Windows タスク スケジューラを実行してからユーザーを防止する方法

Windows XP のサポートは終了しました

マイクロソフトでは、2014 年 4 月 8 日に Windows XP のサポートを終了しました。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響しています。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:305612

重要: この資料には、レジストリの変更に関する情報が含まれています。レジストリを変更する前に確認をバックアップし、問題が発生した場合にレジストリを復元する方法を理解していることを確認します。レジストリをバックアップ、復元、および編集する方法の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報の資料を参照してください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明

このタスクでは

概要
この資料では、実行中または Windows XP でタスク スケジューラを停止するからユーザーを防止する方法について手順を追って説明します。

目的の日付と時刻の前に、タスク スケジューラを実行するユーザーを禁止し場合があるかと、管理者はしない、ユーザーのコンピューターに新しいタスクを追加する場合があります。タスク スケジューラではより詳細に制御を取得するのにには、次の手順を使用します。
back to the top

ユーザーが新しいタスクを追加する、またはローカル ポリシーの設定を変更して、タスク スケジューラでタスクを削除しないようにします。


メモ 次の手順は、Windows XP Professional、Windows 2000 Server、または Windows Server 2003 にのみ適用されます。Windows XP Home edition では、「ユーザーが新しいタスクを追加またはレジストリ設定を変更して、タスク スケジューラでタスクを削除できないようにする」のセクションこの資料を参照してください。
  1. ローカル ポリシーの設定を変更するコンピューターに管理者としてログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. [名前] ボックスに次のように入力します。 gpedit.msc 、し [ OK] をクリックします。
  4. コンソールの左側のウィンドウでを展開、 [コンピューターの構成ノード。
  5. 管理用テンプレート] を展開し、しWindows コンポーネントを展開します。
  6. [タスク スケジューラ] をクリックします。
  7. ウィンドウで、タスク スケジューラは、次の手順で行います。
    1. タスクの実行または終了しないようにするをダブルクリックします。
    2. [有効] をクリックし、[ OK] をクリックします。
    3. 禁止の新しいタスクの作成をダブルクリックします。
    4. [有効] をクリックし、[ OK] をクリックします。
    5. 禁止するタスクの削除] をダブルクリックします。
    6. [有効] をクリックし、[ OK] をクリックします。
    7. ドラッグ アンド ドロップを禁止する]をダブルクリックします。
    8. [有効] をクリックし、[ OK] をクリックします。
  8. [グループ ポリシー] スナップインの [ファイル] メニューの [終了] をクリックします。
back to the top

ユーザーが新しいタスクを追加する、またはローカル ポリシーの設定を変更して、タスク スケジューラでタスクを削除できないようにする方法



警告レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。
  1. レジストリ設定を変更する、コンピューターに管理者としてログオンします。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  3. [名前] ボックスに次のように入力します。 regedit、し [ OK] をクリックします。
  4. レジストリ エディターで、次のキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Task Scheduler5.0
  5. 詳細ウィンドウで、以下の手順を実行します。
    1. DragAndDropを右クリックし、[変更] をクリックします。
    2. [ DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで、次のように入力します。 1、し [ OK] をクリックします。
    3. 実行を右クリックし、[変更] をクリックします。
    4. [ DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで、次のように入力します。 1、し [ OK] をクリックします。
    5. タスクの作成を右クリックし、[変更] をクリックします。
    6. [ DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで、次のように入力します。 1、し [ OK] をクリックします。
    7. タスクの削除を右クリックし、[変更] をクリックします。
    8. [ DWORD 値の編集] ダイアログ ボックスで、次のように入力します。 1、し [ OK] をクリックします。
  6. [ファイル] メニューのレジストリ エディターで、[終了] をクリックします。
back to the top

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:305612 - 最終更新日: 07/21/2014 16:48:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86), Microsoft Windows 2000 Server, Microsoft Windows XP Professional, Microsoft Windows XP Home Edition

  • kbenv kbhowtomaster kbmt KB305612 KbMtja
フィードバック