現在オフラインです。再接続するためにインターネットの接続を待っています

[OLEXP] Outlook Express を既定の設定で使用すると "送信" および電子メール リンクが機能しない

Microsoft Outlook と Microsoft Outlook Express の相違点の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
257824 [OL2002] Outlook と Outlook Express の相違点
重要 : この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。万一に備えて、編集の前には必ずレジストリをバックアップし、レジストリの復元方法を理解しておいてください。バックアップ、復元、および編集方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
256986 Microsoft Windows レジストリの説明
現象
Outlook Express で、ハイパーリンクからのメールの送信、他のプログラムの "送信" 機能を使用したメールの送信、または Microsoft Internet Explorer の [ファイル] メニューの [新規作成] を使用したメールの送信ができないことがあります。
原因
この問題は、次の場合に発生することがあります。
  • Outlook Express が既定の電子メール プログラムとして登録されていません。
  • 既定のメール クライアントに対応するエントリが Microsoft Windows レジストリにありません。
解決方法
この問題を解決するには、Outlook Express を既定の電子メール プログラムとして登録します。この方法で問題が解決されない場合、または Outlook Express が既に既定の電子メール プログラムとして登録されている場合は、Windows レジストリを編集して既定のメール クライアントに対応する文字列値を訂正します。
詳細

Outlook Express を既定の電子メール プログラムとして登録する

Outlook Express を既定のメール プログラムとしてコンピュータに登録するには、次のいずれかの方法を実行します。
  • Outlook Express から行う場合
    1. Outlook Express で、[ツール] メニューの [オプション] をクリックします。
    2. [全般] タブの [既定のメッセージ プログラム] の下に、"このアプリケーションは既定のメール ハンドラではありません" と表示されている場合は、[既定とする] をクリックし、[OK] をクリックします。
    3. リンクまたは他のプログラムからメールを送信します。
  • [インターネット オプション] から行う場合
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[設定] をポイントし、[コントロール パネル] をクリックします。
    2. [インターネット オプション] アイコンをダブルクリックし、[プログラム] タブをクリックします。
    3. [インターネット プログラム] の [電子メール] ボックスの一覧の [Outlook Express] をクリックします。
    4. [適用] をクリックし、[OK] をクリックします。
    5. リンクまたは他のプログラムからメールを送信します。
  • [ファイル名を指定して実行] から行う場合

    Outlook Express または [インターネット オプション] からの操作で Outlook Express を既定の電子メール プログラムに登録できない場合は、この方法を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックします。
    2. [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
    3. 次の文字列を入力します。引用符も含めて入力し、drive には Outlook Express がインストールされているドライブのドライブ文字を指定します。[OK] をクリックします。
      "drive:\program files\outlook express\msimn.exe" /reg

Windows レジストリを編集する

Outlook Express を既定のメール ハンドラとして登録しても、Outlook Express を使用してメール リンクや他のプログラムからメールを送信できない場合は、レジストリで既定のメール クライアント キーにデータ文字列を追加する必要があります。

警告 : レジストリ エディタの使い方を誤ると、深刻な問題が発生することがあります。最悪の場合、オペレーティング システムの再インストールが必要になることがあります。マイクロソフトは、レジストリ エディタの誤用により発生した問題に関しては、一切責任を負わないものとします。レジストリ エディタは、自己の責任においてご使用ください。

既定のメール クライアント キーにデータ文字列を追加するには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディタを起動します。レジストリ エディタを起動するには、[スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに regedit と入力し、[OK] をクリックします。
  2. 次のレジストリ キーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Clients\Mail\Outlook Express
  3. 左側のウィンドウで Outlook Express をクリックします。2 つの値が右側のウィンドウに表示されます。1 つは Outlook Express というデータを持つ (既定) または (標準) という値、もう 1 つはコンピュータの Msoe.dll へのパスを持つ DLLPath という値です。
  4. DLLPath 値がない場合は、[編集] メニューの [新規] をポイントし、[文字列値] をクリックします。
  5. "新しい値 #1" と表示されます。この文字列が選択された状態で、DllPath と入力し、Enter キーを押します。
  6. 新規に作成した DLLPath 値をダブルクリックして開きます。次の例のように、[値のデータ] ボックスに、使用しているコンピュータ上の Msoe.dll ファイルへのパスを入力します。
    drive:\PROGRAM FILES\OUTLOOK EXPRESS\MSOE.DLL
  7. [OK] をクリックして、レジストリ エディタを終了します。
  8. リンクまたは他のプログラムからメールを送信します。
関連情報
この資料は米国 Microsoft Corporation から提供されている Knowledge Base の Article ID 306098 (最終更新日 2004-06-25) を基に作成したものです。
プロパティ

文書番号:306098 - 最終更新日: 04/12/2005 06:30:00 - リビジョン: 2.0

  • Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 5.0
  • Microsoft Outlook Express 4.01 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 4.01 Service Pack 2
  • Microsoft Outlook Express 4.0
  • Microsoft Outlook Express 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 2
  • Microsoft Outlook Express 5.0
  • Microsoft Outlook Express 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 2
  • Microsoft Outlook Express 5.0
  • Microsoft Outlook Express 4.01 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 4.01 Service Pack 2
  • Microsoft Outlook Express 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 2
  • Microsoft Outlook Express 5.0
  • Microsoft Outlook Express 4.01 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 4.01 Service Pack 2
  • Microsoft Outlook Express 4.0
  • Microsoft Outlook Express 5.5 Service Pack 1
  • Microsoft Outlook Express 5.01 Service Pack 2
  • Microsoft Outlook Express 6.0
  • Microsoft Outlook Express 6.0
  • Microsoft Outlook Express 6.0
  • Microsoft Outlook Express 6.0
  • Microsoft Outlook Express 6.0
  • kbprb KB306098
フィードバック