[MS15-044] Microsoft フォント ドライバーの脆弱性により、リモートでコードが実行される (2015 年 5 月 12 日)

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています

Windows Server 2003 のサポートは 2015 年 7 月 14 日で終了しています。この変更は、ソフトウェアの更新プログラムおよびセキュリティ オプションに影響します。 この変更の意味および保護された状態を維持する方法について説明します。

このセキュリティ更新プログラムは、Windows、Microsoft .NET Framework、Microsoft Office、Microsoft Lync、および Microsoft Silverlight の脆弱性を解決します。最も深刻な場合、ユーザーが特別な細工がされた文書を開いた場合や、TrueType フォントが埋め込まれた信頼されていない Web ページを表示した場合に、この脆弱性によりリモートでコードが実行される可能性があります。
はじめに
マイクロソフトはセキュリティ情報 MS15-044 を公開しました。このセキュリティ情報の詳細を参照するには、次のいずれかのマイクロソフト Web サイトにアクセスしてください。

このセキュリティ更新プログラムに関するヘルプとサポートを受ける方法

更新プログラムのインストールのヘルプ:Windows Update サポート ページ

IT プロフェッショナル向けのセキュリティ ソリューション:TechNet セキュリティに関するトラブルシューティングとサポート

ウイルスとマルウェアから Windows を搭載しているコンピューターを保護する: ウイルスとセキュリティ サポート ページ

国ごとのローカル サポート: その他の地域のサポート

このセキュリティ更新プログラムの関連情報

以下の資料では製品バージョン別に、このセキュリティ更新プログラムに関する追加情報が掲載されています。資料には、既知の問題に関する情報が掲載されている可能性があります。このような場合、既知の問題は各資料のリンクの下に列記されています。
文書番号 資料のタイトル
3045171[MS15-044] および [MS15-051] Windows フォント ドライバー用のセキュリティ更新プログラムについて
3057781[MS15-044] Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 用の .NET Framework 4.6 RC のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3048077[MS15-044] Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 用の .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2 のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3048074[MS15-044] Windows Server 2003、Windows Vista、および Windows Server 2008 用の .NET Framework 4 のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3048070[MS15-044] Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 用の .NET Framework 3.5.1 のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3048072[MS15-044] Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 用の .NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3048071[MS15-044] Windows 8 および Windows Server 2012 用の .NET Framework 3.5 のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3048068[MS15-044] Windows Vista Service Pack 2 および Windows Server 2008 Service Pack 2 用の .NET Framework 3.0 Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3048073[MS15-044] Windows Server 2003 の .NET Framework 2.0 Service Pack 3.0 のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3039779[MS15-044] Lync 2013 (Skype for Business) セキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3056819[MS15-044] Silverlight 5 セキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
2881073[MS15-044] Microsoft Office 2010 Service Pack 2 のセキュリティ更新プログラムについて
2883029[MS15-044] 2007 Microsoft Office スイート Service Pack 3 のセキュリティ更新プログラムについて
3051464[MS15-044] Lync 2010 セキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3051467[MS15-044] Live Meeting Console 用のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3051465[MS15-044] Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール) のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3051466[MS15-044] Lync 2010 Attendee (管理者レベル インストール) のセキュリティ更新プログラムについて (2015 年 5 月 12 日)
3045171[MS15-044] および [MS15-051] Windows フォント ドライバーのセキュリティ更新プログラムについて

セキュリティ更新プログラム 3045171 の既知の問題:
  • このセキュリティ更新プログラム (3045171) をインストールした後で、Windows 7 以前のバージョンの Windows が搭載されているコンピューターで Windows GDI+ を使用してテキスト アウトラインベースのパス オブジェクトを作成すると、クラッシュします。

    この問題を解決するには、更新プログラム 3065979 をインストールします。この問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    3065979 "GsDraw エラー (1): GenericError" エラーが Windows でテキスト アウトラインを作成するときに発生し、アプリケーションがクラッシュする
  • Windows Vista または Windows Server 2008 を搭載しているコンピューターにこのセキュリティ更新プログラムをインストールした後で、[サービス] Microsoft 管理コンソール (MMC) で [FontCache] サービスに関する次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

    説明を読むことができません。エラー コード: 15100

    [サービス] MMC の [FontCache] サービスを開くと、次のようなエラー メッセージが表示されることがあります。

    Configuration Manager: 一般的なエラーが発生しました。
    リソース ローダーが MUI ファイルを見つけることができません

    この問題を解決するには、更新プログラム 971512 をインストールします。この問題の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
    971512 Windows Graphics、Imaging、および XPS Library について

セキュリティ更新プログラムの展開に関する情報

Windows Server 2003 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべての Windows Server 2003 (32 ビット):
WindowsServer2003-KB3045171-x86-JPN.exe

Windows Server 2003 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
NDP30SP2-KB3048073-x86.exe

Windows Server 2003 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
NDP40-KB3048074-x86.exe

サポートされているすべての Windows Server 2003 (x64 ベース):
WindowsServer2003-KB3045171-x64-JPN.exe

Windows Server 2003 のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
NDP30SP2-KB3048073-x64.exe

Windows Server 2003 のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
NDP40-KB3048074-x64.exe

サポートされているすべての Windows Server 2003 (Itanium ベース):
WindowsServer2003-KB3045171-ia64-JPN.exe
インストール スイッチMicrosoft Windows に関しては、サポート技術情報 934307 を参照してください。

Microsoft .NET Framework に関しては、サポート技術情報 2844699 を参照してください。
更新ログ ファイルWindows Server 2003:
KB3045171.log

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3048073_*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3048073_*.html

Microsoft .NET Framework 4:
KB3048074_*_*-Microsoft .NET Framework 4 Client Profile-MSP0.txt
KB3048074_*_*.html
再起動の必要性Windows Server 2003:
このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

Microsoft .NET Framework:
このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報Windows Server 2003:
コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用するか、%Windir%\$NTUninstallKB3045171$\Spuninst フォルダーにある Spuninst.exe ユーティリティを使用します。

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。Windows Update の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
サポート技術情報 3048073 を参照してください。
サポート技術情報 3048074 を参照してください。
レジストリ キーの確認Windows Server 2003:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Windows Server 2003\SP3\KB3045171\Filelist

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2\SP2\KB3048073
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Server 2003 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB3048074
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Server 2003 のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB3048074
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Vista (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows Vista:
Windows6.0-KB3045171-x86.msu

Windows Server 2003 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
NDP30SP2-KB3048068-x86.exe

Windows Vista のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
NDP40-KB3048074-x86.exe

Windows Vista のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2:
NDP45-KB3048077-x86.exe

すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Vista:
Windows6.0-KB3045171-x64.msu

Windows Server 2003 のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
NDP30SP2-KB3048068-x64.exe

Windows Vista のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
NDP40-KB3048074-x64.exe

Windows Vista のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2:
NDP45-KB3048077-x64.exe
インストール スイッチMicrosoft Windows に関しては、サポート技術情報 934307 を参照してください。

Microsoft .NET Framework に関しては、サポート技術情報 2844699 を参照してください。
更新ログ ファイルWindows Vista の場合:
対象外

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3048068_*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3048068_*.html

Microsoft .NET Framework 4:
KB3048074_*_*-Microsoft .NET Framework 4 Client Profile-MSP0.txt
KB3048074_*_*.html

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2:
KB3048077_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET の対象バージョン]-MSP0.txt
KB3048077_*_*.html
再起動の必要性Windows Vista の場合:
このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

Microsoft .NET Framework:
このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報Windows Vista の場合:
WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。Windows Update の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。Windows Update の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
サポート技術情報 3048068 を参照してください。
サポート技術情報 3048074 を参照してください。
サポート技術情報 3048077 を参照してください。
レジストリ キーの確認Windows Vista の場合:
この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2\SP2\KB3048068
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Vista のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB3048074
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Vista のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB3048074
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework [.NET の対象バージョン]\KB3048077
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Server 2008 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべての Windows Server 2008 (32 ビット):
Windows6.0-KB3045171-x86.msu

Windows Server 2008 for 32-bit Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3048068-x86.msu

Windows Server 2008 Service Pack 2 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
NDP40-KB3048074-x86.exe

Windows Server 2008 Service Pack 2 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2:
NDP45-KB3048077-x86.exe

サポートされているすべての Windows Server 2008 (x64 ベース):
Windows6.0-KB3045171-x64.msu

Windows Server 2008 for x64-based Systems Service Pack 2 上の Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Windows6.0-KB3048068-x64.msu

Windows Server 2008 Service Pack 2 のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
NDP40-KB3048074-x64.exe

Windows Server 2008 Service Pack 2 のすべてのサポートされている x64-based エディション上の Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2:
NDP45-KB3048077-x64.exe

サポートされているすべての Windows Server 2008 (Itanium ベース):
Windows6.0-KB3045171-ia64.msu
インストール スイッチMicrosoft Windows に関しては、サポート技術情報 934307 を参照してください。

Microsoft .NET Framework に関しては、サポート技術情報 2844699 を参照してください。
更新ログ ファイルWindows Server 2008:
対象外

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3048068_*-msi0.txt
Microsoft .NET Framework 3.0-KB3048068_*.html

Microsoft .NET Framework 4:
KB3048074_*_*-Microsoft .NET Framework 4 Client Profile-MSP0.txt
KB3048074_*_*.html

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2:
KB3048077_*_*-Microsoft .NET Framework [.NET の対象バージョン]-MSP0.txt
KB3048077_*_*.html
再起動の必要性Windows Server 2008:
このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

Microsoft .NET Framework:
このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報Windows Server 2008:
WUSA.exe は更新プログラムのアンインストールをサポートしていません。WUSA でインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。Windows Update の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル]をクリックし、[セキュリティ]をクリックします。Windows Update の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックし、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
サポート技術情報 3048068 を参照してください。
サポート技術情報 3048074 を参照してください。
サポート技術情報 3048077 を参照してください。
レジストリ キーの確認Windows Server 2008:
この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2\SP2\KB3048068
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Server 2008 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB3048074
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Server 2008 のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB3048074
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Microsoft .NET Framework 4.5/4.5.1/4.5.2:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework [.NET の対象バージョン]\KB3048077
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows 7 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (32 ビット版):
Windows6.1-KB3045171-x86.msu

すべてのサポートされている 32 ビット版の Windows 7 Service Pack 1 にインストールされている Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3048070-x86.msu

Windows 7 Service Pack 1 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
NDP40-KB3048074-x86.exe

サポートされているすべてのエディションの Windows 7 (x64 ベース):
Windows6.1-KB3045171-x64.msu

すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows 7 Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3048070-x64.msu

Windows 7 Service Pack 1 のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
NDP40-KB3048074-x64.exe
インストール スイッチMicrosoft Windows に関しては、サポート技術情報 934307 を参照してください。

Microsoft .NET Framework に関しては、サポート技術情報 2844699 を参照してください。
更新ログ ファイルWindows 7:
対象外

Microsoft .NET Framework 3.5.1:
対象外です。

Microsoft .NET Framework 4:
KB3048074_*_*-Microsoft .NET Framework 4 Client Profile-MSP0.txt
KB3048074_*_*.html
再起動の必要性Windows 7:
このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

Microsoft .NET Framework:
このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報Windows 7:
WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
サポート技術情報 3048070 を参照してください。
サポート技術情報 3048074 を参照してください。
レジストリ キーの確認Windows 7:
この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Microsoft .NET Framework 3.5.1:

この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。この更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。

Windows 7 のすべてのサポートされている 32 ビット版にインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB3048074
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows 7 のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB3048074
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows Server 2008 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3045171-x64.msu

すべてのサポートされている x64-based エディションの Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 上の Microsoft .NET Framework 3.5.1:
Windows6.1-KB3048070-x64.msu

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 のすべてのサポートされている x64-based エディションにインストールされている Microsoft .NET Framework 4:
NDP40-KB3048074-x64.exe

すべてのサポートされている Itanium-based エディションの Windows Server 2008 R2:
Windows6.1-KB3045171-ia64.msu
インストール スイッチMicrosoft Windows に関しては、サポート技術情報 934307 を参照してください。

Microsoft .NET Framework に関しては、サポート技術情報 2844699 を参照してください。
更新ログ ファイルWindows Server 2008 R2:
対象外

Microsoft .NET Framework 3.5.1:
対象外

Microsoft .NET Framework 4:
KB3048074_*_*-Microsoft .NET Framework 4 Client Profile-MSP0.txt
KB3048074_*_*.html
再起動の必要性Windows Server 2008 R2:
このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

Microsoft .NET Framework:
このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報Windows Server 2008 R2:
WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] で [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] の下の [インストールされた更新プログラムを表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
サポート技術情報 3048070 を参照してください。
サポート技術情報 3048074 を参照してください。
レジストリ キーの確認Windows Server 2008 R2:
この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Microsoft .NET Framework 3.5.1:
この更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。この更新プログラムの有無を確認するには、WMI を使用してください。

Microsoft .NET Framework 4:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Updates\Microsoft .NET Framework 4 Client Profile\KB3048074
"ThisVersionInstalled" = "Y"

Windows 8 および Windows 8.1 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの Windows 8 (32 ビット版):
Windows8-RT-KB3045171-x86.msu

Windows 8 for 32-bit Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8-RT-KB3048071-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 8 (x64 ベース):
Windows8-RT-KB3045171-x64.msu

Windows 8 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8-RT-KB3048071-x64.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (32 ビット版):
Windows8.1-KB3045171-x86.msu

Windows 8.1 for 32-bit Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3048072-x86.msu

サポートされているすべてのエディションの Windows 8.1 (x64 ベース):
Windows8.1-KB3045171-x64.msu

Windows 8.1 for x64-based Systems 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3048072-x64.msu
インストール スイッチMicrosoft Windows に関しては、サポート技術情報 934307 を参照してください。

Microsoft .NET Framework に関しては、サポート技術情報 2844699 を参照してください。
再起動の必要性Windows 8 および Windows 8.1 の場合:
このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

Microsoft .NET Framework:
このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報Windows 8 および Windows 8.1 の場合:
WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update]の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム]をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] の下の [更新履歴の表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
サポート技術情報 3048071 を参照してください。
サポート技術情報 3048074 を参照してください。
レジストリ キーの確認これらの更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Windows Server 2012:
Windows8-RT-KB3045171-x64.msu

Windows Server 2012 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8-RT-KB3048071-x64.msu

すべてのサポートされている Windows Server 2012 R2:
Windows8.1-KB3045171-x64.msu

Windows Server 2012 R2 上の Microsoft .NET Framework 3.5:
Windows8.1-KB3048072-x64.msu
インストール スイッチMicrosoft Windows に関しては、サポート技術情報 934307 を参照してください。

Microsoft .NET Framework に関しては、サポート技術情報 2844699 を参照してください。
再起動の必要性Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2:
このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。

Microsoft .NET Framework:
このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。インストーラーが必要なサービスを停止し、更新プログラムが適用され、サービスが再起動します。しかし、何らかの理由により、必要なサービスが停止しない場合、または必要なファイルが使用中の場合、この更新プログラムを適用すると、再起動が要求されます。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。
削除に関する情報Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2:
WUSA によりインストールされた更新プログラムをアンインストールするには、/Uninstall セットアップ スイッチを使用するか、[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update]の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム]をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。

Microsoft .NET Framework:
[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ] の順にクリックし、[Windows Update] の下の [更新履歴の表示] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。
サポート技術情報 3048071 を参照してください。
サポート技術情報 3048074 を参照してください。
レジストリ キーの確認これらの更新プログラムがインストールされているかどうかを検証するためのレジストリ キーはありません。

Windows RT および Windows RT 8.1 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
デプロイ更新プログラム 3045171 は、Windows Update を介してのみ入手可能です。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムの適用後に、システムを再起動する必要があります。
削除に関する情報[コントロール パネル]、[システムとセキュリティ]、[Windows Update] の順にクリックし、[関連項目] の下の [インストールされた更新プログラム] をクリックして、更新プログラムの一覧から選択します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3045171 を参照してください。

2007 Microsoft Office スイート (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名サポートされているすべてのエディションの 2007 Microsoft Office スイート:
ogl2007-kb2883029-fullfile-x86-glb.exe
インストール スイッチサポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 2883029 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Office 2010 (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされているエディションの Microsoft Office 2010 (32 ビット版):
ogl2010-kb2881073-fullfile-x86-glb.exe
すべてのサポートされているエディションの Microsoft Office 2010 (64 ビット版):
ogl2010-kb2881073-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチサポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報サポート技術情報 2881073 を参照してください。
レジストリ キーの確認対象外

Microsoft Live Meeting 2007、Microsoft Lync 2010、Microsoft Lync 2010 Attendee、Microsoft Lync 2013 (Skype for Business)、および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Microsoft Live Meeting 2007 Console (3051467):
LMSetup.exe

Microsoft Lync 2010 (32 ビット) の場合 (3051464):
lync.msp
Microsoft Lync 2010 (64 ビット) の場合 (3051464):
lync.msp

Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール) の場合 (3051465):
AttendeeUser.msp

Microsoft Lync 2010 Attendee (管理者レベル インストール) の場合 (3051466):
AttendeeAdmin.msp

すべてのサポートされているエディションの Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) (32 ビット) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic) (32 ビット):
lyncmso2013-kb3039779-fullfile-x86-glb.exe

すべてのサポートされているエディションの Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) (64 ビット) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic) (64 ビット):
lyncmso2013-kb3039779-fullfile-x64-glb.exe
インストール スイッチサポート技術情報 912203 を参照してください。
再起動の必要性この更新プログラムは、システムの再起動が必要ない場合もあります。必要なファイルが使用中の場合には、再起動が必要です。このような動作が発生した場合は、再起動を求めるメッセージが表示されます。

再起動が必要になる可能性を小さくするには、セキュリティ更新プログラムをインストールする前に、影響を受けるすべてのサービスを停止し、影響を受けるファイルを使用する可能性があるすべてのアプリケーションを閉じます。再起動が必要となる理由の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報 887012 を参照してください。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。
ファイルに関する情報Microsoft Live Meeting 2007 Console:
サポート技術情報 3051467 を参照してください。

すべてのサポートされるエディションの Microsoft Lync 2010:
サポート技術情報 3051464 を参照してください。

Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール):
サポート技術情報 3051465 を参照してください。

Microsoft Lync 2010 Attendee (管理レベル インストール):
サポート技術情報 3051466 を参照してください。

Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic):
サポート技術情報 3039779 を参照してください。
レジストリ キーの確認Microsoft Live Meeting 2007 Console:
対象外

Microsoft Lync 2010 (32 ビット):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577.4461

Microsoft Lync 2010 (64 ビット):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577.4461

Microsoft Lync 2010 Attendee (管理レベル インストール):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Installer\UserData\S-1-5-18\Products\94E53390F8C13794999249B19E6CFE33\InstallProperties\DisplayVersion = 4.0.7577.4461

Microsoft Lync 2010 Attendee (ユーザー レベル インストール):
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Active Setup\Installed Components\{0EEB34F6-991D-4a1b-8EEB-772DA0EADB22}
Version = 7577.4461

Microsoft Lync 2013 (Skype for Business) および Microsoft Lync Basic 2013 (Skype for Business Basic):
対象外

Silverlight 5 for Mac (すべてのエディション)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名Mac にインストールされている Microsoft Silverlight 5:
Silverlight.dmg

Mac にインストールされている Microsoft Silverlight 5 Developer Runtime:
silverlight_developer.dmg
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。
削除に関する情報[Finder] を開き、システム ドライブを選択して、Internet Plug-ins – Library フォルダーに移動し、Silverlight.Plugin ファイルを削除します (Silverlight プラグインを削除せずにこの更新プログラムを削除することはできないことに注意してください)。
ファイルに関する情報サポート技術情報 3056819 を参照してください。
インストールの確認このセキュリティ情報の質問「現在インストールされている Microsoft Silverlight のバージョンおよびビルドを確認する方法を教えてください」に対する「更新プログラムに関する FAQ」セクションをご覧ください。

Silverlight 5 for Windows (すべてのサポートされているリリース)

参考表

このソフトウェアのセキュリティ更新プログラムの情報を次の表に示します。
セキュリティ更新プログラムのファイル名すべてのサポートされている 32 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5:
silverlight.exe

すべてのサポートされている 32 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5 Developer Runtime:
silverlight_developer.exe

すべてのサポートされている 64 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5:
silverlight_x64.exe

すべてのサポートされている 64 ビット リリースの Microsoft Windows にインストールされている Microsoft Silverlight 5 Developer Runtime:
silverlight_developer_x64.exe
インストール スイッチSilverlight Enterprise Deployment Guide (英語情報) を参照してください。
再起動の必要性このセキュリティ更新プログラムは再起動を必要としません。
削除に関する情報コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。(Silverlight を削除せずにこの更新プログラムを削除することはできないことに注意してください。)
ファイルに関する情報サポート技術情報 3056819 を参照してください。
レジストリ キーの確認32 ビット版の Microsoft Silverlight 5:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Silverlight "Version" = "5.1.40416.0"

64 ビット版の Microsoft Silverlight 5:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Silverlight "Version" = "5.1.40416.0"
および
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Silverlight "Version" = "5.1.40416.0"

ファイル ハッシュ情報

File nameSHA1 hashSHA256 hash
AttendeeAdmin.msp2999EBE3BE5C170865BF922C654D620D3570337C6D15C1325AEA6CD646DFAE4BB8D53F3C416F32FF036B147D41488D1A6B995718
AttendeeUser.mspE5EE74DAF0A15BD59F715C2E4EC1E7296C802B2F27AE0D9A15C458616B3D79474AA64F65661EBA79B8E7F17AA3E1C2D7572574CC
LMSetup.exe480EF9104846E519F72D0BF9563204303CE41D574C4A0ED3C8C7F0197442D810242B3419E07B9884CC313AD7A95EB298DD96D303
Lync.msp1D3C5CDEB8B4AB1FBAC5CF9CF4027A3849EAC6F397A51BAEA47FBB579E7BFC34B7DA5DCCCA24136022A3F83B38AD2F435823CCA4
Lync.mspCF60FB77B479419E53F24ADDC22BD18487D870BF649D7371DE6714265B47E766D044E3283E80D7D8F9AACE355641E6C56DF998BE
MSIPatchRegFix-AMD64.exe5011CB29B096FB674A4795EE8FC2F7FDAD33863ABA62C33DD90ECC3C945AE4F52EEEB2FA07D2C53FB975263B483D09D80F02230D
MSIPatchRegFix-IA64.exeCB861EAF1F4CDFFAD5F83604C7250CD9EDD9643361867793FC7556B79E5833CC18F493A5611EDE94E0D944575E89BAA76B223A0D
MSIPatchRegFix-X86.exe94A84B80B8B45A1AC53A0E5D085513DA0F099655C83C5EE1D4FBFF5260A7D984471EAF4C6004431C21B4F661018BDB92CC124290
NDP30SP2-KB3048073-v2-x64.exe1A5ADC95208707AD71662A9D638DDB8D9D2C834772F291FD083BFE3EC0665AA9BDE4880F2E436DBFD52AED70E5A49BCA5E43052B
NDP30SP2-KB3048073-v2-x86.exe135DBF853E180A15B46D607732426656DEFDFC229F9155D22AFCFAE1B7F918336466CEF27B656783830765EAA19F1EF09188794A
NDP30SP2-KB3048073-x64.exe4343652F9F695032332145685B8FDBBC2CDCB407175310CBBA79109FA64E02EA882740BFDCA51EE95E7E28750B61518DC02287D5
NDP30SP2-KB3048073-x86.exe06945624AB8DFC41F8FD737FDBB2EE7C0A3DC6C2BB8F4E6528AEB69E556EBEA5DF7A61F48AB61018E05C37076C9B9664D06D7845
NDP40-KB3048074-IA64.exe563820C625F783D80B406B2732B65EBAE0F66F1676C77B8AC0975E5CA1394832A68B9CEB34E43424C68E207BB965376A24FE0102
NDP40-KB3048074-x64.exe342FEDB20640669F1B76C6D36183F316E6DF3632D23E1B271BCB76088DB182014565653ECB0990A4FE6F5748ABE2A3A713CA7ECC
NDP40-KB3048074-x86.exeBBE3D72FC1A2FA01733C5360F61EF8741175A8149781674868BF94CBF01A3A67D0139A9DE331D416AAE817A0C04C8AF0EB5A2D4D
NDP45-KB3048077-x64.exe10F530A02EE2367AD828697107DDDE950CFE4CA74112BD8E671F6BE247B52E1E7DD63FA1B565F4FFA4F4751895C3E3EB440B97B4
NDP45-KB3048077-x86.exe13FD5C8B97F66F60868B0A5D1C7E0E89BE929C19C28EF4C5C78B4052687FEFD56575C602CC99C9F38BDB2E8C3D59CA7CD04EC420
NDP46-KB3057781-x64.exe22643DEFD0008DBB54558EA0E055811A679C36D2074A804980B2780A92FC1D1F5C824D1326DED7955B380834F0EDA717480AEEB0
NDP46-KB3057781-x86.exeC4B49BD5FA0FDBCE59C719AF90A485E48D7CB4ADBBE8786F19D4234C0829A6EB9E53DFD183CBBFBA19E9AD7DFBB7ED46E2810210
ogl2007-kb2883029-fullfile-x86-glb.exeF8E098D0065406EBBF4D671297E8340823FAC8352CB5D72ED58B61AF1F35ECE1EC1393C1D4B1ED4BC781BEDC46CA4C0533D4870E
ogl2010-kb2881073-fullfile-x64-glb.exe8B076AC38CF42BA8F5839F30752EBE7491D04C5664C2343FA046403F3FA3AD459D9F6C347A5DD6311C579E0B4604B59393FF6EAB
ogl2010-kb2881073-fullfile-x86-glb.exeF9FA4D80B53EE96CDD95F4DF4FAF900AC36CC39F6B14E90415E7C3AFA1D8847B10C7848B0B04914C1507BCFD4A9A4F36C17723A6
Silverlight.dmg6AA77FFE208D6EC38FCD8F20C2C8E24BDF1A3F9703486C647182E33241A942A56E9DCD283C528A641CC0913FAB4CE194012A60B1
Silverlight.exe5E77FD1CD6EBCC223B0BA9D6AAB9E8F2C309393784B5FCFAB16A8F276E314F6A8077BFA0E0E15DAB09B292445427A98CD42E4509
Silverlight_Developer.dmgAA44336CAE8BA2F518EDD2A9A9DAE419EE2DBCB4F7ABEFBEC44467897894FCF8A6A088842827D6CCD20DFD142DC2D36A4CE606A1
Silverlight_Developer.exe88504FB3CABAEC6E994635C095BB4ADB928356941BA3FB451A8D6BB85553D84376CA13661B8DB41B2AE2DB3E8B0AE632A8E64258
Silverlight_Developer_x64.exe7EB10A6A8FB9CADBD221986E3044CCE4C88D9EEA05166B734A1B29C07615AB54783D712E1384D3D37927F671B269228193CD3D1E
Silverlight_x64.exe2F3040E5F7028C2D42CFF848F361C06F3D237376A3F8A7345737CEE988C52B912742E0E3AD2CB3B2676E7313B83F18878CAFB0B6
Windows10.0-KB3064238-x64.msu57D6DDB173F7E1788B3A490030C273C70F9C376BDD948D7AF8987C52A462D6905EC91A97F953CBE1E44B955D54915835123F5A72
Windows10.0-KB3064238-x64.msu7114AC507C16409574B90C1C6014B1C4F8A5852791305D2F746AB45CF301F66E5B1DE2A34C55487F9406914D7FDC4E82EA91092B
Windows10.0-KB3064238-x86.msu81FE8EBDE91A2E2C683A2860F31F80420FE32582F640E520AF4D216BE7B0DE9DDDDF443194FDF4158513C5BB1DBC10F6723F302D
Windows10.0-KB3064238-x86.msuC7380E524936D1590B77BC22EE8D8C85ED8BE2201C4F2C980D03388E4F5E407A1972D5D99A681CEF30A054BD949D3574D799E51E
Windows6.0-KB3045171-ia64.msu244587B36D7E82D315268046E73D3419DD603E52AE0F76A5439C521608E5203CBD505E2964F51AC0EB6094E640889C4805B35BAE
Windows6.0-KB3045171-x64.msuA96111F5702B4729B177A696326E8DC9E57098A724408616430A8B39D4465A9890CC0EB446492C86C3BF4DB4B71304998BC8B811
Windows6.0-KB3045171-x86.msu620EA5CB09E9D2D1C1902FB55140C5C97960B8688006121E38502A58E70E9A85A38B91297AA2345FB95566EBCA1B1823E816B932
Windows6.0-KB3048068-x64.msu2FFE33D19B3D66EDD0D440C65470BE6FC2CB035D6E18D4EB6ADB1ECF97D631106B0073773D3FB31501338945815897B62259E872
Windows6.0-KB3048068-x86.msu0FDA8F7F4667980B740D683D3A4C1DC4A7BA5082522CC7AF4EBA7A0C157B1B4168CD1A49BF08618953B5F2F809F0BB2FE13B93E6
Windows6.1-KB3045171-ia64.msuE118BB9A405DA803A8B23F35B4B8D2740A21258E8630F60B031BB6C0ADCB5462CDB49E519C1E3D389A119BA04B1D164F470E9DA9
Windows6.1-KB3045171-x64.msu7BC15709A49983D14F746E7141EC1EDCDC71ADB5B2A95E83161983805850EA3C06C5F4F5C649544857746C1C38B999DF1909A32E
Windows6.1-KB3045171-x86.msu9AEDF5CEDA7F456ACD15F9FF8E7659D3C7E1DEE9FC59D31BB53729CBF13F5D79A05349E2A6B4197611711AF4E734583F7301B370
Windows6.1-KB3048070-x64.msu2C43A0C94978F1E264FED6AF0750D78BF9FC0A6710383F91BF9E7E0C8BAEC50A4B4B76798DD6945C9C0DA664F2914F6F307E9D74
Windows6.1-KB3048070-x86.msuE7229326B153F423D221B32AF2FFE465A6E2A9A256A725B53555FB0F568B9376763D8E58BCDA0E4796B8EEC61CEAF44B8D48053F
Windows8.1-KB3045171-x64.msuB787644D4D3252D44DB394130C7A9A1ADB6740B2C3F433C272B71C6E81A0D0AF796CA7FB9137F692D3DB32AEACBAC9DEFE24D4B0
Windows8.1-KB3045171-x86.msu027BCB69F530DDCE6BB05187F49213E85C0A18DF672C3FA4D08CAF5448486D36BB25AB0FB3C5DFB958EB5EB3D810D93529E8E62C
Windows8.1-KB3048072-x64.msu9A5726036E0ED54561775EE4AE7E2F9423DEFE867C83A1F5198F3333593958FE386AB4D706F96B134FD7C7F9350343BFCE54FF96
Windows8.1-KB3048072-x86.msuEC5CCF09CE9390BC6A1926910EDDEF78DCD011E2F7970F21916ADB65911EE28369403EFBA4074D9A984AB5BD59116A422BF3A5E5
Windows8-RT-KB3045171-x64.msu71A6AFEF8AD048E56641B97BAAFDA787B98CAA667408B0330C95961C983E6294AB6AF615FA6EAEF0A12AC2ABFECF58367316E916
Windows8-RT-KB3045171-x86.msu14EA14F7B808B29F452B198429932DFE660E638D50AC479AE83A71A4DDF62F5FBE1F522268F904170C46E75BDD4B4FCAE540CC1C
Windows8-RT-KB3048071-x64.msuA49ADBD3DE8AF2E81F916BE4CA96AD5791FB680AA583C3CE3B3E2180200AD71AFA1BA9AA83BE73A28335177640BDBD7FFA21446B
Windows8-RT-KB3048071-x86.msu8E84227ED319944ABE1C923426D827CE0B5FA8D0BDB2ADA1C0096D0047206DC331F8252698E0BA22007A7A31745C0F5769913776
WindowsServer2003-KB3045171-ia64-DEU.exe4EAEDB9041E2A02F1CBDC397A59D9291BD9085C37EA950BAEEFBF6A996AD5F8FEEE604F20CE2AAD6295DA8C4FF91588A1F8190B7
WindowsServer2003-KB3045171-ia64-ENU.exe42C90E2644544FB785C7F1EE4ED904C02B70A2BC184CB189DE4B5E096F175DFBAA1D7F6BD8E961E5E6C51BFBE9E98EBDF217C049
WindowsServer2003-KB3045171-ia64-FRA.exeEA8F4577B1F34E781D689F00A51677C529D3A314E99431C93EA155690EF5EFEE6B7EC06B57CBC0B48024036DD53406EC6023A4D1
WindowsServer2003-KB3045171-ia64-JPN.exeB62B39E06277ACFEF4F900C711BB2E09C657B6139CBEE002B448AF388A7FC95DCE7A4DD2FA1283476B61A5784C0D2553D34AE28C
WindowsServer2003-KB3045171-x64-CHS.exe7E54E45FD3F668C97F0E830E0F071A1B25502A987A88289E5F0C92890DD4EA9C85F83CE97A94C527EC477A03C63726AB14B55DEC
WindowsServer2003-KB3045171-x64-CHT.exe1D8B89C0C3E4717CF7903A7CA5BC2EC351D616F65E07309D3074AF5A9056BC6A92BD1B0815CBA4188B56FC30517FD7EA53D16FFD
WindowsServer2003-KB3045171-x64-DEU.exe865584B92193740FFC5CCEDF11FF67D5631A0754B0747CA84CFAC4CF93C5C772867EEAB315A8B1B889FCC41581BE3AE3051A5D3A
WindowsServer2003-KB3045171-x64-ENU.exeA3129F8EA90CE3F49D432BE087BCB2C086B22728461BB729719E9BC3ABDA29D6D5B4C8D20FBA74FB4CC40F886EFFC4AE100BDC86
WindowsServer2003-KB3045171-x64-ESN.exe5882B44F7402796D70B29C34A3757009C74CFA1867B47DA2B1771D514A540DBD07816E3F7EEBE42F20EF82F6AE22CB602964B8BA
WindowsServer2003-KB3045171-x64-FRA.exe7D710D51407192ABDA507CE58B063A11A73078CD874BC86503FC78DFBE0FFC4896007723525B4FECB987E42CD50B1BF9790A205C
WindowsServer2003-KB3045171-x64-ITA.exeFF5391B665D3757524795BC261914BA2F398B04FBD86BFA696C0834957B4682DB988F2669BBCE9CB8D968D93740E6130229A7099
WindowsServer2003-KB3045171-x64-JPN.exe390441641B45570BA10B05A1685B0A2E53FEFD36DD39E8C4A1B64FB59029D348D0765D2EEBBB8AC6A33AF9C216A1469504F5A08A
WindowsServer2003-KB3045171-x64-KOR.exeABD6F0F4BEA723F0CEBFCC7A3355737EB5286C9A46246DF6F98FE753720402F91B85977C3FAB1A38331ACFF0E3029760EAF8D35D
WindowsServer2003-KB3045171-x64-PTB.exe823AC2F0E5B4A74530AAD2C63BE8255FBA833FDA8F6F3CA8182781D4FFC3006B95BFE79FABE9270526E7FB61A2AE4DEF91A8DB56
WindowsServer2003-KB3045171-x64-RUS.exe38A316E1E2837E1A5002ADA9A62D0CC2DD83921332261A4A2974085FD356EE3226A781308D7F58BF8AE7169DC1D8A00EF794880D
WindowsServer2003-KB3045171-x86-CHS.exeD6DB53026F2372C2179BCCD3D0D78EDC5866843B1EC4955C69D1221A9BB1A00111500DA87B17E3628485852B2F1FDAA988F72314
WindowsServer2003-KB3045171-x86-CHT.exe3F108F3479A77B0B8775720B7D8364A4BC851D35CF1D664E55F1488D158978C13EC91EF054D648EEA3BC8D3DCA292C7C14349E99
WindowsServer2003-KB3045171-x86-CSY.exe7C7014EABA21B8581942712EFED6AB4548D9941DE1509DADD5AB657ED1657A778B4BAED9D1DCB9E83F19C505019CFC50DA3EF510
WindowsServer2003-KB3045171-x86-DEU.exe8D18201139A418D03194BF0C02EA2C05367B4C6001584565C6883A091064229E0D8EE4605BAC196670CFC14563DE58E763391B1F
WindowsServer2003-KB3045171-x86-ENU.exe1EFAA58A56C7A1657D52368FC03C848A0DF02065900D5B475D3627699C96E09FDA9958B635ACD3F3B7F4F5B1ACDEA5E9E50F8167
WindowsServer2003-KB3045171-x86-ESN.exeF7B1291B5442570784012A403563802803002EBBEAA5944B515F49E5EC84306675C1B1BB09EF7FC2F21592E553E8CD50251ACCB5
WindowsServer2003-KB3045171-x86-FRA.exe5BD1F9BD3D0FFB0BFC9DFAAC6CF33E085AB2B1EE5034DDDFC13A61442159626C9E563CF4B5FB6BEADD7C697C4DE597DC24EBCD7C
WindowsServer2003-KB3045171-x86-HUN.exe71BF31CDD40641B8C5D7E138722BEF89F8F22C58D83F21FEFBF5443FF93D656DF43FC56EF97839DF33E465F79BFBD496CB348FB5
WindowsServer2003-KB3045171-x86-ITA.exe2973B2F02006A8474E111F990908FDCD918509B96C080F8F350E9D48EE6036815803CE33A056CE5865128FF533EDD73E3D5AAA43
WindowsServer2003-KB3045171-x86-JPN.exe521FD8869F610211BF7A8037C934B3B35B81F30A26E337842747D3BD051C68B292CC70FE661DEF2408F1DE56B56932B0F39F4DE9
WindowsServer2003-KB3045171-x86-KOR.exeE941CAD25C216EB06198A765743F66CFB40BAC8040F5BA2AAE85D72BC7AA5EC067787A59AF40E250DB0E8B3493A82945CC8A504F
WindowsServer2003-KB3045171-x86-NLD.exe81D0F67B3D1A084B30AFFAE04B7604A22FAA82AB4D46B6A5EFAB61529C12FC7D447C0B58E7D9C8D97DC76B044A9730E3777515ED
WindowsServer2003-KB3045171-x86-PLK.exeB75CA95EDEF6C502F8CAF8448BEE5B569B97F4B3DEEEC6B0602B946C6DA2A16F591D4682E912450D4521ADD7044F6A5BF07D64B5
WindowsServer2003-KB3045171-x86-PTB.exe3F2957CBF037CF2D914C39A64ED7EFFB7879422CFF41E5425D91E74DC93D59727F94D7FA31EF30C7AAD11A1D992954AB059482D8
WindowsServer2003-KB3045171-x86-PTG.exe31658A69D55A28E63EB6AC9EB52BF08CC3FA25F9885D115CF5A98E2B8E32682182E9F714BE1A89BA8A9D06D70C0A0147B932F239
WindowsServer2003-KB3045171-x86-RUS.exe070F8DF1DB761134134ADD755B56B7DC51300A2432CF3A5A206E2710D1BF804C6B792468D5A4DEAD729B83E82666EB26EC77784D
WindowsServer2003-KB3045171-x86-SVE.exe379F14B4B8154AC0483AB01BD45DD4E678D1378A194036D91AD629359AB3F8FC532649B8CAE41364B06AD7AF6A8B9F0CDBEA5AE6
WindowsServer2003-KB3045171-x86-TRK.exe1E102AF5B7739DDC6E1C75D56181F8C72CAFC8D070BF8656007077ABD17E8F0C01F681B55135FB694E2BB8E5E5F22A8B790F2587
プロパティ

文書番号:3057110 - 最終更新日: 06/26/2015 19:09:00 - リビジョン: 5.0

Windows Server 2012 R2 Datacenter, Windows Server 2012 R2 Standard, Windows Server 2012 R2 Essentials, Windows Server 2012 R2 Foundation, Windows 8.1 Enterprise, Windows 8.1 Pro, Windows 8.1, Windows RT 8.1, Windows Server 2012 Datacenter, Windows Server 2012 Standard, Windows Server 2012 Essentials, Windows Server 2012 Foundation, Windows 8 Enterprise, Windows 8 Pro, Windows 8, Windows RT, Windows Server 2008 R2 Service Pack 1, Windows 7 Service Pack 1, Windows Server 2008 Service Pack 2, Windows Vista Service Pack 2, Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2, Microsoft .NET Framework 3.0 Service Pack 2, Microsoft .NET Framework 3.5, Microsoft .NET Framework 3.5.1, Microsoft .NET Framework 4.0, Microsoft .NET Framework 4.5.2, Microsoft .NET Framework 4.5.1, Microsoft .NET Framework 4.5, Microsoft .NET Framework 4.6 RC, 2007 Microsoft Office Suite Service Pack 3, Microsoft Office 2010 Service Pack 2, Microsoft Office Live Meeting 2007, Microsoft Lync 2010, Microsoft Lync 2010 Attendee, Microsoft Lync 2013, Microsoft Lync Basic 2013, Microsoft Silverlight 5

  • atdownload kbbug kbexpertiseinter kbfix kbsecbulletin kbsecurity kbsecvulnerability kbsurveynew KB3057110
フィードバック