現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

PRB: エラー"INSERT に失敗しました"インデックス付きのビューで参照されるテーブルを更新する場合

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:305333
現象
ストアド プロシージャまたは SQL INSERT ステートメントを直接、インデックス付きビューで参照されているテーブルに行を挿入しようとする実行時に次のエラーがされます。
INSERT は、次の SET オプションに不適切な設定があるために失敗しました: 'ARITHABORT'
さらに、このエラーのバッチまたはストアド プロシージャは INSERT の試行を"SET ARITHABORT ON が含まれる場合でもに発生する可能性があります。
原因
インデックス付きのビューで参照されているテーブルに行を正常に、SQL ARITHABORT 設定オンにする必要があります設定します。 さらに、独自のバッチでは、この構成設定を適用するステートメントを実行する必要があります。 ストアド プロシージャは 1 つだけのバッチを含む、ためステートメントをプロシージャに追加機能しません。
解決方法
この問題を解決する次の ADO コードでは、アプリケーションに追加、データベースへの接続を開いた後:
MyConnection.Execute "SET ARITHABORT ON"				
MyConnection を使用して INSERT または SQL INSERT ステートメントを実行するストアド プロシージャを実行するには、ADO 接続オブジェクトの参照を場所です。
状況
これは仕様によるものです。
詳細
SET ARITHABORT には、オプションが自動的に設定されていない SQL Server または SQL Server ODBC ドライバーの OLE DB プロバイダーを使用する接続の 1 つです。 ARITHABORT 設定、ARITHABORT オフである、サーバーの既定既定の接続、OLE DB および ODBC 接続を指定しない操作を行うため。
関連情報
詳細については、「"、のインデックス付きビューの設計と"インデックスの作成"SQL Server 2000 Books Online。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:305333 - 最終更新日: 05/08/2003 19:14:00 - リビジョン: 2.2

Microsoft ActiveX Data Objects 2.6, Microsoft ActiveX Data Objects 2.7

  • kbprb kbmt KB305333 KbMtja
フィードバック