現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

Azure 保護ネットワークの帯域幅使用率をオンプレミスを管理する方法

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3056159
使用して、オンプレミス マイクロソフト Azure の保護を有効にするとAzure のサイトの回復(ASR) は、この資料の方法を使用してネットワーク帯域幅を管理することができます。
設置型の仮想マシンのネットワーク帯域幅を管理します。
Microsoft Azure リカバリ ・ サービス ・ エージェントHYPER-V にインストールされている azure forOn 設置型 VMM のサイトをホストするか、Azure に HYPER-V サイトを設置インターネット帯域幅使用率の既定の設定を使用するように構成されています。

管理者は、さまざまなネットワーク帯域幅の設定を使用する個々 の HYPER-V ホストを構成できます。これらの構成が実装されると、構成済みの設定が、使用率を最適化することを確認するのにはいくつかの日のネットワーク帯域幅の使用率を監視します。

詳細な手順

手順 1: Azure にレプリケートするための帯域幅使用量は増加します。

次のレジストリ キーを見つけて、次のレジストリ エントリを追加し、レジストリ エディターを使用して、またはそれを変更する値が既に存在する場合。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Azure Backup\Replication
値の名前:UploadThreadsPerVM
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 8

注: <b>エージェントが構成されている既定値は 4 で、最大値は 32 です。

手順 2: Azure の中に設置型のフェイル オーバーを帯域幅使用率を向上します。

次のレジストリ キーを見つけて、次のレジストリ エントリを追加し、レジストリ エディターを使用して、またはそれを変更する値が既に存在する場合。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows Azure Backup\Replication
値の名前:DownloadThreadsPerVM
値の種類: REG_DWORD
値のデータ: 8

注: <b>エージェントが構成されている既定値は 4 と、最大のサポートされている値は 32 です。

手順 3: レプリケーションの帯域幅使用率を調整します。

スロットル設定を構成するのにには、次の方法のいずれかを使用します。

MMC スナップインで管理コンソールを使用して、方法 1。
  1. MMC を開きます。[ファイル] メニュー [スナップインの追加と削除]を選択し、ローカル コンピューターWindows Server バックアップを追加します。
  2. Windows Server バックアップツリーを展開し、[バックアップ] を選択します。(右側) の [操作] ウィンドウでプロパティを変更するを選択します。
  3. 必要に応じて、3 つのタブ設定を変更することができます。スロットル」タブを選択します。
Microsoft Azure のバックアップのプロパティ] ウィンドウのスクリーン ショット

スロットル」タブは、特定の曜日と時間間隔中にネットワークの使用率を制御するため、できます。インターネット帯域幅の使用量がバックアップ ・ オペレーションの調整を有効にする] チェック ボックスを選択すると、バックアップまたは情報を復元するときにエージェントがネットワークの帯域幅を使用する方法を構成できます。

使用して 2 つの設定を調整するには、作業時間 nonwork 時間は、バックアップ操作中にネットワーク帯域幅の使用を規定します。作業日の作業時間を作業時間の帯域幅の制限を適用する期間の範囲を定義することができます。Nonwork の時間制限はすべての他の時間で使用されます。有効な帯域幅は、両方の制限 1023 秒あたりのメガバイト (Mbps) に 512 のキロバイト/秒 (Kbps) の範囲です。

方法 2: 使用して Windows PowerShell コマンドレット
セット OBMachineSettingコマンドレットでは、インターネットへのアクセスにプロキシの設定を含めるし、ネットワーク帯域幅の調整の設定をサーバーの設定を構成します。



次のサンプル コマンドレットは、午後 6 時まで午前 9時 00分から月曜日と火曜日の帯域幅を抑制します。
$mon = [System.DayOfWeek]::Monday $tue = [System.DayOfWeek]::TuesdaySet-OBMachineSetting -WorkDay $mon, $tue -StartWorkHour "9:00:00" -EndWorkHour "18:00:00" -WorkHourBandwidth  (512*1024) -NonWorkHourBandwidth (2048*1024)
次のコマンドレットでは、ネットワークの帯域幅の調整は使用しないことによってこのサーバーを指定します。
Set-OBMachineSetting –NoThrottle



警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3056159 - 最終更新日: 03/11/2016 06:40:00 - リビジョン: 3.0

Microsoft Azure Recovery Services

  • kbhowto kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbmt KB3056159 KbMtja
フィードバック
ody>