現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Windows の高速ログオン最適化機能の説明

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:305293
概要
この資料では、Windows の高速ログオン最適化機能について説明します。
詳細
Windows 8、Windows 7、Windows Vista、およびWindows XP の既定では、高速ログオン最適化機能はドメインとワークグループのメンバーに対して設定されます。ポリシー設定は、コンピューターが起動し、ユーザーがサインインすると、非同期的に適用されます。その結果、Windows 8、Windows 7、Windows Vista、および Windows XP は、ネットワークが起動時やサインイン時に完全に初期化されるまで待ちません。 既存ユーザーはキャッシュされた資格情報を使用してログオンします。この結果、ログオン時間が短縮されます。ネットワークが利用可能になった後、バック グラウンドでグループ ポリシーが適用されます。これはバック グラウンド更新であるため、ソフトウェア インストールおよびフォルダー リダイレクトなどの拡張ログオンする必要 2 つの変更を適用するのには注意します。さらに、ローミング プロファイルのパス、ルート ディレクトリ、またはユーザー オブジェクト ログオン スクリプトを追加するなどの、ユーザー オブジェクトに加えられた変更が検出されるのにログオンが 2 回必要なことがあります。

この機能をオフにすると、Windows はユーザーがログオンする前にネットワークが完全に初期化されるのを待ちます。この結果、コンピューターが起動し、ユーザーがログオンするときにポリシー同期が適用されます。このポリシーの適用は、バック グラウンド更新プロセスに似ていてを表示するのには [ログオン] ダイアログ ボックスに必要な時間と、ユーザーが利用できるシェルに必要な時間を減らすことができます。管理者は、グループ ポリシー MMC スナップインを使用して既定値を変更できます。

高速ログオンの最適化が常にオフになってユーザー最初にログオンすると、コンピューターにログオンします。

、前の状況では、コンピューターの起動ができる非同期に注意する必要があります。ただし、ログオンはこれらの条件下での同期であるため、ログオン最適化をされません。

最初のログオン時、フォルダー リダイレクト ポリシーが完全に適用されていない場合、は、次の警告のイベント ログをご覧ください。

イベントの種類: 警告
フォルダー リダイレクトのイベント ソース:
イベント カテゴリ: なし
イベント ID: 301
説明: フォルダー リダイレクト ポリシーの適用は次のログオンまでために遅れてグループ ポリシー ログオンの最適化が有効になっています。

フォルダー リダイレクトとソフトウェア インストールのポリシー

ログオンの最適化を有効にすると、ユーザーが 2 回する前にフォルダー リダイレクト ポリシーのコンピューターにログオンする必要がありますとなるソフトウェアのインストール ポリシーが適用されます。ポリシーの同期適用する必要がありますこれらの種類のポリシーを適用するためです。ポリシーの中に更新 (非同期)、システムを適用するフォルダーのリダイレクトを示すフラグを設定またはソフトウェアのインストール ポリシーが必要です。フラグは、ユーザーの次回ログオン時にポリシーの同期アプリケーションを強制します。

Windows クライアントが、ドメイン環境で高速ログオン最適化をサポートすることに注意します。高速ログオン最適化をオフにするには、次のポリシー設定を使用できます。
常に \ Templates\System\Logon\ をコンピューターのコンピューターの起動およびログオンでネットワークを待つ
このポリシーを有効にすると、Windows XP クライアントはシステムの起動時およびユーザーのログオン時に Windows 2000 クライアントと同じように動作します。

注: <b>これは、Windows 7 または Windows 8 を実行しているシステムにも適用されます。ただし、これらのシステムでは、イベント ID は 510 に変更します。

アプリケーション ログのイベント ログ:
イベントの種類: エラー
Microsoft Windows のフォルダー リダイレクトのイベント ソース:
イベント ID: 510
説明: フォルダー リダイレクト ポリシーの適用は次のログオンまでために遅れてグループ ポリシー ログオンの最適化が有効になっています。


グループ ポリシーの設定での高速ログオンの最適化と高速起動の効果の詳細については、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
関連情報
詳細については、マイクロソフトサポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックしてください。
969006 ホーム フォルダー可能性があるマッピングがない正しく Windows XP ベースのコンピューターにログオンするとき
304970 「実行ログオン スクリプト同期」の設定が有効になっている場合でも Windows のエクスプ ローラーが起動する前に、スクリプトが実行されない可能性があります。
831998 割り当てたネットワーク ドライブのドライブ文字が表示されない、長い名前の新しいファイルまたはフォルダーを作成することはできません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:305293 - 最終更新日: 08/17/2015 00:49:00 - リビジョン: 7.0

Microsoft Windows XP Professional, Windows 7 Professional, Windows 8 Pro

  • kbgrppolicyinfo kbinfo kbnetwork kbmt KB305293 KbMtja
フィードバック
e;" onerror="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='true';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" onload="var m=document.createElement('meta');m.name='ms.dqp0';m.content='false';document.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(m);" src="http://c1.microsoft.com/c.gif?">