Outlook を起動するたびにパスワードの入力が求められる

現象
Microsoft Outlook 2016 または Outlook 2013 から Microsoft Exchange 2016、Exchange 2013 または Office 365 メールボックスへ接続すると、Outlook を起動するたびにパスワードの入力が求められます。
原因
この動作は、[セキュリティ センター] の [プライバシーオプション] で [Office のインターネット接続を許可する] をオンにしておらず、MAPI over HTTPトランスポート プロトコルでメールボックスへ接続している場合に発生します。

以下は、メールボックスの接続に MAPI over HTTP を使用しているかどうか確認する手順です。
  1. 通知領域で CTRL キーを押したまま Outlook のアイコンを右クリックします。
  2. [接続状態] をクリックします (下図参照)。

    Connection Status
  3. MAPI over HTTP を使用して接続している場合は、[Outlook の接続状態] ダイアログ ボックスの [プロトコル] 列に “HTTP” と表示されています。

解決方法
この問題を解決するには、以下の手順に従い、自身の Outlook のバージョンに合わせて [Office のインターネット接続を許可する] オプションをオンにします。

Outlook 2016:

  1. [ファイル] タブの [オプション] をクリックします。
  2. [セキュリティ センター] をクリックし、[セキュリティ センターの設定] をクリックします。
  3. [プライバシー オプション] をクリックし、[Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] のチェック ボックスをオンにします。
  4. [OK] を 2 回クリックして [Outlook のオプション] ダイアログ ボックスを閉じます。
注: [Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?] のチェック ボックスを利用できない場合は、本書の「追加情報」セクションでこの設定に関する詳細を確認してください。

Outlook 2013:

  1. [ファイル] タブから [オプション] をクリックします。
  2. [セキュリティセンター]、[セキュリティセンターの設定] を順にクリックします。
  3. [プライバシーオプション] をクリックし、[Office のインターネット接続を許可する] をオンにします。
  4. [OK] を 2 回クリックして [Outlook のオプション] ダイアログ ボックスを閉じます。
注: [Office のインターネット接続を許可する] チェック ボックスを利用できない場合は、本書の「追加情報」セクションでこの設定に関する詳細を確認してください。
追加情報
Office をオンライン サービスに接続させる設定は、以下のレジストリ キーの "UseOnlineContent” 設定に対応しています。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\x.0\Common\Internet

HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\x.0\Common\Internet

DWORD: UseOnlineContent

値:
0 - インターネット上の Office リソースへのユーザーのアクセスが禁止されます (チェック ボックスはオフの状態で選択不可)
1 - インターネット上の Office リソースにアクセスできるかどうかをユーザー自身が選択できます (チェック ボックスはオフの状態)
2 - (既定) インターネット上の Office リソースへのユーザーのアクセスが許可されます(チェック ボックスはオンの状態) 

注:

  • “x.0” のプレースホルダーは、Office のバージョンを表します (16.0 = Office 2016、15.0 = Office 2013)。
  • UseOnlineContent 値が [Policies] エリアにある場合は、グループ ポリシーにより作成されている可能性があります。この設定を変更するには、管理者がポリシーを変更する必要があります。


ポリシー設定 (オンライン コンテンツのオプション) は、ツール | オプション | 全般 | サービス オプション・・・オンライン コンテンツ下の[Microsoft Office 2016] または [Microsoft Office 2013] 管理テンプレートにあります。

Online Content Options policy setting

[未構成] または [有効] にして [オンライン コンテンツのオプション] を [Office のインターネット接続を許可する] のいずれかから設定を選択します。

Online Content Options policy setting details



[Office のインターネット接続を許可する] 設定を有効にすると、以下を含む Microsoft Office 2013 の別の機能にも影響が及びます。
  • オンライン画像の挿入 - 有効
  • オンラインビデオの挿入 – 有効
  • オンラインテンプレートの検索 – 有効
  • 特定のドキュメントの校閲および文章校正リソース – 利用可能
MAPI over HTTP 接続の要件の詳細については、以下のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。

注意 : これは、マイクロソフトのサポート組織内で直接作成された "緊急公開" の資料です。 この資料には、確認中の問題に関する現状ベースの情報が記載されています。 情報提供のスピードを優先するため、資料には誤植が含まれる可能性があり、予告なしに随時改定される場合があります。 その他の考慮事項については、使用条件を参照してください。
プロパティ

文書番号:3060280 - 最終更新日: 12/03/2015 07:38:00 - リビジョン: 2.0

Microsoft Outlook 2013

  • KB3060280
フィードバック