護シナリオの強化: ことで更新プログラムのロールアップ 6、Virtual Machine Manager 環境で、検出し、Azure サイト回復 (ASR) の保護を構成する場合にも発生する問題を修正すると簡単です。この問題は、次のバーチャル マシンのプロパティを使用して仮想マシンの設置、ASR の保護を追加するときに発生します。

    • 指定したオペレーティング システムのバージョンがありません。
    • ディスクの表示にバーチャル マシンのオペレーティング システムが含まれていません
    Azure のサイトの回復が必要なために、これらのプロパティを指定する必要があります。更新プログラム ロールアップ 6、明確なエラー メッセージは表示 VMM のジョブ ウィンドウの要件を満たしていないバーチャル マシンを構成しようとする場合の設定。

    ASR の要件については、次を参照してください。 ASR E2A 保護シナリオの改善.
  • サービスと VMRoles の世代 2 の仮想マシンを使用するオプション: 更新プログラムのロールアップ 6、VMM は今すぐサービスおよび VM の役割の第 2 世代の仮想マシンのサポートを提供します。この機能を使用すると、階層型のサービスを展開し、個々 の層の仮想マシンの生成を選択できます。ユーザーは従来およびイメージ ・ ベースのサービスを通じてこれらのサービス インスタンスにサービスを提供します。

    詳細については、 第 1 世代の理解し、VMM 内の仮想マシンの第 2 世代.
  • 管理パック内の総ネットワーク使用率の公開ルール: この変更には、HYPER-V ホストを対象とする 2 つの規則が導入されています。

    • VNic の着信ネットワーク トラフィックの合計コレクション ルール
    • 合計 VNic の送信ネットワーク トラフィックのコレクション ルール
    これらの規則では、合計、合計送信トラフィック VNic あたりキロ バイトで次の方法で仮想マシンあたりを測定します。

    各 VM では。

    1. 有効にします。 HYPER-V のメータリング 場合は有効ではないです。
    2. 実行 メジャー VM.
    3. メータリング「0.0.0.0/0」すべてのリモート アドレスのデータの収集または"::/0" VNic あたりです。
    既定では、これらのルールは、1 時間ごとを実行します。ユーザーは、IntervalSeconds プロパティをオーバーライドすることによってこの設定をオーバーライドすることもできます。これらのルールは 5 分 (300 秒) ごとよりも頻繁に実行できません。

    以前のバージョンでの動作: VMM はデータ消費を測定できませんでした。スループットだけが測定されます。
  • レプリカ仮想マシンのクラウドとホスト ・ グループの容量をオーバーするオプション: システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager は、容量の設定内に収まる場合は、クラウド、またはホストの構成済みのグループにレプリカ仮想マシンを配置することができます。VMM では、これまで、レプリカの Vm に割り当てられたすべてのリソースが使用されていたことと見なされます。そのため、VMM では、集計、クラウド、またはホスト ・ グループの容量を超えるすべてのレプリカの Vm の負荷を発生する場合、クラウドまたはホストのグループのレプリカのすべての仮想マシンを配置することは許可しませんでした。

    ようにして、すべてのレプリカの Vm が同時にこの現象が、レプリカの雲とホスト グループの最適な使用があります。これは試みた場合に、エンタープライズ (ホスト)、クラウド、またはホスト ・ グループ内で追加の Vm を配置します。場合は、レプリカのクラウドまたはホストのグループを overcommited。更新プログラムのロールアップ 6 にすることが過剰に利用された雲とホスト グループ、VMM 環境で VMM サーバー上で次のレジストリ キーを構成することによって。

    レジストリの場所:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft System Center Virtual Machine Manager Server\Settings\Placement

    DWORD 名: IgnoreMemoryForStoppedReplicaVM
    DWORD の値。 1

    注: <b> 配置のサブキーが存在しない場合は、それを作成します。

    詳細については、 レプリカ仮想マシンのクラウドと HG をオーバーする場合はオプション.
  • VMWare VCenter 5.5 の基本的なシナリオをサポートします。

    更新プログラムのロールアップ 6 には、次のサポート シナリオが導入されています。

    • VCenter 5.5 を VMM 2012 R2 UR6 の管理に追加します。
    • 5.5 バージョンの ESX ホストを追加し、[管理] で、
    • VMWare VM テンプレートを作成し、テンプレートを使用して Vm を展開
    • 基本的なネットワー キングのテンプレートを作成するこれらには、ドメインに参加している場合)、および仮想マシンの展開
    • VM のライフ サイクルのさまざまなの操作 (たとえば、開始、停止、シャット ダウン、修復、更新、および仮想マシン上のチェックポイント) を実行します。
    • コンソールを使用して仮想マシンに接続し、ユーザー補助の設定を確認します。
    • 仮想マシンのプロビジョニングを解除します。
    • リソース プールを作成し、VMM の管理下にあるリソース共有元を表示
    これらは、限られたシナリオです。ただし、これらは、最初と最も重要なステップ VCenter の新しいバージョンをサポートする方向を表します。私たちは、VMWare VCenter のサポート ・ マトリックスを構築する続行し、将来的にこのプログラムのロールアップ パッケージに対応する更新プログラムが提供されます。

この更新プログラムのロールアップで修正される問題

  • 問題 1

    VMM オブジェクトを削除すると、801 エラーが発生します。VMM の仮想マシンのように VMM オブジェクトを削除できません UI または Windows Powershell のいずれかから、データベース内の子オブジェクトの一部が表示されないため、問題を検出すると場合があります。影響を受けるオブジェクトを削除するのにはいずれかのスクリプトを検索するユーザーが頻繁に発生します。更新プログラム ロールアップ 6、VMM が 801 に関連するエラーを最小化する 3 つの Powershell コマンドレットを向上します。これらのコマンドレットは、します。 削除 SCServiceTemplate, 削除 SCLibraryServer、、 削除 SCLibraryShare.ユーザーを使用する必要はありません、 -フォース 801 エラーを回避するために、これらのコマンドレットでまとめてフラグです。コマンドレットには、801 のエラーが発生する依存関係を解決する機能が用意されています。

  • 問題 2

    VMM サービスがクラッシュし、System.Xml でアクセス違反エラーが生成されますと、統合サービスのイベントに応答します。

  • 問題 3

    --ObjectDisposedException--WCF エラー ハンドラーで例外が重要な Microsoft.VirtualManager.Engine.Remoting.ClientConnection.HandleError です。VMM は、WCF サービス ホストをシャット ダウンと不意に終了するには、処理されないメッセージが発生することができます Abort を呼び出すことは、これにより、ObjectDisposedExceptions がスローされています。VMM の最上位の WCF エラー ハンドラーでは、プロセスが終了し、それらに重大な例外を報告する前にこれらの例外が表示されます。ので、ここで VMM では、ユーザーが混乱する可能性がある追加の重大なエラーとして無害なエラーが報告されます。

  • 問題 4

    MAC アドレスのオプションがグレイアウトしている UI の vnic は接続されていない場合。これはユーザーが静的と nic をマークすることを防ぎます。システム センター 2012 R2 の VMM にアップグレードした後ユーザーは、仮想マシンがネットワークに接続されていない場合に VM のテンプレートを作成、静的 Mac アドレスのオプションを選択ことはできません。MAC アドレスと IP のオプションが淡色表示にする仮想マシンが「未接続」とします。したがって、展開する前に仮想マシンに静的な MAC アドレスを割り当てることはできません彼。

  • 問題 5

    マシンのカスタマイズを使用しては失敗し、HYPER-V は、フロッピー ディスク ドライブのオブジェクトを返さない場合は、重大な例外を生成します。仮想マシンのカスタマイズは、中には、HYPER-V は、null としてフロッピー ドライブのオブジェクトを返しますが、VMM は、ドライブを追加しようとしています。ただし、フロッピー ディスク ドライブを追加することは HYPER-V では実装されていません。ジョブ エラーが発生し、作成に失敗しました状態のままに仮想マシンが例外をスローします。ユーザーが機能するバーチャル マシンを修復できます。これは、HYPER-V を (リモートの共有ディレクトリ) のフロッピー ディスク ドライブの構成がない場合、または HYPER-V がビジー状態か、高負荷の場合に発生します。

  • 問題 6

    VM の 1 つのサブネットに複数の IP プールが構成されている場合、静的な IP を持つ仮想マシンを展開することはできません。顧客は、静的 IP 設定が入っているテンプレートを使用して仮想マシンを作成しようとします。ある場合サブネットおよび顧客に複数の IP プールがデフォルトの 1 つ (つまり、自動に設定されたプール、UI に表示される) よりも別のプールから IP アドレスを提供し、エラーを発生させずに VM のウィザードが完了したら、仮想マシンの作成が失敗し、[範囲外の IP アドレス] エラーが返されます。

  • 問題 7

    VmmService のクラッシュは、削除された仮想マシンが ip サブネットを変更する hyper-v によって送信されたイベントの処理中に発生します。NVGRE 設定では、IP の変更を HYPER-V によって送信されたイベントがありますが、VMM では、VM のサブネットが存在しない場合は、VMM サービスがクラッシュが発生します。

  • 問題 8

    VM を報告するには、VmMovedRefresherEvent が受信していないようがありません。移行の状態では、イベント モードと仮想マシンでホストしていない状態と仮想マシンの移動イベントが発生するイベント refresher をフックするときが誰がリッスンしているウィンドウと更新操作右前に、リッスン モードに変更が表示されません。したがって VMM は 24 時間としては最悪に可能性がある次の完全復習までこれらの変更表示されません。

    失敗したこのようなイベントはをイベント モードではライトの仮想マシンのリフレッシャーから同期されるようにするには、作成してライトの仮想マシンのリフレッシャーを定期的に実行するのには次のレジストリ キーを構成します。このリフレッシャーは、任意のイベント ・ ベースのリフレッシャーをさらに実行されます。

    レジストリの場所:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Microsoft System Center Virtual Machine Manager Server\Settings

    レジストリ キー:

    VMPropertiesEventAssitedUpdateInterval

    レジストリの種類: DWORD

    最小値: 0 秒

    最大値: 20 日
    値を秒単位で指定する必要です。

    DWORD 名: VMPropertiesEventAssitedUpdateInterval

    DWORD の値。value_in_seconds

    注: <b>value_in_seconds プレース ホルダーは、0 秒 (秒単位でも 20 日間の値を指定できます。


  • 問題 9

    不足している仮想マシンまたはサービスの仮想マシン ホストの削除中に、ユーザーの削除を示すために明示的なフラグが必要です。現在、VMM では、VMM からホストを削除中にホスト上の Vm の存在をチェックしません。ホストは、サービスの仮想マシン、仮想マシンのクラウドに展開されていることに対して定義されているカスタム プロパティを持つ仮想マシンを含めることができます。ユーザーは、このようなホストを誤って削除した場合、これらすべての関連付けは失われます。この修正プログラムは、このようなホストが VMM から実際に削除される前にユーザーに確認メッセージを求めることで、このような状況を回避できます。

  • 10 の問題

    持つ複数のネットワーク サイトでは、論理ネットワークがあり、ネットワーク サイトは、ホストのネットワーク アダプターに表示されている場合はそれらのサイトの別のネットワークからの PAs が割り当てられもルーティング情報を設定する必要があります。(ネットワーク サイトとも呼ばれる論理ネットワークの定義」)複数ホストのシナリオで Host1 上の VM1 と PA1 に接続されている場合がある場合は切断されているし、後で再接続し、PA2 NetwkSite2 のランダムに (PA の消費があるため)、しばらくの間可能性がありますいないに追加されます (ペンシルバニア州) のルーティング情報を NetwkSite1 と NetwkSite2 の間と、VM2 LN、hnv に接続されており、PA1 NetwkSite1 の。ルートの内部表現がハッシュ テーブルに挿入するラッチが付いていることが原因です。

  • 問題 11

    ホストが更新された場合は、常にデータをストリーム転送する、(更新された各ホスト) に WinRM ネットワーク接続を確立します。

  • 問題 12

    複数のホストの仮想ネットワーク アダプターが作成されると、ランダムなエラーが発生します。お客様は、論理スイッチの一部として、1 つのショットで複数の仮想ネットワーク アダプターを作成する 1 つまたは複数の仮想ネットワーク アダプターの IP 構成が表示される場合があります。

  • 問題 13

    ホストの更新プログラムを実行する場合、ユーザーは HostWSManGetter.UpdateRASDCache で重複するキーの挿入をヒットします。

  • 問題 14

    ユーザーは、クローン ・ オペレーションが完了した後、チェックポイントを含む仮想マシンのクローンを作成する際に、VMM は元の仮想マシンとして新たに作成されたクローンのバーチャル マシンを誤って認識し、仮想マシンが移行されると正しく推論します。この変更を処理しようとします。したがって、'不足している' 状態で別のホストに追加の仮想マシンが作成されます。VMM は、仮想マシンが別のホストを使用して、この仮想マシンは、次の仮想マシンの更新までは TFS に表示されているではないことと考えています。

  • 問題 15

    VSEM プロバイダーがアップグレードされると、通知エンジンに通知を受信するプロバイダーの機能は明示されません。

  • 問題 16

    ネットワークの配置は、ホストの動的な最適化の実行中にクラッシュします。配置の一部の操作をタスクとして実行する予定していた。リフレッシャーのタスクの実行時コンテキストが null です。配置のクラッシュが発生します。

  • 問題 17

    委任された管理者は、VMM コンソールを起動すると、数分で 4 +、VMM コンソールを開きます。大規模な環境で VMM 管理者と委任された管理者のコンソールの開始が遅延します。

  • 問題 18

    Sofs でディスクを交換した後は、ストレージ ・ プロバイダーの更新が失敗します。

  • 問題 19

    VMM は、ASR のないレプリカとプライマリの仮想マシンを更新できませんも IR の保留中の状態に回復 VM の移行が行われないライブ マイグレーション。

  • 問題 20

    仮想マシンが削除されると、チェックポイントは削除する前にマージされます。ユーザーがチェックポイントを持つバーチャル マシンを削除しようとすると、削除時間が長い (1 時間) までを完了します。

  • 問題 21

    実行しない操作がありますが、重要な例外を受け取る: DBCorruptionException。

  • 問題 22

    一部のユーザーは、個々 の ip アドレスの追加と削除を容易にできるようにするのには、IP の範囲ではなく大量の VIPAddress セットを使用します。VMM 管理パックのスキーマには、このフィールドは 256 文字 (既定値) に現在制限されています。ただし、ユーザーには、約 500 の文字の長さの値があります。したがって検出された互換性に影響する VMM OM 統合 SCOM から予期しない例外が発生します。

  • 問題 23

    RG のターゲットおよびターゲット Lun 関連付けられていない enableRG 作業後 RG と Lun は、事前に作成された場合。

  • 問題 24

    障害が発生し、置き換えられることに、f5 キーを押してゲートウェイ デバイスの MAC アドレスのエントリを更新する必要があります。RMA が場合は、f5 キーを押してデバイスと、新しい MAC アドレスを持つ新しいデバイスに置き換え、VMM が新しいデバイスの MAC アドレスを更新する方法。

  • 問題 25

    ユーザーのユーザー id のスタンプをできるようにする仮想マシンのレプリカにスタンプを使用できます。UserRole と所有者の ReplicaVMs 属性を更新するユーザーがレプリカの仮想マシン上のすべての操作がブロックされています。では、レプリカの Vm 上でこれら 2 つのパラメーターを更新できません。

  • 問題 26

    Registerred SMB 共有は、新しい HA 仮想 machineto クラスターを展開すると、ターゲット ・ パスのオプションとして表示されていません。

  • 問題 27

    ArgumentNullException - SetCustomOptions - レプリケーション ・ サービスを検出する場合は、ストレージ ・ リフレッシャーの重要な例外です。

  • 問題 28

    ホストの中には、リフレッシャーの VMM は、チーム (スイッチのチームまたは LBFO のチーム) の情報を照会します。VMM スイッチのクエリを実行するチームに対し、WSMan 例外がコンソールに表示されなく vswitch をヒットします。

  • 問題 29

    プローブでは、HTTPS プロトコルはサポートされていませんし、VMM は、モニターの HTTPS サイトに作成した監視ルールをことはできません。VMM がポンドのポートの構成セクションで HTTP および HTTPs をサポートしていますが、ポンドのプローブのプロトコル セクションでは、HTTPS はサポートされていません。

  • 問題 30

    リソースの所有者 (区ユーザー) のリソースのリストを 'GrantedTo' にアクセスする権限がありませんし、リソースへのアクセスを持つすべてのユーザーを確認するためできません。ユーザーのアクセスを許可するがある場合も、セルフ サービス ユーザー、コンソールを再起動するまで行った変更が表示ことはできません。Admin ユーザーは、変更を確認できますが、セルフ サービス ユーザーの場合、GrantedToList がコンソールを再起動するまで、キャッシュされた結果を返す続けます。

  • 問題 31

    VMM の組み込みの移行プロセスを持つ親ディスクを移動できません。ユーザーは、いくつか何百もの Vm を 1 つの親を指すすべての差分ディスクを持っています。新しいストレージ ・ ソリューションにこれらのすべての Vm を移動は、VMM でブロックされてがします。差分ディスクの場合は、階層 (親子関係) のいずれかの親ディスクが別の差分ディスクが共有されている場合、差分ディスクのストレージの移行が VMM によってブロックされます。ただし、その HYPER-V マネージャーで有効です。

  • 問題 32

    フィールド expectedDSColumn には、get scvmhost の実行時にサーバがクラッシュの原因と、列が一致しないのため、メッセージをトレース中に重大な例外がスローされます。しきい値をサーバー データベースが更新されると、特定の状況で R2 サーバーことはできません作業します。このへは、いくつかのネットワーク オブジェクトと ADHC オブジェクトが使用されます。

  • 問題 33

    サービスの既存のテンプレートを拡大すると、HYPER-V 仮想マシンを VMM システム センター 2012 R2 の更新プログラム ロールアップ 5年の上に同じ名前が作成されたことが複製します。

  • 問題 34

    ゲスト仮想マシンに Windows のセキュリティ更新プログラムがある場合3035131 または 3031432インストールされている VMM ゲスト エージェント スクリプトは実行されません一般的なコマンドの実行 (GCE) VM の展開の一部として、VMM によって要求されました。展開とサービスの GCE のスクリプトを使用する複数のシナリオで障害があります。たとえば、GCE のスクリプトを VMM サービス テンプレートのサービスを提供しようとすると、エラー コード 22029 が返されます。

    注: <b>システム センター仮想マシン マネージャー 2012 R2 の更新プログラムのロールアップの 6 (orlater 更新プログラムのロールアップ) をインストールした後ことが許可するにはバッチ ジョブとしてログオン 指定した実行としてアカウントに権限がありません。これらの権限を持たないゲスト エージェントは実行としてアカウントを使用、GCE のスクリプトを実行することができません。

  • 問題 35

    CSV としてクラスター化された記憶域を使用して、CSV 上に仮想マシンの記憶域がある場合、仮想マシンのライブ移行が失敗します。HYPER-V クラスターのライブ マイグレーションは、VMM では、システム センター 2012 R2 の更新プログラム ロールアップ 5年の後は動作しません。

  • 問題 36

    ベース ディスクの配置は、有効な配置の共有間で回転必要があります。

  • 問題 37

    VMM コンソールは、サービス テンプレートのコピー中に既存のリリース文字列を使用することがあります。場合によっては、ユーザーは、サービス テンプレートの [コピー] コマンドを使用して、サービス テンプレートをコピーできません。理由は、管理者コンソールがリリースの既存の文字列を生成することです。

  • 問題 38

    容量の概要のタイルは、システム センター 2012 R2 の VMM ではありません。システム センター 2012 sp1 では、[Vm とサービス] ペインで、VMM でホストを選択し、トップ メニューの概要を次にクリックすると、コンソールは、選択したホストについての概要と容量を提供します。(GB) のメモリと記憶域 (GB) のプロセッサ ・ コアの詳細については、システム センター 2012 R2 で利用不可になりました。

  • 問題 39

    VMM サービスは、重複する VSID があるためクラッシュします。まれに (同期の性質とランダムな番号が衝突しました)、HNV 仮想マシンの別のサブネットが同じ VMSubnetIdentifier (別名 VSID) を取得できます。これは、これら HNV 仮想マシンのサブネットを使用すると場合に、予期しない動作につながります。たとえば、このサブネットに接続されている Vm では、Vm 予想される接続を取得できない場合があり、同じサブネット上の仮想マシンと対話することはできません。または、VMM サービスと、その IP アドレスの変更がクラッシュするとします。

  • 問題 40

    ロード バランサーの背後にある仮想マシンを展開すると、配置の重要な Excepion が発生します。

    Microsoft.VirtualManager.Engine.Placement.Conversion.HostConversionHelper.GetLoadBalancerAddressPoolResources

  • 問題 41

    更新プログラム ロールアップ 6 に、更新プログラムのロールアップ 5 で導入されたスタート ページが削除されます。

  • 問題 42

    仮想マシンでは、レプリケーション グループに関連付けられていないと、レプリケーション グループによって保護されている場所に移動できませんでした。

  • 問題 43

    HNV ネットワーク上のゲストの IP は、その設定が有効になっている場合でもダイナミック/DedicatedGuestIP としてマークされていません。CA のフェイル オーバーが破損しています。NVGRE ネットワーク (HNV ゲストまたはゲストのクラスターの IP フェイル オーバー シナリオ) に接続されている仮想マシンに追加または移動されたすべての IP アドレス、IP アドレスは * ない * マークされている動的 (型 VMM で DedicatedGuestIP を =) 場合でも、バーチャル マシンは、EnableGuestIPNetworkVirtualizationUpdates の設定を持つ = true。最初に IP アドレスを追加/を移動するときに機能しますが、(他の VM が 1 つから移動) ip アドレスの後のフェイル オーバーは自動的に検出されません。したがって、IP アドレスを到達可能にすることはできませんし、VM に接続が失われます。

  • 問題 44

    UR5 で破損している日立の統合から古いの組み込み型ストレージ ・ プロバイダーです。ストレージ ・ プロバイダーは、更新することはできません。これには、プロバイダーの管理ができなくなります。

  • 問題 45

    電源の最適化の時間範囲を設定すると、VMM のクライアントがクラッシュします。

  • 問題 46

    ホストの接続に失敗したとき、WnvEventEntrySubscriptionObserver の処理で競合状態が存在しています。

  • 問題 47

    CentOS 7 と Red Hat エンタープライズ Linux の 7 は、DHCP を使用する場合は、ネットワーク インターフェイスの構成を設定するのには失敗します。

    これに適用されますすべての CentOS の 7 と Red Hat エンタープライズ Linux (RHEL) システム Center Virtual Machine Manager で DHCP を使用して構成されている仮想マシンは 7 です。CentOS 7 と RHEL 7 のサーバーが使用されている DHCP は Linux サーバで使用される各イーサネット インター フェースのネットワーク構成データの存在しない発生します。CentOS 7 RHEL 7 では、以前のイテレーションとは異なり、デフォルトでインストールされている Linux ツール ifconfig を必要はありませんので、この問題が発生します。Ip ツールがインストールされている場合、ifconfig ではなく ip ツールを使用して DHCP ネットワークの構成スクリプトが更新されました。

入手してシステム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager の更新プログラム ロールアップ 6 をインストールする方法

ダウンロード情報

Virtual Machine Manager 用の更新プログラム パッケージでは、Microsoft update または Microsoft Update カタログから手動でダウンロードが利用できます。

Microsoft Update
入手して、Microsoft Update から更新プログラム パッケージをインストールするには、Virtual Machine Manager コンポーネントがインストールされているコンピューターには以下の手順を実行。

  1. [開始] をクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル] には、 Windows の更新プログラムをダブルクリックします。
  3. ウィンドウで、Windows Update、 Microsoft Update から更新プログラムをオンラインの確認をクリックします。
  4. 重要な更新プログラムが利用可能なをクリックします。
  5. 更新プログラムのロールアップ パッケージを選択し、[ OK] をクリックします。
  6. 更新プログラム パッケージをインストールする更新プログラムのインストールをクリックします。
手動で更新プログラム パッケージのダウンロード
Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージを手動でダウンロードするのには次の web サイトに移動します。

重要: Virtual Machine Manager サーバーでは、サーバーと管理コンソールのコンポーネントの両方を更新しなければなりません。

注: <b>サービス テンプレートからのすべての新しく配置された仮想マシンは更新されたゲストのエージェントがあるかどうかを確認するのにはサーバーの更新プログラムを適用する必要があります。展開済みの既存の仮想マシンには、WSUS では、または手動で次のパッケージを使用して Windows の更新プログラムをインストールされている更新されたエージェントをインストールできます。

インストール手順

更新プログラム パッケージを手動でインストールするには、管理者特権でコマンド プロンプトから次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update packagename

たとえば、システム センター 2012 R2 の Virtual Machine Manager サーバー (KB3050317) の更新プログラム ロールアップ 6 パッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。

msiexec.exe /update kb3050317_vmmserver_amd64.msp

注:

  • 手動で Microsoft Update カタログから更新プログラム パッケージをダウンロードして、パッケージをダブルクリックしてインストールして、管理者特権のユーザーとして、Virtual Machine Manager サーバーと管理コンソールのパッケージをインストールするのにはあります。昇格していないユーザーとしては、Virtual Machine Manager ゲスト エージェント パッケージをインストールできます。
  • VMM サーバーにインストールされている管理コンソールがある場合も場合、は、次の順序で更新をインストールします。

    • Virtual Machine Manager サーバー用の更新プログラム ロールアップ 6
    • 管理者コンソール用の更新プログラム ロールアップ 6

    これら 2 つのインストール環境間で Virtual Machine Manager サーバーは、VMMLogs ディレクトリの下の重大なエラー ログを作成可能性があります。管理者コンソールは、Virtual Machine Manager サーバーを使用するいくつかの Dll を共有し、バージョンの競合は、重大なエラーのログを記録する可能性がありますので、この問題が発生します。この問題を解決するには、Virtual Machine Manager サービスを開始するために使用する Virtual Machine Manager サーバーの両方の更新プログラムをインストールします。
  • プログラムのロールアップ 5、更新する前にシステム センターの Virtual Machine Manager の DHCP サーバー (64) コンポーネントを手動で更新する必要があります。更新プログラム ロールアップ 5 またはそれ以降のバージョンの VMM では、この手動で更新しない必要があります。
  • ダウンロードし、管理コンソールの MSP を抽出する場合は、2 つの CAB ファイルは、次のスクリーン ショットでわかることができます。X64 (AMD64 とも呼ばれます) に適用されますこれらの CAB ファイルの 1 つと、他の CAB ファイルは、x86 (i386 とも呼ばれます) に適用されます。

    アーキテクチャの種類、特定の CAB ファイルは、適用先を決定する CAB ファイル名でオペレーティング システムのアーキテクチャには、最後の参照を参照してください。

この更新プログラムのロールアップで更新されたファイル

この更新プログラムのロールアップに変更されるファイルのリストは、次のファイルをダウンロードしてください。


警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3050317 - 最終更新日: 09/21/2015 20:59:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft System Center 2012 R2, Microsoft System Center 2012 R2 Virtual Machine Manager

  • kbqfe kbfix kbexpertiseinter kbsurveynew atdownload kbmt KB3050317 KbMtja
フィードバック