2015年の Visual Studio のセットアップ: サードパーティの依存関係

重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。

英語版 KB:3060693
概要
クロス プラットフォームのモバイル開発ツールをインストールするときに必要とするサードパーティ製のアプリケーションを説明する2015 を Visual Studio からです。クロス プラットフォームのモバイル開発機能をインストールした場合は、それらのプロジェクトを操作するその他のサードパーティ製のソフトウェアを使わなければなりません。Visual Studio のツールとサード パーティ製アプリケーションとの間の依存関係は、「関連情報」セクションを参照してください。
詳細
サード ・ パーティ製ソフトウェアことができます.クロス ・ プラットフォーム向けのモバイル開発に必要な「C# と .NET (Xamarin)」」HTML と JavaScript (Apache Cordova)「のモバイル開発のプラットフォーム間で必要な「Visual C++ のモバイル開発」のモバイル開発のプラットフォーム間で必要な
Android NDKネイティブの動的共有ライブラリ、静的ライブラリ、および Android プラットフォーム用のネイティブの利用状況アプリケーションを開発します。[はい]なし[はい]
Android SDK構築し、Android プラットフォーム用にパッケージを作成します。[はい][はい][はい]
Apache Antさまざまなプラットフォームの配置パッケージを作成します。なし[はい][はい]
Git CLIダウンロードし、カスタム プラグインを使用します。なし[はい]なし
Joyent Node.jsダウンロードし、依存パッケージを管理します。なし[はい]なし
Oracle Java 開発キットアプリのビルド ステップを実行します。なし[はい]なし
Websocket4NetWindows 7 コンピューター上でデバッグを有効にします。なし[はい]なし
サードパーティ情報の免責事項

この資料で説明するサード・パーティ製品は、マイクロソフトとは無関係の企業による製品です。明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる保証も行いません。

警告: この記事は自動翻訳されています

プロパティ

文書番号:3060693 - 最終更新日: 07/31/2015 01:14:00 - リビジョン: 2.0

Visual Studio Enterprise 2015, Visual Studio Express 2015 for Desktop, Visual Studio Express 2015 for Web, Visual Studio Express 2015 for Windows 10, Visual Studio Professional 2015, Visual Studio Community Edition 2015, Visual Studio Test Professional 2015

  • kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB3060693 KbMtja
フィードバック