現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

ストレージ エリア ネットワーク (SAN) からの起動についてのサポート

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:305547
概要
Windows サーバー、ストレージ エリア ネットワーク (SAN) からブートのサポート状況について説明します。
詳細
Microsoft は、SAN の製造元が Windows サーバーを起動、特定のハードウェア プラットフォームをサポートする場合、ストレージ エリア ネットワーク (SAN) からのブートをサポートします。SAN およびホスト バス アダプター (HBA) を構成する必要がありますに従って、SAN ベンダーのガイドラインと、SAN ベンダーポイントとして機能する主なブートに関連する問題のための。SAN からの起動がきわめて複雑で、SAN の製造元が SAN ブートのサポート ステートメントを提供するために特定の構成をサポートするベンダーが必要なために、この要件が存在します。SAN からの起動に必要な項目を網羅するこの資料に含まれている情報はありませんが注意する重要です。SAN ベンダーは、特定の手順、ドライバー、ファームウェアのリビジョンを提供する必要がありますハードウェア (ストレージ ・ システム、スイッチ、ホスト バス アダプターなど) を作成する方法に関するリソースを適切に連携して作業.

構成

複数のコンピューターを SAN から正常に起動するので、次の問題を解決する必要があります。
  • SAN からの複数のコンピューターをブートする SAN が必要で構成するか、スイッチ環境またはホスト、ストレージ サブシステムのファイバ ・ チャネル ・ ポートのいずれかから直接接続する必要があります。互いから適切に分離するのには、SAN に接続されているホストはできないため、SAN からの複数のサーバーを起動すると、ファイバ ・ チャネル ・ アービト レート型ループ (FC-AL) の使用はサポートされていません。スイッチ環境ではホストを他から分離します。Fiber Channel-Arbitrated ループ ・ トポロジーでは、SAN での起動は 1 台のサーバー、SAN からのブート時にのみサポートされます。

  • ホストがディスクに排他的アクセスが必要ですから isbooting。SAN 上の他のホストができませんを検出またはへのアクセスを同一の論理ディスクがあります。これは LUN マスキング、ゾーニング、またはこれらの組み合わせ方法など LogicalUnit 番号 (LUN) 管理の種類を使用して実現できます。LUN 管理は通常、スイッチ、storagesubsystem、ホスト バス アダプター (HBA) レベルにし、Windows ではない設定します。Windowsprovide Lun マッピングの機能はありません。

  • マルチパス ソフトウェアと複数の Hba のパスの障害から、chancesof の回復が向上します。単一のホストに複数の Hba の目的は、冗長性と (おそらく) スループットの増大です。ただし、障害が発生し、SAN へのパスが失われる、ある可能性があります、期間だけ、SAN 上のドライブはアクセスできません。Windows サーバーのこのパスの障害 maycause 問題。ベンダー間でのマルチパス ・ ソフトウェア variesgreatly の動作です。以前のハードウェア互換性リスト (HCL) の Windows カタログ forStorage または RAID システム マルチパス ドライバーがストレージ ・ システムは、Windows カタログにあるかどうかを確認するを確認します。マルチパス ソフトウェアが見つからない場合は yourSAN の製造元に問い合わせてください。

    ストレージまたは RAID のカタログを参照するには、マイクロソフト Web サイトを参照してください。
  • 接続されているホストが、Windows 2000 クラスター ソリューションの一部である場合は共有ストレージのブート プロセスの 1 つの HBA と、別の HBA を使用するあります。
  • ホストは接続されている Windows 2000 クラスター ソリューションの一部であるマイクロソフトのマルチパス I/O (MPIO) 機能を使用している場合、4 つの Hba が必要。

トラブルシューティング

Windows サーバーの SAN からの正常な起動を妨げる可能性のいくつかの問題について説明します。
  • SAN を構成するときに非常に一般的な問題は、複数のホストが同じ論理ディスクへのアクセスを必要があります可能であります。Thisusually は適切な LUN 管理が展開されていないために発生します。接続し、すべての論理ユニットをマウントするが、Windows の defaultbehavior こと detectswhen HBA ドライバーを読み込みます。複数のホストが同じディスクをマウント、ファイルの systemdamage が発生します。つをホストするために SAN の構成は、特定の論理ディスクにアクセスできます。同じ論理ディスクにアクセスする multiplehosts の現象は次のとおりです。
    ディスクの管理は複数のホスト上の同じ論理ディスクを表示します。追加または新しい論理ディスクを構成した新しいハードウェアが検出されたことをプラグ アンド プレイ通知は複数のホストで発生します。マイコンピューターまたは Windows エクスプ ローラーを使用して論理ディスクにアクセスしようとする場合、「アクセス拒否」、"デバイス準備ができていない」、または同様のエラー メッセージを同じ論理ディスクにアクセスする他のホストである可能性があります。
  • コンピューター応答を停止 (ハング) か、低速の responsetimes が。ページファイルにレーテンシーが高いと thismay することがわかりますこのようなシステム ログにイベントを伴います。
    イベント ID: 51
    イベント タイプ: 警告
    イベント ソース: ディスク
    説明: デバイス \Device\Harddisk0\DR0during でエラーが検出されました、ページング操作。

    イベント ID: 11
    ソース: HBA_DRIVER_NAME %
    説明: ドライバーは、コント ローラーのエラー onDevice\ScsiPort0 を検出しました。

    イベント ID: 9
    ソース: HBA_DRIVER_NAME %
    説明: デバイス、\Device\ScsiPort0、timeoutperiod、内に応答しなかった。
    上記のエラー メッセージは、システム ログ、Windows がディスクにアクセスしようとする場合に問題があった場合。参照されている場合ディスクが SAN 上にある、レイテンシの問題を示しています。イベント ID 51 が表示される場合、メモリ マネージャーがするコピーするデータをメモリからと、問題があったことを示します。Pagefilelatency 問題の別のインジケーターとして、Windows サーバーにシステム障害かどうか、の次のエラー メッセージがブルー スクリーンに表示されます。
    0X00000050 して

    または

    0X0000000A IRQL_NOT_LESS_OR_EQUAL
    解決方法で、ホストのローカル ハード_ディスク上のページファイルです。またはメモリ不足でデータがページングと、ページファイルへの信頼性の高いアクセスが必要です。ページファイル、localto がホスト アクセスが他のデバイスと SAN の hostson を受けないと保証します。

    注: <b>(通常は c:\Windows または c:\WINNT) は、パーティションと同じパーティション上でページファイルがない場合、Memory.dmp ファイルの作成は行われません。Memory.dmp ファイルが、Windowscomputer を持つの STOP エラーのトラブルシューティングに使用されます。クラッシュ ダンプ用にコンピューターを構成する方法については、Windows のヘルプを参照してください。
上記問題を解決するいくつか方法はあります。最初の方法は、SAN で発生するイベントと時間の相関関係を調べることです。たとえば、HostA が大きなコピー処理を実行し、HostB がエラー 9 を報告、正しい LUN 管理機能が設定されていないことを意味可能性があります。別の例は、HostA を再起動するたびにホスト b はエラーを生成するかどうかです。FC-AL を使用しているし、ホスト b は、HostA からループ初期化プリミティブ (LIP) シーケンスによって影響を受けている可能性があります。これら、SAN の再構成によって、多くの場合修正でき、ハードウェアの製造元のサポートが必要があります。Windows サーバーのローカルのハード ディスクにページファイルを配置することで任意の種類の待機時間の問題を解決するかもしれませんが、メモリ ダンプの作成を無効にもう一度。理解する重要なポイントは、SAN のハードウェア製造元の適切な構成に関する情報があり、構成の質問や懸念のすべての連絡先の最初のポイントにする必要があります。

SAN 環境内の Windows サーバー クラスターの詳細について、マイクロソフト サポート技術記事を表示する次の資料番号をクリックします。
280743 Windows クラスタ リングと地理的に離れたサイト
301647 クラスター ストレージ エリア ネットワークのサービスの強化
n_port f_port l_port 0x50 0x0a は mm san san からのブートからブートします。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:305547 - 最終更新日: 06/10/2015 01:07:00 - リビジョン: 1.0

Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 Standard without Hyper-V, Windows Server 2008 Datacenter, Windows Server 2008 Enterprise, Windows Server 2008 Standard, Windows Web Server 2008, Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86), Microsoft Windows Server 2003, Web Edition, Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition, Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems, Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems, Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows 2000 Advanced Server, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Premium Edition, Microsoft Windows Small Business Server 2003 Standard Edition, Windows Server 2008 R2 Datacenter, Windows Server 2008 R2 Datacenter without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 Enterprise, Windows Server 2008 R2 Enterprise without Hyper-V, Windows Server 2008 R2 for Embedded Systems, Windows Server 2008 R2 for Itanium-Based Systems, Windows Server 2008 R2 Foundation, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows Server 2008 R2 Standard, Windows Server 2008 R2 Standard without Hyper-V, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 for Embedded Systems, Windows Server 2012 Foundation, Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 for Embedded Systems, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows Server 2012 R2 Preview, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 Release Candidate, Windows Server 2012 Standard, Windows Server Update Services for Windows Server 2012

  • kbenv kbinfo kbnetwork kbmt KB305547 KbMtja
フィードバック