64 ビット バージョンの Windows でシステム レジストリを表示する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

この記事は、以前は次の ID で公開されていました: JP305097
概要
この資料では、64 ビット バージョンの Windows を使用して Windows レジストリを表示する方法について説明します。
詳細
64 ビット バージョンの Windows のレジストリは、32 ビット キーと 64 ビット キーに分かれています。32 ビット キーの多くには、対応する 64 ビット キーと同じ名前が付いています (逆の場合も同様です)。

64 ビット バージョンの Windows に含まれる 64 ビット バージョンの既定のレジストリ エディター (Regedit.exe) には、64 ビット キーと 32 ビット キーの両方が表示されます。WOW64 レジストリ リダイレクターによって、32 ビット プログラムには 32 ビット プログラムのレジストリ エントリ用の異なるキーが与えられます。32 ビット キーは、64 ビット バージョンのレジストリ エディター上で以下のレジストリ キーの下に表示されます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\WOW6432Node
64 ビット バージョンの既定のレジストリ エディターを使用すると、64 ビットおよび 32 ビットの両方のレジストリ キーおよび値を、表示または編集できます。64 ビットのキーを表示または編集する場合は、64 ビット バージョンのレジストリ エディター (Regedit.exe) を使用する必要があります。32 ビットのキーおよび値を表示または編集する場合は、%systemroot%\Syswow64 フォルダーにある 32 ビット バージョンのレジストリ エディターを使用することもできます。32 ビット バージョンのレジストリ エディターと 64 ビット バージョンのレジストリ エディターとの間に、操作上の違いはありません。32 ビット バージョンのレジストリ エディターを開くには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに「%systemroot%\syswow64\regedit」と入力し、[OK] をクリックします。

    注: 32 ビット バージョンのレジストリ エディターを開くには、事前に 64 ビット バージョンのレジストリ エディターを閉じる必要があります (逆の場合も同様です)。ただし、-m スイッチを使用してレジストリ エディターの別のインスタンスを起動する場合を除きます。たとえば、64 ビット バージョンのレジストリ エディターを既に実行している場合、32 ビット バージョンのレジストリ エディターを起動するには、次に「%systemroot%\syswow64\regedit -m」と入力します。
32 ビットと 64 ビットの COM 登録およびプログラム状態の共存をサポートするため、WOW64 は 32 ビット プログラムに対してレジストリの代替ビューを提供しています。32 ビット プログラムには、64 ビットの
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software
ツリーとは完全に分離された 32 ビットの
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software
ツリー (
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\WOW6432Node
) が表示されます。これにより、
HKEY_CLASSES_ROOT
は分離されます。これは、このツリーの各コンピューターに関する部分が以下のレジストリ キーにあるためです。
HKEY_LOCAL_MACHINE\Software
COM およびその他のメカニズムを介して 64 ビット/32 ビット プログラムの相互運用性を可能にするため、WOW64 では 64 ビットと 32 ビットのレジストリ間で特定のレジストリ キーおよび値をミラーリングする "Registry Reflector" を使用しています。Registry Reflector は "インテリジェント" であり、COM のアクティブ化データのみを反映します。

反映されるキー

WOW64 の Registry Reflector は、反映処理中にキーおよび値の内容を修正してパス名などを調整することがあります。このため、32 ビットと 64 ビットのレジストリの内容が異なる場合があります。たとえば、
system32
レジストリ エントリを含むパス名は、レジストリの 32 ビット セクションでは
SysWOW64
と記述されます。反映されるキーを以下に示します。
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Classes
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\COM3
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Ole
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\EventSystem
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\RPC
注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:305097 - 最終更新日: 07/02/2013 13:08:00 - リビジョン: 1.0

Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows XP Professional x64 Edition, Microsoft Windows Advanced Server, Limited Edition

  • kbmgmtservices kbenv kbhowto kbui KB305097
フィードバック