Exchange Online ユーザーのアーカイブ メールボックスを有効に (または無効に) する、あるいはオンプレミス環境にメールボックスを移動しようとすると、エラーが表示される

現象
Exchange Online の既存ユーザーのアーカイブ メールボックスを有効に (または無効に) する、あるいはメールボックスを Exchange Online からオンプレミス環境へ移動しようとすると、以下のいずれかに類似したエラー メッセージが表示されます。
"Error: UserAlreadyBeingMigratedException: The user '<User Email Address>' already has a pending request. Please remove the existing request and resume the current batch or start a new batch for this user."
(エラー: UserAlreadyBeingMigratedException: ユーザー '<ユーザーの電子メール アドレス>' には保留中の要求が既に存在します。既存の要求を削除し、現在のバッチを再開するか、このユーザーの新しいバッチを開始します。)
"Mailbox '<User Display Name>' has a completed move request associated with it. Before you create a new move request for the mailbox, run the Remove-MoveRequest cmdlet to clear the completed move request."
(メールボックス '<ユーザーの表示名>' には完了済みの移動要求が関連付けられています。メールボックスの新しい移動要求を作成する前に、Remove-MoveRequest コマンドレットを実行して、完了済みの移動要求をクリアしてください。)
"Mailbox '<User Display Name>' has move status <move status>. You can't enable or disable an archive while the mailbox is being moved."
(メールボックス '<ユーザーの表示名>' は移動状態 <移動状態> です。メールボックスを移動している間はアーカイブを有効/無効にできません。)

この移動要求処理には Get-MoveRequest | fl コマンドを実行します。IntraOrg フラグを検証することにより、当該要求が Office 365 データセンターの移動要求であると判定できます。
原因
この問題は、失敗した移動要求がシステムから削除されていないために生じます。

サービスを正常に保つために、Exchange Online では、サーバー間でメールボックスが頻繁に移動されています。Office 365 データセンターの移動要求は、完了次第迅速に消去されます。Office 365 データセンターの移動要求が失敗した場合、当該要求は一定期間保持されますが、その後消去されます。移動要求の失敗によるユーザーへの影響はありません。その後、必要に応じて移動が再試行されます。
解決方法
一般的に、データセンター内部での移動が管理業務に影響を与えない場合、このエラー メッセージを無視しても問題はありません。

管理業務が移動要求の影響を受ける場合は、以下の手順に従ってください。
  1. リモート Windows PowerShell を使用して Exchange Online へ接続します。この方法の詳細については、「リモート PowerShell による Exchange への接続」を参照してください。
  2. 以下のコマンドを実行し、メールボックスが移動されたことを確認します。
    Get-MoveRequest | fl Status, Protect, "Display Name”, Identity
    “Display Name” がアーカイブ有効化 (または無効化) の対象であるメールボックスと一致する場合、当該メールボックスは移動中であることを意味します。この移動がアーカイブの作成を妨げています。
  3. 出力結果を確認し、状況に応じて以下のいずれかを実行します。
    • “Status” が “Queued” または “InProgress” の場合、移動が終了するまで待機します。この状態は 1 日から 2 日間持続する可能性があります。待機できない場合は、以下のコマンドを実行して移行要求を削除します。
      Remove-MoveRequest –Identity IdentityOfFailedRequest
    • “Status” が “Failed” の場合、以下のコマンドを実行して移動要求を削除します。
      Remove-MoveRequest –Identity IdentityOfFailedRequest
この操作によりユーザー アクセスへ影響が生じたり、何か問題が生じることはありません。また、この操作について Microsoft やメールボックスの所有者に通知する必要もありません。
追加情報
その他トピックは、Microsoft コミュニティ Web サイトを参照してください。
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3050691 - 最終更新日: 07/20/2016 06:22:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Exchange Online

  • o365e o365m o365022013 o365 o365a hybrid KB3050691
フィードバック