Dgetransport.exe は、PriorityQueuingEnabled「真」では、Exchange Server 2013 を設定するとクラッシュを開始します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3050825
現象
環境では、Microsoft Exchange Server 2013 Edgetransport.exe プロセスは %ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.config でPriorityQueuingEnabledTrueに設定するとクラッシュを開始します。

注: <b>関連イベントは 4999 です。このイベントは、 GetExpiryTime関数に関連付けられます。

ID: 4999

レベル: エラー

MSExchange 共通のソース。

メッセージ: プロセス id を送信するワトソン博士のレポート: 4512、パラメーターを使用: E12IIS、c-RTL の AMD64 の 15.00.0995.029、edgetransport、M.Exchange.Transport、M.E.T.TransportMailItem.GetExpiryTime、System.AggregateException、2a72 を 15.00.0995.028。
解決方法
インストールこの問題を解決するには 2013 の Exchange Server 用の累積的な更新 9.

回避策
この問題を回避するにはPriorityQueuingEnabled %ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.config をFalseに設定します。
状況
マイクロソフトは、この問題を「対象製品」セクションに記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3050825 - 最終更新日: 06/17/2015 23:48:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Exchange Server 2013 Enterprise, Microsoft Exchange Server 2013 Standard

  • kbautohotfix kbqfe kbhotfixserver kbfix kbmt KB3050825 KbMtja
フィードバック